2006年01月30日

OK!艦長4

e079af2b.jpg昨日、私ども家族はまたまたヒーローショーを見に行ってきました!!
場所は、我家から車で40分ほどにある東京ベイららぽーと、千葉県ではおなじみの大型ショッピングセンターであります。

今回のお題は、テレビ東京系(関東、近畿地区以外の人は番組表をチェックしてね!)で放送されている「超星艦隊セイザーX」であります。ヒーロー特撮の大御所と言えばテレビ朝日系&映画会社東映製作のスーパー戦隊シリーズや仮面ライダー、円谷プロのウルトラマンシリーズ等がありますが、この番組はテレビ東京&東宝(ちなみにおもちゃのタイアップ先はコナミ)が数年前に始まった超星神シリーズの最新作で10月から全国ネット(系列の関係上番組放映時間は全国で違いますが)で放映されております。

話の内容は公式ホームページなどを確認していただければと思いますが、この番組ヒーローが4人出てきまして、その中で今日出演するのはライオセイザー、イーグルセイザー、ビートルセイザーの3人であります。

11時にショーが開始されますので、高速を目一杯飛ばして、15分前になんとか到着、席もなんとか確保でき始まりを待ちます。そしてショーが開始、お決まりのパターンで11時30分頃に終了しました。最後に司会のお姉さんから12時50分にパレードがあることを確認して移動しようとしたとき、やけに会場が騒がしいのに気づきました。

なんだろうと上を見上げたところ、吹き抜けの会場を見おろせる2階席にみたことあるような人発見。その風貌はデブッとしてソバージュの髪を持つ白人、一見みるとユダヤ教の聖職者か時代遅れのヒッピー親父か(僕のイメージですから)しかし、その正体はイーグルセイザーの副官セイザーゴルドさんご本人ではありませんかぁ。このゴルドさん、セイザーXにレギュラー出演されてらっしゃる立派な正義の味方(言い換えれば役者さん)なのであります。最初は確信が持てなかったので、おそるおそる手を振ったりしていましたが、会場の人が一目散でゴルドさんに駆け寄るので私どもも負けじと写真をとりに行きました。

これで英語しか喋れないようだどゴルドさんではないようですが、会場の人に気軽に写真に応じているようですので一応家の次男と一緒に写真をとってもらうようにしました。ゴルドさん、まず次男がいつも肌身離さず持っているムシキングのカードケースを見て、「これなに?」流暢な日本語で聞きます。次男がムシキングと応えるとゴルドさんすかさず、貼ってあったやはりヒーローモノの「魔弾戦記リュウケンドー」のシールを発見。やはりヒーローモノにはチェックを欠かさない姿を見てゴルドさんと確信しました。ゴルドさん、自分の出演しているヒーローショーを見て演技のイメトレでしょうか。それとも自宅が近くてただの時間つぶしだったのでしょうか、まぁいずれにしても芸能人に逢えたのでとてもうれしかったですね。出来れば彼のお決まりのせりふ「OK!艦長」を言って欲しかったです。

写真撮影も終了したので食事を済ませ、セイザーXの3人が店内をパレードするのを待ちます。そしてパレード開始。しかしこの3人歩くのが早く、握手を求めて後を追うものの子供を引っ張りながら追いかけるのは超大変。番組のエンディングソングの一節「♪光よ~りは〜やく、まーあすっぐ〜♪」って感じです。終わった後はあしたのジョーのように「真っ白だぁ」でした。

ということで、今回のヒーローショーは結構楽しめるものでした。また我家は千葉の平和とショッピングセンターの売り上げを守るスーパーヒーローを見に行きたいと思います。次はリューケンドーショーを期待したいですね。



祝!スーパーアグリ参戦決定!5

FIA(国際自動車連盟)は現地時間の26日「SUPER AGURI」と題した声明を発表し、参戦を兼ねてから表明していた「SUPER AGURI FORMURA1」(以下SAF 鈴木亜久里代表)の2006年エントリーを正式に承認したと発表しました。参戦表明から約3ヶ月ようやく純日本チームの参戦が正式に決まりました。

FIAは声明を通じて「必要となり財務保証及び競合する全チームからの合意書を受領した後、FIAは2006年F1世界選手権へのSAFの遅れたエントリーを承認します。」と発表しました。

