食べられるきのこ

November 16, 2009

ムラサキシメジとイタリアントマトのピクルス

ムラサキシメジとイタリアントマトのピクルスムラサキシメジとイタリアントマトのピクルス



ムラサキシメジ (の変わりにマッシュルーム)  イタリアントマト(ミニトマト) 白ワイン ライム   ドライバジル  ローリエ  シロップor砂糖 コンソメ



ムラサキシメジムラサキシメジムラサキシメジ Lepista nuda 食事マル 晩秋のきのこで、たくさん収穫できる。どうしたらこんなきれいな紫色ができるのか不思議。ムラサキ系のきのこは独得の土臭さが感じられるので意外と好まれないけどピクルスや炒め物にいいでしょう。特にピクルスにすると臭いが気にならないで美味しいです。



いただきます。

人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 



chi1902 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 13, 2009

きのこのフリカッセ ハタケシメジ 今夜はおまかせ!出張料理in箕面市

きのこのフリカッセ ハタケシメジ きのこのフリカッセ ハタケシメジ

本日の天然きのこはハタケシメジがメインデッシュです。  

他 椎茸・ブナピー・丹波シメジ マイタケ 

 

 

*レシピ(4人分) きのこ500g位 バター70g オリーブオイル15cc(大匙1) にんにく一片 生クリーム250cc レモン汁適量 塩コショウ

  1. ハタケシメジはきれいに掃除して土を落とします。石突を取ります。切った後に洗うと風味がぬけてしまうので先に洗ってから切ります。
  2. フライパンを強火にかけ、オリーブオイルを入れ きのこを入れる
  3. 水分を飛ばすようにパラパラした状態で焼き色がつくように炒める
  4. 2)ににんにくを加えて塩コショウをし、生クリームを加え、煮立ったら弱火にしてとろみが着き過ぎないように煮詰めます。
  5. 3)にバターを加えてコクをつけ、レモン汁をいれてさっと合わせます。

 

ハタケシメジハタケシメジ Lyophyllum decastes食事マル 秋に畑、路と河川の間や、脇道 平地など、ごく普通の何気ない雑草地などでみられ3,4本くっついて株になっています。ちょっと泥臭い地味なきのこで天然の香りは土臭さがありますが、「 香り松茸、味シメジ 」 といわれるように、その風味はホンシメジと劣らない優秀なきのこできのこ愛好家のなかでは好きなきのこベスト5にはいります。秋が深まるごとにようやくきのこ狩りが楽しめるようになってきましたが、温暖化で生態系も激変なのか今年は不作なきのこ、秋の雨と時期はずれの台風のあとにやっとハタケシメジがちょっとだけ採れました。

マツタケやホンシメジのように栽培できない菌根菌のきのこと違ってハタケシメジは腐朽菌(朽木や落ち葉など分解作用をもつきのこ)。これも人工栽培ができるため、栄養も特に豊富で最近はダイエット食品として注目を集めているようですね。 *スーパーでよく見かけるホンシメジは本種と違ってヒラタケやブナしめじなどの栽培種のこと。

ホタテときのこのフリカッセ

 

今夜のおまかせ!出張料理in箕面市はランチタイムの食事会20名のうちほとんどが女性で、美を追求する草食女子達のために好きな食材 かぼちゃやきのこを取り入れ野菜もふんだんにとりいれました♪ 

他本日のメニュー 秋刀魚のトマトフォンデュ  茄子の煮浸しと温泉玉子 コンソメスープ味 アサリとイタヤ貝と野菜のラタトゥーユ仕立て  エリンギと水菜の和風パスタ白ワイン風味

 

