シカゴファンドの投資戦略 CHICAGO FUND INVESTMENT STRATEGY

日経225先物・オプション・e-ワラント・為替・国内外株式・債券・商品先物で運用

トランプバブル崩壊でドル98円へ、市場は「はき違えている」 -UBS

トランプバブル崩壊でドル98円へ
良いところ取りで絵を描いているが誤解に近い
市場はドナルド・トランプ氏の唱える「アメリカ・ファースト(米国最優先)」の影響をはき違えている
預かり資産が約2兆ドルに上るUBSウェルス・マネジメント

為替見通しを円高・ドル安方向に修正
●トランプ次期米政権の経済政策について「皆が良いところ取りで絵を描いており、過度な幸福感に包まれているが、その解釈は誤解に近いのではないか」
●「期待先行で買われ過ぎた相場は、思わぬところで急にはげ落ちる。対外政策と国内政策の時間差をよく考えるべきだ」
●トランプ氏勝利後の世界的な株高・米金利上昇・ドル高の中で、3カ月後の円相場見通しを1ドル=104円から102円に上方修正。6カ月後は102円、12カ月後は98円
●市場で焦点に浮上している昨年6月の13年ぶり安値125円86銭の更新はない
●米国内政策の効果が先に出て、対外政策は後から妥当なところで折り合うと期待
●トランプ氏の経済政策は「国内向けは財政出動で成長促進的だが、米議会の承認プロセスが必要だ。影響の顕在化までには時間がかかる」
●対外政策は貿易に逆風で成長を抑制する方向だ。議会を通さずに執行する権限を大統領が持っているので、早く実施される可能性がある
●トランプ氏は選挙戦で、オバマ政権が日本などと進めてきた環太平洋経済連携協定(TPP)を米国内の雇用を守る立場から批判。就任初日にTPPから撤退する意思を公表する方針Bloomberg

トランプ氏「就任初日にTPPから離脱」 日本経済を揺るがす

20日(金) 
ドナルド・トランプ氏が第45代米大統領就任
「トランプ氏」の画像検索結果
大統領就任初日に実行する政策発表

いよいよトランプ保護政策が炸裂する!!
アベノミクスを直撃  根底が覆る危機
!!
トランプ氏「就任初日にTPPから離脱」

AFP=時事

米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領は、日米などが署名した環太平洋連携協定(TPP)について「就任初日に」離脱すると表明した。

今週のイベント

今週のイベント
19(木)
22:30ECB 定例理事会(ドラギ総裁会見)
22:30米12月住宅着工件数
22:30米12月建設許可件数
22:30米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数
22:30米新規失業保険申請件数速報

20(金)
 
10:000イエレンFRB議長講演
11:00中国10-12月期 GDP
11:00中国12月鉱工業生産
11:00中国小売売上高、
11:00中国12月都市部固定資産投資
02:00
米大統領就任式  トランプ大統領の就任
 
宣誓・就任演説
メキシコ、中国、日本は米国にとり有害との発言があれば、相場は暴落
就任式典 スケジュール

1月20日 11:30〜(日本時間1月21日午前1時30分〜)
11:30 開会の言葉
              合唱
              ペンス氏の宣誓 副大統領就任
12:00 トランプ氏宣誓 大統領就任(日本時間1月21日午前2時)
              ファンファーレ4回
              Hail to the Chief 演奏
              21発の礼砲
              トランプ新大統領就任演説
              オバマ大統領 大統領選用ヘリで退場
              昼食会
              大統領としての最初の署名
              パレード
              祝賀パーティー