一時は参戦が危ぶまれるなど紆余曲折もありましたが、ようやく1歩船出した我らがSAF。これで2006年シーズンに佐藤琢磨選手の参戦がほぼ確実となりました。チームは正式承認後に体制発表会を行うとしており、まもなくエンジンはHONDA、タイヤはブリジストン、ソフトバンクに彩られたシャシー及び佐藤琢磨選手、そして井出有治選手か松浦孝亮選手、山本左近選手のいずれかがおひろめの予定になっております。私のサイトも体制発表会を見てからリニューアルをしようと思っていたので本日の正式決定は本当に良かったです。

関係ない話で恐縮ですが、私が尊敬する経済アナリストである森永卓郎先生もなんと佐藤琢磨選手の大ファンで27日のニッポン放送「森永卓郎の朝はニッポン一番乗り!」でもこの報道を喜んでいました。ミニカーにせよ、F1にせよ、結構趣味が共通でとても嬉しく思いました。

それはともかく2006年バーレーンのグリットに琢磨選手立てそうです。初戦はすごく厳しいですが、是非頑張って欲しいと思います。



2006年01月24日

‘76年F1インジャパン3

この前私は社用で近隣企業との会合に出席することになりました。会場は会社の最寄り駅より一駅はなれた地元のホテル。会合前に若干時間がありましたのでちょっと、近くの本屋に寄って時間を潰すことにしました。そこでなんとオールドF1ファンには超垂涎ものの一品を手に入れることができました。

タイトルは「日本の名レース100選 ‘76年F1インジャパン」。980円で発刊元は、日本の代表的なモータースポーツ誌「AUTOSPORT」を発刊している三栄書房です。中身は当然出場全チーム&全マシンが載っていたり、レースの模様や予選では大健闘のコジマの模様などが載っています。

約30年が過ぎ、マシンや人の格好などを見ていると時代を感じさせますが、当時はスポット参戦が可能で、雨の影響があったとはいえトップチームのマシンを食い物にすることまで出来たところをみると、非常にアナログで現在のレースよりとても面白いなぁと思います。圧巻はやはりコジマKE007ですよね。予選で欧米人を圧倒させながらクラッシュ。それを1夜で直し決勝へ、惜しくもリタイアはしたものの日本人の職人魂を感じとることが出来ます。

ちなみに、富士でのF1開催は76年と77年の2回のみ。77年の時はジル・ビルヌーブのドライブするフェラーリがコースを飛び越えるほどの大クラッシュ。立ち入り禁止区域にいた観客2名が死亡するという大惨事になりました。この大クラッシュ、実は数年前まで私の勤務先にいた先輩がちょうど目の前で目撃したそうです。この事故と興行が赤字だったこともあり次にF1が日本にやってくるのは10年後ということになりました。

まだ全ては読み終わっていませんが、とても面白い本でしたので紹介させていただきました。

2006年01月16日

甲虫王者ムシキング公式大会初出場!3

35d64f51.jpg以前、お話しました甲虫王者ムシキングの公式大会ですが、我が家族は揃って15日デビューいたしました。

ムシキングとは、今3〜8歳くらいの子がはやっているゲームで、ゲーム機に100円をいれると甲虫やプロレスワザのようなカードが出てきまして、それをゲーム機械にスキャンさせて相手のムシと戦う(じゃんけん)ゲームです。その人気たるやゲームセンターには多数の子供達が並び、映画やグッツが飛ぶように売れるような状態です。当然我が息子2名もゾッコンです。

そんなムシキングですが、本来はゲーム機の中の敵と戦うのですが、友達と協力して敵と戦ったり、対戦することもできちゃうのです。そしてこの対戦機能を利用したのが公式大会というやつです。全国にムシキングのゲーム機は多くのゲームセンターにおいてありますが、数多く置いてある店は必ずと言ってよいほど大会がありまして、それに優勝すると「グレイテストプレーヤー」となり、その称号を3回とると、全国大会に出場することが出来ます。そしてそれに勝つと「グレイテストチャンピオン」という栄光に輝くのであります。

長男は「グレイテストチャンピオン」がもらえる金のカードが欲しくて欲しくて、今回の参戦を決意したのでした。当初は、今週末行われる「未就学児限定戦」に出る予定でしたが、妻がその前に実戦でトレーニングさせた方が良いとの進言で、先週末にデビューすることになりました。

我々のホームグラウンドは、千葉市蘇我にあります「ムシキングワールドプラス」であります。ここで行われるアダーコレクション杯に出場しました。アダーコレクシュンとはこのゲームの敵方のムシと同様にデザインされているカードで、別にこれを持つと敵になるということはありません。このアダーコレクションは親子で出場すると言うもので、長男及び妻が出るつもりでしたが、次男がどうしても出場したいとのことでしたので私もデビューすることになりました。

