株式会社セイルボートサンは、
国内初の不動産賃貸業務に特化した電子申込顧客管理ツール
「キマRoom! Sign」を8月28日にリリースしましたよ!!

アナログな業者間の物件のやり取りをデジタル化する、
業者間流通に特化したクラウドサービスで、
全国で約1000店舗が導入中なんだそうです。

賃貸入居申込業務で、管理会社と仲介会社間で紙とFAXで行われていたやりとりを、
タブレットに手書き入力する新たな方式で、
手間をかけずに、スムーズに作業できるので、効率化できると思います!!
また、申込人の筆跡確認、紙のデータ保管もできたり、
家賃保証会社とのシステム連携で、審査請求が簡単になります。

私はホームページで、タブレットに文字を書き込んでいる画像を見て、
スマートでいいなって思いました。
入居申込書で記入した情報は、家賃保証申込書、同意書、各種付帯申込書に転記できるそうなので、
何度も書類を書く手間も省く事ができ、
そういうスマートさをお客様も求めていると思います。
どんどんこういうシステムが広がっていって欲しいです!

くわしくはこちらの「キマRoom! Sign」からどうぞ。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事