【第8回例会】 繭づくりから繋ぐ秩父銘仙 ~機織りを体験~


8月2日、秩父銘仙館にて第8回例会、繭づくりから繋ぐ秩父銘仙~機織りを体験~が開催されました。

本事業は5月28日「養蚕を体験」、6月24日「製糸・染色を体験」、8月2日「機織りを体験」の3事業の

最後の事業です。

ちちぶ地域全域から集まった子ども達は、職人さんに手ほどき頂き、すべての過程を終了することができました。

DSC_0647
DSC_0648
DSC_0649
DSC_0650
DSC_0653
DSC_0654
DSC_0655
DSC_0656
DSC_0657
DSC_0658
DSC_0659
DSC_0661
DSC_0662
DSC_0663
DSC_0664
DSC_0665
DSC_0666
DSC_0668
DSC_0670
DSC_0671
DSC_0672
DSC_0673
DSC_0677
DSC_0679
DSC_0680
DSC_0681
DSC_0682
DSC_0683
DSC_0684
DSC_0685
DSC_0686
DSC_0687
DSC_0690
DSC_0691
DSC_0693
DSC_0696
DSC_0697
DSC_0698
DSC_0699
DSC_0700






【第7回例会】 西武鉄道グループの秩父観光客誘致


7月27日に秩父宮記念市民会館にて、西武鉄道株式会社、運輸部スマイル&スマイル室の金﨑順一

西武レクリエーション株式会社の三俣健児氏の2名をお招きし、西武鉄道グループの秩父観光客誘致に関する

講演を開催致しました。

下記は当日の講演内容の抜粋

 
  ちかいなか」のようなフレーズが出来るくらいちちぶは都心から近く、アクセスも良い為、

  ちちぶは行楽シーズンになると多くの観桜客で賑わっている

  その経済効果はちちぶ地域にかなりの影響力を与えていると考えていました。

  しかし、ちちぶは都心から近いということがメリットでもありデメリットでもある。

  つまり宿泊者が少なく日帰り観光となってしまっている。

  宿泊者が少ないことから消費単価が低く経済効果が低い。

  宿泊する目的や滞在時間を延長させるコンテンツを提供を考えていきたい。

DSC_0610
DSC_0613
DSC_0614
DSC_0618
DSC_0619
DSC_0623
DSC_0625
DSC_0630
DSC_0632
DSC_0636
DSC_0641
DSC_0643




【第6回例会】 第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会

7月2日、鴻巣市のクレアこうのすにて、「チャレンジ~多彩な誇りが活力溢れる埼玉を創る~」のスローガンを

掲げる第47回埼玉ブロック大会鴻巣北本大会が開催されました。

次年度ブロック大会開催予定の当会にとって、メンバーが実際に目で見て体験することができ、学び多き

時間となりました。

DSC_0528
DSC_0505
DSC_0503
DSC_0495
DSC_0490
DSC_0489
DSC_0488
DSC_0485
DSC_0481
DSC_0479
DSC_0456
DSC_0455
DSC_0438
DSC_0440




↑このページのトップヘ