さて、まず出場申し込みです。申し込み用紙に必要事項を記載し、出場者の抽選が行われます。今回は出場者32組に対し応募は39組。7組は落選することになります。しかし我が長男&妻ペア、次男&私ペアは見事、出場が決まりました。

そして試合開始。その前に注意事項が説明されています。試合を見守るお兄さんが「はじめ」というまでボタンを押さない、カードは抜かない、今回は画面上に2匹ずつ出す「タッグマッチ」方式なのですが、ムシが変わったら選手交替(ペアの中で)などの注意です。私は次男に口がすっぱくなるまで説明しました。4歳の小さい脳は「うん」と理解してくれるようでした。

そして試合。次男&私ペアは1組目で、5歳くらいのお子さん&お父さんペアと戦います。と思った瞬間「はじめ」とお兄さんが言う前から、次男はボタンを押してしまい、カードまで取ろうとしています。やはり本能だけで動く次男には注意よりもその習慣で体が動いてしまうようです。私は、取り押さえ子供を叱りました。そうしたら壇上で大泣き。大変な思いをしました。

なんとか誤魔化しゲームはスタートしました。ここからは知っている人のみが分かる内容になってしまいますが、私どもはマンディブラリスフタマタクワガタ+特殊ワザ&サンボンツノカブト+究極必殺技(トリプルスープレックス)で戦います。この日のために試合に勝てるかを研究する為攻略DVDを買いました。それに出ている通りのメンバーでの戦いです。序盤はサンボンツノカブト&次男です。次男は当然戦略などあるはずもなく、本能でじゃんけんボタンを押しております。まぁこれが結構勝つんですよ。究極必殺技まで繰り出します。5歳の男の子&タイゴホンツノカブトも健闘。しかし次男が何とか蹴散らしました。

相手はお父さん&マンディに交代。次男善戦むなしく、私&マンディにタッチ。私必殺技を決め、相手を“土俵際”まで攻め込みます。しかし、そのあとは3連敗、超必殺技まで決められここでジ・エンド。デビュー戦は惜しくも敗れてしまいました。

そして2番手は長男&妻コンビ。長男も妻も特殊技(かいふく)等をうまく使い、善戦しますがやはり惜敗。ムシキングの道も奥が深いなぁと感じました。まぁ長男にとってはこれはまだ肩慣らし。次戦未就学児カップでは一人での出場です。まぁ私と妻が最強の取り合わせを作ったうえですが。1勝でもしたら、私が食事を奢る予定になっています。是非頑張って欲しいと思います。ちなみに妻も相当興奮したようで、もう一度出場したいといっております、当然次男も出場したいわけで、我家ではまだまだムシキング熱は覚めやらぬようです。

2006年01月12日

スーパーアグリはオールジャパンで1

昨日読売新聞が伝えたところによりますと、佐藤琢磨選手の参戦が濃厚なF1新興チーム(まだ正式に承認は受けていないが)であるスーパーアグリF1(鈴木亜久里代表)のセカンドドライバーも日本人を擁立すると伝えました。

以前から噂のある井出有治選手、インディシリーズを昨季スーパーアグリで参戦していた松浦孝亮選手、昨年日本GPでジョーダン(現MF1)のサードドライバーとしてエントリーした山本左近選手の名前が挙げられました。

エンジンはホンダ、タイヤはブリジストン、メインスポンサーはソフトバンク、本社は東京、ドライバーは日本人というオールジャパン体制になりましたが、肝心のメカニックやテクニカルディレクターは英国人ということで、この間に結構な溝が出来るような気がして心配ですね。英国人は誇り高い民族ですから。

また、新興チームには経験豊富な人材が必要だと思います。出来ればマシンセットの出来るドライバーが出来て、完走率の高いドライバーが良いでしょう。琢磨選手は一発の速さに拘るところがありますから。そんなドライバーを探すのは日本人では無理です。ウィリアムズの第3ドライバーだったピッツォニアとか、A・デビットソン程度の方がチームの為のような気がするんですが。皆さんどうお感じですか。



ムシキング公式大会3

34601186.jpg今回から、甲虫王者ムシキングという新しいカテゴリを作成しました。ムシキングも年代限定ですのでいつまで続くかわかりませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、我家の長男大輔は、クリスマスプレゼントにニンテンドーDSとムシキングのソフトを買ってもらいました。それからというもの長男はもちろん、マジレンジャーのロボットをもらった次男までがDS&ムシキングにはまっております。