ダウジョーンズ30 先物 3月 2017

ダウジョーンズ30 先物 3月 2017

19,701.0 -34.0  (-0.17%)  19:06:47

トランプ相場、大統領就任で終わる可能性も

トランプ相場、大統領就任で終わる可能性も
大統領就任後は好調な株式相場に終止符が打たれる公算が大きい
米国株の投資家は大統領選での予想外のドナルド・トランプ氏勝利を歓迎してきたが、大統領就任後は好調な株式相場に終止符が打たれる公算が大きいと、モルガン・スタンレーは警告している。
モルガン・スタンレー
●最高値付近の米国株はこうしたセンチメントをすでに織り込んでおり、今月20日のトランプ大統領誕生は株式の持ち分を減らす好機だ
●数週間で結局、どんなポジティブかつエキサイティングな出来事が増える可能性があるのだろうか
●共和党が圧勝したことで経済と企業増益の見通しが一段と不確かで不安定なものになったと考えざるを得ない
Bloomberg

トランプ次期米大統領 われわれの通貨(ドル)は強すぎる

ウォール・ストリート・ジャーナル
トランプ次期米大統領
我々の通貨(ドル)は強すぎる
●ドル高が中国企業との競争で不利に作用している
●中国人民元は「岩が転げ落ちるように急落している」
●強いドルを持つことは有利な面もあるが、多くの不利な点を抱えることにもなる

トランプ陣営、ドル高警戒台頭


The U.S. Dollar's Bull Market is Over



トランプ大統領、1月TPPから離脱発表
我々のドルは強すぎる

  USD/JPY
チャート

CKD (6407) 買いシグナル点灯!

CKD (6407)  買いシグナル点灯
ゴールドマン・サックスの目標株価:1650円 (1月12日公表)

チャート画像

スカラ (4845) 買いシグナル点灯!

スカラ (4845) 買いシグナル点灯
ソフトブレーン に対し株主提案権を行使し16年12月期に10円の配当(前期は無配)を提案
目標株価: 1500円
チャート画像

三菱ケミカルホールディングス (4188) 買いシグナル点灯

三菱ケミカル (4188)  買いシグナル点灯
クレディ・スイスの目標株価: 1030円

チャート画像

イマジカ・ロボット(6879) 買いシグナル点灯!

イマジカ・ロボット(6879) 買いシグナル点灯
上値抵抗線を突破

チャート画像

ヤマハ発動機 (7272) 買いシグナル点灯!

ヤマハ発動機 (7272) 買いシグナル点灯
モルガンSの目標株価: 2920円

チャート画像

宝ホールディングス(2531) 買いシグナル点灯!

 宝ホールディングス(2531)  買いシグナル点灯
当社子会社(タカラバイオ株式会社)の「腫瘍溶解性ウイルスHF10 に関する独占的ライセンス契約を大塚製薬株式会社と締結」
チャート画像

太陽誘電 (6976) 買いシグナル点灯!

