アンさ〜ん!ユムユムさ〜ん、黒砂糖さ〜ん!
白内障じゃなかよ!
餃子見えますかい?
焼き立てでねぇ〜湯気が舞っちょるところですよ。

湯気

どれどれ、
今なら見えますかい?

熱々餃子

美味しそうじゃわね〜。
これは手作り餃子です。はい、皮も手作り。この手作りの皮がも〜市販の皮とは比べ物にならないくらい美味しいんですよ。

続きにレシピを書いておりますので、是非お試しなさってくだされや。



●●●●●●●●●●

餃子の皮の作り方(約24枚分)

(1)生温い湯にお塩をよく溶かします。
湯 80グラム
塩 小匙1/2


(2)粉を加えて、混ぜ、大体まとまったら、粉をふった打ち台に出して、お餅の様にスムーズになるまで捏ねる。 少しの水の量で硬さが随分違います。 暫く捏ねても、まとまらないくらい硬いようでしたら、小さじ1/2位の水を追加して下さい。(私はこの2倍の量で作り、捏ねる時はHBを使って捏ねています。HBで15分位)

強力粉 130グラム

(3)二つに分割して、一つずつを棒状に伸ばす。ラップをかけて、30分ベンチタイム。でもいつも急いでいるのでベンチタイムはとった事ないです。(爆)ここまではこちらに写真付きです。餃子の具の作り方はこちら。オリジナルレシピはにんにくは入れないのですけど、私は入れたほうが好きなので入れてあります。

(4)一つを棒状にして12に分割して一つ一つ離して粉を振り掛けておきます。とてもくっつき易いので注意。伸ばし方と具の包み方はビデオをご覧下さい。



ご訪問と応援をありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

追記(2008年2月12日)
ブログ友Willow42さんのブログで包み方がよく分析されてありますので、是非彼女の体験談も参考になさってください。

彼女の説明によりますと、
「端から閉じようとしたから、途中であんがまだ閉じてない方に片寄って、はみ出たりしていた」と書かれてあり、その解決策としては、
「あんを皮に乗せたらまず中央部分を閉じる」と分析されていらっしゃいます。全くその通りで、私は中央を先ずくっつけて、端をつける時は反対側の端を押さえるようにしてあんが出ないようにしています。