June 03, 2004

SWEET "PAUL" MUSIC

Sweet Soul Musicではなくてね。



かおりんさんのコメントにあったので、例の「Your Mother should know」のベースラインを大きくして聴いてみたんです。するとびっくり。

イントロの頭からワンコーラスって、ベースは頭から入るのでなくてハネてシンコペーションで入ってるんですね。
これがまたチョッパーまではいかなくても、すごく弾いていて。
で、ここのこのベースが、すごいハネ感と緊張感を持ってるんですよね。初めて知りました。

私は自分で楽器をほとんどしないので、いつも印象や感覚でしか判らないのですが、こういったテクニック論から解析するとまた、別の顔が見えてきて面白いんでしょうねえ…。



で、こういったポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5、を選んでみました。
もちろん、実はソロにもたくさんありますが、今回はビートルズの中でってことで…





あ、あまりに有名な曲はもう番外にします。
番外 Yesterday(HELP!)、Michelle
でもこれって、本当に「黄金&究極のプチケーキ」ですよね。

そして次点
I'll Follow The Sun(『FOR SALE』)

第5位 Honey Pie(『WHIE』)

実はラグタイム好きに結構カヴァーされていますよね。
本家取りでカヴァーって、逆輸入みたいでオモシロイ。
有山さんや井上憲一なんかも好きなナンバーです。

第4位 Martha My Dear(『WHITE』)

まあ、ホワイトはこういうのの宝庫だから。つまんないですね、これ選んでも…。

第3位 Blackbird(『WHITE』)

でもやっぱり外せません。

第2位 For No One(『REVOLVER』)

大好きなんです。これはホワイト入ってもオカシクナイ、プチケーキ名曲。メロディのアップダウンがポール節。
思えば、ここから今まで、ポールって全然変わっていない。

第1位 Here, There And Everywhere(『REVOLVER』)

これも有名曲ですが、やあっぱり外せないです…。
このメロディの美しい流れってまるで、きれいなプロポーションの女性を見るような、曲線と描く自然の流線型のようなそんな印象を持ちます。



こうやってみると、ポールの小曲って「そこはかとなく切ない」んですね。決してハッキリとではなく。微妙な隠し味のように「不安」な影がある。
そこの「不安」の影が妙に切なくて気品があるので、その不安が解放された主旋律にくるとホッとする。

ジョンの小曲も、珠玉のモノが多いですが、ジョンのってもっと「苦い」味がします。
ポールのような、なめらかでまろやかな曲線ではないけど、最初からビターな、ごつごつした「苦さ」が隠れている。

ポールって「今ないことへの不安」があるから「波」が生まれていて
ジョンは「最初から欠落している痛み」が「苦さ」になる

そんな風に今日は感じました。







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chesara10101/791489
この記事へのトラックバック
satoさんのブログ、NEW STANDARDで、ポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5(ビートルズ作品)を紹介されていて、曲目を見ると、うん、ナットクって感じなんですが、私が選ぶと、こんなのになります。 1.You Want See Me(Rubber Soul)    .
ポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5(かおりん編) 【 MUSIC♪HOLIC 】 at June 04, 2004 13:50
NEW STANDARDでポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5というのをやっているので、何となく参加。ただ、ビートルズだとすぐに出尽くしちゃうので、余興的にソロ編ということで。順不同。...
Paul McCartneyの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5 【 sundaysoundtrack 】 at June 04, 2004 15:15
昨日のエントリーで、ビートルズ時代のポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5をご紹介したので、当然次は、ソロになってからのベスト5を紹介しなきゃ、と思ってたら、マキタニさんのsundaysoundtrackで、先を越されてしまった・・・ でも、初志貫徹.
ポール・マッカートニーの「ショートケーキ的作品」私的ベスト5 【 MUSIC♪HOLIC 】 at June 05, 2004 09:00
satoさんのブログで「ポールマッカートニーのプチケーキ的作品ベスト5]が紹介されていたのでじゃあ僕はソロでやろうと思っていたらマキタニさん、かおりんさんが早速やられてました。ちょっと遅れましたが、僕も参加させていただこうと思います。
ポールマッカートニーの小品ベスト5 【 jet Weblog 】 at June 06, 2004 23:23
satoさん、jetさん、かおりんさん(順不同) のところで紹介されていた ポール・マッカートニーの「プチケーキ的小作品」私的ベスト5 に僕もこっそり参加したいと思います。どの方のチョイスにも被らない五曲を。
sentimental jamboree 【 obecca BLOG 】 at June 08, 2004 11:51
今日はポール・マッカートニーの誕生日で。来年2月には来日公演やってくれるらしい。もう62歳なのに、なんてパワフルな人なんだろう。前回で最後だと思っていたから、信じられないっつーか何っつーか。前回壮大な企画をやっちゃったせいで(笑)とんでもないことになっちゃ
ALL THE BEST 【 アチキの毎日 】 at June 22, 2004 00:27
この記事へのコメント
こんにちは、musicBlogのリンクから来ました。個人的にはTB企画にしたいぐらい素晴らしいテーマです(笑)。
僕もこの5曲は全部好きです。"I will"と"You won't see me"も入れたいところですがベスト5に絞るのは難しいですね。
今年のヨーロッパツアーでは"For No One"をやってるみたいなのでぜひまた来日して欲しいです。
Posted by jet at June 03, 2004 21:13
「そこはかとなく切ない」系では "I'm looking through you"に一票。七色の声を持つポールらしく、ジェントル&シャウトがマジカルですねえ。
Posted by swj at June 03, 2004 21:53
>jetさん
ってあのjetですか?初めまして、どうぞよろしくお願いします〜。
あ、「I Will」忘れてました!そうですよ、あれもプチケーキですね。
でもそれいれるとほんと、ホワイトばかりになるしなー。5曲は悩みましたよ〜ぜひ、jetさんの5曲を選んでください!
ポール、すごいですね。ほんとあの人はずっと生きて欲しい。

>swjさん
おおあれもオモシロイですよね〜。今回ちょっと「プチ&スイート」というコンセプトで、わざとシャウトしないポールを選んでみましたが…確かに振れ幅の一番大きな曲かもしれませんね。「You Never Give Me Your Money」とおなじくらい?

今度は「Rock'n'PAUL Music」ってのしようかな〜。
Posted by sato at June 03, 2004 23:39
blackbird、すごい好きです。
この間、桃井かおりの番組で、誰かがカバーしてたけど、
けっこううまかったです。
だれだっけ…トワエモアの娘らしいけど。
Posted by ne_san at June 04, 2004 00:33
お名前忘れちゃいましたが、お母さんと声が似てて、いい感じの人ですよね〜。
あれもほんと、もうどうしようもないほど完成された名曲だからかえって、カバーがしにくいかもしれませんね。相当上手い人でないとね。
Posted by sato at June 04, 2004 01:36