いただきます。

人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 



chi1902 at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 13, 2009

今夜のおまかせ!出張料理 ヤマドリタケモドキと海老とホタテのガーリックソテーin 大阪市天王寺区

ヤマドリタケモドキと海老とホタテのガーリックソテー ヤマドリタケモドキと海老とホタテのガーリックソテー

ヤマドリタケモドキは見たとーりずんぐりとしたきのこらしい形を活かして縦切りにすることできのこの繊維を傷めることなく味わえます。

ポルチーニの芳醇な出汁とホタテと海老の出汁が混じり合って利いて魚貝料理にもきのこは合いますね。


ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケモドキ Boretus Reticulatus イグチ科ヤマドリタケ属

イタリアのポルチーニに近い種類が日本のポルチーニといわれるヤマドリタケモドキ、 フランスではセップとよばれこちらも人気の食材です。 ずんぐりとした体型はきのこらしいきのこで乾燥させるとさらに芳醇な香りが増します。どんな料理にも合わせられます。

キンメダイのカルパッチョときのこのマリネ今日のおまかせ!出張料理では、魚貝系料理を中心として旬のきのこも取り入れてみました。 リクエストのカルパッチョにはタマゴタケやマッシュルーム、エリンギ、ブナピー などでつくったきのこのマリネ仕立てのサラダと一緒に盛り付けた、キンメダイのカルパッチョときのこのマリネ仕立て   

 

主に魚貝系料理を中心に、なるべく味付けも素材重視で、野菜はダイレクトに味わえるようにしました。 IMG_4385 ご自宅で友人、後輩を招いて外食代わりに食事会です。今回3度目の出張料理先は 料理はリクエストされたメニューをあわせて全7品でランチタイムにあわせてゆっくりとされました。リクエストしたいものばかりでそのなかでも 気になる メロンとアンチョビのパスタは濃厚な甘い香りがリビングに充満するほどのし上がりに驚きです。 田舎から車海老が前日送られてきてそれも使っていただきたいということでキンメダイの香草焼に加えました。 野菜もやわらかく蒸して小さなお子さんもアスパラをそのままがぶり!

本日のメニュー 大人6名(こども2名)@3,000円 キンメダイのカルパッチョときのこのマリネ仕立て タマゴタケとマッシュルーム、エリンギ、ブナピーなど   ヤマドリタケモドキと海老とホタテのガーリックソテー  かぼちゃの冷製スープ キンメダイと車海老の香草焼き 牛肉煮込みと夏野菜のソテー添え  ゴーヤときのこのチャンプルパスタ  メロンとアンチョビのパスタ  

 

いただきます。

人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

 

レシピブログで今日の献立

 



chi1902 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 12, 2009

タマゴタケのポタージュスープ

タマゴタケのポタージュスープ タマゴタケのポタージュスープ

梅雨の一降りがきのこにはベストコンデションとなり、ここ数日は山に森にときのこ好きは夏のきのこを求めて森を駆けめぐってることでしょう。 これからは夏のきのこ達が、姿をみせてくれます。

 

タマゴタケ1

ブナがある広葉樹の森やモミの針葉樹の林にいくと ギョっとするほど一際目立つ派手派手な赤いきのこはとびきり美味しいと称われるタマゴタケ!  繊細でもろいけどそのコクと甘みをスープにしてみました。

 

タマゴタケ2

*タマゴタケのポタージュスープのレシピ   タマゴタケ  チキンブイヨン 適量  牛乳 生クリーム適量   バター10g レモン汁少々 塩 少々   

1) タマゴタケは肉質がやわらかくもろい、色が抜けやすいので水洗いせず汚れを取り除いたあとサッと湯がいてサッと炒める。

2) タマゴタケをミキサーで滑らかなペースト状にする。

3) チキンブイヨンと牛乳 1:1 で 、生クリームで好みの味に、さらにもっとコクをつけるときはバターを足すと良い。  

4) ゆっくりと火にかけながら塩とレモン汁で整え、出来上がり。

5) 軽くソテーしたタマゴタケを添えます。

 

