2011年08月

2011年08月31日

本日の市況(水)

 今日も一日お疲れ様です。
コンビ二エンスストアで何かを買うということはあまりないのですが、今日は朝食を自宅で摂れなかったので、セブンイレブンのPB商品「飲むヨーグルト」を買いました。市販のものは生乳以外に保存料や香料など色々と入っているのですが(十勝飲むヨーグルトはまだ随分マシ)、これは全くそういうものが入っておらず、まるで美味しい自家製ヨーグルトに砂糖を足しただけの素直な味で、裏面をみたらなんと本当にその通りでした。ついにこういうものがコンビニエンスストアでも手に入るようになったかと感動してしまいました。168円。これは滅茶苦茶売れるでしょうね。




◆今週は2日(金)に8月度の米国雇用統計の発表が、来週9月5日(月)はレーバーデーで全市場休場のため週末は実質3連休です。




            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 
 さて本日の相場ですが、ゴールド筆頭に今日は前面高。ゴールドは前日の下げ幅以上の入電です。こうなってくると昨日売っておけば、買っておけばこれだけの値幅が・・・となりがちですが、じっくり待ちたいと思います。それにしてもNY金1700ドル台で固めてくるとなるとこれは来年2〜4月にはNY金2500ドルコースですね。そこまでいかないとまとまった調整はなさそうです。総ての参加者が買いの目でしか見なくなったこの銘柄が、どんな材料で深押ししてくるかだけ見ていきたいと思います。以前業界紙(商品データ)に掲載された管理人の相場観は今日の段階で3700円/g±50円/gというものでしたが全く駄目でした。1730ドルまで確認済みのアジアの実需筋の動向を今後見ていく必要が益々出てきている今のゴールド市場です。
 今日は他のメタルや穀物、エネルギーと特に申し上げることはありませんでしたので今日はここまでで失礼します。

それでは明日も宜しくお願い致します。
今月も一ヶ月お疲れ様でした<(_)>。





管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 18:40|Permalinkclip!

2011年08月30日

本日の市況(火)

 今日も一日お疲れ様です。
管理人の同期で今は関西で全く別業種の会社を経営している友人(戦友)が半年ほど前から東京進出のため月一で東京出張をするようになりまして、その出張期間中、彼は管理人の自宅を利用しております。彼は入社2年目で会社を辞めました。理由は色々な経営者に会って話を聞いていたら自分も経営者になりたくなったからとのこと。将来商工会やロータリーで昔のお客様に突然会ったら嫌だから退社するときに総てのお客様に一人で挨拶に行っていたのがとても印象的でした。彼が辞める直前の営業キャンペーンを二人とも東京と大阪で獲って台湾でお互いの将来を語り合って乾杯しました。
 管理人は彼が退社した1年後、つまり入社丸3年で辞めました。その理由は自分はどうしてもコミッションになりたくなったからでした。最後の1年はお客様とのやりとりを上司から学ぶためと相場のことを学ぶために費やしました。そして総てのしがらみを断ち切ってゼロから始めてみたくて、自分がどこまでいけるか試してみたくて、大阪を職場に選び、大阪のその友人の自宅に最初の3ヶ月泊めてもらっていたんですよね。持ちつ持たれつ、、、性格も全く真逆で面白い関係です。8日間の滞在。やっと帰ってくれたので部屋がすっきりです(笑)。



