6d6a92e8.jpg
今日は、友人夫婦と実家の両親を自宅に招いて、ホームパーティをしました。
病気ばかりしていたので、両親を我が家に食事に招くのは、実は帰国してから初めてです。
これまでパーティをしても自分では一、二品ぐらいしか作らなかったのに、今日は久々に全部自分で作りました。それだけ元気になったという証拠・・・。

今日のメニューは、カナッペ2種、アボカド豆腐、サラダ2種、パスタ、ガーリックトースト、【ポトフ】、ご飯、イチゴのゼリー、クラフティなどです。
【ポトフ】は母の得意料理で、子どもの頃からの味です。日本酒を入れるのが母から教わった秘訣。
メインとスープが一度に作れるし、前日から仕込めるので、パーティーに向いています。
昨日は手袋が欲しいくらいの寒さだったので、【ポトフ】が作りたくなってしまいました。
やわらか〜く煮込んだ野菜とお肉。
なるべく大きく作って、大皿に盛り付け、切り分けます。
マスタードは絶対不可欠!
この料理のためにディジョンのマスタードがあるんだと納得してしまうくらい、マスタードが大事な味の決め手です。
今日はマスタードのほかに、ゆず胡椒とにんにく胡椒も添えました。

フランスで食べた【ポトフ】は煮込んだ骨髄をスプーンですくってパンに塗って食べましたが、我が家の【ポトフ】はモモ肉だけを使うので、もう少しあっさりめ。
我ながらなかなかおいしくできました。
友人は人参嫌いなのに、【ポトフ】の人参を丸々1本、美味しいと言って食べてしまいました。

ワインを飲みながら、バッハやモーツァルトの話、旅行の計画、美味しいものの話など話題は尽きません。結局お昼から夜まで食べて飲んでしゃべって、お開きに・・・。
元気な自分をアピールしたのが、母の日のプレゼントのつもりです。

【ポトフ】6〜8人分
牛モモ肉かたまり  500g前後
玉ねぎ   2個
人参    3本
ジャガイモ  6個
セロリ   3本
シメジ    1株  
ブナピー   1株
キャベツ   1/2個
ソーセージ  3本
にんにく    3片
塩コショウ   少々
ブーケガルニ  2束
コンソメ    4個 
ローリエ    3枚
白ワイン    1カップ半
酒       1/2カップ

マスタード   適量

1)圧力鍋にオイルを入れ、スライスしたにんにくを炒める。
2)牛肉に塩コショウをして、鍋に入れ焼き目をつける。
3)縦4つに切った玉ねぎ、皮をむいた人参とジャガイモは丸のまま、セロリは10センチぐらいに切り、きのこは小房に分けて鍋に入れる。
4)酒とワインを入れ、材料がひたひたになるくらいまで水を加え、ブーケガルニ、コンソメ、ローリエを入れて、蓋をして中火で20分圧力をかける。
5)そのまま冷まし、圧が抜けたら、大きく切ったキャベツとソーセージを加えて煮る。
6)あくを取って、塩コショウで味を調える。
7)一晩置いて、もう一度中火で10分圧力をかける。
8)そのまま冷まし、圧が抜けたら、具を取り出して皿に盛り付け、スープは漉してスープ皿に注ぐ。