2011年10月

2011年10月02日

週間展望(10/3〜10/7)

 ある人は5月に云いました。
「マーケットが上げ下げどちらにせよ一方的な動きをし続けいよいよそのクライマックスに近づいたっていうその瞬間・その直後にその銘柄に携わっている世界中の投資家が口にする言葉っていうのがあるの知ってるだろ?知らないだって?その言葉がぱっと浮かばないようじゃ、そんなんじゃお前まだまだだよ。
 いいか?それがアメリカ人だろうが、イタリア人だろうが、フランス人・アフリカ人・インド・中国人だろうが、んなもん一切関係ねぇ。みんなそれぞれ自分達の国の言葉で茫然自失となってこう呟くんだ。
 『こんなことになるなんて夢にも思わなかった・・・。』ってな。その言葉をいった後マーケットから一生涯の強制退場だよ。そう自分が口にしないように行動してたらお前の講座のゼロの数字は勝手に膨らんでくさ。」

それにしても先週の東京金500円/g超の下げは各社・各投資家に相当深い傷跡を残したようです・・・。一気にきたというインパクトの面ではある意味リーマンショック以上かもしれません。

 



◆今週は4日〜5日(火)に日銀金融政策決定会合が、7日(木)欧州中銀理事会が、8日(金)にUSDA需給報告&生産予想と9月度米国雇用統計の発表が予定されています。




            広告規制に関する表示はこちら




■ファンダメンタルズ各種の詳細なデータ・時事通信はこちらから>>。
■毎週末更新予定の「週間展望」はこちらまで>>。


 
 




管理人備忘録---FRBは2010年11月3日のFOMCにて6000億ドルの国債を2011年6月にかけて追加購入する方針へ(追加購入は月額約750億ドル)。アルゼンチン、砂糖ブラジル増産叶わず、建ち玉規制法案当限25%。ボルカー経済再生諮問会議議長退任。FRB議長インフレ警戒なく引き続き金融緩和をしていくと明言(11年1/27)、中国連続利上げも実は一度も金融引き締めをしていない、物価上昇の恩恵を最も享受するのは自国で生産している新興国、エタノール工場がエタノールだけを販売する場合トウモロコシ価格は現在の7ドル/Bu近辺から6,35ドルまで下がる必要があるが、DDG(エタノールの搾りかすで家畜の飼料)を加えれば7,5ドルまで上がっても赤字にはならない・エタノール抜きならコーンは5,8ドル。欧州で商品価格規制強化(4/10時点)G20の想定する3つのリスク(・日本の震災(原発)・北アフリカ問題(地政学的リスク)・欧州債務問題)(4/15時点)、JM社白金需給2011年Pt2000ドル〜1750ドル、ロシア昨年8月から実施してきた小麦など穀物の輸出禁止措置を7月1日付で解除(5/28時点)8月2日までに連邦債務上限を引き上げることができなければデフォルト(6/8時点)、くりっく365個人投資家ドル買い円売り過去最大規模(6/20時点)。。ドットフランク法の取引規制により米国では富裕層(年収2000万円以上もしくは流動資産1億円以上保有)以外の店頭での金・銀売買が7/15より違法になるとのこと(7/14時点)。G’7緊急会議声明文日本円高阻止介入に対して声明なし(8/8時点)。米国債AAAから引き下げ市場にはまだ反映されず(8/6時点)。コーン10/11年度の期末在庫率7.1%・11/12年度の期末在庫率5.4%大豆10/11年度の期末在庫率7.0%・11/12年度の期末在庫率4.9%(8/11時点)、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイスフランをユーロにペッグさせる可能性示唆(8/12時点)。スイス国立銀行(SNB)1ユーロ=1.20スイス・ユーロの目標を設け、無制限の介入の意思発表。今まで買われていたスイスフラン・円・ゴールドの逆転現象か?(9/7時点)。触媒需要の40%は欧州需要(9/8時点)、CMEゴールドその他貴金属証拠金26日より21,4パーセント引き上げ(9/22時点)。ギリシャ国債目先借り入れ終了(10/21時点)

chibajunpei at 20:49|Permalinkclip!