その長男、なんと公式大会に参戦するとのこと。デビューは1月15日の親子大会からだそうです。ムシキング公式大会とは、全国で開かれており、プレイヤー同士で戦いトーナメント方式で勝者をきめるものですが、店単位の大会に勝つと、グレイテストプレイヤーカードが貰え、それを3枚集めれば全国大会に出場できるというものです。

ということで1月15日私または妻と、長男が出場します親子大会、結果はもちろんこのブログにアップします。

2006年01月06日

スーパーアグリ参戦秒読み段階!?4

スポーツニッポンの報道では、FIAの広報担当が話したところによると、今期からの参戦を目指しているスーパーアグリフォーミュラワンの参戦許可が週明けにも承認される見通しだと伝えました。

ほぼ加入確実な佐藤琢磨選手とチームとの間には、承認され次第契約を交わすことになっているようで、これで書類的にはバーレーンの出走グリッドにたてることになりました。エンジン、タイヤ、スポンサーなどはほぼ決まり、弱小チームに比べても遜色ないチームとなりました。残るは、セカンドドライバーとシャシーだけです。4年落ちのアロウズをどうモディファイして、戦闘力を見につけるかが勝負になります。当然ホンダのシャシー担当が相当の技術協力をして行くかにかかっていると思いますが。

いずれにしても、我らが佐藤琢磨選手の参戦がほぼ決まって一安心のぽちょむちゃんでした。


2006年01月04日

一見弱そうな敵4

cd090c21.jpg今年の正月もやはりヒーローショーでの幕開けとなりました。今年は、昨年と打って変わって、1月3日に近所のスーパー2軒がヒーローショーをやるというので、1軒だけ選択して行くことになりましたが、我が息子2名はスーパー戦隊の方が馴染みがあるため、今年はIY堂のマジレンジャーショーを見ることにしました。

ショーは13時と15時の2回ですが、11時に店内をパレードします。我が家族はそのパレードの後ろをついて、マジレンジャー5人を握手ぜめにし、写真まで撮らせてもらいました。

そして、店内で、買い物及び食事をすませ、会場へ。このIY堂は特設ステージが屋外にありますが、この日は20年来の寒波の影響も少なく日差しもあって、いつもより多少暖かく感じました。

待つこと15分いよいよ魔法戦隊マジレンジャーショーの始まりです。しかしこのころから、雲行きが怪しくなり、とても風が強くなりはじめ寒く、しかも雨までぱらついてきました。体感温度は下降状態であります。しかし、マジレンジャー&インフェルシアの冥獣たちは寒さを諸共せず戦っております。

一応、マジレンジャーは冥獣たちを蹴散らし始めました。ということでステージには司会のお姉さんだけが残り会場の子供達に説明をしています。そこへ、なにやら、貧弱な体にアマチュアレスリングの格好と顔には覆面、首からは「きゅう」という字と、きゅうりの絵をあしらった首飾りと、頭に馬力と書いたヘルメットにマント、腕には一昨年放映した「仮面ライダー剣」の武器を持つという、どうみてもヒーローショーには不釣合いな人が出てきました。

彼の名は、馬力おさむ。人読んで「馬力マン」。遠い宇宙の彼方からインフェルシアを倒す為にIY堂にやってきたと言う事ですが、ステージでは蹴散らされた冥獣と一緒に若手芸人のコントをではないかと思うくらいに人々を笑わせてくれます。もしかしたらこのまま若手芸人のショーで終わってしまうのではないかと思われたころ・・・・

おさむちゃん、いえ馬力マンの正体がばれました。実はインフェルシアの突撃隊長だったのです。といっても格好は馬力マンのままですが、まぁこれがどうみても弱そう。しかし馬力マンはマジレンジャーと互角以上の戦いを繰り広げております。しかし、マジレンジャー5人の勇気で見事に勝利。馬力マンというふざけた敵からIY堂の市民を守りました。
いやぁ今回は本当に面白かったですね。今年は、長男が小学生になるので、スーパーマーケットのヒーローショーに行く機会も少なくなるかと思いますが、機会があったらまた馬力マンの活躍、いやスーパーヒーローの活躍を是非見てみたいと思います。



