2009年12月

エッグフラン in キャセロールの作り方

2009_12_17_egg_flan

さぁ、皆さんクリスマスディナーのメニューは決まりましたか?
いよいよ来週になりましたね。
Chiblits家は孫ちゃん家族と一緒にするので持ち寄りです。 今年は簡単ムード(自分だけ)なので、美味しくてなるべく簡単な物を作るつもり。 上のプリンは先日のスキャロップ コーンと焼き温度が同じなので同時にできます。 しかも前日に作っておくと丁度良いのです。

耐熱ガラスの容器を持っていらっしゃる方には耐熱ガラスをお勧めです。 理由は一晩冷蔵庫においておくと、カラメルが全部溶けて液になります。(アルミの容器はいつまでもカラメルがアルミに付いたままですね。)翌朝、細いゴムベラでプリンをガラスからはがすと底のカラメル液が上に上がってきます。 ちょっと容器を揺すると写真のようになります。

エッグフラン in キャセロールの作り方  
1500ccのキャセロール (18x18cm、20x20cm等) 一つ
このキャセロールが入るくらいの天板が一つ

(1) ガラスの容器に軽くサラダオイルを塗ってオブンの予熱をする間にキャセロールもオブンにいれて一緒に熱くしておきます。

サラダオイル  少々

(2) 小さな鍋に砂糖を入れて弱火で徐々に熱します。 液化して薄茶色になったら木べらで液を混ぜます。 煙が立つ前に、火から降ろしてオブンから出した熱いガラス容器に流しいれます。 ガラス容器を熱くしておくと熱ショックを避けて割れるのを防ぎます。 そして容器が熱いとカラメルを広げやすいです。 その後はミルクを入れるまで冷えてもOKです。 (オブンに戻す必要はありません)

砂糖 60g (アメリカの1/4カップ)

caramel

(3) カラメルを作ったお鍋にミルクと砂糖を入れて、熱くして砂糖を溶かします。(沸騰させない) 

2009_12_17_mili

火からおろして、溶き卵、バニラを加えてよく混ぜ、それをガラスの容器に流し込みます。

2009_12_17_pour

牛乳 500g (アメリカの2カップ) 生クリームと半々にしたらもっと美味しいです。 ココナツミルクと半々でもOK。
砂糖 75g (アメリカの1/3カップ)

卵大 4個
バニラエッセンス 小さじ1

(4)ガラスの容器を熱い湯を入れた天板に入れて、165度C(330度F)で約40分くらい焼きます。 焼き上がりの目安としては揺すっても中心が液状ではなくて、少し盛り上がった感じ。 冷えてからラップをして一晩冷蔵庫で冷やします。 薄いゴムベラでプリンの端をガラス容器から外すと底の液化したキャラメルが上に上がってきて、出来上がり。

アメリカの典型サイズ9x13インチのキャセロールの場合は上の分量を2倍にしてくださいね。
簡単で美味しそうと思われたら↓をクリックしてね。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問ありがとうございました。

追記!!! 
今日はレシピブログでインタビュー後編がアップされていました! 

チョコレートとコーヒー

DSCF5616


チョコレートが体に良いというニュースは1年くらい前にも聞いたのですが、最近(今年の9月)もABCのニュースになっていました。  

毎日チョコレートを食べる女性は(女性と言っています。男性の事は分かりません)たったの1週間で悪玉コレストロールが6%下がり、善玉コレストロールを9%上げるという結果が出たそうです。 がんや動脈硬化などさまざまな病気の原因といわれる活性酸素の働きを抑えるところがよいそうです。

何と嬉しいニュースではありませんか!

でもカロリーが高いものなのでカカオ60%以上(つまりダークチョコレート)を

(1)トーストに塗る 
(2)果物を溶かしチョコレートをディップする
(3)オートミールに入れて溶かす
(4)スムージーに入れる
(5)果物(イチゴ等)の上に溶かしチョコレートを流す

ような食べ方を勧めています。

でもここが肝心!!

一日30グラム(1オンス)だけです。
それ以上は駄目です。
静岡県環境衛生科学研究所でも今年の6月これと全く同じことを発表していました。 ここでも一日に30グラムを目安にしています。

ブラックコーヒーに一口のチョコレート。 
お砂糖の代わりにちょこっとチョコレートをかじって熱いコーヒーを口に含む…チョコレートが舌の上でふわ〜〜と溶けてコーヒーと混ざり合い、その美味しいこと! 別々に食べるよりもこの二つが一緒になるところが最高です。

試してみたいと思ったら↓をクリックしてね。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問ありがとうございました。
ブログ内検索
Loading
スポンサードリンク
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