2008年08月

2008年08月31日

ラベンサラ

 爽やかな秋!(^^)!

 1本で3本の働きのする精油で、ラベンサラは、「体に良い葉」と云う意味があります。

 ラベンサラ RAVENSARA

【学名】 Ravensara aromatica

【科名】 クスノキ科

【主産地】 マダガスカル

【抽出部位】 葉

【主要成分】 1.8シネオール、β-ピネン,α-テルピネオール

【作用】抗炎症作用、抗うつ作用、去痰作用、神経強壮作用、収斂作用、抗菌作用、鎮痛作用、抗ウイルス作用

【働きと適用】 身体:風や呼吸器の痛み、炎症、感染症予防、筋肉痛

         心理:疲れた心を緩和する、集中力を高める

 ★アロマテラピー基本的注意事項

 ★精油INDEX

                   ナチュラルライフ



cheste_tree at 15:09|PermalinkComments(0)clip!

秋のくらし…乾燥と呼吸器・肌

秋の花 おはようございます(^^)v

 天候不順で雨の多い今年の…(>_<)

 本来、日本の初秋は日中は暑くても風は爽やかで心地良く、朝晩は冷え込み虫の音も聞かれ…感覚的にも一番趣を感じ、芸術の秋・味覚の秋などと呼ばれ五感全体に磨きがかかる季節・・講習の依頼も多くなる季節でもあります(^^♪

 残念ながら今年のは、五感を育む前に、不安すら感じます(>_<)

 さて、と云うと乾燥が気になる季節。

 スキンケアも朝晩の寒暖の差が日増しに大きくなり、肌が乾燥し保湿を意識し始めます。

 「収穫の秋」と云われ、実りの秋を迎え、やがて葉を落としエネルギーをため込み冬眠に入ります(゜o゜) …そぅ!冬の訪れです。

 自然界と同じように私たちも秋冬のモードに少しずつ変化しています。

 秋のくらしを上手に切り替え快適に暮らしを楽しみましょう(^^♪

 乾燥…肌以外にも呼吸器~肺が気になる季節。

 呼吸が浅くなっていませんか?腹式呼吸を身につけてみましょう。

 また、空気が乾燥するとウイルスも気になります。口呼吸ではなく鼻呼吸を心がけましょうね(^^♪

 ≪アロマでのケア≫

 芳香浴やアロマバス、フェイシャルスチームで、呼吸器のケアとお肌の保湿も積極的に行いましょう(^^♪

 一般的に、精油は優れた殺菌力を持っています。毎日のケアのためにはお手持ちの気に入った精油で十分です!(^^)!

 風邪かなと思う咳、のどの痛みには…サンダルウッド

 鼻づまりなどには…ティーツリー、ユーカリ

 また、どなたにも安心なラベンサラとローズウッド

 ラベンサラは、禁忌事項もなく殺菌・呼吸器の予防・心身の疲れなど1本でラベンダー・ユーカリ・ティーツリー3本の役目をすると云われるおススメの精油です!(^^)!

 ローズウッドは、お肌にもオススメの精油です。

 …9月のセールにも登場しますからお見逃しなく!!

 ★アロマテラピーの注意事項

 ★精油INDEX

 ♥昨夜の雨や雷がウソのように秋晴れとなり、近くにある高校の体育祭の歓声が爽やかな風に乗って聞こえています(^^)v

                  ナチュラルライフ  

 



cheste_tree at 09:35|PermalinkComments(0)clip!アロマ | ロハスな生活

2008年08月30日

ローズウッド

 こんにちは(^^♪

 ロースウッドは、スキンケアによく登場する精油です(^^ゞ

 禁忌もなく、香りもローズに似ているのに手頃な価格で人気です(^^ゞ

 ローズウッド ROSEWOOD

【学名】 Aniba rosaeodora

【科名】 クスノキ科

【抽出部位】 木部

【主産地】 ブラジル、ペルー

【主要成分】 リナロール、α-テルピネオール、1.8-シネオール

【作用】 強壮作用、抗うつ作用、催淫作用、殺菌作用、殺虫作用、消毒作用、鎮痛作用

【働きと適用】 身体:せき、頭痛

         心理:気分が滅入った時、精神的に疲れた時、気持ちを明るくさせる

         肌:切り傷、老化した肌、しわ

 ★アロマテラピーの基本的注意事項

 ★精油INDEX

                      ナチュラルライフ



cheste_tree at 15:32|PermalinkComments(0)clip!