2006年01月02日

琢磨のチームメイト決定?3

いよいよ本格指導秒読み段階のわれらがスーパーアグリと琢磨選手ですが、ファーストドライバーはほぼ99.999・・・・%琢磨選手に決まりそうですが、セカンドドライバーについての情報が入りました。

今までは、BARのテストドライバーであったA・デビットソンが有力との情報でしたが、ここへ来てスーパーGT選手権で活躍中の井出有治選手がセカンドドライバーになるのではないかということです。

彼は、モバイルキャストという携帯電話などのハンズフリーキットを販売している会社みたいなのですが、そこが彼をスポンサードしているようでそれがらみで契約するのではとのことです。

ちなみに、メインスポンサーも噂通りソフトバンクに決まりそうですし、実務面ではオールジャパン体制が確立されそうです。まさに、和服をきた白人状態のチームになりそうですね。(言い換えれば、イギリスパンにあんこを入れたようなチームかな)

でも、ほとんど体制がきまりあとは、シャシーのみです。バーレーンのグリットには、白のレーシングスーツを着た琢磨選手がグリットに立っていることを期待しております。

明けましておめでとうございます。3

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞぽちょぶろぐ、checkerfagをどうぞよろしくお願いいたします。

新年と言う事で、今年の目標などを立ててみたいと思います。

まず1つは、椎間板ヘルニアの克服です。もう腰痛はコリゴリ。どんなことがあっても達成しなければならない目標ですね。

つぎは、ん〜、小学生になる長男のために少しでも勉強を教える。あとは今年も、いろいろ忙しい年になりそうですが、琢磨選手の応援、子供の世話、そこそこ会社の仕事をがんばりたいですね。

ということで今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2005年12月27日

久々のスーパー戦隊情報1

良いこの皆さん。2006年のスーパー戦隊シリーズがなんと発表されました!!
その名は、




轟轟戦隊ボウケンジャー




だそうです。轟轟と書いて「ごーごー」戦隊だそうです。決してボウボウ戦隊や、「とどろきとどろき」戦隊ではありません。仮面ライダー轟鬼が2人でもありません。

そして、来年2月4.5日にプレミアム発表会が東京ドームプリズムホールで行われます!!当然私共も行く予定です。
詳しくは、幼児向けのテレビ雑誌、「てれびくん」(小学館)、「テレビマガジン」(講談社)をどうぞ。


ちなみに、チケットの前売りは、ローソンチケットで1月2日より発売だそうです。3歳以上1500円となります。


発売日特電(1/2 10〜18時)0570-063-025
通常予約(1/2 18時から)0570-084-003(Lコード30015)
オペレーター予約(1/2 10〜20時)0570-000-777
店頭販売 ローソン店内「Loppi」にて1/2 10時〜


私も子供向けの雑誌をちらっと見ましたが、妙に古臭いイメージですね。我が家では少々ガックシであります。


でもスーパー戦隊シリーズ記念すべき30作であります。25作のガオレンジャーは金子昇や玉山鉄二などイケメン揃いでした。今回は、男3人、女2名ですので超イケメンや超美人の戦隊または、こんな人が?という大物が出演すると私にらんでおります。


ということで来年も絶対に見るぞ〜(再来年は次男がスーパー戦隊卒業世代なので見ないと思います・・・)

2005年12月23日

なつかしのゲーム!!3

F1シーズンも終り、近頃我家では古いゲームに凝っています。というのも、我家にはPS2やニンテンドーDSなどの最新の機械がなく、その割には、初期型プレイステーションとドリームキャストという以前世間を賑わせた機械があります。子供が出来てから暫くゲームから離れていましたが、近頃長男がゲームに興味を示すようになったので、我家の茶の間にて久々に日の目を見ることになりました。以後はなつかしのゲームが多数出てきますので懐かしがってくださいまし。

長男は、今現在グランツーリスモに熱中しています。プレイステーションは私が結婚する前に買った物ですから、もうすでに10年近く経っていますが、私はこれがやりたくて買ったといっても過言ではありません。長男はアーケードモードでスカイラインを駆って私のタイムを超えるべく頑張っています。ちなみに長男のベストタイムと私のタイムとではまだ20秒以上はなれていますが、この2〜3日で数十秒タイムを縮めてきました。もしかしたら末はF1ドライバーかも知れませんね。

妻と言いますと、新テーマパークにはまっています。タイトルの通りにテーマパークを作るシュミレーションゲームですが、彼女曰く、東京○ィズニーリゾートを超えるんだと豪語しております。至って順調のようで、客足が伸びており、こういうところに隠れた才能があるんだなとびっくりしています。

