2008年01月

2008年01月31日

太極拳

461cc7c1.jpg太極拳の先生が作られたカップ!

今日はパソコンの先生とコーヒーを入れて頂きました(^v^)



cheste_tree at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

精油 INDEX

 ナチュラルライフを楽しむアナタに・・

 たくさんある精油で悩んだ時に参考にして頂けたら・・・

 そして、アロマテラピーの基本的な注意事項(^^♪ アロマ活用法(^^)v

 みんなで一緒に♥ロハスな生活をトライしましょう!(^^)!

 [あ行]
 ・イランイラン
 ・オレンジ・スィート / ビター

 [か行]
 ・カモミール・ジャーマン
 ・カモミール・ローマン
 ・カユプテ
 ・クラリセージ
 ・カルダモン
 ・キャロットシード
 ・グレープフルーツ
 ・クローブ

 [さ行]
 ・サイプレス
 ・シダーウッド・アトラス
  ・シトロネラ
 ・ジュニパー
 ・シラカバ
 ・ゼラニウム
 ・セロリ

 [た行]
 ・ティートリー 

  [な行]
 ・ニアウリ・シネオール
 ・ネロリ

 [は行]
 ・パチュリ
 ・パルマローザ 
 ・フランキンセンス 
 ・ペパーミント
 ・ベルガモット
 ・ベンゾイン
 [ま行]
 ・マジョラム
 ・メリッサ

 [や行]
 ・ユズ
 ユーカリ・グロブルス
 ・ユーカリ・シトリオドラ
 ・ユーカリ・ラジアタ

 [ら行]
 ・ラベンサラ
 ・レモングラス
 ・ローズオットー
 ・ローズウッド
 ・ローズマリー

 アロマテラピーの基本的な注意事項

 ナチュラルライフ



cheste_tree at 05:30|PermalinkComments(0)clip!精油INDEX 

2008年01月24日

パッションフラワー

 パッションフラワー PASSIONFLOWER

 不眠や不安感に効果的な「天然の鎮静剤」といわれ心配事があり、寝付けないという時にピッタリのお茶です。鎮静剤を常用すると習慣になって薬がないと眠れなくなってしまいますが、このお茶は習慣性、中毒性がなく穏やかな効果が期待できます。

 和名は時計の文字盤に似ていることから、トケイソウという名前が付いています。

 やや苦みがありますが、あまり味にはクセがなくほのかに草っぽい香りがします。ハーブティーでもメディカル的に使用されることが多いハーブです。

【学名】Passiflora incarnata

【和名】クダモノトケイソウ

【原産国】南米

【科名】トケイソウ科

【使用部位】花・つる

【作用/効能】鎮静作用、鎮痛作用、鎮痙作用、過度の緊張緩和、精神不安の緩和、不眠、ストレス性の高血圧、喘息、過敏性大腸炎、幼児の痙攣やひきつけ、PMS、帯状疱疹

【内用】ハーブティー:浸出時間3分/ハーブティー、またはチンキ剤

【ブレンド】不眠の場合にはバレリアン、ホップとブレンドする

【外用】あまり使用しない

【注意点】妊娠中や運転前などは控える。

ハーブINDEX



cheste_tree at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

ハイビスカス

 ハイビスカス HIBISCUS

 ルビー色の奇麗なお茶の赤い色は、産地によって微妙に違います。中国産は紫色に近い暗い赤で、スーダン産は赤みがかったオレンジ色。エジプト産は両者の中間の色。いずれも酸味の強さが特徴です。

 酸味の成分は、多量に含まれるクエン酸と酒石酸。梅干しなどにも含まれるクエン酸は、疲労回復効果が注目され、スポーツドリンクに用いるアスリートも増えています。

 このほかに、カリウムやビタミンCも多く含まれているので利尿作用があり、むくみや二日酔い、肌荒れを抑える効果があります。

 アイスでも爽やかな風味なので、夏場のアイスティーは夏バテ対策にピッタリです。

【学名】Hibiscus sabdariffa

【和名】ブッソウゲ(仏桑華)

【別名】ローゼル

【原産国】中国、スーダン、エジプト

【科名】アオイ科

【使用部位】萼(ガク)