◆今週は2日(金)に8月度の米国雇用統計の発表が、来週9月5日(月)はレーバーデーで全市場休場のため週末は実質3連休です。





            広告規制に関する表示はこちら





■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですが、ゴールドが反落で穀物が伸び切らず、ゴムやエネルギーの戻りが目立ちました。全体的にいえることですが、値段だけが上下しているような印象です。
 ゴールドに関しては先週の月・火と同じで(NY市場がクローズして東京市場がオープンする前にかち上げて、東京市場の参加者を狼狽させるような動き)月曜日の朝からかち上げてそこが高値になってからの本日の反落です。4600円/g近くまではあってもおかしくありませんでしたが、そこまでは流石に伸び切らず。今は台風の直後、天気は晴れていても海はまだ荒れているようなそんな状況だと思っております。9月中旬までは下値は浅いかもしれませんが、上下振幅激しい現状から段々と収斂されていくのでないかとみている次第です。今は動かず様子見。
 白金に関しては昨晩がロンドン市場が休みでの本日の入電です。取組減少にも歯止めがかかり始めしばらくは4500円/gをはさんで上下100円/gでうろうろしそうです。ただそのあとが材料不足か。
 穀物に関しては「ここで一気にいかないと!!」という本日でした。こうやってじりじり上にいくのも悪くはないのですが、妙味性あると思って相変わらずみております。新規の資金が循環物色でもなんでもいいので入ってくるかどうかが今後のスケールの大小の肝かと。
 エネルギーに関してはNYを襲った台風がなんとか過ぎて、バーナンキ発言から世界各国の株価が持ち直したからかWTI中心で買われているとのこと。正直その解釈が腑に落ちないので様子見です。

それでは明日も宜しくお願い致します<(_)>。





管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 18:49|Permalinkclip!

2011年08月29日

本日の市況(月)

 一日お疲れ様です。
週末はAM6時自宅発で半年に一度の管理人の習慣である日光東照宮へ行ってきました。東照宮内ということもあり、観光客に写真をぱしゃぱしゃ撮られながらの祈祷。今回は友人が車を出してくれるというので日光東照宮→100年カレー→華厳の滝→中禅寺湖横のレイクサイドホテルで日帰りの温泉に浸かる→PM16時浅草着というコース。華厳の滝を見るのは小学校の遠足以来ですが、あの滝が冬には凍るなんて想像尽きません。最後の温泉は温度から規模から雰囲気まで何から何まで良かったです。。。。
 海外旅行もいいですが、こういうたった半日でもこちらの心の持ちようによっては随分贅沢な時間になりますね。外国人観光客も大分戻っていたようです。



◆今週は2日(金)に8月度の米国雇用統計の発表が、来週9月5日(月)はレーバーデーで全市場休場のため週末は実質3連休です。





            広告規制に関する表示はこちら





■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですが、今日も朝からNyゴールドがかち上げての東京市場のオープンです。土曜日の換算価格より60円/g近く高く始まりました。先週の月・火を彷彿とさせる動きですが、そこを高値に若干安く終わっております。4600円/g近くまでともう少し上値があるかもしれませんが、それ以上は厳しいとみています。9月中旬まではダラダラで他の銘柄に注目が集まるのではないでしょうか。
 穀物はしっかりと換算通り上げてくれました。問題はここからなんですよね。弊社でもコーン・大豆がいつの間にかポジションがフラットもしくは若干の売り長になってきています。なんだかんだこれだけ金融市場が動いていたのに今の値位置をキープしていること自体すごいことだと思うのですがどうか。まずはコーン3万円・大豆6万円相場で。
 他は様子見です。

それでは今週も宜しくお願い致します。





管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 18:07|Permalinkclip!

2011年08月28日

週間展望(8/29〜9/2)

ある人は5月に云いました。
「相場自体をどう思うかねぇ。。。怪物、恐ろしいもの、夢があるもの、人間のありとあらゆる欲望の集合体とまぁ色々あるわな。そのどれもが正しいんだけれども、超一級の推理小説っていう見方もあるわな。
 素晴らしく面白い推理小説っていうのは当然最初もしくは前半部分で犯人がわかったりはしないわな。あからさまにわかったらシラけてしまうもの。相場でも同じでさ、最初からこれが大暴騰相場になる、大暴落相場になるっていうのはわからないわけだ。本当に厳密な意味においては誰もわからないんだな。
 つまり、それでいいんだよ。最初からわかろうわかろうとするっていうのは超一級の推理小説において最初から証拠も揃っていないのに犯人探しするようなもんだから。問題は中盤過ぎたあたりからさ。そこでおぼろげにでも犯人が誰か判る向き、2/3が過ぎて気付く向きっていうのが必ずいてそれでマーケットにおいては十分。後半にかけて、クライマックスにかけてが最も劇的で盛り上がるから、それだけで本当に十分なんだ。ま、いずれにせよ犯人探しもせず推理小説読み進めているようじゃそれは駄目だよ。だってそれは行き当たりばったりの売買ってことだろう?」

