シカゴファンドの投資戦略 CHICAGO FUND INVESTMENT STRATEGY

日経225先物・オプション・e-ワラント・為替・国内外株式・債券・商品先物で運用

米大統領選で株、為替は大波乱

9月から本格選挙モード 市場は不安視
米大統領選でドル暴落の危機
米大統領選が近づくにつれドル売り加速
米でTPP、見直しの可能性浮上
●クリントン氏もトランプ氏も、TPP批判ないし反対を表明
●外国に配慮しない内向きの姿勢が明確

さあ! どうする日本 甘えは通用しない
大半が日本にとって不利な公約
ドナルド・トランプ氏

■多民族国家や自由貿易主義など既存の枠組みへの「反逆」を仕掛け、11月の大統領選挙に挑む
■イエレンFRB議長を再任しない
■為替操作国(中国、日本など)を認定、高関税など強硬姿勢で臨む
■「米国を再び偉大に」「米国第一主義」「反TPP」  TPPには署名しない
ヒラリー・クリントン氏
(バーニー・サンダース上院議員はTPP反対姿勢)
■綱領草案にあった「TPPは党内に多様な意見がある」との記述を削り「TPPを含めた全ての貿易協定に基準を適用しなければならない」と慎重姿勢
■政策は銀行規制などウォール街に対する厳格な姿勢も含めて、ドルにとってプラスの材料ではない
■不公正な貿易慣行や為替操作国、サイバー攻撃などに立ち向かう
米大統領選の主な日程

「官製相場」に乗ってハシゴを外される危険性

「官製相場」に騙されてはいけない!
「官製相場」に乗ってハシゴを外される危険性
何を暗示してるのか↓
買い捲っている日銀株の下落が止まらない
一部上場全銘柄の時価総額は6月末で464兆円
日銀による2・7兆円の買い増しは一部上場全銘柄の時価総額のわずか0・6%にすぎない
●株価を大きく押し上げられるはずがない
今の日経平均には約2000円のプレミアムがついている 間もなく修正はやって来る
日経平均株価は13000円まで下落する
これまで参考にしてきた、アベノミクス相場が始まった2012年12月以降のドル円と日経平均株価の相関から導き出される、ドル円を基準にした日経平均株価の理論計算によると、現在の102円のドル円相場に相当する日経平均株価の妥当な水準はせいぜい1万4600円程度である。つまり、現在の日経平均株価には2000円ものプレミアムがついていることになる。この2000円の一部は少なくとも日銀のETF買いによる押し上げが寄与していると考えられる。無論、このような相関がいつまでも続くことはなく、ある時期を経て、その関係が徐々に希薄になることは少なくない。日本株とドル円は、少なくとも現状の日本の産業構造からみれば、まだまだ切っても切り離せない関係にある。日銀によるETF購入による日経平均株価とドル円のかい離は、今後ますます乖離するだろう。それでも、ある時点で急激にその水準が修正されるときが必ずやってくる。今回のように「人為的に」操作された市場への興味は著しく低下してしまった。東洋経済抜粋

09/02 (金) 米国雇用統計 利上げの最終判断

09/02 金
米国雇用統計 利上げ有無の最終判断

21:30  8月非農業部門雇用者数変化 
21:30  8月失業率
ジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演内容
●利上げは経済指標次第
●米経済は金融政策当局の目標に近づきつつある
注目される8月雇用統計
●8月の雇用統計が予想より悪化した場合、ドル円は100円割れの展開へ
●8月の雇用統計が予想より良ければ、利上げ濃厚からダウの暴落は免れない
ゴールドマン・サックスのエコノミストのコメント
「9月利上げの確率が高まったが、今週の雇用統計次第だ」

