Cheshia Library


シオンケイのSSサイト。
 ●瞳子中心「マリア様がみてる」SS
 ●たかはし智秋SS「Juicy Links」シリーズ NEW!!

冬コミ情報解禁!
 たかはし智秋SS「Juicy Links」シリーズの第1弾を頒布予定。
 29日(Wed.)東2M-47a「Cheshia Library」です。

アクセスカウンター  

「LOVE NEST」完成しました!

kansei

なにやら画像が妙に赤味がかっておりますが……(-_-;
コレで何とか、コミケに新刊を持っていけます。

C79新刊「Juicy Links 01: LOVE NEST
29日(水)東2M-47a「Cheshia Library」 300円

当日はマリみて既刊「Happy end~リリアン演劇部今昔物語~」も持っていきます。
価格は新刊発売時(2009.10.25)の800円から700円に値下げする予定です。

当日もどうぞよろしくお願いします!

ただいま製本中〜♪

seihon
C79新刊「Juicy Links 01: LOVE NEST
29日(水)東2M-47a「Cheshia Library」 300円

「Juicy Links 01: LOVE NEST」本文より

 まずAice5といえば、何といってもアタシたちのリーダー! 2.5次元の住人こと堀江由衣っ!!
 他のみんなには『ほっちゃん』って呼ばれることが多いけれど、アタシはAice5の一員になってからずっと、解散してずいぶん経った今でも、彼女のことは『リーダー』って呼んでる。

 だって、リーダーはリーダーだもん。

 今となっちゃ、他の呼び方は思いつかないな。
 それに、もしもこれから先のいつか、何らかの機会で他の誰かとユニットを組むことになったとしても、そこでリーダーになった誰かを、同じように『リーダー』って呼ぶことは、たぶん、ないと思うよ?
 まあ、最初の頃はね、アタシがリーダーって呼ぶたびに、『ちょっと智秋ちゃん、なんかそれってダチョウ倶楽部みたいだからやめようよぉ』ってお願いされたこともあったような気がするけれど、おいおいちょっと待てよ! 違うって!
 アタシは別に、ただのニックネームでそう言ってるわけじゃないんだってば!

 Aice5のメンバーってね、2年間という限られた時間の中で、ゴールに向かってみんなで手を取り合って駆け抜けた『戦友』みたいなもんだって、ずっと思っていたんだ。

 えっ? 全員女子の戦隊もの? 
 ……そういやまあ、そぉね。武器の設定とか、あったよね、Aice5って。アタシはナイフだったけど、真澄のバトンってのは傑作だったよね。

 ……って、話がズレちったけど。
 そんなこんなで、いっつも何かと戦いっぱなしだったアタシたちだったわけだけど。常にそんなアタシたちの先頭に立って引っ張ってくれたのは、他でもない、リーダーなんだよ。
 そりゃ、楽しいことばっかりじゃなかったよ。何でも自分たちで、手探りしなあらやってきたユニットだったから、苦労したこともいっぱいあって。
 でも、堀江由衣がリーダーだったからこそ、アタシたちは最後までスピードを落とさずに突き進むことができたんだと思う。

 目に見えるかたちで。
 目に見えないかたちで。
 いろんなかたちで、リーダーはアタシを支えてくれていたんだよ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 以上は、冬コミ新刊『LOVE NEST』の最初の方に入る文章です。ただ、これは推敲を経ていませんので、実際に頒布する本の文章は若干変わる予定です。
 現時点では新刊は28ページ程度(本文20ページ程度)になる予定です。今週中に一通りは書き上げる目標ですが、まだ、8ページ分くらい…
 頑張ってコミケ本番に間に合わせますよ〜!

 なお、10日発売の『声優グランプリ』はすでに入手しました。
 これ、かなり参考になりそうです。

たかはし智秋SS「Juicy Links」シリーズについて

Juicy Links」は、今後Cheshia Libraryが頒布していく声優「たかはし智秋」SS本のシリーズタイトルです。
その第1弾となる「LOVE NEST(仮)」を、今度の冬コミで頒布予定。この仮タイトルは直訳すると「愛の巣」……まあ、智秋さんならではのサムカワギャグとでもお考えください。

たかはし智秋って誰?という質問については、wikiなりblogなりでご確認くださいませ……で済ますのも、ちょいと手抜きが過ぎますか。
愛称は「チアキング」「画伯」「大関(関智一さん大好きの略)」「狂女」、1977年生まれの23歳です(細かいことは気にしない!)。
新「ヤッターマン」のオモッチャマ役や海外ドラマ「GOSSIPGIRL」のゴシップガール役、「アイドルマスター」の三浦あずさ役などが代表キャラな声優さんで、3年前までは堀江由衣さんがリーダーを務めたユニット「Aice5」のメンバーでもありました。

