2018年06月27日

新人戦の結果及び役職の引き継ぎについて

まずは、新人戦の結果報告です。
新人戦とは、一、二年生で行うトーナメント方式を採用した公式戦です。
先日23日に初戦が行われました。

@千葉工大G

千葉大 | 000 000 000 | 0
千葉工 | 000 000 20× | 2

打線が沈黙しロースコアながらも敗北を喫しました。入れ替え戦が終わってからの少ない期間で新人戦を戦うことを要請され、至らない点もあったとは思います。しかし二年生は初めてチームを運営する良い機会になったのではないでしょうか。 来週から始動する新チームでこの経験を生かし、よりよいチームになれると幸いです。お疲れさまでした。


次に新チームの運営は、
監督 武政③
キャプテン 鈴木智③
副キャプテン 中澤③
中野②
主務 田中③
バッテリーリーダー 大原②
内野リーダー 中田②
外野リーダー 田中隆②
を中心に行います。
これからオフシーズンまでに米軍を始めとするオープン戦や関甲信大会、さらには最重要である秋リーグがあります。必死のパッチで頑張ります。応援よろしくお願いします。

中澤遼太郎

chiba_u_bbc at 15:46|PermalinkComments(0) 新人戦 | 活動予定

春季リーグ 入れ替え戦 日大生産工③

ブログを怠っていたらばあちゃんに怒られました。書きます。遅くなってすいませんでした。

さて、運命の第三ラウンドです。


生産工 | 000 001 010 | 2
千葉大 | 141 100 00× | 7

1 中 田中隆②
2 捕 武政③
3 一 小池③
4 指 中野②
  PH 飯田①4回裏
  PH 河村④6回裏
5 左 中澤③
6 右 芝田④
7 遊 小埜田②
8 田中利③
9 二 中田② 
   投 田口②

[試合詳細]
1回裏
先発は高須。先頭の田中隆が二塁打で出塁するとバッテリーエラーで無死三塁。続く武政が犠牲フライで1点!大きな先制点を挙げる!! 0-1

2回裏
先頭は中澤。2球目の直球を振る。感触は悪くない。弾道が低いか、いや―。セカンド強襲内野安打で出塁する。盗塁成功で無死二塁。次の柴田が四球で無死一二塁。脳裏に浮かぶ岡田監督の言葉。
「牽制は2秒以内かつ二塁牽制はほぼない」
これが彼がこれまで2試合を精査し導いた結論だった。初回の失点と常に走者を背負いながら四球。生産に余裕はない。状況と打順の巡り。よし、と心に決める。いつも通りの小股7歩のリードをとる。高須がセットポジションに入ると心で数える。
「いち、に——。」
リードをさらに大きく取り、そして走った。スタートで成功を確信する。キャッチャーは投げられない。三塁を陥れ無死二三塁!
2ストライクから小埜田がセカンドゴロ。前進守備のセカンドからキャッチャーに送球がのタッチをくぐり抜け中澤は命からがら本塁に生還した。岡田監督の昇格への執念がもたらした追加点である。 0-2
無死一三塁。田中利はショートゴロ。芝田がクロスプレーを制しさらに1点!! 0-3
中田が堅実に送り一死二三塁。
田中隆が犠牲フライでさらに1点!! 0-3
武政の飛球はセンターの頭上を越えた!!!走る走る!走者一掃の三塁打!彼の風貌と活躍まるでシャキリ。この回、打者一巡の猛攻! 0-5

三回裏
先頭は中澤。外角をとらえきれずも粘る。チェンジアップが甘く入る。これをセンターに運び無死一塁。田中利の四球、中田の敵選も重なり二死満塁。打順は先頭に返り田中隆。彼の嫌な間にテンポが崩れていく。はたして四球を勝ち取る!押し出しの一点!! 0-6

4回裏
先頭の中野で岡田監督が動く。代打・飯田!センターに軽打!!盗塁を企画し得点圏へ。3試合目になりやっとふざけだした芝田が高めクソボール大根斬り打法で適時打!! 0-7

6回裏
二死から飯田に代わって主将兼村長の河村。もはや定番と化した村長コールの中、打席へ向かう。全身全霊のフルスイング。彼は屈しない闘志と精密な打撃技術を持ち合わせる好打者だ。打ち出された打球は仕事人である彼を象徴するような会心のレフト前ヒット!彼もまたこれまで千葉大野球部を牽引し続けてきた勝利の立役者である。ベンチに退き、河村の目に涙。これが彼にとって大学野球の最終打席になるとはまだ誰も知らない。

