ブログ1

 

カウンセリングでは、「ネガティブな性格を治したい」「イライラしやすい性格を変えたい」といった主訴をもつ方もいます。このように「性格」の問題は、カウンセリングのテーマになることがあります。性格とは、英語でパーソナリティと言われることもあります。パーソナリティ(性格、人格)は、「その個人の思考・感情・行動の根底にある持続的で一定したパターン」(ICD)あるいは「認知・感情・対人関係の領域にわたる持続的で一貫した傾向」(DSM–Ⅳ)と定義されています。

 

これからのブログでは「性格(パーソナリティ)」についてお話ししていきます。


千葉駅前心療内科