先日、この花なんだろうと悩んでいましたが、→これは?
ネットで調べて、たぶんこれだろうと言うのがありました。


「あさぎり草」キク科 ヨモギ属
黄色い花。高山植物で北海道・サハリン地方にしか見られない植物。

あさぎり草












(雑草をきれいに取って、再UP)

こ、高山植物だったのか・・・
普通にホームセンターで買ったんだけども。。

この葉っぱの手触りがきもちいいのよね〜。



ところが・・・

さらに調べたら、どうやらあさぎり草ではないみたい。
花がなんか違うんだよね・・・ややこしや〜

で、うちのは「銀葉かげろう草」ではないかと、結論。

学  名 : Cotula hispida
流通名 : 銀葉カゲロウソウ
科  名 : キク科
属  名 : コツラ属
性  状 : 匍匐性 多年草
原産地 : 南アフリカ
開花期 : 3〜7月
あさぎり草に似ているが違う種類らしい(同じキク科)。
あさぎり草と同じような葉だが、葉はより細かく 、匍匐性(ほふくせい:地を張って伸びる)がある。ヒョロンと伸びた花茎からまん丸の黄色い花をつける。

コツラには一年草(バルバタ種、花ホタル)と多年草(ヒスビダ種)があって、うちのは多年草だぬ。

高温多湿に弱いみたいなので、北海道は快適なのかな。どんどん増えてる気がする。。草むしりのときに、抜けたやつを土にさしてたら、なんか根付いたみたい。なんと丈夫なんだ。

そして、別名「雲のじゅうたん」という記述をみかけた。
買ったとき、そんなラベル付いてたかもしれない・・・そういえば。記憶があいまい



銀葉かげろう草その後→復活待ち (2009年4月)

                復活の銀葉かげろう (2009年6月)