我が家は、インターネット回線はまだADSLです。
そろそろ光回線にしようかな?と、思っています。

2018年1月1日~12月15日の期間で最安値ットさん経由で光回線を申込になった5,000名が
「どの回線に申込」をしたのか統計を取り、
その新規申込率と全国の光回線のシェア率の違いを調査しました。

その結果を見てみましたが、
回線の契約数は、
1位が「フレッツ光」で光回線全体の29%。
2位が「ドコモ光」、3位「auひかり」、4位「ソフトバンク光」という結果に。
フレッツ光やドコモ光は有名なので、納得です。

所が、最安値ット経由新規光回線申込者5,000名がどの回線事業者を選択したのかというと、
1位が「auひかり」で光回線全体の35%。
2位が「ドコモ光」、3位「enひかり」、4位「ソフトバンク光」
という結果に。

auひかりのどこが他社と違うんだろう?と思いましたが、
料金が安くて分かりやすい。
違約金の縛りが一切ないそうです。
また、キャッシュバックや一時的な月額割引などのキャンペーンを行わない代わりに、
月額料金を業界最安級に安く分かりやすくしているそうです。

そういう情報って、知らなかったので、とても参考になりました。
私も長く使うなら、安くて、分かりやすいって所がいいと思いました。
くわしくは、こちらの最安値ットで比較してみるといいですよ!!


光回線シェア率では圏外の【enひかり】が新規申込だと第三位にランクイン!その理由は「料金が安くて分かりやすい」ため。2018年最安値ット経由の申込者5,000名の傾向調査ドリームニュース・ブログメディア参加記事