私は腰が痛いのであまり出来ないのですが、私がやっているのはドリームキャストの「さかつく特大号2」です。もうご存知かも知れませんが、ドリームキャスト唯一のヒット作「Jリーグプロサッカーチームを作ろう」の後継版です。いまでもPS2ではこの後継作が楽しめるようですが、この前このソフトが中古で280円と超お買い得だったので買ってしまいました。このゲームは、プレイヤーがプロサッカーチームのオーナーになって、Jリーグや世界を相手に戦っていくというシュミレーションゲームですが、買ったその日に、私が前作でやった時と同様、本拠地を長野県長野市にしてゲームスタートしました。しかし1年目J2最下位(52試合中勝ったのはわずか4回!)、さらに2年目途中で主力選手が怪我や仲間割れで退団し、見事文字通りの分殺でゲームオーバー。今回は、場所を私にとって縁も所縁もない岡山県岡山市を本拠地にして再スタートをしております。この岡山県初、中国地方2番目のJチームである、岡山レオーネは果たしてJの王者に君臨できるのでしょうか。それは、またのお楽しみということで・・・

2005年12月22日

ついに10チームが合意!!5

佐藤琢磨選手がドライブするのがほぼ確実なスーパーアグリチームをめぐって、来期参戦に向かって、現在参戦中の10チームの承認を必要としていましたが、本日やっと残りの1チームが承認、これでF1参戦に一歩近づきました。

当初、フェラーリ、ウィリアムズ、ミッドランドの3チームが承認を渋っていましたが、名門2チームが次々に合意、ミッドランドに至っては弱小チームながらの理由で、承認を渋っていましたが、エンジンを供給しているトヨタが承認を促していたため、承認したようです。

これであとはFIAに申請する書類に不備が無ければ、いよいよ半オールジャパン?にスーパーアグリフォーミュラワンが誕生します。未だシャシーとタイトルスポンサーが決まっていないのが不安の要素ですが、1歩バーレーンのグリットに一歩近づいたことになります。琢磨ファンの我々にはいいクリスマスプレゼントになりました。FIAも早く承認してもらってファンにとっていい正月にして欲しいものです。

2005年12月19日

サンタさんへの願い事3

いやぁ、もうすぐクリスマスですねぇ。今回は、TRT(TAKUMA−RACING−TEAM)主催第3回トラックバック大会のお題に則ってみたいと思います。


まぁ世の中はモノや欲求があふれているわけで、当然サンタさんにお願いしたいことが山ほどあります。まぁサンタさんは魔法使いではありませんから万能ではないことを前提にしておきますが、ゴーフォーイッ党の党首として、




僕はいいから、佐藤琢磨君にとっても速い来年用のマシンをあげてください。




とお願いするでしょうね。しかも、大きなスポンサー付で。


ちょっと優等生発言でした。もう一つは、


僕はいいから、恵まれない子供達に一杯の幸せをあげてください。


いやぁ俺って、本当に心がPure(ぷれではない)なんだから!!


もうそろそろ、歯が浮きそうなので、裏お願いを。




僕の本当に欲しいものは!

ジャカジャカジャカ・ジャン(ドラムロール)




続きはエンディングの後!!


すっかり、ヘルニアが脳まで達したおバカのぽちょむちゃんですが、


さて僕が本当に欲しいものは!!


ジャカジャカジャカ・ジャン(ドラムロール)


なんでも願い事が叶うアイテムが欲しい!!


だって、これさえあればお願いすれば、3億円当たる宝くじは当たるし、嫌いなやつは、いなくなるし、美味しいものは吐くまで食べられるし、ヘルニアは治るし、いうことなし!!


でも、やっぱり純真な心を持つ子供の心には戻れないと悟った30半ばのぽちょむちゃんでした。


最後に、TRTのカンジ様、1回、2回とTB大会お誘いいただいたにも関わらず参加できなくて申し訳ありませんでした。今後も4回、5回と誘ってください。どうぞ宜しくお願いいたします。


2005年12月09日

今日は忘年会

eae0663c.jpg今日はわが社の忘年会です。いま宴会をやる店の茲里覆からブログ書いています。一応一年の締め括りですからヘルニアをおして出席。今年はお酒をひかえようかと思いますが、工場長が出席するので無理のような気がします。宴会場はまだ先。お腹がすきました。今日は喰ぞぉ!