タマゴタケ3

タマゴタケ Amanita caesarea   ハラタケ目テングタケ科テングタケ属

テングタケの中でも唯一食用として認められているのがこのタマゴタケだけ。見た目が派手だけど優秀な食材になります。仏ではオロンジュ、伊ではオーボリとよばれて高級茸としてよく使われます 赤ちゃんみたいにくるまれた姿がやがて美しい赤色の傘と黄色を帯びたひだとつば、根元には白いつぼがそろい 目鼻立ちがそろった絶世の美女の姿に。白い殻の卵のような白いつぼを取りのぞきます。だし汁にコクが出ることでは最高。つるりとした食感があり サラダやピクルス きのこオムレツにも良いですね。  

 

 

キノコにはよく似た種類 類似するものがいくつもあり、間違いやすいので、素人判断ですぐ食べないのがいちばんです。食べられるキノコかどうか、写真だけの判定は定かではなく、また採集していいキノコかどうかキノコ採りにいく時は必ずプロの方、熟練者とともに行くことが大事です。

 

いただきます。

人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

 

レシピブログで今日の献立

 

 

 



chi1902 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 12, 2007

きのことスモークサーモンのサラダ仕立て アンチョビドレッシングソース

サーモンサラダ2

前菜から

きのことスモークサーモンのサラダ仕立て

アンチョビドレッシングソース

・ ブナシメジ ・ ヒラタケ ・ カキノキダケ ・・・

 

サーモンのマリネと香味野菜とたっぷりのキノコを添えてヘルシー感をだしました。キノコとサーモンは合います。野菜にあう、アンチョビソースはホットでかけました。



chi1902 at 12:08|PermalinkTrackBack(0)

October 10, 2007

ミツバアケビとコウタケのベーコンソテー

ミツバアケビとコウタケのベーコンソテー2

岩手ミツバアケビとコウタケのベーコンソテー

ミツバアケビのほろ苦さとコウタケの香りが自然の贈り物。

コウタケやマツタケは独得の風味と香りを持ち主張が強いキノコなので単独で使ったほうが他のキノコのうまみを壊さない。

 

1) ベーコンを大きめにカット。ミツバアケビは皮をとり、輪切りにカット、コウタケも大きめにカット。

2)フライパンに油を入れ、ベーコンを入れ、香りを出し、ミツバアケビを入れて、しんなりするまでソテーし、

3)次に、コウタケを入れて味を見て、塩コショウし、軽くソテーして

出来上がり。

コウタケ

 

コウタケ・・肉厚。苦味があるが、しょう油のような香ばしさがあり、乾燥させたほうがさらに濃厚な出汁とうまみが出る。和風料理が多い。お吸い物や、炊き込みご飯によく使われる。コウタケの苦味がクセになるほどうまい。

キノコ料理

コウタケと濃いチーズは意外と好相性で洋風料理に使うのもいいかと思う。

 

 

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 



chi1902 at 22:25|PermalinkTrackBack(0)

タマゴタケとミネシメジの明太子ソースパスタ

タマゴタケとミネシメジとネギの明太子パスタ信州・タマゴタケとミネシメジ、アカモミタケ、奥琵琶湖マキノ産ネギを使って明太子ソースパスタ

 

1種類のキノコよりもいろんなキノコを使ったほうがそれぞれのうまみ成分がでて、より美味しくなる。

 

 

1)パスタはアルデンテにゆで、

2)適度な大きさに切ったタマゴタケとミネシメジ、アカモミタケを軽くソテーし、大降りにカットしたネギを入れて、火を止める。

3) 明太子ソースの中に軽くソテーしたキノコたちを入れ、軽く和えて

4) 3)にパスタを入れて、サッと火入れする。

きのこの香りとネギの風味が生きたパスタの出来上がり。

 

アカモミタケ2

信州で採れたて天然きのこのアカモミタケ

アカモミタケは柔かいが、似たり炒めたりすると濃くがでる。

 

