たのしいこといろいろ

日々のいろいろと山の記録

2017.10.8(日)


栗駒山に登ろうと須川温泉に行ってみたら甘かった…


はっきりとした計画もなく、遅い時間にもかかわらず栗駒山に向いました。

10時ごろ須川湖をすぎて栗駒山荘の露天風呂が見えてきたら露天風呂の下の道が渋滞。

しかも路肩にも車が止まってて

やっぱりね~こりゃダメだね~ってことで即Uターン

いつもはほとんど車の止まってない須川湖も車があふれてる。

紅葉じゃなくても須川湖は綺麗なのにな…


時間も時間だし登るモチベーションが下がったけど、このまま帰るのもしゃくなので、

湯浜コースを歩こうと戻りました。

でも湯浜コースはキラキラ光るブナの黄葉の時に歩きたかったんだよね~


[画像:a9bc79e8-s.jpg]
と思いながらも湯浜温泉 三浦旅館さんに向かって歩き出します

三浦旅館さんで登山届を書いて歩き出したのがたぶん10:30すぎ

おっそ~

[画像:0aa05d98-s.jpg]登りはじめ。まだこのくらいの色付き


[画像:545fe58f-s.jpg]たまに赤


[画像:fd968604-s.jpg]

[画像:6a1e42f5-s.jpg]とにかくブナが美しい

[画像:7192a911-s.jpg]山神様に手を合わせて行きましょう


[画像:6005de76-s.jpg]白桧沢(←しらびさわって読むんだね~)を渡ってしばらく歩くと

[画像:e06c71b7-s.jpg]
古道の森コース(って今は言わないんだっけ?)の分岐。

真ん中の道をずーっと行くと世界谷地に続く変則十字路に出る。って歩いたことないけど。

世界谷地から変則十字路までは行ったことあるからいつか繋いで歩きたい


[画像:485f30b8-s.jpg]
ブナを見上げる。大きくて首が大変


[画像:53aee42a-s.jpg]わけわからんキノコが多数


[画像:5b399614-s.jpg]
3キロ地点

[画像:2f925e5c-s.jpg]お姫様だっこしてくれそうな頼れるブナ

[画像:db45fad4-s.jpg]すばらしく素敵な道だけど、泥濘がひどいところがけっこうある。湿地を歩いてるみたい

スパッツしてないと大変です。終わりです。

たまに泥濘にはまって足が消える(笑)何回か消えた

[画像:51437da5-s.jpg]
山頂ってここに書かなきゃダメだったんだろうか?

[画像:abdfbb54-s.jpg]
4キロ地点。たぶんもうちょっと頑張ればあの天国へ続く木道に出るんだけど、お昼すぎてるし、

ここからすこし急になるからここで戻りました。急なとこ歩きたくなかった(^^ゞ


[画像:afc8712f-s.jpg]
[画像:3dd87950-s.jpg]

4キロ地点の辺りは黄葉がきれいでした。標高1000mくらいかな


[画像:b8f8ac02-s.jpg]キノコの世界

帰りはあっという間。

三浦旅館さんに下山報告をしたら
[画像:24eec910-s.jpg]
いったん駐車場まで戻って着替えを持ってまた三浦旅館さんに行きました。

さぁお風呂だ!と思ったら財布がない!!

ごそごそ探したけどない。来るときダンナさんに「財布持っていかないよ」って言われて

「いいよ~」って言ったのに…

旅館のご主人は今度でもいいよ~って言ってくれて。なんてやさしい~(涙)

でもそんな言葉に甘えるわけにはいかない。ということで、ひとり駐車場まで戻りました。

まぁ片道10分くらいですから。でもこの日この道を3往復したのは私だけだと思う!!

[画像:aa6ad64e-s.jpg]沢沿いのダイモンジソウ。可愛かったのにピンボケ。がっかり

[画像:4e89a23e-s.jpg]ウメバチソウも


この日は天気がよくて寒くなく、歩いていっぱい汗かいたから温泉の気持ちいいこと!!

行楽日和の3連休だから三浦旅館さんも忙しそうだったけど、ちょっと時間をずらして入ったから静かに入れたし、秋田からキノコ採りにきてたおっちゃんとしゃべったり、

ご主人と奥様としゃべったり楽しかった〜

三浦旅館さんにきてお風呂あがりまったりしてると、いつも帰りたくなくなる。


[画像:57fed77f-s.jpg]
[画像:9be7e2d2-s.jpg]
帰りの湯浜峠から。上から下へ淡いグラデーションの栗駒山

この湯浜峠で車を降りたのは何年ぶりかしら?いつもただ通り過ぎるだけなのに。

降りちゃうくらいに美しい栗駒山でした


いいお天気で、この日栗駒山に来た人達には栗駒山の素晴しさをわかってもらえてるといいな。

湯浜コースでは5人のトレランの方に会いました。

登ってるとき会ってすれ違って、私達が降りて行ったらなんと登り返してきてた。

聞いたら秣岳から登って、天狗平から湯浜コースで三浦旅館さんまで下りて登り返してるらしい。

なんとまぁ、その体力少し分けてほしい。。。って日頃の努力のたまものなんだよね。

すごすぎる。

静かな静かなブナの美しい湯浜コース

今週末とか来週末、この辺りのブナがキラッキラに色付いてるでしょう

また行きたいな。


2017.10.1(日)


先週と同じ山形への道を通って、紅葉の月山に登ってきました。

[画像:e51e0e4e-s.jpg]