太陽誘電 (6976) 買いシグナル点灯
JPモルガン Neutral継続 
目標株価: 1,040 → 1,500 2017/01/16
チャート画像

FRB議長が積極利上げ示唆

18日の米株式相場は、原油安が重しとなり、4営業日続落した。ダウ工業株30種平均は前日終値比22.05ドル安の1万9804.72ドルで終了。ナスダック総合指数は反発し、同16.92ポイント高の5555.65で引けた。出来高は前日比1億2952万株減の7億7114万株。ダウは小安く寄りついた後、原油先物相場の下落を眺め、中盤にかけてやや下げ幅を拡大。トランプ次期米大統領の就任式を20日に控え、様子見ムードが広がる中、中盤以降は方向感に乏しく小幅に推移した。また、ダウ構成銘柄のユナイテッドヘルス・グループとゴールドマン・サックスが、市場予想を上回る良好な10~12月期決算を発表したにもかかわらず、それぞれ1.8%安、0.6%安となり、ダウ全体を押し下げた。どちらの銘柄も、次期政権の経済政策で恩恵を受けやすいとの思惑から大統領選後に大幅高となってきたが、決算を無事にこなし、材料出尽くし感から利益確定の売りが出た。直近の大きなイベントは20日の大統領就任演説。11日の記者会見では具体的な言及がなかった、経済政策の内容が注目されており、市場関係者からは「減税をどれくらいやるのか、何を優先していくのかが注目される」との声が聞かれた。
外国為替市場ではドルが反発。主要10通貨に対するドルの動きを示す指数は、カナダ・ドルの下落や午後に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演も手掛かりに上げ幅を拡大した。 ECBの政策決定会合では政策の据え置きが見込まれている。ECBとして資産購入のテーパリングを議論するのは時期尚早な可能性が高いものの、市場はそのテーマを意識しており、ドラギ総裁はテーパリングは差し迫ったものではないと市場に確実に伝える必要があるかもしれないと、複数のトレーダーが述べた。
米国債相場は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の発言を受けて取引終盤にこの日の安値に下げた。同議長は「私と同僚の大半が」先月、2019年末にかけて「年数回」の利上げを予想していたと述べた。イエレン議長の講演テキストが公表されたのは米東部時間午後3時。5年債利回りの上昇分11ベーシスポイントのうち約3分の1が講演テキスト公表後に上げたものだ。それ以前の米国債の下げは12月の消費者物価指数(CPI)が手掛かりとなったほか、軟調な欧州債も弱材料だった。
金先物相場は小幅反落。8週間ぶり高値近辺を維持し、ドルの持ち直しにもかかわらず、底堅さが示された。
原油先物市場ではWTI先物が反落。国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長の発言を受けて売りが膨らみ、1週間ぶりの安値となった。同局長は減産を受けて原油価格が上昇すれば米シェール生産が「大幅に」拡大するとの見通しを示した。
本日の東京株式市場は上昇し強含みの展開となろう。昨日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小幅高。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が米経済について、金融当局の二大責務である完全雇用と物価安定に近いと述べたことが手掛かりとなった。ゴールドマン・サックス・グループとシティグループがそれぞれの決算を受けて下落したものの、金融株全体は上昇した。12月の米鉱工業生産統計では、製造業生産を示す指数が市場予想を下回る伸びにとどまった。繊維や化学製品の生産が減速した。本日の東京市場外為市場でドル高/円安が進行しており、主力輸出株に追い風となる。企業業績の拡大期待が再燃、自動車や電機などの輸出関連株、銀行など金融株を中心に幅広い業種が買われそうだ(ブルームバーグ)。昨日朝の当ブログで、目先のリバウンドの予想を書いたが、買った方は早速含み益が生じるだろう。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日の講演で、力強い経済指標を受け、連邦公開市場委員会(FOMC)参加者が2019年末まで年に数回の利上げを想定していることを明らかにした。ただ、FRBは労働市場とインフレの目標達成に近づいていると語った。アメリカ労働省が18日発表した去年12月の消費者物価指数(CPI)は前月比で0.3%上昇した。12月の鉱工業生産も2年ぶりの大幅な伸びを記録した。インフレや成長の伸びが継続して拡大した場合、FRBが現在の想定よりも速いペースで利上げする可能性がある。米金融大手ゴールドマン・サックスが発表した昨年第4・四半期決算は、米大統領選後の取引量の急増により、利益が4倍近くに増えた。普通株主帰属の純利益は21億5000万ドル。前年は、訴訟関連で50億ドルの費用が足かせとなり5億7400万ドルだった。1株利益は1.27ドルから5.08ドルに増加。調整後の1株利益は5.08ドルと、市場予想の4.82ドルを上回った。英国のメイ首相が欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)に関し、基本方針をようやく示した。これまで具体的な方針は明示されず様々な臆測を呼んでいただけに、ひとまず歓迎できる。ブレグジットは曖昧さのないきっぱりとした離脱を意味することになった。行く手には様々な危険が待ち受けるだろうが、到達すべき目的地は疑いの余地がないものだ。メイ氏は2016年6月に実施された国民投票の結果から、移民制限を強化し、EU司法裁判所の管轄権から独立することが必要だと判断した。その代償はEU単一市場からの撤退だ。これは二者択一で残念な選択だ。5億人を抱えるEU域内に共通の規則や基準をもたらし、自由貿易を可能にしている単一市場は、サッチャー元首相の残した最も偉大な政治的な功績の一つだった。ブレグジットの議論が熱を帯びる中、これはあまりにも簡単に忘れられてしまっている。(フィナンシャル・タイムズ)
FRB議長が積極利上げ示唆  REUTERS
終盤のニューヨーク外為市場ではドルが反発した。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が緩やかな利上げを実施していくことは理にかなっていると述べたことで米長期金利が上昇し、ドルが買われた。ドルは対円で114円台半ばをつけた。イエレン議長はこの日の講演で、中立金利に向け動き始めるのを待ち過ぎれば、将来的に想定外のリスクに見舞われる可能性があると述べた。既に上昇基調にあったドルは、FRB議長発言を受けて全面高の展開となった。ドルの上昇率は対ユーロEUR=で0.7%、対ポンドGBP=で1.2%、対円JPY=で1.5%。主要6通貨で構成されるドル指数.DXYは0.95%高の101.260となった。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア・マーケット・アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「イエレン議長の発言内容はFRBが年内に引き締めペースを速めるとの見方と一致しており、このためにドルが上昇した」と述べた。その上で「イエレン議長のこの日の講演は、強気かつタカ派的な姿勢を強めるものではなかった。しかしドルがこの数日下げ基調にあったため、議長発言で米国の良好なファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に光が当たり、ドルを支えた」と分析した。この日公表の米経済指標は、12月消費者物価指数(CPI)が2年半ぶりの高い伸びを示し、12月鉱工業生産指数も2年ぶりの大きな伸びとなった。テンパス・コンサルティングの市場ディレクター、ジョン・ドイル氏は両指数について、発表時点で市場に目立った反応はなかったが、米経済の全般的な強さを確認する内容で、米経済は利上げに耐える用意が整っているとのFRBの主張を裏付けたとした。

