早く涼しくなる日を心待ちにしているM子です。
出勤時、トンボがふよふよ飛んでいますが、秋の足音はまだまだ遠いようです。

トンボといえば、たいてい夕暮れを想像します。
夕暮れの色といえば茜色。
茜色は赤系統の色ですが、赤は赤でも色はいろいろ。

深紅(真紅)朱色赤丹緋色深緋猩々緋紅緋紅赤唐紅花
レッドバーミリオンカーマインスカーレットクリムゾンルビーチェリー

挙げたらきりがありません。
和色だろうが洋色だろうが、色名は見ているだけで楽しくてたまりません。

DTPのお仕事に欠かせないカラーですが、色の選択はどちらかといえば苦手。
苦手というよりは、直感で適当に作るのが苦手。
たくさんの色の中から、選ぶ方が好きなんです。

Illustratorにあるカラースウォッチも使いますが、自作のカラースウォッチも多いです。
サイト様からダウンロードしたものや、書籍から自分で作成したものやら……。
 
そんな自作物の中から、自分がどうしても欲しくて作成した、
某大手インク会社のカラースウォッチをご用意しました。
CMYKの配合率で作成しましたが、紙質によって数値に差異があるんですよ。
N-701紅梅色を例にしてみると、
アート紙  M53 Y29
マット紙  M56 Y30
上質紙   M61 Y44
広色域4C M52 Y36
と、いった具合です。

私が作成したのはアート紙の配合率です。
……需要があるかは分かりませんが、気に入ったらもらってやって下さい。

sakura color

このピンク色の群れ、何だと思います?
なんと、これみ~んな桜色なんです。
ひとつの色でこれだけの差があるんです。それが面白い!
皆さんのコレだ! と思う桜色はどれですか?

 
お土産は続きから
 
日本の伝統色

Illustrator8.0にダウングレードしたので、幅広くお使いいただけます。
特色化やグローバル化は、ご自分やってください。