きついですが、管理人が年内最も意識していく言葉です。



◆今週は2日(金)に8月度の米国雇用統計の発表が、来週9月5日(月)はレーバーデーで全市場休場のため週末は実質3連休です。





            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて今週の相場ですが、週末に海外市場が3連休を迎えるということもあり、バーナンキFRB議長の発言内容も現時点では満点という結果もあって、積極的な売買は控えられる展開になるとみています。
 ゴールドに関しては25日(木)に一気に下げ幅の半値近くまで戻しておりますがここからさらにどんどんという流れにはならないのではないでしょうか。あと1〜2回売り方買い方の両方をひやりとさせる局面が来るかと思います。今年の12月〜3月までの大きな上昇の免罪符を手にしたこの銘柄です。ただその銘柄が今よりさらに上昇していくには既出した以上の展開になることが求められることも事実。SPDRのETF残は7月15日水準まで減少しています。しばらくはNY金1730ドルがどれだけ固いのかを試す展開になるとみています。それ以外は様子見する所存です。
 白金に関しては次の経済トピックを管理人は勝手に『再度の欧州危機』と捉えているためどうしても景気関連銘柄を物色して頂く気にはなりません。ずっと懸念していた取組みが大分改善されたようですが、様子見です。
 ゴムに関しては年始の天井から半年が経過しており、今のレンジに移行してからも随分と経ちます。390円/kg台乗せてくるような展開になるのなら色めき立つのでしょうが、期近3本の買い玉が思いっきり掴まっている状況を見ますとまだ、ダイナミックな展開は難しいのではないでしょうか。上述した展開にならない限りは10月あたりからみていきたいと考えております。
 今週注目しているのはなんといっても穀物です。コーン・大豆と週足レベルで非常に好きな線です。需給だけで8ドル・16ドルを最低目標に上げていくとみています。これまでもっと大きなレベル(リーマンショック以来の金融危機再来)で悲観されていたので当然といえば当然なのですが、管理人の周囲で穀物の買いポジションを維持しているのは皆無です。むしろ売り長。業界紙でも大々的に戻り売りと特集しているくらいなのでこのように申し上げるのは勇気がいるのですが、あれだけリーマンショックの再来云々と騒がれて円高で抑えられて、それでも結局今の値位置にいるわけで、週末の罫線のわけで、やはり生きていくのにダイレクトに必要な銘柄の需給がそれだけ逼迫しているということではないかと考えているわけです。まずは週明けしっかりとコーンで全限月28000円/t台・大豆で49500円/t以上に載せてくるかどうかで計っていきたいと思います。
 エネルギーに関しては正直判りません。バーナンキ発言で最初から下げているものの引けにかけては戻っています。どちらに、どう、解釈されるかで方向が全く別に分かれるため様子を見ながらどちらのシナリオを選択するか考えていきたいと思います。

それでは来週も宜しくお願い致します。






管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 17:26|Permalinkclip!

