秋リーグ 第三節 対千葉工業大学戦 一戦目

2023年10月10日

秋リーグ 第二節 対千葉工業大学戦 二試合目

 前日は打撃陣がつながり、勝利しました。勝ち越し目標に向けても重要になる1戦です。何とか勝利に向けてチーム全体で臨んだ試合でした。

1回表~3回裏

 初回の千葉大の攻撃は、まず先頭黒川(4)がレフトへの2塁打を放ち、出塁すると2番中山(1)が送りバントを決めて、13塁の先制のチャンスを作ります。続く3番当間(3)の当たりはいい当たりでしたがセカンドライナー。4番安東(2)は死球でつなぎますが、5番田中(2)はファーストゴロで好機を生かせません。その裏の千葉工業大学の攻撃、千葉大学の先発は矢花(1)でした。前回登板は四死球で球数を使い、リズムに乗れなかったため今回は試合を作れるかが注目でした。しかし、先頭にセンター前ヒットを許すと、盗塁と2番打者のライト前ヒットでピンチを迎えます。ここで3番打者にレフト前タイムリーを許し、先制されます。続く打者はセンターフライに打ち取りますが、センター黒川がまさかの落球で無視満塁のピンチを迎えます。矢花はここで後続をセカンドライナー、セカンドゴロに抑え、2死を奪いますが、8番打者の当たりはサードへの打球。ここでサード当間は打球を処理しきれず、結果内野安打となり、もう1点失いますが、2塁走者の生還は防ぎ、この回2失点となります。先制された後の23回の攻撃は、ヒットはでるものの併殺でチャンスを潰し、結果的に連続で三者凡退に終わります。初回2点を失った矢花でしたが、2回は2死から四球と盗塁でピンチを作るも無失点。3回はヒットを許すもけん制で刺し、徐々に立ち直ります。

 

4回表~6回裏

 4回表の攻撃は3番からの好打順でしたが三者凡退。その裏の守備、先頭に四球を許すと送りバントとヒットで11,3塁のピンチを迎えます。しかし矢花が踏ん張り、9番をショートフライ、1番をショートゴロで無失点に抑えます。何とか反撃したい千葉大は5回、先頭6番池田(3)がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁で2塁へ進塁。7番八木の打球はレフトフェンス際の打球となり、アウトにはなりますがこの間に池田が3塁へ進塁し、13塁の好機を作ります。8番佐藤(4)は浅いセンターフライに倒れますが、9番廣瀬(3)がセンター前タイムリーで1点を返します。続く1番黒川もヒットで続きますが、2番中山はセカンドゴロで1点止まり。その裏の守り、1死から3番にセンター前ヒットを許すと、4番には左中間にヒットを打たれてエラーも絡み、2,3塁のピンチを迎えます。5番はショートゴロに抑えますが、弱いあたりになり、3塁ランナーが返って1点を追加されます。後続はセンターフライに抑えます。6回表の攻撃は1死から4番安東が四球で出塁すると、盗塁と5番田中のショートゴロの間に進塁し、2死3塁のチャンスを作ります。ここで6番池田がライト前タイムリーを放ち、1点を返します。その裏の守備は下位の打順で三者凡退に抑えます。

 

7回表~8回裏

 7回表は、先頭8番佐藤が四球で出塁します。しかし、9番廣瀬は三振、1番黒川はショートゴロ併殺崩れ。さらに盗塁死で結果的に三者凡退で終わります。7回裏は、先頭の1番に四球を与えると、送りバントと四球でピンチを招きますが、後続をセンターフライ、サードゴロに抑えて無失点に抑えます。8回表は、1死から3番当間がショートへの内野安打で出離すると、代走に山崎(3年)が送られます。しかし、盗塁を試みますが失敗。続く安東も倒れて無得点になります。8回裏は、先頭に死球を与えると、1死から連続四死球で満塁のピンチを作ります。ここで1番打者に投前にスクイズを決められて失点します。続く打者に死球を与えたところで投手が足立(3)に代わります。足立はピンチでしたが3番をピッチャーゴロに抑えて、1失点で切り抜けます。

 このあと9回の攻撃を迎えるところでしたが、時間制限を迎え、大会規定で新しいイニングに入ることができず、2点差のまま試合終了となりました。

 

 連勝を目指した試合でしたが初回の失点が大きく響き、効果的に追加点を奪われたことも大きく、敗戦しました。これで大会成績は2勝4敗となりました。残り2節4試合が残されていますが、何とか連勝で勝ち越しできるように頑張りますので応援よろしくお願いします。



chiba_u_bbc at 14:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋リーグ 第三節 対千葉工業大学戦 一戦目