【作用/効能】代謝促進作用、強壮作用、利尿作用、緩下(お通じの促進)作用、肉体疲労、水分滞留、消化機能の停滞、便秘、眼精疲労

【内用】ハーブティー:浸出時間4分

【ブレンド】ローズヒップ、ローズ、ローズマリー

【外用】あまり向かない



cheste_tree at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

ネトル

 ネトル NETTLE

 穏やかな香りのハーブで栄養価が高く、ビタミン、ミネラルが豊富なことから「ミネラルの宝庫」などと呼ばれています。特に鉄分を多く含む事が知られ、貧血の予防に高い効果があります。

 血液をきれいにする浄血、浄化作用が大変高いハーブで血液に関することに特に効果的です。古くからアレルギー症の治療に使われていたネトルは、花粉症の諸症状が緩和したという研究報告もされています。

【学名】Urtica dioica

【和名】西洋イラクサ

【原産国】北半球

【科名】イラクサ科

【使用部分】葉

【作用/効能】浄血作用、浄化作用、解毒作用、尿酸排泄、血糖値を下げる、貧血、アレルギー、アトピー、痛風、花粉症、糖尿病の予防、体質改善、リウマチ、脳卒中の防止

【内用】ハーブティー:浸出時間3分/温浸剤

【ブレンド】何にでも合わせやすい

【外用】手・足浴、沐浴=痛風、リウマチの痛みの緩和、抗アレルギーなど 湿布・パップ=抗アレルギーなど 美容=オイリー肌、老化肌、不活性肌(くすんで元気がない肌)

【注意点】妊娠初期には、量と連用に注意。生で食べる事はできない。



cheste_tree at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

2008年01月23日

 おはようございます(^^)v

 ついに降ってきましたよ。雪❢

雪って不思議に、心が躍りますネ❢

関東の方は「子どもと雪だるまを作る」と言っていました(^−^)

私は、雪が降った日の外出は苦手デス(^^ゞカラ、雪景色を楽しみます。

温かい部屋の中から雪がチラホラ降るのを見るのも楽しいものです。

子供の頃に、雪と戯れた思い出。

そして、外では子供達の黄色い声も聞こえて来るようですヽ(^o^)丿

 

さて、雪の種類も「粉雪・ぼたん雪・あられ・みぞれ雪・・・」様々な響きでステキ!(^^)!

雪の粒って、大気の状態によってさまざまな形をしているそうです。

 「粉雪」は寒く乾いた時。

 「ぼたん雪」は空気が比較的暖かく湿っている時。

 「あられ」は雪が下からの上昇気流に押し上げられ再び落下するのを何度も繰り返され氷の塊となったもの。

  ・・・それが直径5ミリ以上になると「ひょう」

 「みぞれ」は雨と雪が混じってとけずに落ちてきたモノ。

  ・・・観測分類上は雪に含まれるようです。

出来れば、1年に1度位は「銀世界」もいいものです(^v^)

忙しい毎日をoffにして、貴女の時間を楽しみましょう❢

 

あらら〜止んでしまいました・・・残念!

梅の開花





今年は、やはり温かいのでしょうか?

昨日「梅」も咲き始めていましたし・・・

やっぱりのんびりしている場合じゃないかな?



cheste_tree at 06:42|PermalinkComments(0)clip!ロハスな生活 

2008年01月21日

大寒(だいかん)

 大寒は、二十四節気の一つ(最後)。

 1月20日頃で、一年で寒さが最も厳しい頃。

 小寒(寒の入り)の15日後。

 さらに、15日後は、「(寒が明け)立春」・・・もうすぐ!春(^−^)