2011年08月21日

週間展望(8/22〜8/25)

 ある人は5月に云いました。
「相場自体をどう思うかねぇ。。。怪物、恐ろしいもの、夢があるもの、人間のありとあらゆる欲望の集合体とまぁ色々あるわな。そのどれもが正しいんだけれども、超一級の推理小説っていう見方もあるわな。
 素晴らしく面白い推理小説っていうのは当然最初もしくは前半部分で犯人がわかったりはしないわな。あからさまにわかったらシラけてしまうもの。相場でも同じでさ、最初からこれが大暴騰相場になる、大暴落相場になるっていうのはわからないわけだ。本当に厳密な意味においては誰もわからないんだな。
 つまり、それでいいんだよ。最初からわかろうわかろうとするっていうのは超一級の推理小説において最初から証拠も揃っていないのに犯人探しするようなもんだから。問題は中盤過ぎたあたりからさ。そこでおぼろげにでも犯人が誰か判る向き、2/3が過ぎて気付く向きっていうのが必ずいてそれでマーケットにおいては十分。後半にかけて、クライマックスにかけてが最も劇的で盛り上がるから、それだけで本当に十分なんだ。ま、いずれにせよ犯人探しもせず推理小説読み進めているようじゃそれは駄目だよ。だってそれは行き当たりばったりの売買ってことだろう?」


◆今週は26日(金)にバーナンキFRB議長のインタビューが日本時間PM23時に控えております。



            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。







管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 17:16|Permalinkclip!

2011年08月18日

本日の市況(木)

 今日も一日お疲れ様です。
今月はついついNY原油の過去の月足をみてしまいます。99年・02年の動きです。歴史を振り返れば誰でも勇者になれるといいますが、あとからみれば「ふむふむ、なるほど、ここでこ〜なってこうね。」と思わずさも結果が判っていたかのように簡単に頷いてしまいそうになります。当時をポジションを持っていたという意味で経験していた諸先輩方は皆「凄まじかった、何が起きているか判らず、正確には頭では理解できるけれど意味が判らず毎日が地獄のようなだった。」とのこと。
 価格帯=ステージが変わるということは既存の価値観が変わるということで、この価値観というのがこれまた無味無臭で形のない非常に厄介な代物なんですよね。虚心坦懐になって値動きに聞きたいと思います。





            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですがゴールドの粘り強さ以外あとの銘柄では特に動きはありませんでしたが欧州市場が始まって株式市場の急落からNY原油筆頭に各商品弱含んでいます。先般の暴落からの戻りが鈍いゴムやエネルギーはここで弾かれると再度直近の安値もしくはそれ以下が視野に。QE3をやるにしても今の原油高では中々効果が望めないしかも需給がだぶついているとなると産油国以外が満場一致で下げ賛成というところ。
 ゴールドに関しては8/11にNY金証拠金が上がるとの報から押した下げ道中で弊社でも売り買いの比率が4:1から1.7:1まで縮小し、現在再度拡大中とのこと。4481円/gを抜いてくると3段目の上げ波動が決定的と多くの向きに判断される急所となります。
 白金に関しては大きな節目の値位置かつ欧州市場スタート後のエネルギーの急落から弾かれている格好です、が、ここまでの戻りからもどこで下げ渋るかをみていったほうがいいと思います。
 穀物に関しては動きは良いのですがとにかくパワー不足。他の市場に引っ張られないことを希望しています。

それでは明日も宜しくお願いいたします。






管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 20:32|Permalinkclip!

2011年08月17日

本日の市況(水)

 今日も一日お疲れ様です。
何か変化をということで今日はめずらしくしっかりとした夕食を。神田の大和(やまと)というトンカツ屋の特上ロース(ポテトサラダ大盛り)です。お兄さんが経営されているほうのお店。管理人の中で2000円以下という条件下ではおそらく日本一美味しいであろうと勝手に決め付けております。通い始めてもう8年か。流石に最近胃が小さくなったため、管理人のみご飯なしのカツのみとなりましたがやっぱりすごい。トンカツにかぶりつくとジャクッとした音がしてその瞬間ジュワッとした肉汁が口の中一杯に溢れてくるあの感動。トンカツで口の中溢れんばかりの肉汁って・・・。厚さ3cm近くある豚肉を1mmの衣で出してくるあの硬派な姿勢もいい。そして何よりあのご夫婦がいい。トンカツ揚げ続けてウン十年。あらゆる意味で素敵です。よしっ!!





