この間どこかの有名な営業マンが語っていて感動したのですが、
大体の自分の要求は、最初要求しない方が結果的に通るのだそうです。

たとえばなにかを売りたければ、それを売ることをほとんど忘れた状態でお客さんに接して、
そのうえで信頼してもらった上で、そういえばこういうものもありました程度に商品をご提案すればいいのだそうです。

このやり方はどうやら昔の営業マンの王道の手法だったそうです。
今どきのちょっと危なっかしい手法よりは好感が持てる気がしますね。