今日も動くとベタベタ^^;

 こんにちは(^^♪

秋はもうすぐ… 秋の事をたくさん書いているのに…

 この所、湿度が高くて動くとムシムシして汗が気になりますね(>_<) 

まだ、デオドラントスプレーが必要のようです。制汗作用の精油は抜いてデオドラントスプレーを作りましょう(*^^)v

  •  デオドラント作用…匂いを消す作用
  •  制汗作用…汗の分泌を減少させる作用

 ★デオドラント作用の精油なら…一年中、エチケットのために利用できます。

 今回は、デオドラント効果のある精油をグループ別に記載しておきますね(^^)v

 ≪デオドラント作用の精油≫

 ハーブ系     →クラリセージ

 樹木系      →サイプレス、ユーカリ、ローズウッド 

 柑橘系      →ベルガモット、レモングラス

 フローラル系  →ゼラニウム、ラベンダー

 樹脂系      →ミルラ、ベンゾイン

 エキゾチック系 →パチュリー

 ㊟ベルガモットを肌に使用する場合は、紫外線に当たらないようにしましょう。

 ★お手持ちの精油を使いこなす目的と今日の気分に合わせて、上にある系統の精油でデオドラントスプレー香りのお絞りを作ってみましょう!(^^)!

                      ナチュラルライフ

  



cheste_tree at 12:53|PermalinkComments(0)clip!アロマ・活用法 

2008年08月29日

秋のくらし

 おはようございます(^^)v

コスモス 昨日は、「処暑」の次項でもあり、72候の「天地始めて寒し」

 …そろそろ、秋らしい爽やかなお天気が訪れる頃となりますが…

 早朝は、な~んと!!凄い雷と大雨(>_<)

 台風のシーズンの「二百十日」ももうすぐ(*^^)v

 今はやっと、前線が通り過ぎたのか…虫たちが鳴き始めています。

 秋の養生

 は、春・夏と成長した草木が実を結ぶ「収穫の秋

 大汗をかいて発散していた体も、「」=収める季節

 気温が下がり、乾燥する季節は、気・血の動きが遅くなり、汗腺が閉じ汗をかきにくく肌が乾燥する季節。

 また、外界からつながる臓器『』やのど、鼻、口・・などにも影響がある季節。

 『』は、「気・血・水」を全身に巡らしますので、『肺』がダメージを受けると、血のめぐり、水分代謝などにも影響が出て、免疫力が低下、風邪も引きやすくなります。

 また、「食欲の秋」と云われるように、冬に備えて食欲も出てきます!(^^)!

 『』の機能を整え、乾燥から守る五行で言うと「」の食材ごおススメです(^^♪

 『』を潤す…ナシ、クルミ、銀杏、クリ、落花生などが美味しい季節です(^^ゞ

 夏バテで疲れ気味の方は、「」を補う食材を…旬の食材のさつまいも、里芋などのイモ類。青い魚のサンマやサバなども「血」をめぐらすようです(^^♪

 ★春夏秋冬もご覧ください(^^♪

                   ナチュラルライフ



cheste_tree at 06:19|PermalinkComments(0)clip!ロハスな生活 

2008年08月28日

ダンボールコンポスト…3

 おはようございます(^^)v

白カビ ダンボールコンポスト(堆肥)を初めて2週間(*^^)v

 5日目位から40℃以上を維持しながら、ただひたすら生ごみを入れ(時々米ぬか)を入れ、よくかき回すだけ…とても簡単(^^)v

 そう、ぬか漬けと同じ要領と思って!! (^^ゞ

 …かき回すことにより微生物の働きが活発になり白カビ(糸状菌)が出ています。…好気性微生物の働きだからgood!

 40℃位の温度とは、手を入れるとお風呂の温度位で、ほんわかサラサラな手触り…触覚

 基材は、「ピートモス」…そう園芸店などで見かける、通気性、排水性に優れ、この場合は“微生物のすみか”(^^)v

 … だからサラサラ(^^)v

 もう一つ、「もみ殻くん炭」…消臭効果

 …だから“臭くな~いぃ!!”

