乾いたSexy Rexy乾燥したバラ(バラの種類:セクシーレキシー)

最近、handworksさんのワイヤアートに魅せられているばあさんです。近かったら彼女のお教室に通いたいくらい。本を紹介して下さったのですが、とてもじゃないけど、本だけじゃできないと悟りあっさりと諦めました!(笑)

というのはね、このドライフラワーをワイヤアートとアレンジして素敵な物に変身させようと思ったわけですよ。でもどうもこういうセンスに恵まれなくて、何も頭に浮かびません。

何もデザインが頭に浮かばないばあさんはただ置くだけか、

ピアノ

ただバスケットの中に入れるだけ。本当に能の無い事でございます。
あんな素敵なワイヤワークを創作なさるhandworksさん、素晴らしいです。

バスケット

ワイヤアートもどきハンガーを求めて今日は例のディスカウントのお店、Rossに行って来ました。火曜日はね、55歳以上の人には1割の割引があるんですよ!はいはい、シニア割引ってやつね。

で、9ドル(約1000円)で購入したのがこちら。高さ60cm。ちょっと可愛いでしょう?

metal work

本当はこんな物買うつもりじゃなかったんです。
欲しかったのはドライフラワーをぶら下げて置く物。家中のドアの取っ手や引っ掛けられる物全てにぶら下げていましたから。

錆びの付いたハンガー。なんと3ドル(330円)
ちょっとラスティック(rustic)でしょう?
じいさんが磨いたら錆がとれるよって。分かっとらん。

rusty hanger

ドライフラワーを作る時の要領:今朝Burnetさんのブログにお邪魔したらBurnetさんもドライフラワーの作り方について書いていらっしゃいました。車の中で乾燥するとか役に立つTipが書かれてあります。是非Burnetさんの作り方も参考になさって下さいね。

(1)切る時期はバラの蕾が丸く奇麗に色付いた時と、蕾が少し開き始めの時。バラの場合は開き始めの蕾の方が色が濃く出ます。
これは上から3番目のの写真を拡大すると良く分かると思います。開いたバラは色が薄いですね。

(2)切ったら直ぐ、真っ直ぐ逆さに吊るします。

(3)場所は風通しの良い日陰。外の明るい所や、直射日光の下に長く吊るしておくと、3日位で色があせてしまいます。但し、最初の1日だけは外の風に当てて早く水分を逃がした方が良いです。雨の日は避けた方がいいです。

(4)あまり重ならないように吊るす。カルフォルニアは非常に乾燥しているので重ねても大丈夫ですが、何時までも湿気があるとカビがきたりします。

(5)とげはなるべく切り落としておきましょう。

(6)50〜60cmの細いワイヤに束ねて同じワイヤで吊るします。

(7)カルフォルニアの気候では約2週間で出来上がり。

開き始めのバラを切るのは忍びないのですが、こうしてこれから2年位は楽しめる事を思うと、切るのも許されるかも。