本人のキャラクターについていうなら、声優界で他に類を見ないようなファンキーレディー。ダンスホール・レゲエやR&Bに合わせて、半裸とも言えるwセクシーな出で立ちで踊り狂っちゃうような純ハマっ子B系声優です。
まあ、あそこまでセクシーさを思いっきり前面に出した女性声優ってのは、たぶん智秋さんが初めてではないでしょうか? グラビアデビューを飾り写真集まで出して。ただの写真集なら他の声優さんも出しているけど、グラビア女優と張り合うほどのエロさ全開な写真集など、他にありませんでしょ(田中理恵さんだって、あそこまではやってない)。
で、そんなエロセクシーな魅力があって超美人だって言うのに、自ら「サムカワ」と銘したその実ただのオヤジギャグ?を繰り出し、出てくるネタはなぜか常に昭和系。なんかもー、生まれた年度が同じ私にはそのネタひとつひとつが結構親近感沸きますw(私も23歳かっ!?)

でも、仕事に対しては本当に真剣な方で、また「人見知りキラー」と称されるほど人付き合い(縁と円)を大事にされる方。そのため男女を問わず友人が多く、声優界の人脈も相当なもの。女性声優からは年上年下関係なく慕われ、男性声優とも非常に仲良くできるのですが、残念ながら恋愛対象にはなりえないらしいw
(百合声優萌え界隈でもよく名前は出てくるんですけど、本人にそのケは無い模様。たくさんの女性声優たちからただただ言い寄られまくり、悲鳴を上げてるような人ですw)

そんな智秋さんに興味を持って、早6年。同人ではマリみてSS本しか書いたことの無いシオンケイ。智秋さん本を書いてみようとずっと思ってはいたものの、なかなか動き出せずにいたのですが、今度こそ動きます。

「Juicy Links」というシリーズタイトルですが、「Juicy」は智秋さんの代名詞とも言える「ジューシーポーリーYEY!」からもってきたもの。歌手デビュー曲のタイトルも「Juicy」ですし、写真集は「Juicy Dancing」でDVDは「Juicy Juicy Juicy」ですからね。まあ、声優本で「Juicy」とついていれば、10人中10人が智秋本だとわかるハズw
そして「Links」ですが、私がSS本で書きたいのは「たかはし智秋と彼女を慕ういろんな人たちとのつながり」であります。私が語りたい彼女を巡る「link」はいくつもあって、だから複数形の「Links」にしてあります(決して「海岸沿いのゴルフ場」とかいう意味じゃないですよw)。

第1弾の「LOVE NEST(仮)」では、そんな彼女のつながりのひとつ「Aice5」に焦点を当てました。アイ」だけにw
解散してからもう随分と経ってしまいましたが、今でもAice5を良かったと言っている人は多くいて、さらにメンバー同士の仲も良く、その結果かどうかはわかりませんが、来月発売の「声優グランプリ(「次号予告」参照)」で同窓会企画(表紙&グラビアも!)が予定されているほどです。
そんなAice5のネタを取り上げてみたいと思います。実際にラジオやら雑誌やらblogやらで話されているエピソードから、私が勝手に妄想を膨らませて書くこという形で行くつもりですが……

すいやせん! まだ一文字も書いていないです!!

いや、一応明日からかける部分だけ書こうと予定を立てていますが、結局のところ、メインどころは12月10日発売の声グラを読んでから書きたいと思っています。
だから、今回のSS本は確実にコピー誌となりますことを、あらかじめご了承くださいませ。

なお、第2弾以降も「君のぞファミリー」「チアミン⇔アイマスガールズ」など、書きたいネタはいくつかありますので、順次発表していけたらと考えています。
それでは、これからもどんどん発表していけることをこちらに載せてまいりますので、よろしくお願いします!

Cheshia Library再起動について

お久しぶりです、シオンケイです。

いろいろな事情があって、1年ぶりの更新になりました。
この間、ひとりで新しい会社を始めたり、父の肺がん闘病があったり(11月2日に亡くなりました)、本当にいろいろあったんです…CLのこと、すっかり頭から外れていました(汗)。

マリみてはすっかり釈迦みてメインの動きになりまして、まあ、なんかどっかで実写版とかいう話があったようななかったような…まあ、気のせいだろう、うん。
とりあえず、これからゆるゆると執筆活動の方も再開していこうと思います。

今後は、同人の方ではチアキングこと声優「たかはし智秋さん(blog)」に関連するSS本を作成していく予定です。
一方のネットは、今後もしばらくはマリみて&釈迦みて中心になるんじゃないかと思います。
そして、それ以外の日常ネタ(日常とは言っても、京アニの新作ではな〜い)も、つらつらと。

それでは、改めて宜しくお願いいたします。
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