        ご注意!
シカゴファンドの名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。当オフィスでは未公開株や資金の預かりは一切行っておりません。またパンフレットを送ったり、電話をかけて契約を取り付けるような営業も行っておりません。読者の方はご注意ください。
CHICAGO FUND
☆彡 ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ (NHK)
✈ JAL、飛び出せ海外へ         エールフランスほか18社提携
☆彡ウォールストリート・ジャーナル        
ライブ 「日経チャンネルマーケッツ」
彡デルオンラインストア セール中!
✿ 中華の王者 名門「聘珍樓」
✿ 神戸魔法の壷プリン
格安航空、ホテル、レンタカー検索
★ グルメにはたまらない逸品
【Yahoo!モバゲー】200種類以上
映画・ドラマ・アニメ 12万コンテンツ
◎ G-Tune 最高クラスの性能
♪ パリのセーヌ川沿いを散策
常夏の地 投資家ジム・ロジャーズ氏も移住
$ 国内69店舗 海外1500店舗i以上
♪世界最大総合オンライン旅行会社
QRコード
QRコード
☆専門書から漫画までスマホで読書
♪  パリのファッション直輸入                    今がチャンス!! 最大50%オフ
♪ 横浜元町ファッション
♪ 冬のメンズトレンドファッション
♪  海外ブランドバック・財布サイト
♪♪日本未入荷、入手困難なバッグ
☆彡 ビジネス英語の決定版                  日経がピアソン社と共同開発運営
◆◇ SBI FX 米ドル/円 0.27銭
(´▽`) マクロミル新規モニタ募集
◎ 業界最狭クラスのスプレッド!
☆ FX・株やるには最低数台必要
◎ 2年間使い放題YahooWi-Fi
◎ 高速通信SIM 月々660円から
◎ WiMAX2+どこでも高速ネット
★ 防災士が厳選した防災グッズ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