タマゴタケ

タマゴタケ3

「 キノコの帝王 」 とも言われるタマゴタケは西欧では大変人気のある。これも やわらかくて壊れやすいきのこで食感は柔かく甘みさえ感じる。火を通すときれいな赤色があせてしまうが、濃くがでる。どんな料理にも合う。

石鹸の香りがするミネシメジは、炒めると良い。食感がいいキノコ。

 

 

キノコにはよく似た種類 類似するものがいくつもあり、間違いやすいので、素人判断ですぐ食べないのがいちばんです。食べられるキノコかどうか、写真だけの判定は定かではなく、また採集していいキノコかどうかキノコ採りにいく時は必ずプロの方、熟練者とともに行くことが大事です。

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立



chi1902 at 21:34|PermalinkTrackBack(0)

July 16, 2007

夏のキノコたち アンズタケ

アンズタケ

アンズタケ

フランスでは、 「 ジロール 」 と呼ばれ、人気のキノコ。濃いオレンジ色が特徴で可憐なアンズタケは、肉厚だけど柔かくほんのりアンズの香りを漂わせる。癖がなくてどの料理にも合う。

 

 

アンズタケ2

夏のほんのわずかな日、7月のうちの雨のあとに、でてくる。台風のあと、森の神社の石段のすき間から不意に出くわした愛らしいアンズタケ。健気にもこのアンズタケ、食べれるキノコなので、乱獲されて、最近ではめったに見れなくなってきたらしい。

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

きのこ観察会と信楽焼きと登り窯見学(7・21) 参加者募集中。

 

 

 

 

 


 



chi1902 at 20:56|PermalinkTrackBack(1)

July 13, 2007

夏のキノコたち キヌガサタケ

キヌガサダケ4

夏のきのこのキノコ観察会がありました。食べられる天然キノコ。

前日の雨のおかげでふだん見れないキノコが沢山あり、なかでも 「 キノコの女王様 」 と呼ばれている、キヌガサタケは竹林に生えますがその姿はまさに 別名きのこの 「 かぐや姫 」 とも言われるとおり、美しいレースをまとっています。

 

 

 

 

キヌガサダケの成長

卵(幼菌)からの成長を見て取ることが出来ました。このキヌガサタケ見た目の美しさから想像つかいないくらい匂いがとても強烈な悪臭がします、甘い蜜を求めるように虫たちがたくさん寄ってきます。

 

 

キヌガサダケの幼菌コリコリとした食感があり、中国では高級食材で、スープに使ったり、レースの部分をつかって包み料理に使ったりできます。

 

 

 

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 

きのこ観察会と信楽焼きと登り窯見学(7・21) 参加者募集中。



chi1902 at 18:15|PermalinkTrackBack(0)

夏のキノコたち ヤマドリタケモドキ(和製ポルチーノ)

ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケモドキはポルチーニ茸に似ていることから和製ポルチーニともいいます。 

 

 

 

 

 

ヤマドリタケモドキ2

オーリブ色の傘とでずんぐりしている体型、どれも傘が大きくて、香りが良くて、美味。イタリアやフランスではトリュフ、アンズタケと同じくらい食されている。

 

ヤマドリタケモドキ3

乾燥させるとさらに香りがよくでて、コクがあるのでスープや出しに使うとよい。

 

 

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 

きのこ観察会と信楽焼きと登り窯見学(7・21) 参加者募集中。

 



chi1902 at 18:10|PermalinkTrackBack(0)

夏のキノコたち ヤナギマツタケ

 

ヤナギマツタケ天然のヤナギマツタケはポプラやプラタナスの樹から群生します。野生のキノコらしく風味豊かで、香り良し。白く肉厚で、味にクセがないのでどの料理にも最適です。人工栽培されたものも野生と同じく食感がいいです。


 

 

 

 

 

 

 

いただきます。


人気ブログランキングはこちら


料理ブログを見る

レシピブログで今日の献立

 

きのこ観察会と信楽焼きと登り窯見学(7・21) 参加者募集中。



chi1902 at 18:04|PermalinkTrackBack(0)