2005年12月08日

祝1歳ぽちょぶろぐ5

73a72dca.jpgここのところ半ネット落ち生活のぽちょむちゃんです。以前からお話しているように、椎間板ヘルニアが今非常に痛くて、10分立っているだけでつま先から太ももにかけて突っ張ったような痛みを感じています。さらにはもてぎ参戦によりこじらせた風邪と、結膜炎と3重苦を背負っておりました。お陰で折角新調した富士通のPCが殆ど使用していないという悲しい状況でございます。

さて、今年ももうあと少しとなりましたねぁ。今年は、私にとっては、インフルエンザにかかるは、佐藤琢磨選手は絶不調だは、椎間板ヘルニアにはなるは、本当に最悪でした。来年こそは是非ともいい年にしたいと思っています。まずは椎間板ヘルニアを完治したいと思います。が、それには入院か、神経注射か・・・、まだまだ最悪の日は続きそうです。

ところで、このぽちょぶろぐなんと1周年を迎える、いや正式には超えることができました。今年の人気商品番付の中にブログがありました。それを1年前から始める僕って、時代の最先端を入っていますよね!?まぁそんな冗談はともかく、1歳を超えましたぽちょぶろぐこれからもどうぞ宜しくお願いします。

ちなみに、この写真は近くの大型商業施設のクリスマスツリーでございます。


2005年11月27日

ホンダRACING THANKS DAYに行ってきました。4

e4a802bb.gif2005年のHONDA RACINGを締めくくるイベント、HONDA RACING THANKS DAY が11月23日に栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催され、ぽちょむ君一家はそれに行って参りました。

前々日からの激しい腰痛の私と激しい咳に悩まされる息子2名、万年過労の妻という満身創痍の我が家族でありますが、なんと前日の22時に気合を入れて出発しました。どうしてそんなにと思われるかもしれませんが、先着1万名様のタオルマフラー、子供用に佐藤琢磨選手のTSラビットぬいぐるみが欲しかったので妙に早い時間の出発でありました。

ゲートオープン後は、タオルマフラーやドライバーの抽選会、TSラビットを貰う為に並びっぱなし、午後になりようやく本日のメインイベントである、HONDA RACINGが出場している各マシンのデモ走行であります。最初に2輪が登場、私の住む千葉県市原市から世界を目指すライダーで今年の全日本ロードレース選手権のGP250では初戦を除き全て優勝しているという期待の星青山周平選手等が登場、またインタビューだけでしたが、青山周平選手のお兄さんで世界ロードレース選手権GP250に参戦中の青山博一(あおやまひろし)選手やMOTOGPで昨年このもてぎで優勝した玉田誠選手が登場しました。

そして4輪部門では、GT選手権に出場している3台のNSXのデモランをはじめ、中嶋悟氏、高橋国光氏、鈴木亜久里氏となんとフジテレビ系子供番組「ポンキッキーズ」よりなんとガチャピン選手とのインテグラによるタイムアタック競争が行われ、横Gにも顔色一つ変えないガチャピン選手の姿に観客の皆さんより大きな拍手と笑いが起きました。

そして最後はF3、Fニッポン、INDY、F1のフォーミュラマシンのデモランであります。今回は、オーバルコースを使ってもデモランでしたが、F3、Fニッポンと続き、INDYカーがオーバルコースを走行しましたが、本当に速かったですねぇ。あっという間に1周するって感じです。

次に出てきたのが、これが見たくてもてぎに来たと言ってもおかしくないF1の登場です。ドライバーはそうガチャピン!!ではなく我らが佐藤琢磨選手。いよいよコース登場です。ピットロードから、コースに出てどんどん加速していきますが、その時のエンジン音は以前世界を席巻した甲高いホンダサウンドであります。私個人的には、このサウンドを記録するようなメディアを買って記憶したいと思ったくらいでした。私と妻超感動、近頃あまりレースの話をしない、そしてこのもてぎでも他のカテゴリーにはあまり興味を示さなかった、2人の息子も琢磨選手のドライブするBAR007の走行する姿を見て大興奮でありました。場内を3周程度したのですがF1をINDYに負けず本当に速かったですね。また琢磨選手、くるくるスピンしてくれるサービスもしてくれました。

最後は、INDYマシンを含むフォーミュラマシン4台揃ってのデモ走行。INDYとF1が揃って走るところは多分世界広しと言えどもここでしか見られないと思います。INDYとF1の抜きつ抜かれつ本当に圧巻でした。来て良かったと感じました。

