シカゴファンドの投資戦略 CHICAGO FUND INVESTMENT STRATEGY

日経225先物・オプション・e-ワラント・為替・国内外株式・債券・商品先物で運用

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党国会議員との関わり            「説明不足」89% 

日本経済新聞社とテレビ東京
10、11両日に緊急世論調査
内閣改造
宗教団体「世界平和統一家庭連合」との関係が「払拭されたとは思わない」
●教団巡る懸念「払拭せず」76%
共同通信社
10、11両日に実施した全国緊急電話世論調査
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党国会議員との関わりについて
●「説明が不足している」89・5%
●「十分に説明している」6・9%
安倍晋三元首相の国葬
●「納得できない」56・0%
●「納得できる」42・5%

米株式市場=S&Pとナスダック今年最長の4週連続高 テクノロジー株が上げを主導

米株式市場=S&Pとナスダック今年最長の4週連続高

テクノロジー株が上げを主導

インフレが7月にピークを付けた可能性が示されたことで強気相場は進行中
8月13日
NYダウ33,761.05+424.38
NASDAQ13,047.19+267.27
S&P500指数4,280.15+72.88
英FT100指数7,500.89+34.98
仏CAC40指数6,553.86+9.19
独DAX30指数13,795.85+101.34
日経28,546.98  
CME225先物 28750
米ドル/円133.51
ユーロ/円137.01
豪ドル/円95.10
英ポンド/円162.00
原油91.88-2.46
金1,801.7612+12.3108
Corn先物(CBOT)636.5+7.25

米国8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

U.S. Economic Calendar
米8月ミシガン大学消費者態度指数
8/12金 23:00  

United States Michigan Consumer Sentiment

米国8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 

米PPI、7月は前月比0.5%低下-コロナ禍初期以来のマイナス

US Producer Prices Fall for First Time Since Early in Pandemic

米PPI、7月は前月比0.5%低下-コロナ禍初期以来のマイナス

コアPPI、前月比0.2%・前年比7.6%上昇-いずれも予想下回る
 2022年8月12日 Bloomberg
米国では企業コストの主要指数が7月に約2年ぶりの低下となった。主にエネルギーコストの低下を反映し、インフレ圧力の緩和として好意的に受け止められる可能性がある。財の価格低下の約80%は、ガソリンの16.7%安によるものだという。ディーゼル油や鉄・鉄鋼スクラップ、穀物の価格も下げた。生産過程におけるインフレ圧力が和らぎ始めた兆候が示された。向こう数カ月の消費者物価指数(CPI)の上昇ペースが抑えられる可能性がある。石油を含む商品価格はここ数カ月で大きく下げており、サプライチェーンの状態が改善しつつあるとの示唆もある。
いずれもエコノミスト予想を下回る
●食品とエネルギーを除くコアPPIは前月比0.2%上昇
●前年同月比では7.6%上昇
Prices paid by US producers declined on lower energy costs, core still up

カルト組織を解体させ韓国へ送り返せ!

反社会組織 カルト集団は家族の関係をずたずたに破壊する

日本国民から資産、遺産、金とありとあらゆる財産を根こそぎむしとる

最後は借金させてまで上納させ自己破産へと追い込む悪の手口

カルト集団と自民党の関係は根深い
教団と政治との接点について
宗教法人「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」日本教会の会長(2022年8月10日)
●「友好団体が強い姿勢をもって関わってきた」
●「自民党議員がより多く接点を持つことがあると思う」
政治ジャーナリスト田崎氏
自民の半分近く、百数十人いらっしゃる
新内閣もカルトで汚染されている
こんな連中に日本国家を任せていいのか?
10日に発足した第2次岸田改造内閣の閣僚のうち、寺田稔総務相、加藤勝信厚労相、西村明宏環境相、岡田直樹地方創生担当相、高市早苗経済安保担当相、林芳正外務相、山際大志郎経済再生担当相の少なくとも7人が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係があった
GDPで世界第3位の先進国日本が、カルト組織に乗っ取られた!
国民はコロナで身体が蝕まれ、頭はカルトで洗脳され、政治までカルト組織の思い通りなのか?
法的規制も、社会的規制も緩すぎる
こんな日本でいいのか? 国民は立ち上がるしかないだろう
カルト組織を解体させ韓国へ送り返せ!

米国株式市場=ダウ急騰+535.10 米インフレ鎮静化で積極利上げ観測後退

米国株式市場=ダウ急騰+535.10、ナスダック総合とS&P総合500種が共に約2%上昇  米インフレ鎮静化で積極利上げ観測後退

8月11日
NYダウ33,309.51+535.10
NASDAQ12,854.80+360.88
S&P500指数4,210.24+87.77
英FT100指数7,507.11+18.96
仏CAC40指数6,523.44+33.44
独DAX30指数13,700.93+165.96
日経27,819.33  
CME225先物 28120
米ドル/円132.91
ユーロ/円136.90
豪ドル/円94.11
英ポンド/円162.37
原油91.57+1.07
金1,792.1278-1.9568
Corn先物(CBOT)621.25

米国 7月消費者物価指数

米国 7月消費者物価指数

Consumer price index July

08/10 水 21:30  
Consumer price index July
米国 7月消費者物価指数(CPI)(前月比)
予想          前回
0.2%       1.3%
CPI (year-over-year) July
 米国7月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
予想  前回
8.7%        9.1% 
Core CPI
 米国7月消費者物価指数(コア指数)(前月比)
 予想 前回
0.5%        0.7%
Core Inflation Rate YoY
 米国7月消費者物価指数(コア指数)(前年同月比)
予想         前回
5.9%  6.1
ベアードのアントネッリ氏
CPI上昇率が予想を下回れば、さらに多くの投資家が株買いを再開するだろう

Nikkei 225 Index YEN-Based Futures:BUY

Nikkei 225 Index YEN-Based Futures:BUY
9月限
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円
27770円27770円27770円27770円27770円

★決済の日時とPRICEは非公表です

Dow Jones  +26.8+0.08%08:06:21

⭕️Dow Jones +26.8+0.08%08:06:21 ⭕️米SPX500 +4.3+0.11%08:06:20 ⭕️ナスダック100 +22.5+0.17%08:06:23

米国株決算スケジュール

米国株決算スケジュール
8月9日
EMRエマソンエレクトリック
SYYシスコ
TDGトランスダイムG
WELLウェルタワー
AKAMアカマイテクノロジーズ
STEステリス
NCLHノルウェージャンクルーズL
RLラルフローレン
PRGOペリゴ
TTDトレードデスク
UユニティS
PLUGプラグパワー

Dow Jones+74.0+0.23%12:36:33

😄😄 ⭕️Dow Jones +74.0+0.23%12:36:33 ⭕️米S&P +10.4+0.25%12:36:39 ⭕️ナスダック100 +40.1+0.31%12:36:38

米インフレ期待が急低下、NY連銀調査-金融当局の懸念和らぐ可能性

US Inflation Expectations Drop Sharply Across All Time Horizons​​​​​​​ 米インフレ期待が急低下、NY連銀調査-金融当局の懸念和らぐ可能性
2022年8月9日  Bloomberg
1年後のインフレ期待は6.2%、3年後は3.2%にいずれも低下
数週間にわたるガソリン価格の下落が家計の不安緩和に寄与

米消費者の1年後、3年後、5年後のインフレ期待がいずれも急低下したことが、ニューヨーク連銀の最新調査で明らかになった。記録的ペースで上昇している物価が家計の行動に影響しつつあるとの米金融当局の懸念を和らげる可能性がある。調査によると、3年後のインフレ期待は7月に3.2%に低下。6月は3.6%だった。低下は2カ月連続。1年後のインフレ期待は6.2%と、前月の6.8%から低下した。ここ数週間ガソリン価格が下落していることが、家計の不安緩和に大きく寄与している。ニューヨーク連銀の調査では、ガソリン価格の向こう1年の上昇率見通しは1.5%に鈍化。3月時点の調査に比べて8ポイント余り低下した。食品価格の向こう1年の上昇見通しも前月に比べて大きく低下。家賃については1月以降で初めて、10%に満たない上昇率見通しとなった。

Inflation Expectations

Survey shows substantial declines in short-, medium- and longer-term


Nikkei 225 Index YEN-Based Futures:BUY

Nikkei 225 Index YEN-Based Futures:BUY
9月限
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円
28020円28020円28020円28020円28020円

★決済の日時とPRICEは非公表です

日本株、曇り空の離陸-日経平均は週足で19年以来のゴールデンクロス  保ち合い相場に上放れ期待 

日本株、曇り空の離陸-日経平均は週足で19年以来のゴールデンクロス

13週の移動平均線が26週を上に突き抜け、保ち合い相場に上放れ期待
2022年8月8日 Bloomberg
5日終値から5.8%上昇すれば2万9810円
2割だと3万3811円
日経平均株価の週足チャートで、強気相場への転換を示す「ゴールデンクロス(GC)」が約2年10カ月ぶりに現れた。米金融引き締め政策や感染症、ウクライナや台湾を巡る地政学リスクで先行きが曇る相場環境の中でも、3万円に迫るとの試算が浮かぶ。「週足でのゴールデンクロスは大局的な相場転換を示唆する」。いちよし証券投資情報部の課長は、昨年9月高値以降の三角保ち合いを上放れる可能性があると予想する。過去3カ月の値動きを示す13週の移動平均線(2万7009円)は8月1週、半年ほどの値動きを示す26週線(2万6970円)を上回った。短期線が長期線を下から上に突き抜ける買いシグナルのGCが成立した。13週線と26週線は7月3週から上昇気流に乗り始めた。26週線が下向きの際に13週が下から上に突き抜ける「上方交差」とは違い、両方とも上向き状態が前提となるGCの実現は2019年10月以来。
週足のゴールデンクロスが出現

バフェット氏のバークシャー、4-6月に株式を購入-相場低迷の好機

Buffett’s Berkshire Pounces on Market Slump to Buy Equities 

バフェット氏のバークシャー、4-6月に株式を購入-相場低迷の好機
2022年8月8日 Bloomberg
著名投資家ウォーレン・バフェットの投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは4-6月(第2四半期)に株式を38億ドル(約5100億円)買い越した。6日の決算発表から分かった。S&P500種株価指数は第2四半期に16%下落、押し目買いの好機を生かした格好だ。前年同期は株式を売り越していた。第2四半期の営業利益は92億ドル。保険と鉄道事業が寄与した。
        ご注意!
シカゴファンドの名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。当オフィスでは未公開株や資金の預かりは一切行っておりません。またパンフレットを送ったり、電話をかけて契約を取り付けるような営業も行っておりません。読者の方はご注意ください。
CHICAGO FUND

シカゴ

アクセスカウンター
NY Gold Price
シカゴファンドのQRコード
QRコード
人間工学モニターアーム
三井住友アセットマネジメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