 生ごみの量や水・天気によって段ボールがその水分を補いきれずにブニャブニャに…危険!!箱探さなきゃぁ~!!の気持ちが分かるけれど基本は三ヶ月は持つらしいからなるべく風通しのイイ所に移動しておいたりして現在至るデス(*^^)v

 「生ゴミ」と云うのは殆どが水分なので、「燃えるゴミ」としてゴミ処理場で燃やすとかなりのエネルギーが必要となり、…各行政では生ゴミ処理機に補助金を出したりするのです(^^ゞ

 私も、園芸をするたびに購入する土や、残土が気になって、生ゴミ処理機は、興味はあったものの、置き場所やそれに要するお金・成功例…などで踏み切れなかった訳です(^^ゞ

 このダンボールコンポストは、金額的にも許せる範囲で、実際に自分で堆肥となる過程を楽しめるのもおもしろいことだと思いました(^^ゞ

落ち葉 以前にも、ポリバケツで落ち葉と米ぬかで堆肥作りを行いましたが…微生物が働くにはちょっと…ただ、それは今、水分調整剤として活用!(^^)!

 毎年吹き溜まりとなる我が家の落ち葉のためにも頑張っています(^^)v

 昔のように、土地があって、ごみを燃やせたり、埋められたら良いのですが…

 さて、秋の園芸には間に合いませんが、2~3ヶ月後を楽しみに試行錯誤ですが、微生物の働きを観察しロハスなくらしの一つの実践をしてみますね(^^)v

                  ナチュラルライフ



cheste_tree at 06:45|PermalinkComments(0)clip!ロハスな生活 

2008年08月27日

癒しのアクアリウム…2

 こんにちは(^^♪

 7月30日に投稿した「癒しのアクアリウム」…その2です!(^^)!

アクアショップネギシ あのメダカは、愛情の甲斐なく1匹…2匹と亡くなり、庭先の「メダカの墓」は一杯になってしまいました(>_<)

 水が悪いのか?餌のやり過ぎか?真面目に水魚店に相談しに行ったり…

 仲間が少なくなって、さびしから殖やしたり…

展示品の水槽 ついに、以前お話していた水槽を買う事を決断して、お店に行ったところ(^^ゞ

 親切そうなおじさん(実は社長さん!!)は、いとも簡単に「これがいいよ!(^^)!」

 「展示品だから安いよ!!」っと、超イイ水槽を紹介て下さいました(^^ゞ

 「だって!! メダカに~!!」と云う私に、「エビも飼えばイイョ!!」

オススメのエビ おじさんが改良した可愛いエビを紹介してくれました(*^^)v

 おじさんは、なかなかの方らしく、いろいろな人達が各地からこのエビを買い付けに来るらしいのです(^^ゞ

 

おじさんのエビが表紙

 こんな本にも紹介されていて…3段階のグレードがあります。

 それから、アクアリウムを創作するコンテストでも随分と生徒さんを育成して賞を取っているようで、私も今勧められています^^;

 何でも、上には上がいるもんだぁ〜!!っと感心しながら、『その神秘さにうっとりと癒されています』

 高い水槽を買った時に、サービスしてもらったメダカも半分になり(>_<)

 まぁ〜!!それを悪がったおじさんが、またまたメダカを下さって…

 今はなんとか、殺さずに全部元気にしています(^v^)

 ほんに、メダカも育てられないのではアクアリウムエビどころではありません(*^^)v

 身の丈に合った「私のアクアリウム」もまた意義があります(^^)v

 なんだか…死んでしまう理由が少し見えてきたので、またお知らせします(*^^)v

                 ナチュラルライフ



cheste_tree at 06:48|PermalinkComments(0)clip!ロハスな生活 

2008年08月26日

クローブ

 こんにちは(^^♪

頼んだニャン! 嘘のように涼しくなって、セミの声も弱々しくて、ちょっぴりさみしくなってきましたね(/_;)

 昨日は、のんびりクロ君のすぐそばに、ゲジゲジがいて…バッシっとスリッパでやっちゃいました(^^ゞ

 今回ばかりは、グロテスクなゲジ君の処理は、ティシュで取ってトイレに…とはさすがに出来ず、掃除機にお願いしました(*^^)v

 でも、意外と掃除機の中は、ばっちいぃので死んだゲジ君に集まる虫??の二次被害も考えてティッシュにクローブの精油を2滴垂らしたモノを吸い込ませました(*^^)v

 ゲジって、見た目が悪くゾ~っとして、今にものんびりクロ君を襲いそうで…本当に親バカでごめんなさい<(_ _)>

 …本当はゴキブリなどを捕食する益虫でした。

 そう、こういう益虫の仲間を生物農薬と云うそうです。

 そのうちに、興味のある世界をお知らせしますね(^^♪

 さて、今日のお題のクローブに戻ります。

 クローブ 

 名前の由来はフランス語の“clou(釘)”で、開花する前のつぼみを使い、その形状が釘に似ている事から付けられました!(^^)!

