2019-09-17-popcorn9

娘がポップコーンを作ってくれました
3回も! (笑)
炭水化物であるけれども繊維やタンパク質が豊富で
GI値が55・・・ ヘルシーなスナックと言って娘のブームです

カレー風味のポップコーンの作り方はこちらです

鹿児島の風

机の横の窓から 冷たい気持ちの良い風が入ってきました
外を見ると 雑草も生えていない畑が見えます
5カ月も雨が降らない畑は干からびた硬い土です
景色は夏のままなのに  今の風は秋でした

鹿児島の11月の様です
丁度こんな秋の風が吹く日
母に吉野公園まで歩いてくるね…と言って
玄関を出ました

何て気持ちいい風でしょう
あの日に見た畑  野菜の無人店  ゴルフ場
一頭の牛  誰も居ない神社
目を閉じると
私は今 故郷にいます

風は不思議です
温度や お日様の色や 音が合った時に
こうして故郷に連れて行ってくれます

2019-09-17-ka1

2019-09-17-ka2

本当にあちらで両親やちびに会えるのでしょうか

ちびのフォトアルバム



お手数をおかけしますが
色々とクリックしてくださると嬉しいです

ちびは20歳4ヶ月のトイプードルでした
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

コメント

 コメント一覧 (29)

    • 1. しんもり りょうこ
    • 2019年09月19日 00:56
    • こんばんは。故郷を想うチブリッツさんの気持ち、じいんとしました。
      次の土曜、吉野公園に行きます。天吹(てんぷく)という、小さい尺八みたいな縦笛を教えてくださるかたがいらして。吉野公園で稽古されるそうで、行ってきます。
      隣県に住んでいながら、鹿児島に遊びに行くときは通りすぎるだけの吉野公園、チブリッツさんのご実家の近くなんだなと思いながら、習ってきますね。
      天吹、YouTubeでも出てきます。歴史的にも興味深い笛ですよ。
    • 0
      • 16. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:40
      • >>1しんもり りょうこさん
        吉野公園にいらっしゃるのですか!! 羨ましいです!
        うわ〜〜〜 今鹿児島にいるならそばで練習を聞きたいのに。
        隣県からですか! 熱心ですね! Youtube 探してみます。実家から吉野公園まで歩いたら50分くらいかな? かなりの距離です。
      • 0
    • 2. にゃお
    • 2019年09月19日 01:32
    • いいですね、野菜の無人店。私が高校生の頃、住んでいたところにありました。2枚目の写真にとても惹かれます。緑が濃くて、静かそうで、なんだかすぐ馴染めそう。

      会えると思いますよ、Chibilitsさん。私は残念ながら、ずいぶん前に亡くなった母に会える!とはあまり思わず、つい最近天国へ逝った長男猫が虹の橋のたもとで私を待っててくれることを思います。
    • 0
      • 17. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:41
      • >>2にゃおさん
        そう言えば 最近は無人店を見なくなりましたね〜。 盗む人が増えたのだと思います。 私が買った時もお金を払わないでバイクで行ってしまった女性がいました。 呆れました。
        そうですよね! 会えると信じなくちゃ。
      • 0
    • 3. 宇宙人
    • 2019年09月19日 02:17
    • 〈私は今 故郷にいます〉
      本当にそうです。いるようではなくて。います に私は心を打たれました。
      きっと両親 鹿児島の人たち 家族の夢を見るでしょうね。

      最近は現実では逢えない人たちが夢に、昼間思ったり人に話した時は必ずその人が夢に出て来てくれます。
      なぜか父 母 ドイツ人 それぞれの姿が固定されてるんです。私の中での強烈なイメージの姿が夢の中の姿なのかな、と考えてます。

