2022年10月26日

秋リーグ 第三節 対千葉工業大学戦 二戦目

三週間前に延期となった試合が今回行われました。この試合で完全に順位が決まり、千葉大学の二部残留か動画が決まります。そのためチーム全員気合を入れてこの試合に臨んでいます。この試合で引退となる四年生、三年生がいらっしゃるのでその方々のためにも勝って有終の美を飾りたいところです。この日の先発は、足立(2年)でした。

一回表〜三回表
千葉大学先行で始まり、一、二回は相手に完全に抑えられ三者凡退で終わってしまいます。三回にツーアウトから九番佐藤(3年)がセンターにヒットを放ちますが得点につなげることはできませんでした。先発足立も一、二回をしっかり抑えました。二回は先頭にフォアボールを出しましたがダブルプレーで切り抜け無失点とします。

三回裏
この回は大量失点をしてしまいます。まず先頭バッターにレフト前ヒットを許すと続くバッターにバントをうまく決められます。その後、4本のヒットと二つのエラー、一つのフォアボールで一挙六点を許しました。この回の途中からマウンドに上がった新井(1年)がワンアウトを奪って長い攻撃が終了となりました。

四回表〜六回裏
ここからはお互い点が取れない回が続きますこの間気を吐いていたのは三番の小林で2打席連続でヒットを放ちますが得点にはつながりませんでした。相手の投手はかなり手強く、六回は三つのアウトを全て三振で取られるなど完全に抑え込まれてしまいました。守備ではピンチを作られながらも新井が抑えます。四回はランナー三塁、二塁のピンチ、五回は先頭にフォアボールを出し、六回はツーアウトからですがヒットを打たれましたが味方の攻守もありゼロで抑えました。

七回表
相手のピッチャーが変わり千葉大学が反撃を始めます。先頭は代打で登場の廣瀬(2年)で期待に応えるヒットで出塁します。一つアウトを取られ、ここも代打の山崎(2年)がライトへうまく運ぶヒットでチャンス拡大、さらに佐藤がこの日2本目のタイムリーヒットで待望の一点が入ります。続く一番黒川(3年)、二番須賀澤(3年)、三番小林の三連打でさらに二点を加え、四番当間(2年)の犠牲フライで四点目を取りに点差と迫ります。しかし、この回はここで攻撃終了となりました。

七回裏〜九回表
守りは新井が七回、変わってマウンドに上がった同前(2年)が八回をピシャリと抑え相手の追加点を防ぎ攻撃に繋げてくれました。その攻撃陣は投手の頑張りに応えることができず八回は三者連続三振、九回は三者凡退と抑えられ負けてしまいました。

この試合の後に行われた東京理科大学対淑徳大学の試合で東京理科大学が勝ったため千葉大学は三部の優勝校との昇格戦に進むことに決定しました。こうなってしまった以上はこの昇格戦で勝って二部に残るようにチーム全員で勝ちに行きます。試合は10月29、30日で行われます。一勝一敗の場合は月曜日にもう一試合行われます。あと、少し全員で戦っていきますので応援よろしくお願いします。


chiba_u_bbc at 17:39|PermalinkComments(0)

秋リーグ 第五節 対清和大学 二戦目

前日にコールド負けを喫しているだけに負けられないところで先発を任されたのは同前(2年)でした。先週投げた時の反省を活かして相手を抑えると臨んだマウンドでした。

一回表
相手投手はストレートが力強く、大きな変化球も特徴の右腕でした。その立ち上がり、一番の黒川(3年)がいきなりレフトへのヒットで出塁します。二番、須賀澤(3年)は見事なバンドでランナーを二塁に送る大仕事を決めます。ここで相手のエラーがありランナー一、二塁として四番当間(2年)のセンター前タイムリーヒットで幸先良く先制します。なおも、ランナー一、二塁で五番木村(2年)が三塁線を鋭く抜けるツーベースヒットでさらに一点を追加します。ここで終わらないのが今日の千葉大、六番八木(1年)もセンターへのツーベースヒットで続き2点を追加して4対0とします。

一回裏
先発の同前はセカンドゴロでワンアウトを取り順調にいくかと思われましたが三者連続でセンター前ヒットを許し一点を失います。しかし、4対1でまだまだリードしています。

二回表
先程の回の勢いそのままに先頭の佐藤(3年)がセンターへのヒットで出塁します。その後、須賀澤が再びバントをしますがピッチャーのエラーを誘いランナー一、三塁のチャンスとなります。三番小林(3年)の打席でダブルプレーを取られかけましたが自慢の俊足でなんとか一塁セーフとなりさらに一点を追加し5対4となって攻撃終了となります。

二回裏
先頭バッターをレフトフライでワンアウトを取り、続くバッターにレフトへヒットを打たれます。その後5本のヒットと二つの四死球で5点を取られ6対5となりました。同前はツーアウトまではとっていましたが5点取られピッチャー新井(1年)にスイッチします。その新井が一人目のバッターから見逃し三振を奪いこの回を終えます。

三回表
この回は簡単にツーアウトまで取られた後、七番安東(1年)がフォアボールを選び、次の許斐がヒットエンドランを決めてツーアウト一、三塁にまで持っていきます。ここで、先程ヒットの佐藤がに打席連続のヒットを放ちすぐさま同点に追いつきます。もう一本出したいところでしたがここで攻撃終了となりました。