ということでいろいろありましたが、最後にF1の素晴らしいエンジン音と走りを見られてとても感動しました。詳細につきましては、サイト版にアップしておきたいと思いますのでそちらもチェックしてみてください。

写真協力 still-in-love 様

2005年11月25日

JEFも負けてはいないぞ

今年日本プロ野球界で夢と希望を与えてくれた我らが千葉ロッテマリーンズ。Jリーグでもそれに負けじと、私が住む千葉県市原市を本拠地とするジェフユナイテッド市原千葉(以下JEF千葉)が頑張っています。11月23日現在で首位と勝ち点4差の5位。まぁ残り2試合ですので相当厳しいと思いますが、是非とも頑張って欲しいと思います。

現在首位はガンバ大阪(G大阪)で、プロ野球と同様、大阪VS千葉の対決(まぁその中にはC大阪、鹿島、浦和とありますが)とプロ野球と同様ですし、その前哨戦となったJリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦ではそのG大阪と戦いPK戦の末、JEF千葉の勝利で、JEF発足以後始めてのタイトルをゲットしました。

そして、26日にそのG大阪と対決を致します。JEF千葉にとってはアウェーではありますが、これに勝てば優勝が現実味を増してきます。是非頑張って王者になって欲しいものです。頑張れJEF千葉!!

ブログ 佐藤琢磨選手 来期を語る

11月23日私も行ってきましたが、ツインリンクもてぎで行われたHONDA RACING THANKS DAYの中で、我らが佐藤琢磨選手が来期に向けてのコメントを発表しました。

その中で、琢磨選手は鈴木亜久里氏が代表を努め、現在FIA(国際自動車連盟)に来期よりの参戦を申請しているSuperAguriF1(以下SAF)の移籍を中心に交渉しているとコメントしました。このコメントはTAKUMA CLUB MEETINGでも言っていましたが、メディアでの発表はこれが始めて。英国へ飛んで何度も打合せもしているようですし、参戦が許可されれば、移籍ということになるかもしれません。

そのSAF心配なのは、シャシーについてだと思いますが、現在製造進行中だそうで、2月の中旬には完成するとのことです。これを聞くと開幕まで1〜2週間しかありません、あきらかに準備不足。でもそれを補う何か秘策があるのだと思います。例えば、ホンダ技術陣からの技術及びデータ(例えばBAR007の設計図や風洞のデータ等)の提供や04年のザウバーフェラーリのような羊の皮を被ったヤギ(佐藤琢磨本人談)になるのではないかと思います。

そう言えば、私がつい最近加入いたしましたTRT(TakumaRacingTeam)のブログにはSAFが現在スタッフ募集ということが書いてありました。このブログをご覧の方で我こそはと思う方是非、琢磨選手をサポートする意味で応募されては如何でしょうか。

2005年11月21日

いやぁよく調べてくるよなぁ。3

近頃、非常に腰の具合が悪いぽちょむでございます。それにもかかわらず、もてぎにいくこの根性。自分で自分をほめたくなります。まさに、3箇所も肉離れしていても優勝する高橋尚子選手のようです。

とアホなことを抜かしてしまいましたが、私、ゴーフォーイッ党の党首でありながら、他の琢磨ファン同盟にも加入することにいたしました。このたび新たにゴーフォイッ党の仲間になっていただいた、カンジ様に貼り付けてあった、TRT(Takuma Rasing Team)であります。カンジ様のご入党以降、数多くの方々がご参加いただきましたが、皆様TRTのロゴが貼り付けてありましたので私も早速サイトを拝見、オフシーズンなのに琢磨選手やBARのニュース、最新記事では中本修平氏の講演会(Inハワイらしい)など事細かに書かれておりました。

また、今回ご入党いただいた、カンジ様、REDOFIVE.R.E.H様、mikle様、naka_yoshin様皆様オフシーズンなのにもかかわらず、情報力がすごいと言うか、ほぼ毎日更新されており、なんか党首とか言っておきながら、何にもしていないことを反省させらるとともに私もがんばらねばと感じました。

でもその前に、皆さん僕にも情報元おしえてくださ〜い!!




今回紹介したブログ/サイト
カンジのあなた http://blog.kan-ji.com/
trt communication http://trt.seesaa.net/
DAVIDおじさんF1を斬る! http://redfive.seesaa.net/
GO FOR IT! http://ameblo.jp/mikle/
私的☆F1信者への道 http://f1shinja.exblog.jp/