宮城県東松島市のちば鷹歯科医院ブログ

宮城県 東松島市・石巻市・牡鹿郡・大崎市・仙台市・黒川郡・塩釜市・気仙沼市・岩手県内から患者様が来ています。

1102-3(7) 第8回松島町西村歯科医院&ちば鷹歯科医院合同研修会

ブログ2月23日(水)、松島の大観荘で「第8回西村歯科医院(松島町)&ちば鷹歯科医院合同研修会」を開催した。講師は前回に引き続き長岐祐子先生にお願いした。
最初に両院合わせて17名のスタッフそれぞれが『医院にこれから貢献すること』と題してプレゼンテーションを行い、それに対して長岐先生から貴重なアドバイスを頂戴した。各自、医院にとって大切なテーマを掲げて、堂々としかもレベルの高い充実した内容の発表を行ってくれた(ここまで頑張れる誉れ高きスタッフはどこにいようか!!)。
次に、以下の内容をテーマに長岐先生のスライドをもとにスタッフ全員でディスカッションを行った。
・自費率を何故高める必要があるか
・スタッフスキルを高めるためにどんな方法があるか
・経費削減の理由は何か
・メインテナンスを重視する理由は何故か
・各歯科医院の特徴を明確にしていく意味は何か
・組織力を高めるためにはどうすればよいか
・仕事のやりがいとは
そして最後に、『いきいき輝く女性でいるために』というタイトルで、長岐先生のラーニングステージを基に輝くスタッフ、女性、母親としての生き方を、自らの体験と価値観に的を絞ってご講演を頂いた。先の見えない不安を抱えながらも、今を必死に生きそして仕事をしているスタッフにとって、これほど未来に光を灯してくれた頼りになる話はなかったであろう。
『長岐先生ありがとうございました。』

1102-2(6) 日本口腔インプラント学会/第30回関東・甲信越支部学術大会に参加

2011021316180000IMG_11672月11日〜12日パシフィコ横浜で日本口腔インプラント学会(関東・甲信越支部)が開催された。私の所属は日大松戸歯学部顎顔面口腔インプラント講座と日本臨床インプラント研究会。本学会では、日大松戸のインプラントチームの一員としてポスター発表で参加させていただいた。
最近の傾向のひとつである「インプラント支台オーバーデンチャー(歯が無い方でも、咬み合わせで大切な支持を少ない本数のインプラントを応用することにより快適な食事が可能になるという入れ歯)」のシンポジウムに前田芳信先生(大阪大学)、田中譲治先生(柏市開業)、阿部二郎先生(東京都開業)が登壇した。
前田先生には大学人らしい分かりやすくエビデンスベースを、また田中先生からは沢山の臨床的ヒントを学ばせていただいた。印象的だったのは「中等度の顎の吸収までは総義歯で十分に機能するが、私は高度の吸収ではあまり吸着に拘らずにインプラント支台のオーバーデンチャーが好ましいと思う。」という阿部二郎先生の言葉であった。

1102-1(5) 13年と2ヶ月間、御苦労様でした!?

IMG_0829RIMG0006平成9年11月1日の開業以来、当院のシンボルとして13年と2ヶ月間活躍?してくれてありがとう!!。この度、デザインを一新して当院のマークを看板に掲げた。
実家の商号である鷹と医科の象徴である蛇にCD(Chibataka Dental Office:ちば鷹歯科医院)のスペルをあしらったマーク。開業当初、東松島市の「アドデザイン史(電話: 0225 82 2664)」の高橋宏様 にお願いして私のイメージをデザインして頂いたマークだ。
開業して14年目に入った。気持ちも新たに地域で一番の歯科医院を目指して取り組んでいく 。(左の写真:旧看板、右の写真;新看板)

1101-4(4) 48歳に!

RIMG0099今日で48歳に。48年分のさまざまな人との出会いに感謝したい。そして、もう一度たるんだ気持ちに痛棒を与えて49歳になるまでの一年間精進したい。スタッフの皆さん、お弁当箱ありがとう。これで脱メタボが叶うかも(笑)。螢妊鵐張廛薀せ斡發慮幼佑気麁E弔気鵐廛譽璽鵐ありがとう。今年もよろしく!