    • 0
      • 18. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:43
      • >>3宇宙人さん
        年に2回帰れたらいいのにと思います。 でも今はそんな体力ないかも。 帰っても時差が戻るのに2カ月もかかるし 変な風邪にかかるし。 健康に自信がなくなりました。
        夢みますか。 私は見るみたいだけど覚えていないのです。 覚えていない夢ってつまらないですよ。
      • 0
    • 4. あつこ
    • 2019年09月19日 02:27
    • <人は死なない 東大 矢作直樹医師 >で YouTubeで検索して見てください。魂は電波の様な存在で、見えないのですが、側にいる。この世で寿命を終えたら、人は魂として生き続ける、と言うことを、話しています。この方は、最前線の救命医として活躍、教授でもあります。 親しい人が亡くなると、もっと身近にその人を感じる様になりませんか? 周りにはメール、チャット、電話、動画など色々な映像、文字、音声が行き交っていますが、目に見えず、聞こえもしませんね。でも確実に私たちは見ること、聞くことが出来ているのです。 寿命を終えたら、チビちゃんにも、ご両親にも、会えますとも。
      着るもの、食べるもの、もう気にしないで、永遠に親しい人と一緒です!
      40近い息子が、<お母さん、僕は神様は信じていないけど、お母さんは霊感が強いから、絶対に死んでも僕の側にいて、見ていると思うんだけど、プライバシーというものがあるから、そこんところを考えて見ていてくれる?>ですって。
    • 0
      • 19. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:46
      • >>4あつこさん
        「人は魂として生き続ける」そうなんですか! 夢の中でも良いから 家族に話しかけたいですね。 はい 両親が亡くなった時いつも私の近くにいるように感じました。娘も同じ事を言っていました。 でもそういう感覚って時間が経つと薄れていくのですね。 そこが寂しいですけど その方がいいのかな。
        あつこさんは霊感が強いのですか!! 私はさっぱりです。 でも本当にいるのですよね。 霊感のある人が。 あははは 娘が同じ事をいっていましたよ!
      • 0
    • 5. カイシャ
    • 2019年09月19日 04:19
    • ほんとに、そこに行っていたのです、私もそういうときがあります、ふっと振り返ったりして我に返ります。どういうわけかお正月前の晴れたほんわかとした日差しも感じます。
      母はまだ上の階にいる気がしているんですよ、もう10年もたちましたけど。
      私もそうですけど、ちぶりっつさん、もう少しこちらの世界にいましょう。
    • 0
      • 20. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:54
      • >>5カイシャさん
        ありますよね!!! 何となく周囲の状態がそのまま実家に戻ったような感じ。 うわ〜〜これ今鹿児島にいるみたい!って感激します。 
        お母様がなくなられてからもう10年になりますか。 あのブログはあのままにしておいてくださいね。 たま〜に行くのですよ。
      • 0
    • 6. dalichoko
    • 2019年09月19日 05:16
    • つい先日、鹿児島から屋久島まで行ってきました。桜島の迫力に圧倒され、人々の優しさに触れました。鹿児島、とてもいところでした。
      (=^ェ^=)
    • 0
      • 21. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:55
      • >>6dalichokoさん
        え〜〜屋久島までいらしたのですか!実は私 島に行ったことないのです。 屋久島も種子島も。 一度行けば良かったです。
      • 0
    • 7. バージニアのフレンチ
    • 2019年09月19日 07:10
    • ブログを読んで涙が出てきました。
      故郷の景色は本当に懐かしいですよね。 私の両親も、もう逝ってしまったけど、たまに思い出すと、何とも言えない気持ちになります。

      きっと 会えます。思いが叶って きっと会えます。
    • 0
      • 22. Chiblits
      • 2019年09月22日 06:57
      • >>7バージニアのフレンチさん
        本当に故郷の景色は懐かしいですね。住んでいる時は桜島が見えるのは当たり前と思っていましたけど こんなに近くに火山があったのかと! びっくりします。
        初めての人は怖い感じかもですね。 錦江湾を一応挟んでいますが実家は距離的にとても近いのです。 
        会えると信じて行きたいです。
      • 0
    • 8. Rockville
    • 2019年09月19日 09:21
    • 匂いは記憶を呼び覚ましますよね。吉野公園、懐かし過ぎます。小学生の頃、遠足で行きました。両親へのおみやげに「ナツメヤシ」を買いました。ナツメヤシの実はデーツだったんだ、とアメリカに来てから知りました。Chiblitsさん、私達の歳になると気持ちが弱くなることは、しょっちゅうですね。毎日応援しています。
    • 0
      • 23. Chiblits
      • 2019年09月22日 07:00
      • >>8Rockvilleさん
        確かに。 Rockvilleさんも吉野公園懐かしいですか。  小学校の時遠足だったのですか! 私もきっと行ったのでしょうね。 でも寺山公園しか覚えていません。(笑)
        御両親にお土産なんて 優しかったのですね。 私はそんな記憶もありません。
      • 0
    • 9. はな
    • 2019年09月19日 09:49
    • はなです!

      はなも秋の匂いがしたり、冬の乾いた匂いがすると、
      じいじと長く暮らした鳥取の地を思い出します。
      それは懐かしく、気持ちが落ち着きます。

      きっと会えますよ。はなは、魂の存在を信じています。この夏も機会があって、ミディアムさん(霊媒師)にじいじと交信していただきました。その内容が、彼が生きていた時の考えそのものだったのです。ミディアムさんには、何の情報もありません。私の名前だけです。じいじの名前もお知らせしていません。それでも、じいじはまったく生きていた時のままあの世で暮らしているのです。私とは波長が合うらしく、魂は同調しているようですよ、彼がここにいる気がしますし、いつも一緒にお出かけしている気がしています。その時も花火を見に行ったと言っていました。はい孫と娘夫婦と一緒に行きました(笑)
      ちゃんと一緒に行っているからと…

      きっと会えます。その時が来るまで、精いっぱい生きないといけません。そして、先に逝った人たちに、よく頑張ったねと褒めてもらわないといけません。と、はなは、思います。
      じいじに、頭撫でてもらわないと〜(笑)
    • 0
      • 24. Chiblits
      • 2019年09月22日 07:05
      • >>9はなさん
        矢張り鳥取を思い出しますよね。 鳥取といえば うっちゃんも鳥取出身です。
        ご主人様とお話ができたのですか!! 何て嬉しい事!
        よかったですね。 何て嬉しいお話なんでしょう。 私とじいさんはそこまで波長が合うかな?(笑) 
        そうですね!! 会えると思うとあちらにいくのが怖くなりませんね! あちらから港一緒に子供達を守れますね! 嬉しいお話を有難うございました。
      • 0
    • 10. 宇宙人
    • 2019年09月19日 09:52
    • 最後の文章読み飛ばしました。コメント読んでなんで皆先まで(書いてない事まで)わかるのかなぁ、と不思議だったです。

      仏教の方が極楽はあるのかと聞かれて、行ったら無いかも知れないけれど、無いと思いながら生きてくのよりあると思って生きてく方がいい、とか返答してました。
      それを知った時、物事をその様に変換して、分からない事はいい方に解釈してます。

      哲学者の三木清も亡くなった家族、生きてる内は逢えないけど、死んだら奥さん子供にも逢えると、それが楽しみとありました。(死亡 豊多摩刑務所になってるのも、当時を思い出させこの人らしい場所に感じました)私が。

      これを聴いた時、悲しみが楽しみになりました。逢えるんだぁと。
      好きな人に逢えた時みたいに、最強のエネルギーを感じました。そして自分だけの秘密の宝になりました。
      姿は変化しても心だけは、若々しくいたいです。逢えた時のためにも。

      何が人を幸せにするかわからないですね。社会的名声だったりお金だったり、家族との幸せだったり。

    • 0
      • 25. Chiblits
      • 2019年09月22日 07:07
      • >>10宇宙人さん
        そうそう 宇宙人さんもドイツ人さんと会えますね!
        矢張りそういう楽しみがないと これからの人生は! 会える楽しみ・・・いいですね〜。 
      • 0
    • 11. Wako
    • 2019年09月19日 10:06
    • 🌤おはようございます。

      突然 涼しくなりました。
      暑さ寒さも彼岸までの 言葉どおり彼岸花はきちんと咲くそうです。
      Chiblitsさんは感覚がよくて鹿児島に行けるのですね。
      思いを集中されると誰でもできると聞いたことがあります。
      信じます。
      『あつこさん』の 東大現役の救急医… 私もYouTube で見た記憶があります。
      多分同じ方❓だと思います。
      確か私は人の命は救えません。
      お手伝いをしているだけってとおっしゃっていた事を覚えてあります。
      人は死なないと力説されて同じ思いのお医者様は少数とかで…。
      『電波のようなもの』
      ぴったしその通りですねー。音も風も みな見えないですから 。
      いわゆる第六感 でしょうね。❣
      感覚が研ぎ澄まされて集中するとわかると言われます。
      雑念ばかりの生活から抜けて 自分だけの時間を作り
      自分の脳と対話すること大事だと考えます。
    • 0
      • 26. Chiblits
      • 2019年09月22日 07:10
      • >>11Wakoさん
        そちらも涼しくなりましたか! 矢張り日本と近いのですね。 気流が北海道を通ってアラスカ近くを通ってカリフォルニアに下りて来るのです。 でも来週は又ちょっと暑くなると言っていますが日本はどうなのかな。
        感覚をシャープにしないとですね。心を落ち着けて。 雑念ばかり。これがなくなったら人は楽になるのでしょうね。 人は死なない 何て嬉しい言葉でしょう。
      • 0
    • 12. chiyoppe
    • 2019年09月19日 10:33
    • Chiblitsさんが写真を撮るタイミングがいいなと思います。
      日常を撮っておきたいという気持ちが、ふとシャッターを押させるのではないでしょうか?
      それは、何気ない日常の瞬間を愛しんでいるという証しのようです。