とは言っても、寒い寒い!今日は雪の気配と言われるだけに、冷えには気をつけたいものです。

この時期は寒気を利用した味噌・凍り豆腐・酒などが仕込まれる時期にも当たるようです(^^)v

味噌」は、米味噌、麦味噌、豆味噌など種類があり、

栄養面からは豆味噌よく、大豆成分が多いモノはうまみが強く美味しい(^^)v

薬膳的には、五味:甘・鹹/四気:温

        効能:解毒、二日酔い、めまい、腹痛、頭痛

お酒を飲んだ後味噌汁を飲むと二日酔いを防ぐ効果があるとか・・

・・・私は、寒い季節のラーメンは、身体を温める働きのある「味噌ラーメン」デス(^−^)



cheste_tree at 06:38|PermalinkComments(0)clip!ロハスな生活 

2008年01月20日

セージ

 セージ SAGE

 属名がラテン語の「salvere(救う)」に由来すると言われるように古くから薬効が知られていました。ギリシャ・ローマ時代には万病の治療に用いられてたという記録も残っています。万能薬と言われるように広範囲に使える、効果がかなり強めのハーブです。

 お料理にもよく使われ、肉の臭みを消す上に、脂肪を分解する効果があり、ソーセージなどの肉料理に使われているのは、すぐれた殺菌効果もあるからです。

【学名】Salvia officinalis

【和名】薬用サルビア

【別名】ガーダンセージ

【原産国】南・中央アメリカ

【科名】シソ科

【使用部分】葉

【作用/効能】抗菌作用、収斂作用、消化促進作用、内分泌系調節、咽頭炎、歯肉炎、口内炎、口内炎などの口腔粘膜の炎症、更年期障害、下痢、腹痛、気管支喘息

【内用】ハーブティー:浸出時間3分(ハーブティーが一般的)/温浸剤

【ブレンド】ローズ、ワイルドストロベリー、ローズマリーなど

【外用】手・足浴、沐浴=更年期各種不調、強壮 美容=老化肌、シワ、ニキビ

【注意点】てんかんの人や妊娠中、授乳中は使用注意。大量摂取は注意。

 



cheste_tree at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

スペアミント

 スペアミント SPEARMINT

 スペアミントのお茶は、ペパーミントに比べると香りが穏やかで、まろやかな甘みが感じられます。ホットでもアイスでも飲みやすく、ミントティーのビギナー向けです。

 メンソールが主成分で、爽やかな清涼感のある香りが特徴です。デオドラント・オーラルケア、うがい、湿布などにも利用されます。

【学名】Mentha species

【和名】ハッカ

【別名】オランダハッカ

【原産国】ユーラシア大陸

【科名】シソ科

【作用/効能】殺菌作用、抗ウイルス作用、防虫作用、発汗作用、鎮痙作用、活性作用、消化吸収の促進、食中毒、食あたり、めまい、不安、頭痛

【内用】ハーブティー:浸出時間3分/温浸剤

【ブレンド】何にでも合わせやすい

【外用】手・足浴=リフレシュしてストレスの緩和、ボディの引き締め 湿布=オイリースキンケア 吸入=吐き気、リフレッシュ

【注意点】小児・赤ちゃんには基本的に使用しない。



cheste_tree at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ 

2008年01月19日

ジャーマンカモミール

 ジャーマンカモミール GERMAN CHAMOMILE

 カモミールにはローマンとジャーマンの種類がありますが、ハーバリズムで一般に使用するのはジャーマンの方です。

 カモミールという名前はギリシャ語の“カマイメロン=大地のリンゴ”という名前の由来のように、リンゴのような甘い香りのハーブで、幅広い働きのある代表的なハーブです。

【学名】Matricaria chamomilla

【和名】カミツレ

【別名】マンサーニア

【原産国】インド、ヨーロッパ

【使用部分】花

【作用/効能】消炎作用、鎮静作用、鎮痛作用、鎮痙(内臓の痙攣を鎮める)作用、抗アレルギー作用、発汗作用、保温作用、神経緩和作用、健胃作用、消化促進作用、子宮収縮作用、ストレスによる神経性消化器障害、PMS、インフルエンザやそれに伴う寒気や頭痛

【ブレンド】味のベースハーブとして、さまざまなハーブとブレンド

【内用】ハーブティー:浸出時間3分/温浸剤

【外用】手・足浴、沐浴=ストレス緩和、スキンケア、不眠気味、湿布、マッサージ、サウナ ゴマージュ=スキントラブル、腰痛、リウマチ

【注意点】キク科アレルギーの人は注意。妊娠中や授乳中の常用・多飲は避ける。



cheste_tree at 06:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハーブ