郵便局に一人怖いおばさんがいます。
過去何度か叱られました。
オンラインで払った小包の書類の入れ方がよく分からずに
郵便局に持っていったら
「オンラインの小包は郵便局員の手を煩わさないから割引になっているので
配達人に渡してください」
って言われてしまって!

言われる通りなんですけど

ところが昨日又私 書類の入れ方が分からなくなって
性懲りもなく又持っていたんですよ。
あのおばさんに当たらないといいなぁ〜って思って順番を待っていたら
又当たってしまった!

でも今度は叱られる前に言いましたよ。
「オンラインで払ったのでここに来るのは間違っているんだけど
このプリントした書類に番号がついていないの。 
だからどれを入れるか分からなくなってしまった。」

そしたらおばさん 3分くらいじ〜っと見て大きな声で
「貴方のプリントの仕方が悪かったのよ!
ほら、ここ!ページの下に番号が出るはずなのに、印刷されていないでしょう!」

と英語で言ったのですよ。
ところが「ここ」だけ「koko」って日本語だった!!

「え〜この怖いおばさん、日本人だったんだ〜」とは心の中の叫び。
思わず言ってしまいましたよ。
「貴方!!日本人だったの! 今「ここ」って言ったでしょう!」
こんな怖いおばさんでも日本人って分かると急に親近感を覚えたりして
不思議なもんです。

この方ね全くにこりともしない人なんです。
私の言葉に返事はなかったのですが
微かに右の口元が上がりましたね。 
半分笑いというか。
そしてね ビックリする事を言いましたよ。
「オンラインで払ってくれると必要事項が全部書かれてあるので
私達は取り扱いが簡単になって楽なのよ」

そういえば2年程前に一度だけ笑ったのを見たことがありました。
私が速達便の封筒が置いてある棚を見ていたら
このおばさん、カウンターから手招きするんです。
「え〜何か叱られるのかな〜」と思ってカウンターに行ったら小さな声で
「貴方のセーター、裏返しになっていますよ」って。
この時は本当に笑っていましたね。
私は用事も果たさず車にまっしぐらでしたけど。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
今日もご訪問有難うございました。