 ハーブティーのほか、中国では“丁香(ちょうこう)”と呼び、漢方薬にも用います。

【学名】 Eugenia caryophyllata

【和名】 クローブ、チョウジ

【科名】 フトモモ科

【原産地】マダガスカル

【抽出部位】 花蕾

【成分】オイゲノール、酢酸オイゲニル、βーカリオフィレン

【注意】 敏感肌注意、妊娠中×、香りが強いので少量がおススメ(^v^)

 昔から香料、黄色の染色、生薬、防腐剤などに利用され、殺菌、鎮痛作用で歯科の治療にも使われ!(^^)!、スパイスとしても肉料理などにも親しまれ中世にはペストにも…(゜o゜)本当に素晴らしい精油です。

 香りも…バニラに似た甘い香りの中にもスパイシーな刺激のある香りで、掃除機から出る香りもポマンダーを連想させるほど、ナカナカいい香りでした(^^ゞ

 …そうそう、ゴキブリも嫌う香りなので、この香りが漂うとゴキブリを食べる益虫のゲジ君は、もう来ないですね(^^)v

 ★そろそろ1day講習で、ポマンダーづくり企画しましょうね(^^♪

 ★精油INDEX

                   ナチュラルライフ



cheste_tree at 11:39|PermalinkComments(0)clip!アロマ・活用法 

2008年08月24日

認知症治療に効果?クルクミン

 こんにちは(^^♪

インド人が考えた日本のカレーなかみ スパイスたっぷりのカレーが食べたくて…

 カレースパイス用のハーブが不足していた為…インド人が考えた「日本風カレー」で使って作ってみました(^^ゞ

 話は「クルクミン」に戻りますが…

 カレーで有名なターメリック(ウコン)の黄色色素のクルクミンは、アルツハイマーの原因とされる異常たんぱく質ベーターアミロイドが脳内に蓄積するのを防ぐ作用を持つことが知られています。

 今日のニュースでは、クルクミンの化学構造を変えた化合物が脳の「海馬」の働きを直接活発にしている。安全性を確認し、新薬の開発を目指したい… 

 ウコンには秋ウコン、春ウコン、紫ウコン、クスリウコンなどがあり、スパイスとして古くから使われてきたものは秋ウコン。

 ウコンの主要成分クルクミンの含有量が最も多いのはクスリウコン・秋ウコン。カレーやたくわんの色素(ファイトカラー)もととも云われサフランの代用ともなるものも秋ウコン。

 …また、クルクミンは含まないが精油の高い効果で薬用として使用されるのは、紫ウコンと云われる。

 …ファイトカラーの一つクルクミンは、熱帯地方のウコンに多く、クルクミンによる抗酸化作用と紫外線カットの効果が強いそうです(^^♪

 …時々食べたくなるスパイスたっぷりのカレーと今の体調との関係(^^ゞ

 …今回は、以前にお知らせしたことのあるもっとハーブ(生薬)の入った薬膳カレーの方が今の体調には合っていたかも(^^)v

                   ナチュラルライフ



cheste_tree at 23:05|PermalinkComments(0)clip!ハーブ活用法 | 食の力

カルダモン

 秋の気配で疲れた身体を癒すかのように…

 カルダモンの香りを“心地いい”と思い始めました(*^^)v

 こんな時は、特に香りは心や体のバロメーター(^v^)と感じます。

 ゆったりとした気分で、夏に疲れた体や心を調整してみましょう(^^)v

 自分では、まだ気付いていない不調もaromaは気付かせてくれるかも…

 カルダモン CARDAMON

【学名】 Elettaria cardamomum

【科名】 ショウガ科

【ノート】 トップ

【抽出法】 水蒸気蒸留法

【抽出部位】 種子

【原産国】 インド、ガテマラ

【主要成分】 酢酸テルピネル、1.8シネオール、リモネン

【作用】 消化機能の調整、抗カタル作用、抗痙攣作用、強壮作用、加温作用、気分の高揚

【働きと適用】

 心:気分が滅入ったり、気弱になっている時に気持ちを穏やかにする

 体:食欲不振、膀満感、便秘など…口臭の予防に古くから利用されていました。

【備考】 敏感肌の方の塗布は注意。

 ★精油INDEX / アロマテラピーの基本的注意事項

 ★ハーブINDEX

                   ナチュラルライフ



cheste_tree at 06:23|PermalinkComments(0)clip!アロマ