三回裏
この回は前の回変わった新井が完璧な投球を見せます。内野ごろ二つとフライで簡単にスリーアウトを取りこの乱打戦を鎮めます。

四回表〜六回表
相手のデッドボールやフォアボール、エラーでランナーを出すも得点にはつながることはありませんでした。また、六回表に当間がライト前ヒットを放ちましたがそれも得点には結び付かず同点のまま試合が進んでいきました。二回途中から投げている新井は変わらず投げ続け五回途中まで投げヒット一本だけで抑える口頭でマウンドを降りました。その後を受けたのは足立(2年)で五回途中からしっかりと投げきりゼロで抑えました。

六回裏
足立の2イニング目はワンアウトからヒットを許し、さらにツーアウトからヒットでランナーをためられ次のバッターを打ち取ったかと思われましたが守備が乱れ一点を許し均衡が破れます。その後はしっかり抑えましたが勝ち越しを許してしまいました。

七回表〜八回表
七回表は安東が、八回表は須賀澤が先頭バッターとしてヒットを放ちますがその後が続くことができず同点にすることができません。七回裏の守備は三振でアウト一つ、あとはヒットででたランナーを背負いましたが須賀澤の華麗な守備でダブルプレーを取り追加点を阻止しました。

八回裏
足立がヒットを打たれワンアウト一塁の場面まで投げ、続くは林(4年)がマウンドに上がりました。しかし、立ち上がりをとらえられヒットとツーベースヒットを続けて打たれ、さらに犠牲フライでこの回二点を結果的に失い6対9とされました。

九回表
絶対に逆転したい攻撃で、八木が七球粘った末にライト前へ技ありのヒットを放ちます。その後代打で登場の池田(2年)がフォアボールで続きツーアウト一、二塁と一発同点のチャンスを作りますがここでスリーアウトとなり結局6対9で負けてしまいました。

まだ一試合残っているとはいうものの最下位がかなり迫って来ている状況です。現在同順位の東京理科大学も実力があり他大学と接戦をしています。次の一試合でもなお同率ならば東京理科大学との再試合で決着をつけることとなります。まずは次の試合に勝って絶対に三部に落ちる可能性がない状態にしますので後一試合応援よろしくお願いします。

chiba_u_bbc at 17:38|PermalinkComments(0)

秋リーグ 第五節 対清和大学 一戦目

今回の試合を入れて残り三試合と終わりが迫っておりここまで千葉大学は一勝六敗と大きく負け越しており最下位を争っている状況です。勝てば二部残留に少しでも望みを持てるようになるのですがここまで思うように勝ってこれていません。なのでまずは一勝を目指して試合に臨んでいます。先発ピッチャーは林(4年)でした。

一回表
千葉大学は守備からのスタートとなりました。開始早々、先頭バッターにヒットを許しいきなりランナーを出します。しかし、ここで焦らず林は2,3,4番の3人を打ち取りピンチを脱します。

一回裏
相手の投手は直球に力があるピッチャーでいきなり三者連続三振を奪われ相手を調子づけてしまいます。

二回表
最初のバッターを三振に取り相手の流れを切ったかと思われましたがここから六連打と繋がれてしまい3点奪われてしまいます。

二回裏
四番当間(2年)からの攻撃でその当間がセンター前ヒットでノーアウトのランナーとして出ます。しかし、続く3人で当間を還すことが出来ずこの回も無得点で終わります。

三回表、裏
先程の回は連打で失点してしまった林でしたがこの回はスリーベースヒットをワンアウトから許したものの無失点で抑えます。
さて、攻撃ではツーアウトから一番の黒川(3年)がショートへの内野安打で出塁し、盗塁を試みますが相手に阻まれここもまた無得点で終えます。

四回表
味方の援護がない中苦しむ林はこの回、先頭バッターにツーベースヒットを打たれ更に二連打されもう一点を失います。しかし、この一点で何とか抑え最小失点で抑えました。

四回裏
そろそろ反撃したい千葉大学はワンアウトから三番小林(3年)がレフト前ヒットで出塁しますがここも後続が続けず無得点となります。

五回表、裏
この回の林は素晴らしく、三者凡退で相手の強力な打線を抑え込みます。
この流れでチャンスを掴んでいきたい攻撃陣は先頭バッターでDHの木村(2年)がセンターへのヒットで出塁しますがまたもや後続が続けずに終わります。

六回表
この回からここまで踏ん張ってきた林に代わって仁羽(4年)が上がり四年生でバトンをリレーします。しかし、立ち上がり制球を乱しフォアボール、ヒット、フォアボールで満塁となります。ここで痛恨のデッドボールで押し出し。その後すぐ犠牲フライでもう一点を失い、さらにタイムリーヒットで一点を失います。最終的に3点を奪われ七回コールド圏内にまでされてしまいます。

六回裏
この回も小林が二打席連続となるヒットを放ちますが相手投手の前に歯が立たずまたもや無得点のままコールドゲームとなってしまう7回の攻防に入っていきました。

七回表
この回から仁羽から足立(2年)に変わります。変わり際いきなり先頭バッターに内野安打を許し、ピンチを迎えますがキャッチャー佐藤(3年)が自慢の強肩で盗塁阻止をするなどピンチを乗り切り次の攻撃につなげました。

七回裏
とにかくまず一点を取りたいところでしたが簡単にツーアウトまで取られます。ここで、七番安東(1年)がレフトへの強烈なヒットを放ちます。さらに代打の池田(2年)がレフトへのヒットで続きこの試合初めて二人のランナーを出しますが後一本が出ず、このまま0対7でゴールド負けとなってしまいました。

今大会四回目のコールド負けということでかなり全員が焦っている状態です。しかし、焦ってプレーしても良い結界はつながらないので一試合一試合に集中して臨むようにします。まずは翌日の清和大学戦を勝てるように全力を尽くします。

chiba_u_bbc at 17:37|PermalinkComments(0)