            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですが、為替はじりじり円高です。急激な介入リスクがないこともないので今の水準で積極的にポジションを構築するわけにもいかずということからか、じりじりです。
 ゴールドのほうは続伸。悩ましいですね。短期でも上昇圧力がかかる今週中にNY金が1800ドル越えてくるのかどうか。取組みからみると売り方が相変わらず不利な状況変わらずですが、いつまとまった調整が入ってもおかしくない水準まできているので現状のままで。
 小陰線が気になっていた白金はここからは4400円半ば以来の抵抗帯である4540円/gと4580円/gが待ち構えております。後者はいわずもがなの4月の高値を結んだダウントレンド上限。かなり入り組んでいた取組みが日々減少中です。この足で上抜けということはないと思っています。次の押しがここまでの上げ幅のどこで止まるかを注視していく所存です。 
 穀物は大して動きはありませんでした。ガツンとした上げを待っているのですがどうか。エネルギーに関しても白金に似ていますね。北海ブレントが安値から5本連続陽線となっているのでもう一段の上値を警戒せざるをえません。現状ポジションはゼロなのでもう少し待って取り組んでいきたいと思います。

それでは明日も宜しくお願いいたします。






管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 20:23|Permalinkclip!

2011年08月16日

本日の市況(火)

 今日も一日お疲れ様です。
関西で大変お世話になった方がお盆休み中は北九州にいらっしゃるとのこと。北九州といえば、、、管理人の場合やっぱり火野葦平の『花と龍』ですね。あの作家は城山三郎氏つながりで知りましたが、あの小説大好きでした。




            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですが、ポイントに差し掛かっていたNY金は見事にそこで反発。まだまだ活きがいいですね。こうなってくると今週末まで短期間で上昇圧力がかかるので直近の高値を抜いてくるかどうかがポイントになります。仮に調整が入っても二段目の押し目となるのが嫌ですが、ポジションゼロの向きですら買い玉は一度大きく整理するか含み益を確定するかの作業が必要な水準のわけで、そういう意味でも来週にかけてはまとまった調整があるとみています。白金に関しては7/27の高値を抜いての本日です。雰囲気がありますね。一旦はNY白金1850ドル東京白金4540円/g前後までありそうです。そこから再度の反落か。
 エネルギーに関しては全金融商品が戻り歩調の中こちらの銘柄も戻りを入れてはいるものの上げ幅は小さいです。これが今の市場心理ということでしょうね。ただ、QE3発動が現実味を帯びてきた場合大きく上がる余地があるのもこの銘柄です。再来週の新甫あたりから注目です。
 穀物に関してはしっかりしているのですが、ここで一気にいけばいいのですが、パワー不足材料不足で上げ切れません。今の状況で弱気になる必要はないと思っておりますが、ずっと焦らされているので参ります。現状維持変わらずです。

それでは明日も宜しくお願い致します。






管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 19:19|Permalinkclip!

2011年08月15日

本日の市況(月)

 今日も一日お疲れ様です。
週末に10年振りくらいにフレッシュネスバーガーを食べる機会がありました。初めて食べたのは渋谷のスペイン坂にあるお店か、鎌倉の若宮大路から由比ガ浜までの途中にあるお店に入ったときで随分昔です。当時はマック(関西ではマクド)かモスバーガーのみだったので(当時ダイエーにはドムドムバーガーというのがありましたが)最初食べたときは衝撃的でした。
 社会人になってからはそういったバーガー関係を徐々に身体が受け付けなくなったからか、余程気になる新作が出ない限りずっと食べていません。そんな中一緒にいる人の勧めで久しぶりに食べたのですが、美味しかった。。。定番のフレッシュネスバーガーが特に素晴らしい。食後の体調も無問題。浅草からの帰り道にもあるんですよね。ちょっと全メニューを制覇して検証してみようと思います。