9回表
3日間に及ぶ激戦はもうじき幕を下ろそうとしていた。8回終わって、2-7。ベンチでは「全員で守ろう!全員で行くぞ!!」の声。全員で野球をしている。いまこうしてブログを書く時ですら胸が熱くなる。これこそ4年生が目指した「チーム」の理想形ではなかったか。我々が最後まで戦いきれた最大の要因はこれに集約されているのだ。
マウンドには初回からマウンドを守る田口。故障を抱えながらも鬼気迫る投球で生産を封じ込めてきた。着実にアウトを積む、その数26。二死二塁。
ついにそのときは訪れる。
カァン!
打球音がして青い空に 白い点が飛んでいく。
その白い点は ぐんぐん私に近づいてきて
渡しの5メートル前や後ではない。 私のグラブに収まる。
試合が終わった。
すごく気持ちいい。
こんな気持ちは今までなかったように思う。
野球に出会えて本当に良かった。   (清水薫)


春から長く続いたリーグ戦は二部昇格という形で幕を閉じました。試合終了の整列をし、振り返りベンチの岡田監督を目に入れたとき目頭が熱くならずにはいられませんでした。
僕たちはまるで気球船の乗組員のようでした。気体分子は二部昇格という悲願、気体を膨張させる発熱源は4年生の野球とチームに対する情熱でした。4年生の熱量がチームを大きく、また強固にして僕たちは必死に、時にその気球船を支えながら、チーム一丸で戦いました。この旅は期待しうる最も幸福な形で終わりを迎えました。4年生には感謝しかありません。これまでチームを支えた岡田監督と河村主将は引退しました。今まで本当にありがとうございました。また、昇格に際して祝電をいただいております。ひゅーちゃ様、Screenshot_20180627-155422(いつも応援ありがとうございます。岡田監督はいませんがこれからもよろしくお願いします)。春リーグのblogはこれにて以上です。御愛読感謝申し上げます。二部でも身を粉にして戦います。今後も応援よろしくお願いいたします。
最後に個人的ではありますが、一樹さんに背番号7をいただき打率7位まで躍進することが出来ました。何か縁を感じます。ありがとうございました。これからも頑張ります。

中澤遼太郎


chiba_u_bbc at 11:37|PermalinkComments(2)

2018年06月10日

春季リーグ入れ替え戦 日大生産工②

1敗で迎えた第2戦です。
先攻後攻を入れ替え千葉大は先攻です。
9人中7人が中や田がつく攻撃的なオーダーです。

6/3 @千葉工大G

千葉大 201 500 1  | 9
生産工 100 000 0x| 1x
(7回コールド)

1中 田中隆②
2捕 武政③
3一 小池③
4指 中野②
5左 中澤③
6右 芝田④
7遊 小埜田②
8三 田中利③
9二 中田②
投 大林②

[試合詳細]
1回表
先頭の田中隆が四球、2番武政、3番小池の連続安打で無死満塁!
好調を買われ4番に座った中野が犠牲フライで応え、1点先制!
さらに中澤の四球で再度満塁とすると芝田の犠牲フライで1点追加!2-0

1回裏
清野の三塁打と鈴木の適時打で1点を返される 2-1

3回表
小池が安打と盗塁でチャンスメイクすると中野の適時打で1点追加!3-1

4回表
小埜田、田中利が四球で一死一二塁。さらに中田がバントヒットで満塁!
ここで昨日試合を締めた水科が登板する。
絶好調の田中隆と対峙する。果たして彼の打球が右中間を切り裂く!2点追加!5-1
さらに武政の適時打、小池の三塁打で2点追加!8-1
この回打者一巡の猛攻4得点!!

7回表
先頭の中澤が右安で出塁する。二死から田中利の右安、中田の適時打で中澤が生還してダメ押しの1点!!9-1
多分俺塁ベース回るとき三塁踏めてない


昨日とは打って変わり完勝でした。投げては大林が7回1失点の好投!!彼の投球がチームに勢いを与え、打線では心なしか田・中勢の活躍を感じました。1試合目の反省が活かされ中盤以降も集中が途切れず攻撃できました。また、ここ二試合緊張感MAX、ネタのない試合展開になっています。主な原因として主に芝田が緊張からかふざけなくなったことが挙げられ、これはいちブロガーとして由々しき事態だと感じています。

ともあれ、1勝1敗となり入れ替え戦は第三戦にもつれ込みました。


中澤遼太郎





chiba_u_bbc at 16:12|PermalinkComments(0) リーグ戦