溜め込み症

 

溜め込み症とは、過度に物を溜め込んでしまう症状です。物を捨てるのが苦手、家にはいらないものが色々あるいった状態です。具体的には、以下のような状態でしょう。

 

・物を捨てることにすごく抵抗を感じる

・いつか必要になるのでは?と思って、なかなか捨てれない

・愛着があるものなどを捨てようとすると、罪悪感が生じる

・何かの個人情報が含まれる物が捨てれない

・自分でもおかしいと思っているのに、どうしても捨てることができない

・家族が勝手に捨てると、激しく怒る

 

上記のような症状がある場合は、溜め込み症の可能性が高いです。溜め込み症は、以前は強迫性障害の1つとされておりました。現在においても、溜め込み症と強迫症との間には強い関連性があると言われており、強迫症に対する治療が有効とも言われています。

 

 
千葉駅前心療内科