1101-3(3) アメリカインプラント学会の認定医を取得

ADIA21月20日〜22日までアメリカのラスベガスでADIA(American Dental Implant Association)が開催され、当学会の認定医の試験にパスして表彰式に出席してきました。写真は会長のアラン・ガーグ先生とパーティーの席で。
P1010686
学会前日にはアラン・ガーグ先生からサイナスリフト手術等の手ほどきを受け、大変貴重な海外研修を体験してきました(一緒に手術を行った静岡の大野先生と)。

1101-2(2) スタッフへ熱い思いを込めて・・・

IMG_1074 キラキラ輝くデンタルスタッフ教育会社:㈱オフィス・ウエーブが企画した『1年頑張ったスタッフさんに本をプレゼントしませんか?』にふと目を奪われた。
 正にその通りだ。もうすぐ2010年も幕を下ろそうとしているが、この一年間、スタッフは決まった休み以外は休むことなく出勤し、患者さんの対応に苦慮しながらも、互いに協力しあいながら仕事をしてくれてる。新人は新人らしく、ベテランもベテランの意地で、私の要求にくまなくそつなく応えてくれてる。
 この企画に乗らない手はない。私はすぐに担当の笹本さん宛てにメールを入れた。

 年は明けて、新年会を仙台の「スローフーズ三次」で行った。その席でのサプライズがこの本(注1)のプレゼント。私は役者根性には欠けるが、この企画のすごいところは、著者自らが当院のスタッフひとりひとりにメッセージを書いて本に添えてくれたこと。当然ながら私の要らぬ演出なんて御無用であった。

 オフィス・ウェーブ社、そして笹本さんに感謝しながら今年一年のスタートを切れました。『ありがとう!!感謝!!!』

(注1)『患者さんに好かれるスタッフ習慣術55』(澤泉仲美子著、クインテッセンス出版)

※笹本さんのブログに当院が紹介されました。
http://blog.livedoor.jp/officewave/





1101-1(1) 永年勤続10年表彰式

IMG_10701月8日(土)仙台メトロポリタンホテルにて「永年勤続者表彰式(宮城県歯科医師会主催)」が行われ、当院では、新卒から数えて11年目になる衛生士YTが表彰された。
 彼女は、かつて、東京他各地で開催されたやインプラント講習会や日大松戸歯科口腔インプラント科での研修などに積極的に参加し、当院のインプラント治療の発展に協力してくれたスタッフである。
 しかし、歯科界も10年でやっと一人前の世界。日進月歩の歯科医療。患者さんのためにしっかりとした医療水準を保って実践していくためには、これからも弛みない勤勉さを持続しなければならないであろう。

12-1(25)  サンタが登場(忘年会)

IMG_10052010年の締めくくり、忘年会。
会場は八千代寿司。
突然、サンタ(旧友のS先生)がギター片手に登場し、皆でクリスマスキャロルの代表作「きよしこの夜」を熱唱!

先々月末から税務署にお世話になり、まだ尾を引いている。
世の中には様々な職業があるが、彼らのような憎まれ役を買って出るような職種には就きたくないものだ(私感)。

11-4(24) 大韓補綴学会に参加してきました

IMG_0841IMG_0832













2010年11月20日(土)〜22日(月)、韓国のテジョン(大田)で開催された「大韓補綴学会」に参加してきた。初日のメインスピーカーが私の恩師である阿部晴彦先生。韓国補綴学会から招聘され、メインホールで約400名の韓国人歯科医を前にしてSHILLA SYSTEM&ABE式総義歯の真髄をレクチャーされた。韓国では85%の歯科医がインプラント治療を手掛けてるという。しかしその一方で、歯科医学の基本である総義歯学をなおざりにした付けが回って来ているそうだ。すなわち、インプラントの埋入と骨造成は流行りの如く行うが、肝心の咬合確立はままならない歯科医が増えているとのこと。近い将来、日本でも同じ現象が起きない事を祈っている。

11-3(23) アンケートの回答、118枚になりました!

IMG_0816開院14年目を迎え、その節目として、ご来院中の患者さんにアンケートを協力願いました。
そして今日で118枚に達しました!!
アンケートの内容は・・・
1.当医院の良い点、
2.当医院の悪い点
の二項目のみ。
勿論、無記名で、選択方式ではなく自由に記載していただいたので、患者さんの生の声を聞くことができます。
今後、皆さんから頂戴した貴重なご意見を参考にして院内改善に役立てます。
患者の皆さん、ありがとうございました。
そして、この企画を積極的に実行してくれたMSさんはじめスタッフの皆さんにも感謝申し上げます。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