今週の重要経済指標 8月米雇用統計で波乱の展開

今週の重要経済指標 
8月米雇用統計で波乱の展開
08/29 月
21:30  米7月個人消費支出(PCE)
21:30  米7月個人所得 

08/30 火
22:00  米6月ケース・シラー米住宅価格指数 
23:00  米8月消費者信頼感指数
08/31 水
8:50    国内7月鉱工業生産・速報値
15:00  英8月ネーションワイド住宅価格 
21:15  米8月ADP雇用統計 
22:45  米8月シカゴ購買部協会景気指数 
23:00  米7月住宅販売保留指数 
         ローゼングレン・ボストン地区連銀総裁討論会
09/01 木
10:00  中国8月製造業購買担当者景気指数(PMI) 
10:45  中国8月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)  
20:30  米8月チャレンジャー人員削減数 
21:30  米4-6月期  四半期非農業部門労働生産性・改定値 
21:30  前週分新規失業保険申請件数   
23:00  米7月建設支出 
23:00  米8月ISM製造業景況指数   
09/02 金
21:30  米7月貿易収支    
21:30  米8月非農業部門雇用者数変化
21:30  米8月失業率 
23:00  米7月製造業新規受注 前月比 
         ラッカー・リッチモンド地区連銀総裁講演

Nikkei 225 Index YEN-Based Futures:SELL

9月限
16700円16700円16700円16700円16700円
16700円16700円16700円16700円16700円
16700円16700円16700円16700円16700円

★決済の日時とPRICEは非公表です

イエレンFRB議長:利上げの論拠、「この数カ月で強まった」

米経済は金融政策当局の目標に近づきつつある
GDPの成長は労働市場を押し上げるのに十分
ジャクソンホールでの講演
米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長
●労働市場の堅調さが続いていることや、経済活動とインフレに対する当局の見通しを考慮すると、フェデラルファンド(FF)金利引き上げの論拠はこの数カ月で強まったと考えられる
●米経済は完全雇用および物価安定という金融当局の目標に「近づきつつある」
BNPパリバのシニア米国エコノミスト
●9月の利上げは確実に選択肢とされており、可能性がある
議長はその認識をしっかりと維持している。データと労働市場の展開を重視していると考えられることから、われわれもそこに注目するべきだ

FOMC  9月に利上げ濃厚

FOMC
9月20日(火)〜21日(水)
終了後、イエレン議長声明

CME日経平均先物(円建て)16570

NYダウ 18,395.40 -53.01
NASDAQ 5,218.92 +6.71
S&P500指数 2,169.04 -3.43
英FT100指数 6,838.05 +21.15
仏CAC40指数 4,441.87 +35.26
独DAX30指数 10,587.77 +58.18 
日経225 16,360.71 -195.24
CME日経平均先物(円建て)16570
ドル円 101.82
ユーロ/円 114.00
豪ドル/円 77.01
金 1,325.90 +1.30  
原油 47.64 +0.31  
Corn先物(CBOT)325.00 -7.00

トヨタ(7203) 売りシグナル点灯

トヨタ TOYOTA(7203)
売りシグナル"Sell signal"点灯!
シティグループが投資判断を1→2へ引き下げ(8月25日)
 チャート画像

三越伊勢丹ホールディングス(3099) 売りシグナル点灯

三越伊勢丹ホールディングス(3099) 
りシグナル点灯
チャート画像

外資系証券の注文状況は640万株の売り越し あえて今日ポジションを取る必要はない

25日の米株式相場は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を翌日に控えて様子見姿勢が強い中、地区連銀総裁の利上げに前向きな発言などを受けて続落した。ダウ工業株30種平均は前日終値比33.07ドル安の1万8448.41ドルで終了。ナスダック総合指数は5.50ポイント安の5212.20で引けた。出来高は前日比3853万株減の7億1775万株。各国の中央銀行総裁らが集まる恒例の経済シンポジウムが、米ワイオミング州ジャクソンホールでこの日から始まった。イエレン議長の講演は26日に予定されている。講演内容を見極めたいとの思惑から投資家が積極的な売買を控えたため、ダウの値動きは限定的だった。一方、カンザスシティー連銀のジョージ総裁とダラス連銀のカプラン総裁はCNBCテレビのインタビューで、それぞれ早期の利上げに前向きな立場を表明。市場では年内に利上げが行われるとの観測が強まり、株価の重しとなった。市場では「イエレン議長の講演を控え、株価は今週に入って小動きを続けている。議長講演では利上げに関する言及はないとの見方が大勢だが、各連銀総裁の発言には年内の利上げを市場に織り込ませたいとの意図が見える」との指摘が聞かれた。
外国為替市場
でドルは軟調。米シティグループ は今週実施した調査では年内の米利上げは1回、その後の追加引き締め もゆっくりとしたアプローチになると資産運用者らがみていることを示しており、ドルに向かい風になると指摘した。シティはヘッジファンドや機関投資家など約350人を対象に市場の センチメントに関する調査を実施。ドルは昨年まで3年連続で上昇したが、今年はこれまでに下落している。この日の市場ではドルが5月以来 の低水準付近で推移する中、為替のボラティリティは上昇した。
米国債市場は軟調。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を翌日に控え、売りが優勢となった。米財務省が実施した7年債入札(発行額280億ドル)で、応札倍率 が2月以降で最低となったことを背景に、米国債利回りは上昇した。前 日の5年債入札(340億ドル)では、外国中央銀行や投資信託を含む間 接応札者による落札額が過去最大となった。23日の2年債入札(260億 ドル)では5月以降で最高の応札倍率だった。
金先物相場は続落。ワイオミング州ジャクソン ホールでのイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を26日に控え、金利に関するガイダンス待ちの姿勢が強まる中、金の期間30日 ヒストリカルボラティリティは今週、2014年10月以来の低水準となっ た。
原油先物市場
ではWTI先物が反発。9月にアルジェで開かれる産油 国会議にイランのザンギャネ石油相が出席することが伝わり、買いが入った。コンフルエンス・インベストメント・マネジメントのチーフ・マーケット・ストラテジストは 「OPECは口先介入が上手だ」と指摘。「イランがアルジェでの会合 に出席するとの報道は市場に効いた」と述べた。
本日の東京株式市場は続落の展開が見込まれる。昨日の米国株は下落。S&P500種株価指数のうち生活必需品が下 落、公益事業株はほぼ変わらずだった。イエレン米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は26日、ワイオミング州ジャクソンホールで講演する。セブン・インベストメント・マネジメントの投資マネジャーは「イエレン議長が講演するのは分かっているが、講演の内容についてはまったく分からない。慎重な利食いあるいは現金化、はたまた様子見となっているようだ」と述べた。本日の東京市場買い材料のない中、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演を控え、リスク回避の売りから自動車など輸出関連株、医薬品など内需株の一角も売られそうだ。中でもシティグループ証券が投資判断を下げたトヨタ自動車の売り浴びせに注意。人気のスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」に出てくる「ポケコイン」と呼ばれるゲーム内通貨が、プリペイドカードと同じ資金決済法上の「前払い式支払い手段」に当たるかどうかに金融庁が関心を示している。同庁は実態の把握に向け、ゲームを提供するナイアンティック社にヒアリングを始めた。テクニカルでは、日経平均の日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。引き続き5日移動平均線(1万6558円92銭=25日)と25日移動平均線(1万6573円37銭=同)に絡む動きで方向感が定まらず、極端なもち合い相場となっている。ワイオミング州ジャクソンホールで開かれるシンポジウムでイエレン議長は現地時間26日午前8時(日本時間同午後11時)に講演する。25日には、カンザスシティー連銀のジョージ総裁が米経済は完全雇用に近づいておりインフレは当局の目標に向かって上昇しているとし、利上げは正当化されるとあらためて表明。また、ダラス連銀のカプラン総裁は、追加利上げへの「論拠は強まりつつある」と語った。FEDウォッチャーとして知られるThe Wall Street Journalのジョン・ヒルセンラス記者は、金融危機を予期できなかったFRBが、後遺症に苦しんでいると解説した。大統領選でトランプ氏やサンダーズ氏が支持を高めるなどポピュリズムが台頭、機関投資家の信任も揺らいでいるとしている。

忍び寄る業績リスク 進捗率の低さ、懸念材料に 
日経速報ニュース
下がったら日銀が買ってくれる。こんなゆがんだ安心感が漂う東京株式市場。25日は材料難と米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の講演待ちで上値も追えず、静けさが際立った。そんな凪相場のなか、一部の市場参加者は企業業績の下方修正リスクに徐々に身構え始めている。この日、大幅反落した銘柄の1つが資生堂だ。同社が実施した説明会を受け、証券アナリストが通期業績予想を引き下げるリポートを公表したのがきっかけだ。訪日外国人(インバウンド)消費の恩恵を受ける代表銘柄とみられていたが、円高の影響が出始めているという。前日にはしまむらが、8月の既存店売上高の苦戦を理由に一時、14%安と急落した。消費低迷に強い銘柄との見方が強かっただけに、失望も大きかった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ・ポートフォリオストラテジストは「10~12月にかけ、業績下方修正が相次ぐ可能性が高い」と警戒する。根拠は「進捗率」だ。東証1部上場の3月期決算企業(金融除く)の経常利益について2016年4~6月期の通期予想に対する進捗率を調べたところ、中央値は18.9%と7年ぶりの低水準になった。すでに通期業績の予想を下方修正した企業は全体の5.9%にとどまる。進捗率の低さに照らすと「4~9月期決算にあわせ、下方修正が相次ぐ可能性がある」と指摘する。過去に下方修正した企業の傾向も分析している。進捗率が低く、四半期ベースでの決算が減益傾向にある企業は下方修正の確率が高いという。条件に当てはまる銘柄には輸出関連が多いが、小売りや建設などの内需系も含まれている。上場企業の4~6月期決算では「円高の逆風への対応力の強さを確認できた企業が多かった」(日興アセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト)との声もある。トヨタ自動車の株価が5カ月ぶりの高値水準まで買い直されるなど、輸出関連株には底堅さも見える。一方、こうした底堅さは「日銀の上場投資信託(ETF)買いで演出されているにすぎない」(岡三証券の日本株式戦略グループ長)との冷めた見方もある。オプション市場ではプット(売る権利)の取引が盛り上がりに欠け、市場参加者がリスクを本格的に警戒している様子はみられない。警戒感の薄さは個人投資家も同様だ。松井証券によると、同証券経由の信用取引の売り残高は25日時点で286億円。シニアマーケットアナリストは「普段、空売りする投資家もほとんど動いていない。売り残が300億円を超えることも珍しくないのに」と話す。一部の市場参加者が警戒を強める半面、市場全体ではなお楽観ムードに覆われているようにも見える。
下方修正が相次げば、市場での売り圧力も一気に高まる。その時にも、日銀は株価を支えることができるだろうか。
  外資系証券5社経由の注文状況   
    (株数ベース・万株)
                                    売り         買い         差し引き
          2016/8/26         1420          780         -640
          2016/8/25         1410          800         -610
          2016/8/24         1050         1260          210
          2016/8/23         1080         1030          -50
          2016/8/22          840         1230          390
          2016/8/19         1650         1220         -430
          2016/8/18          700          760           60
          2016/8/17         1050          750         -300
          2016/8/16          920         1040          120
          2016/8/15         1140         1410          270

CME日経平均先物(円建て)16500

NYダウ 18,448.41 -33.07
NASDAQ 5,212.20 -5.49
S&P500指数 2,172.47 -2.97
英FT100指数 6,816.90 -18.88
仏CAC40指数 4,406.61 -28.86
独DAX30指数 10,529.59 -93.38
日経225 16,555.95
CME日経平均先物(円建て)16500
ドル円 100.50
ユーロ/円 113.41
豪ドル/円 76.60
金 1,324.60 -5.10 
原油 47.33 +0.56 
Corn先物(CBOT)332.00 -4.25

リスク回避の円買い活発化! 米大統領選でドル円は95円へ

アベノミクスは「賞味期限切れ」
米国でTPP、見直しの可能性浮上
9月から本格、米大統領選でドル円95円へ
ヘッジファンドはドル売り円買いポジション増加

リスク回避の円買い活発化!
  USD/JPY
チャート
   ドル円の日足チャート(1年)
チャート表

外国証券の注文動向は610万株の売り越し イエレンFRB議長声明での波乱相場に備えろ

24日の米株式相場は、薄商いの中、原油安が重しとなり反落した。ダウ工業株30種平均は前日終値比65.82ドル安の1万8481.48ドルで終了。ナスダック総合指数は同42.38ポイント安の5217.70。出来高は前日比2189万株増の7億5628万株。序盤のダウは、売り買いが交錯した後、原油安を眺めて軟調となった。米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した最新週の原油在庫が予想に反して前週比で増加し、供給過剰懸念から原油相場は1バレル=46ドル台に下落した。7月の米中古住宅販売件数が前月比3.2%減と予想を大きく下回ったことも重しとなった。ただ、米ワイオミング州ジャクソンホール会合でのイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を26日に控え、市場では様子見ムードが継続。新規の手掛かり材料も乏しく、終日小幅な値動きにとどまった。ある市場関係者は「イエレン議長の講演は中立的な内容にとどまるだろう」と、追加利上げ時期をめぐる示唆はないとの見方を示した。一方で、「インフレ目標などフォワードガイダンスの方法に関する発言など、利上げ時期以外の部分で材料を探しに行く可能性がある」との声も聞かれた。
外国為替市場
の円相場は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を週末に控えて様子見ムードが広がる中、1ドル=100円台半ばで小動きとなった。この日は米長期金利の動向を手掛かりに調整的な売り買いに終始。26日にはイエレンFRB議長がワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次会合で講演を行う予定で、同議長による講演内容を見極めたいとの思惑が強まった。このところ、ニューヨーク連銀のダドリー総裁をはじめ複数のFRB高官が早期利上げの可能性に言及しており、市場ではイエレン議長も目先の追加利上げに前向きな姿勢を示すかどうかに注目が集まっている。
米国債市場
で5年債相場はほぼ変わらず。この日実施された 5年債入札は需要が旺盛で、年内利上げ見通しはまだ市場に浸透してい ないことがあらためて示された。ウエスタン・アセット・マネジメントのマネーマネジャーは「潜在成長率を上回る 景気拡大と金融状況の改善、インフレ期待の上昇という、追加利上げの 条件はまだ満たされていない」とリポートで指摘。「イエレン議長は次回利上げの時期についての質問は避けて、もっと大局的な考えに集中するだろう」と述べた。
金先物相場は反落。2週間ぶりの大幅安となっ た。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を26日に控 え、ポジションを手仕舞う動きが広がった。同講演は利上げのタイミン グに関して手掛かりを与える可能性がある。
原油先物市場ではWTI先物が大幅反落し、1週間ぶり安値で引け た。先週の米在庫が予想外に増加したことが統計で示された。9月にア ルジェで開かれる石油輸出国機構(OPEC)の非公式会議について、 イラン石油相はまだ出席の是非を決定していないと発言。前日には出席 の意向が確認されたとロイターは報じていた。
本日の東京株式市場は下落の展開が見込まれる。昨日の米国株は下落。ワイオミング州ジャクソンホールで今週行われるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を前に、このところの株式相場には大きな変動が見られなかったが、この日は製薬株の売りに圧迫された。ミラー・タバクの株式ストラテジストは「薬 品価格に関するニュースや原油安が材料となった」と述べ、「終盤にな ってこれらの材料に反応した理由は分からない。この日は午後遅くまで ボラティリティ指数(VIX)が高かった。まるでオプション取引トレーダーが売りを予見していたかのようだ」と続けた。本日の東京市場買い材料のない中、原油価格の急落や商品市況の下落などから、鉱業や卸売、非鉄金属、資源関連を筆頭に輸出関連銘柄などが売られる展開になろう。サマーバケーションも終わり今日から相場に復帰するが、海外へ出発する時のCME225が今日の数字と同じだったということは、休暇を取って正解だったと言える。さて、最大イベントが明日、待ち構えている。イエレンFRB議長のジャクソンホール講演次第で大波乱の相場になる可能性が高い。利上げを示唆すると、金利が上昇し米国債のポジションが解消される可能性がある。その結果、米国株にも売りが出ることも想定される。ダウはスッ高値の位置にあり、我先と売りが殺到すれば暴落も否定できない一方、国内の見通しについて、ソシエテ・ジェネラル・クロス・アセット・リサーチのアナリストは、「利下げによる円安効果が消え、財政出動策は発表済み、量的緩和も効果がない」とした上で、円安方向に変えるのは難しくなってきているとコメントした。アメリカの大統領選を控えて日本政府が政治問題にしたくないと考えていることなどから、市場介入の実施は不明だとみている。リクルートホールディングスは24日、メガバンクや取引先企業など13社がリクルート株計6113万株を9月に国内外で売り出すと発表した。24日終値ベースで2500億円超の規模になる。リクルートは月内に最大300億円の自社株買いも実施する。資本効率の改善に向け、政策保有株を見直して株式の持ち合いを解消する動きが加速してきた。リクルート株の売り出しは2014年10月の新規上場時に実施して以来となる。売り出し株数は発行済み株式の10.8%に相当する。第2位株主の大日本印刷が1200万株、第3位株主の電通が900万株を売るほか、みずほ銀行などメガバンク3行で計2000万株強を売却する。日経。
7月19日に取引が始まったマザーズ指数先物も盛り上がりに欠ける
本来は現物株を買って先物を売れば、相場下落時の損失を軽減できる機能を持つ。だが、「そもそも現物株への買い需要が少ないため、マザーズ指数先物の売買も伸びない」。市場規模を示す建玉(未決済残高)は23日時点で3365枚に積み上がったとはいえ、日経平均先物(33万1132枚)の1%にすぎない。24日日中の売買高(128枚)も日経平均先物(2万6601枚)の0.5%にとどまっている。大阪取引所デリバティブ市場営業部の三木誠課長は「静かなスタートとなったが、東証マザーズ市場で注目銘柄が生まれ、ヘッジ需要ができたときには流動性が高まるように運用していきたい」と気を引き締める。足元の新興株相場の軟調な背景について、岡三証券のシニアストラテジストは、新興企業の業績拡大期待が後退したためとみる。マザーズ市場で24日終値時点の時価総額上位5社の直近の業績をみると、2016年4~6月期はそーせいが営業黒字に転換したほか、じげん(3679)の営業利益が前年同期比45%増だった。一方で、16年4~6月期の営業利益(損益)はミクシィ(2121)が17%減、サイバダイン(7779)が3億5800万円の赤字、ヘリオス(4593)は16年1~6月期に26億円の営業赤字に沈んだ。ストラテジストは「これまで業績を伴わずに期待先行で急騰した銘柄も多かったが、物色テーマが見当たらないからこそ、業績による選別物色が進む」と指摘する。16年3~5月期に88%の営業増益だったT-BASE(3415)は24日のマザーズ市場で、年初来高値を付けた数少ない銘柄となった。日経

サプライズがあった場合に最も値動きが大きくなるのはポンドと円、ニュージーランド(NZ)ドルの3通貨

8月26日:イエレン議長はジャクソンホールで講演
米ゴールドマン・サックス・グループの予想
サプライズがあった場合に最も値動きが大きくなるのはポンドと円、ニュージーランド(NZ)ドルの3通貨
        ご注意!
シカゴファンドの名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。当オフィスでは未公開株や資金の預かりは一切行っておりません。またパンフレットを送ったり、電話をかけて契約を取り付けるような営業も行っておりません。読者の方はご注意ください。
CHICAGO FUND
☆彡 ビットコインでトレーディング      社長はゴールドマン・サックス出身(デリバティブトレーダー)
✈ JAL、飛び出せ海外へ         エールフランスほか18社提携
☆彡ウォールストリート・ジャーナル        
ライブ 「日経チャンネルマーケッツ」
彡デルオンラインストア セール中!
格安航空、ホテル、レンタカー検索
★ グルメにはたまらない逸品
☆彡 7000ポイントプレゼント ヤフー
【Yahoo!モバゲー】200種類以上
映画・ドラマ・アニメ 12万コンテンツ
◎ G-Tune 最高クラスの性能
♪ パリのセーヌ川沿いを散策
常夏の地 投資家ジム・ロジャーズ氏も移住
$ 国内69店舗 海外1500店舗i以上
♪世界最大総合オンライン旅行会社
QRコード
QRコード
☆専門書から漫画までスマホで読書
♪  パリのファッション直輸入                    今がチャンス!! 最大50%オフ
♪ 横浜元町ファッション
♪ 夏のメンズトレンドファッション
♪  海外ブランドバック・財布サイト
♪♪日本未入荷、入手困難なバッグ
☆彡 ビジネス英語の決定版                  日経がピアソン社と共同開発運営
✿ 中華の王者 名門「聘珍樓」
✿ 神戸魔法の壷プリン
◆◇ SBI FX 米ドル/円 0.27銭
(´▽`) マクロミル新規モニタ募集
◎ 業界最狭クラスのスプレッド!
☆ FX・株やるには最低数台必要
◎ 2年間使い放題YahooWi-Fi
◎ 高速通信SIM 月々660円から
◎ WiMAX2+どこでも高速ネット
★ 防災士が厳選した防災グッズ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