dutch_baby

アメリカの全国チェーン店、オリジナルパンケーキハウスで人気のダッチベイビーの作り方です。 ダッチベイビーの始まりは1900年頃アメリカのワシントン州シアトルのManca's Cafeだったそうです。(wiki)
 
で、今日はばあさんのダッチベイビーをご紹介しますね。 実は数年前に凝った時期がありまして、何度も失敗しております。 こうしたら失敗しますという経験は沢山しております。

ダッチベイビーの作り方はこちら

  下は気が付いたことです。

○ 失敗というのはお茶碗の形にならない場合

puffed

ですが、個人的にお味はこの方が美味しいと思っていますので、あまり形にはこだわらなくてもよいのではないかと思います。 卵の泡立て過ぎの時は上の写真の様に真ん中も膨れて冷えると全体がぺっちゃんこになります。 スポンジケーキのように泡立てないようにしてください。

○ 生地を流し込む前に型をしっかりと熱くすることが大切です。 生地を流し込んで直ぐに冷えてしまうような型は向きません。 例えばスポンジケーキ用のアルミの型とか。 ダッチベービーに合う型は
鉄のフライパン又は鍋
ステンレスのフライパン又は鍋
ダッチオーブン

○ 焼いている間にオーブンのドアを開けて温度を下げないこと。

○ この分量に対して合うお鍋の直径を書いてありますからできるだけその比率は守ってください。 昨日レストランでそれ程美味しいと思わなかった大きな理由は底の部分が厚過ぎて、お砂糖も風味も付けてないので味のない団子のようだったからです。 卵1個、半分の量で作る時は直径18 cm位のお鍋がいいです。 上の写真は卵一個分、直径18cmのステンレスのお鍋で焼きました。 連日こんな高カロリー食、したくないのでこれをじいさんと半分ずつ。
 
○ あるサイトではパイレックスのガラスのパイ皿でもOKと書かれてありました。 私は使ったことがないので何とも言えませんが、次回は試してみようと思います。 ガラスの場合は急激な温度差に気をつけたほうが良いでしょう。 例えば生地を入れるためにオーブンから出したら水の付いたカウンターを避けるとか。 温度差でガラスが割れないように。 

ここで追記:
コメントにりんごさんが素晴らしい実験報告をしてくださいました。
パイレックスのガラスのお皿でもちゃんとできるようです。
是非是非彼女の実験を参考になさってくださいね!
http://cookpad.com/diary/1477325です。

○ 生地を流し込む時はお鍋の温度が下がらないようにさっとバターを表面に流して、できるだけ手早く生地を入れましょう。 くれぐれも火傷をしないように気をつけてくださいね。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問有難うございました。

追記2:何らかの不都合で現在お菓子のHPが見られなくなっているようです。
 なるべく早く解決するようにいたしますので暫くお待ちください。
よってレシピを追加致します。
直径26cmのパンケーキ 1枚で二人分あります。
上の写真は半分の量で直径18cmです。

【直径26cmの生地】
この生地量の半分で作る場合は直径18cmくらいのお鍋がよいです。

* 卵 2個
* 牛乳 120cc  アメリカの1/2カップ
* 塩 一つまみ
* 砂糖 大さじ1
* バニラエッセンス 小さじ1
* レモンの皮すりおろし 小さじ1/2
* 中力粉 70g アメリカの1/2カップ
* バター 25g  大さじ2
* 粉砂糖 少々

【りんごのトッピング】
(りんごのトッピング無しでも美味しいです。 生のベリーをのせてもよいでしょう。

* りんご 1個
* バター 15g(大さじ1)
* ブラウンシュガー 大さじ1 (白砂糖でもOK)
* シナモン 少々

【必要な道具】

* 直径26cm位の分厚い丸い鍋 又は分厚いフライパン 全体を熱いオーブンに入れても安全なもの
*例: ダッチオーブン、 鉄のフライパン又は鍋、 ステンレスのフライパン又は鍋 
* オーブン

* りんごのトッピングを作る場合は先ずこれから用意してください。
*生地を混ぜ合わせる前からオーブンとフライパン又は型をしっかりと熱くしておくこと。

(1) オーブンを235度C (450度F)に予熱します。 その時焼く型も一緒に予熱します。 型は鉄又はステンレスの鍋、又はダッチオーブンのような厚手のお鍋。 プラスティックや木が付いていないお鍋を選んでください。 しっかりと鍋も熱くしておくことが大切です。  ガラスのパイレックスパイ皿でもできるかどうか近いうちに実験してみます。 追記:実験はりんごさんがしてくださいました。 Cookpadでまさにこの実験をしてくださっています。 ガラスのパイ皿でも問題なくできるようです。 是非りんごさんの実験を参考になさってください。

(2) ボールに下記の材料を合わせて泡だて器でよく混ぜます。 スポンジケーキを焼くように沢山泡立てない方がよいです。 泡立てすぎると全体が膨らむ原因になります。 電気の泡だて器を使ってもOKですが、混ぜすぎないように注意。  全体が膨らむとお茶碗の形になりません。

卵 2個
牛乳 120cc (アメリカの1/2カップ)
塩 一つまみ
砂糖 大さじ1
バニラエッセンス 小さじ1
レモンの皮 すりおろし 小さじ1/2位

(3) そこに中力粉を加えてよく混ぜます。

中力粉 70g アメリカの1/2カップ

(4) 十分に予熱が終わって熱くなった鍋を取り出し、バターを入れて鍋を回しながら縦側にもバターが付くようにします。 バターはじゅ〜っと溶けて直ぐに茶色になるような熱さです。 お鍋を平らなところに置いて手早く用意した生地を流し込み、オーブンに戻します。 2分後にオーブンの温度を210度C (425度F)に落とします。  それから更に10〜12分程焼きます。 オーブンから取り出してお皿にのせてから粉砂糖を振り掛けて出来上がり!

バター 25g  大さじ2
粉砂糖 少々