株式会社ポプラ社サンは、
2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん初の自作絵本
『マララのまほうのえんぴつ』を「世界人権デー」(12月10日)にあわせ、12月7日に発売します。

マララさんがなぜ女性の教育の問題に関心をもち、
行動にうつすことができたのかを描いた
ノーベル平和賞の受賞のきっかけとなった国連での講演にいたるまでの物語です。
マララさんのメッセージ動画および推薦メッセージを、
「人権週間」初日の12月4日に『マララのまほうのえんぴつ』特設サイトで公開しているので、
私も見てみました。

マララさんの事については、
テレビなどで取り上げられていたので、私も知っていました。
この絵本は、絵本の絵がとてもかわいらしくて。イメージしやすいので、
小さな子供にも分かりやすいと思うし、
人生にはいろいろな辛く、大変な出来事がありますが、
この絵本を読む事で、元気や勇気、
考える力、行動する力など、何か得る物が大きいんじゃないかと思いました。
私もぜひ、このマララのまほうのえんぴつを読みたいと思います。
マララ・ユスフザイさん初の自作絵本『マララのまほうのえんぴつ』(12月7日発売) 人権週間スタートにあわせ、メッセージ動画・推薦メッセージを『マララのまほうのえんぴつ』特設サイトで公開しましたドリームニュース・ブログメディア参加記事