            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。




 さて本日の相場ですが、穀物の夜間がしっかりとしていたくらいで今日は動きがあまりありませんでした。流石に先週までの動きから小休止といったところです。
 ゴールドに関しては今晩陰線を引けば調整必至(1650ドル前後)となるのですが、4300円/g割れはどうにもしぶといのでなんとも。丁度日足レベルにおける中期のMAがまだ上昇過程のためあや戻りがあるかどうかの大事なところですと更新していたら4300円/gをずるっと割れてきました。このままいってくれるか?白金に関してはまだ流れは下とみているのですが今は少し離れて様子見としたい。
 穀物に関してはこじっかり。大した枚数ではありませんが、いつの間にか売りで引っかかってきたという向きがちらほら増えてきたように感じます。こういう相場は上に飛び易いのですが、」現状の相場環境から穀物のファンダに落とし仕込んでみても今の値位置から上にも下にも重たく膠着状態です。もう2段くらい上が月末にかけてあるという見通しは変わらず。
 エネルギーも売り方の手仕舞いや値ごろ買いもあってじりじり戻してきています。需給はだぶついたままですが、コモディティ市場に流入してくると思われるここからの水準は中々堅いように思います。白金同様様子見でいいのではないでしょうか。明日の東京市場の日足が陽線引けなら尚更相応の戻りを入れる型になるので尚更です。

それでは明日も宜しくお願いいたします。






管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 20:17|Permalinkclip!

2011年08月14日

週間展望(8/15〜8/19)

 ある人は5月に云いました。
「鶴は千年、亀は万年の意味をお前話せるか?鶴や亀は本当に長生きする生物だからなんていうなよ。
実際は鶴で20年〜25年ぐらい。亀は一般には30〜50年ぐらいで、長生きするものでも100年を超えるぐらいの寿命なのになんで?って話。
 オレもこの前知ったんだけどさ、『鶴は千年、亀は万年』と言われているのは、浦島太郎のおとぎ話の中に出てくる、時が経つのが100倍速い竜宮村の諺かららしい。竜宮村にいる生き物の中で歯がないのって亀だけでさ、食べたものの消化の問題からなんだろうな、食べ方として「噛め(亀)ば万年、ツルリ(鶴)は千年」生きられるというのがあって、それを聞いた浦島さんが、「亀は万年、鶴は千年」と聞き間違えてしまったというわけ。時が経つのが100倍速いということで、「噛めば万年、つるりは千年」を100年で割ると、「噛めば100年、つるりは10年」生きられることになるってことになるわけさ。この話聞いてさ、お前はどう思う?一応珍説扱いなんだけどさ、自分はこの話は本当だろうなって信じてる。食べ物はゆっくりよく噛んでって、なんでもすぐに飲み込んでたら早死するよって昔からよく云われてたわな。
 相場でもさ、つるりばかり狙って急いだらいけないんだよ。相場とがっぷり四つに取り組んでそれで生活させてもらってさ、20年近く経ってやっと最近気付いたよ。でっかい致命的な損をさ、小さい損で先延ばしにしていくんだ。そうしたらある人は3ヶ月後、ある人は10年15年後に突然『自分の相場』ってやつが目の前に現れるわけさ。そんなもんなんだ。ただ、これだって結構すごいことなんだぜ?多くの人はそこまで我慢できず、焦って人の目ばかり気にして途中で消えちゃうんだからさ。
 ま、この『突然』て言葉が曲者でさ、周囲から見たらそうかもしれないけど、本人にとっちゃ『必然』なんだけどな。相場でつるりばかりは駄目だよ、絶対駄目。昔話は正しいよ。
 おっとお前はすぐ判った気になるから駄目なんだよ。この話もつるっと飲み込んではいお終いじゃなくて、ちゃんと咀嚼すんだぞ、咀嚼(そしゃく)。」






            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。







管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。

chibajunpei at 20:19|Permalinkclip!