しゃら

ふと足を止めてみると、そこには今まで気付かなかった世界がある。可憐な草花や素朴な景色。心にゆとりができた今、私のアルバムの中に綴っていきたいと思います。

「バイカオウレン」

すれすれセーフ  ここの「バイカオウレン」は終盤になりそうです。
待っていてくれたのでしょうか。 頑張って咲いていてくれました。
有り難い、有り難い    しかし、いつも咲く場所には葉もなくどうした事でしょう?
絶えてしまったのでしょうか?   悲しんでばかりではいられません。
気を取り戻して、咲いている可愛い花を撮ってきました。
この花は、葉の形が可愛いですね  






P3010063
P3010058
P3010013
P3010068
P3010071
P3010060

「セリバオウレン」

ここはどこを見ても「セリバオウレン」の花盛り。
沢山あると、どう撮ろうかと悩みますですが、
今回はイメージが湧きましたぁ   
満開の花を花火の様に撮れないものか、試行錯誤してこんなになりました。
夜空に浮かぶ花火は、こんなんでしょうか?  昼間の花火かなぁ
花の舞   う~んそれもいいかな。




P3010014-s
P3010006-s
P3010020-s
P3010021-s
P3010024-s
P3010028-s
P3010032-s
P3010040-s
P3010047-s
P3010056-s

「ツバキ」

お寺の境内に、淡いピンクのツバキが可憐に咲いていました。
昔からツバキは首から花が落ちるので縁起が悪い
な~んて、毛嫌いする方もいたようですが
私にとっては縁のある花です。
初めて作った浴衣の柄、袷の着物の柄もツバキでした。
あっ  ブログ名の  しゃら  もツバキでした。
写真もつい撮ってしまいます。  好きなんでしょうね。
花は散りはじめていましたが、蕾と一緒に撮れる被写体を探しました。




P3010077
P3010074

「オオイヌノフグリ」

ネコヤナギの足元に咲いていました。
夕方の光線が、何処にでもある草花をドレスアップしてくれました。
すんばらすぃ~
ついつい撮りたくなってしまうのは、私だけではなかった様です。




P2280038_1
P2280036
P2280033

「ネコヤナギ」

暖かい日射しの中、毛皮にくるまれて芽を出し始めました。
ここはピン色の可愛い「ネコヤナギ」です。
幼い頃は “メンメンコロコロ” なんて言って触って遊びましたぁ。
懐かしいなぁ~  何十年前の事?

今日は夕方の撮影です。優しい日射しが「ネコヤナギ」の暖かさを演出してくれました。
「暖かいよ~」 なんて言ってるみたいです。



P2280031
P2280042

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