      記憶と感覚が交差する時は人それぞれですが、今日のChiblitsさんの投稿に深く共感しました。
      本当に、風が心地良い時期ですね。
    • 0
      • 27. Chiblits
      • 2019年09月22日 07:12
      • >>12chiyoppeさん
        中学の時父のカメラを借りて一杯写真を撮っていました。 あの頃は白黒でしたね〜。 それからも父が最初のデジカメを買った時鹿児島に帰ったらそれを借りて写していました。 ブログを始めるず〜っと前から写真が好きでしたね〜。
        今日もこちらは秋の風です。 とても気持ちが良い日です。
      • 0
    • 13. 京都yoko
    • 2019年09月19日 10:59
    • 小1年〜小6年生の夏休みは、祖母の家に行って いとこと会って祖母の家で合宿でした。
      みんなで、お昼寝の時に 藁を積んだ納屋で 田んぼから風が吹き稲の音を聞きながら 寝入ってしまう事を
      今でも ハッキリ思い出します。 自分が好きな風景は忘れませんよね〜

      昔、奈良の薬師寺に行った時 ご住職の方が 「人間が亡くなり 生まれ変わるのに200年~300年かかります。
      悪い事をした人は あの世で修行が待っていますので、普通に亡くなった人より 生まれ変わる時間がかかります」

      その前後のお話は 全く覚えていなくて この言葉だけ 頭に残っています。

      義理の母が 亡くなる2日前に病院のドアに指差して「お母ちゃんが来てる」と言ってました.
      私 怖くなって「まだ 早いから誘いに来ないでー」と叫んだ事を覚えています。
      だから いつか 誘いに来るんだと 気楽に思っています(笑)
    • 0
      • 28. Chiblits
      • 2019年09月22日 09:11
      • >>13京都yokoさん
        楽しい夏休でしたね! 子供から見たら夢の様な合宿でしたね。 お祖母様は大変でしたでしょう。(笑)
        「人間が亡くなり 生まれ変わるのに200年~300年かかります」 そうなんですか! 私のお友達も仏教徒。 仏教徒も色々ありますね。 彼女は真剣にしっかりと次の生まれ変わりの為に準備をしなくちゃといいます。
        母も 母がいると良くいいました。 その時は母の場合は認知症でした。 なんか見えるように言っていました。

      • 0
    • 14. マフィン
    • 2019年09月19日 18:44
    • 今晩はchiblits さん
      今日のブログ記事を読んで望郷の念に駆られました。
      奇しくも11月に2週間程鹿児島に帰ります。
      秋の味覚を堪能してきたいと思います。(笑)
      私もあちらに行ったら会いたい人がいます。
      信じていたら会えるのかなぁ?と思う今日この頃です。
    • 0
      • 29. Chiblits
      • 2019年09月22日 09:13
      • >>14マフィンさん
        11月に鹿児島に帰省! 鹿児島の11月って最高の季節と思いませんか。 12月になると流石にちょっと寒くなりましたけど11月は本当に清々しくて最高の季節だった記憶があります。 本当に! 鹿児島を堪能してきてください! 私も11月に帰りたい〜 けど 感謝祭 クリスマスは外せないしね〜。
      • 0
    • 15. 宇宙人
    • 2019年09月20日 07:32
    • 京都yoko さん 
      私は〈私 怖くなって「まだ 早いから誘いに来ないでー」と叫んだ事を覚えています。〉の言葉に救われました。
      母の臨終の場での姉の言葉に、非常に傷ついたのが昨日のこの文章を読んだ時、姉の気持ちが分かったのです。

      もうだいぶ月日が経ちましたが、実家での急な母の変化で、医者の往診を受けて臨終の場 姉と私 医者と看護師さん。
      帰り際に医者が私に向かって優しい声で娘さん と言ってくれました。姉も娘なのに何で私だけにと思いました。
      きっと姉に叱られて可哀想と慰めてくれたのかな。

      気になってたことを昨日は振り返ったら、この怖い 不安の時の対処の仕方に、その人の人間性が出て来るのも分かりました。腑に落ちました。

      京都yoko さん 昨日ありがとうと言いたかったのですが、既に何回もコメントしたのでセーブしました。
      でも今日になっても、どうしてもありがとうを言いたかったです。
      ありがとう
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット