2018年01月

2018年01月22日

ゴールド×為替×株価

今日も一日お疲れ様です。

本日地上波9chのLIVE放送に出演して参りました。
この数年のこちらの番組の視聴者数はとてつもないことになっているようで、身の引き締まる想いです。私だけ実際の現場にいるトレーダーという立場の者として異色ではありますが、気付けばもう6年目に突入。自分の相場観を公共の場でしっかり申し上げる事はリスクしかしませんが、引き続き周囲を気にせず、値動きにだけ集中して、求められる限り続けて参る所存です。

短期・中期の為替&ゴールド展望(19年1月22日(月)時点)

昨年は総ての分野においてアクティブ運用者にとっては2004年以来の低ボラティリティでした。その中で、一年間の合計で収益を上げるために、昨年12月の東京金の窓埋め→反発はとても貴重なタイミングだったからだと思います(あそこの往復は逃せられない絶好のチャンスでしたので)。過去動画と罫線を合わせてご覧頂けますと、そのときに私がどのように考えて実際にどう動いて頂いたか、しっかりとご確認頂けるかと思います。

短期・中期の為替&ゴールド展望(18年12月18日(月)時点)

よくトレーディングは難しいから個人が利益を上げるのは無理だという言葉を聞きます。そしてそれは同業者からも耳にします。今から12年前に私が独立して業界最年少-完全歩合制外務員として岡地に入社した当初、業務中も業務外でもいつもこういう話をする先輩方と激しい口論になっていました。ただ、我々がお話出来るのはその時点までの実績だけですから、当時実績のない私は、しばらくしてそういう場に参加して無駄な口論をするのは一切やめて、自分の業務に集中しました。

毎年毎年ずっと利益を上げ続けて複利で資金を膨らませていくことは確かにとても難しいです。ただ、では難しいから利益を上げられないのが当然か!?損失が当然か!?といいますと私はそうは思いません。それが商品でも為替でも株でも特に差異はないのですが、チャンスを逃すことは山のようにあっても、道中で何度損切りなどがあっても、売買チャンスが少なくても、顧客と担当のタッグがしっかりしてさえいれば、通年で損失になる事はないのではないか?と信じているからです(残念ながら、元本保証はできませんが)。その考えは12年前からずっと変わりません。あれから10年以上経過した今、当時私と激しい口論をした業界の先輩方は誰一人、誰一人いなくなり、私が業界最古参の1人になって、社内や業界で誰にも悪く言われない言わせない環境下で仕事が出来ています。

そんな環境下でも、明日以降はわかりません。
そういった私の、最も可能性の低いであろう「仮説」の一つが今日の番組のメインでした。

マーケットで利益を狙っていこうと「真剣」に考えられている方は、人生で一度、岡地蠅寮虱佞鯒間を通して体感されるのを強くお勧めします。


>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(19年1月22日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年12月18日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年11月20日(月)時点)


>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年9月11日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(17年8月7日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年7月10日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年4月17日(月)時点)

>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(18年2月13日(月)時点)
>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(17年11月14日(月)時点)


>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(17年7月11日(月)時点)
>>>短期・中期の為替&ゴールド展望(17年5月16日(月)時点)
>>>






さて、引き続き本業に集中×2。


         広告規制に関する表示はこちら