ブログネタ
●サッカー関係● に参加中!
soccerk01


人一倍練習を頑張っているのに、努力が実らずに悔しい思いをしていたとしても、
ドリブルがグングン上手になっていき、一人でゴール前にボールを運べるようになるトレーニング法がこちら








あなたのお子さんも↓のような状態ではないでしょうか???



■ドリブルにまったく自信がない

■ボールをコントロールできない

■適切なポジショニングができない

■フットワークが悪くて足がまわっていない

■今の練習を続けてうまくなる気がしない







運動神経の差で、サッカーの上手・下手が分かれてしまいがちですが、

上達のスピードは練習法によって大きく変わるもので、才能がないと思われていた子でも、

どんどんサッカーのテックニックを身に着けていくことができます。



JSC CHIBAで監督を務めている川島和彦さんの5ステップドリブル上達法は、

体格や身体能力の差にほとんど影響されず、実践すればどんな子供でもたちまちサッカーがうまくなってしまう練習法です。


soccerk10



川島和彦さんは少年サッカーを指導して20年以上にもなる大ベテランで、

これまでに教えてきた子供の数はなんと1000人以上。


川島さんのJSC CHIBAは、地元の強豪チームとして知られているほか、

全国のクラブチームからも注目されています。
川島さんのプロフィール情報はこちら

soccerk02







JSC CHIBAの最強ドリブル塾は、天才ドリブラーを育成するためにまとめられた練習法で、

運動神経がまるでない子供でも、楽しみながらサッカーのスキルを上達させていくことができます。


soccerk09


基本となる5つのトレーニングに繰り返し取り組んでいくだけなので、難しいことをするわけではないので、

練習を覚えられずに挫折してしまうようなことはありません。


具体的にどんなことをしていくのかというと、詳細な説明がこちらにありますので、

ポイントをいくつか紹介していくと↓のような感じです。


soccerk06




■駆け引きが身につく、鬼ごっこトレーニング

■相手の動きを利用した、オフェンス1対1の勝ち方

■効果的なフェイントのかけ方

■失敗するスピードでトレーニングさせる理由

■相手をどかせる3つのフェイント術









5ステップドリブル上達法を実践していけば、子供自身が楽しみながら練習をしていけるため、

途中で飽きたりして投げ出すことなく、遊びの延長でサッカーのテクニックを磨いていくことができます。


あなたのお子さんも、サッカーに必要な運動神経をグングン育てていけるようになり、

血のにじむような努力をすることなく、↓のようになることができます。



soccerk07



■ドリブルの技術が見違えるようにアップする

■試合をコントロールできるようになる

■チームの中心メンバーになることができる

■チームプレーが鮮やかに決まるようになる

■今までなかったスペースを作る動きが見えるようになる










soccerk04


試合ではボールだけではなく試合までコントロールしてしまう自分の子供の姿が見られるようになる練習法を実践してみるにはこちら







元カノとよりを戻す
松下兄弟
倉木真二 アプローチ 評判
クレジットカード ランキング