千葉のいまを知るプロジェクト

東京成徳大学日本伝統文化学科が、大学のある、現在の千葉県の現状を学び、地元に人材を還元したいという大きな目標を持ったプロジェクトです。

千葉いまブログ

今年もがんばります!

説明会のお知らせ

新入生にむけて説明会を行います。
昨年までの活動と今後の活動方針をお話する予定です


また今年は房総地域文化研究プロジェクトと合同なので、
千葉いまと房総の両方の話を聞けるチャンスです


ぜひご参加ください♪


日にち:4月14日(火)21日(火)
時間:12時10分〜12時50分
場所:203教室


誰か入っちくり〜(; ̄Д ̄)

学科交流会にて

 今日は学科交流会で千葉のいまを知るプロジェクトの紹介をしました。

 ローカル線、古民家カフェ、道の駅などの実地調査や、
翠樟祭や当ブログで行っている活動について話しました。
(ちなみにスライドは新3年生の子が作ってくれたんですよ〜とてもわかりやすくまとめられていました!)

 また今年からは房総地域文化研究プロジェクトと、新設される伝統芸能プロジェクト(名称は未定)と一緒に活動することが決定した旨をお知らせしました。
これについてはメンバーもびっくりΣ(・ω・ノ)ノ

IMG_7416 - コピー


 先輩たちが卒業してとても寂しいですが新4年生として千葉いまを他プロジェクトの方々と一緒に盛り上げていきたいと思います!
今年もだれか入ってくれると良いなぁ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


 プロジェクトについての説明会については後日の記事にてお知らせいたします。

千葉のいまを知るプロジェクト2014年度活動報告 目次

目次
機仝学調査
  1 千葉のローカル線を学ぶ 第1回(通算第3回)銚子電鉄実地踏査
  2 千葉のローカル線を学ぶ 第2回(通算第4回)流鉄流山線実地踏査
供/景絞麁残敢
掘/蘊精
  2014年度翠詳細展示
検(拔会報告
4月 21日、25日、28日
5月 12日、19日、26日、
6月 2日、11日、18日、25日
7月 2日、12日、16日、23日
9月 27日、30日
10月 9日、13日、16日、17日、21日、23日、24日、
12月 22日

千葉のいまを知るプロジェクト2014年度活動報告

はじめに

 「千葉のいまを知る」プロジェクトを立ち上げてから、今年度で8年目になる。千葉の産業や観光の現状、まちおこしなどの特徴的な活動を調査研究し、地域の現状を学ぶことによって、地域で活躍できる人材を育て、地元に人材を還元していきたいという目標を掲げている。
 今年度は昨年度末に引き続き、千葉のローカル線の研究をテーマとした。全国のローカル線の現状を踏まえ、千葉のローカル線の現状と地域交通としての役割、観光資源としての役割などを研究調査してゆくことを目標としている。また同時に千葉の鉄道の歴史も学びたいと考えている。昨年度のいすみ鉄道、小湊鉄道、芝山鉄道の実地踏査に続き、今年度は銚子電鉄を実踏調査することとした。今年度は新たに千葉のローカル線の新聞報道の切り抜きを開始した。きっかけは、昨年12月に相次いで起こったいすみ鉄道と銚子電鉄の脱線事故である。特に銚子電鉄は実地踏査を予定していたので、その後の復旧の動きをフォローしていたところ、その報道の在り方に興味を持った。そこで両鉄道の事故報道、事故後の鉄道会社の広報などを調査した。その延長でローカル鉄道についての新聞報道を追跡することとなった。
今年度も昨年度同様翆樟祭に展示参加し、その後、日本伝統文化学科主催の古典の日記念行事が行われた際にも、学科活動の一環としてプロジェクト活動のありさまをパネル展示した。10月25、26日の翠樟祭には、昨年度実地踏査したいすみ鉄道、小湊鉄道に加えて銚子電鉄のパネル展示のほか、千葉の鉄道建設の歴史年表の展示、銚子鉄道の動画も展観した。また観光資源としてローカル線にかかわる特産品やパンフレットなどの展示を行なった。今年度も学生が昨年以上に自主的に活動した。また、昨年に引き続きブログ(http://blog.livedoor.jp/chibaima/)で活動を発信している。
 以下に具体的な活動内容を報告する。

千葉のいまを知るプロジェクト活動報告(2014年度)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ
QRコード
QRコード