朝5時に自宅を出て、西川町が近づいてくると目指す月山方面はどんよりくらーい空。

蔵王の辺りは太陽に照らされて晴れてるのが見えるのに…

今日の選択は間違ったのか?と後悔しながらも、どうせ曇ってるからのんびり行こうよとコンビニ寄って朝ごはんのパンとコーヒーなんか買って食べて、道の駅西川で休憩してからのんびり向かいました。


8時ちょっと前、姥沢の駐車場はだいたい3割くらい車が止まってたかな。

出発準備をしていると、リフトが動き出すアナウンスとともに駐車場の警備の人が来て、次から次へと来る車の案内をしてました。

駐車場から見上げる山頂方面はあいかわらずどんよりな雲

ここでものんびり準備してのんびり出発

[画像:e5886584-s.jpg]リフトに乗ると冷たい風で寒い!!今日は失敗したかなぁ~とまた思いながらも、上駅に着いて歩き出します。


[画像:4b3b73bc-s.jpg]まずは月山山頂へ。山頂方面は雲。それでも周りの紅葉と草紅葉がすばらしくて暗いのに写真を撮らずにはいられない

[画像:72a5ce6a-s.jpg]こんな天気なのに、あんまりステキな風景だから写真撮りあったりして。

アウターが後ろの草紅葉とかぶってる...

[画像:90f7f8b4-s.jpg]がんばってたニッコウキスゲが一輪。得した気分ヽ(^o^)丿


[画像:8610881b-s.jpg]
アオノツガザクラもあったよ

[画像:a4e3a063-s.jpg]花を見たり紅葉見たりしながらのろのろと歩いてると…牛首下分岐の辺りで山頂方面が!!

[画像:ac616191-s.jpg]
うぉぉ~~~~~あおぞら~~~

[画像:c49e18c2-s.jpg]で、こんなんなりました!!山頂神社までクッキリ!!


[画像:3ff23f44-s.jpg]月山山頂と姥ヶ岳を結ぶ稜線を見上げると雪がまだありました。

このままもう来月には新雪が積もるのかな?


[画像:ceef8f7c-s.jpg]稜線は晴れてきてますが、姥ヶ岳山頂のあたりはまだ雲が取れてないです。

[画像:d632f7cd-s.jpg]先に月山にしてよかった(^^)

さて、鍛冶月光を登って山頂をめざしましょう。


[画像:34f10cc7-s.jpg]登りきって振り返ると、姥ヶ岳の雲もいなくなってました。


[画像:bf483304-s.jpg]

ハクサンイチゲがまた見られたよ~


[画像:9b0f3918-s.jpg]天気予報の割には雲多めですなぁ~
人でいっぱいの神社脇を抜けて三角点に向かいました。

[画像:d2149dc8-s.jpg]
三角点からいちばん奥の庄内平野を眺めてたら、ちょうど写真の真ん中あたりに、車がたくさん止まってる駐車場と草紅葉の中に小屋が見えました。

あれが8合目の駐車場と弥陀ヶ原ですかね~初めて見えた気がする。


まだお昼前なので、姥ヶ岳に向かいます。

鍛冶月光の下りではぞくぞく登ってくる人がいたので、何回も下りては止まり、下りては止まり
を繰り返してかなり時間かかったけど、おかげで足に負担がかからずゆっくり下りられたので
よかったかな。

それにしても早く登っておいてよかった~
[画像:65abf2da-s.jpg]

牛首から姥ヶ岳に向かうと、人も少し減り快適に歩けます。

それでも、お昼をすぎてるのに姥ヶ岳からたくさん人が下りてきます。


[画像:aac55af9-s.jpg]
[画像:9e252328-s.jpg]
稜線にはミヤマリンドウとウサギギクがまだ咲いてました。

かわいいね~


[画像:73c22e1a-s.jpg]
振り返ると月山山頂はまだ晴れ

キレイだね~いい眺め

[画像:bb61b58c-s.jpg]
草紅葉がいたるところにあって黄色が多いね月山の紅葉

栗駒山とは全然違う美しさ。

[画像:6feae26c-s.jpg]
姥ヶ岳山頂から鳥海山が上だけ見えてました(だいぶ大きく加工してます)

肉眼ではもっとはっきり見えてたけど。

山頂標識の所にも人がいたので撮らずに、鳥海山を見ながらお昼を食べて、
1時間くらいまったりしました。


[画像:4ef2a8a2-s.jpg]
そろそろ帰りますか。草紅葉の向こうの朝日連峰は、朝からけっこう雲があって
ほとんど見られなかったなぁ

残念。


[画像:5d646f08-s.jpg]
紅葉のチングルマ。花が終わってもこんなにかわいい。

得だね君たちは。


[画像:7754617c-s.jpg]

月山にも雲が湧いてきて、もう帰る時間だね。


[画像:1ced0b41-s.jpg]
リフト上駅周辺は赤が多め。リフト横の売店?が赤い紅葉と同化してる


[画像:1dbb8764-s.jpg]
リフトに乗っていたら前のほうに乗ってる小学生男子達が、登ってくるリフトを指さしては何やら盛り上がってる。

何かと見てみると、すれ違う登りのリフトにアヒルちゃんが!!何台かに一台
アヒルちゃんが乗っている。秋の行楽シーズンだからでしょうか?なかなか面白い

栗駒山とどっちが人が多いかな?と考えてみたけど、どうなんだろね。

月山は雄大で花がいっぱいでどこを歩いても開放感で気持ちがいいけど
いつも私とダンナの間では、何かと文句が絶えない山であります…
いろいろとね…

百名山という有名山ですからね。そりゃいろんな人が来ますよ。。。


そんなにたくさん、いろんな山に登ったことないけど、やっぱり栗駒山の紅葉は日本一だ


[この日の歩数] 17862歩



2017.9.24(日)


憧れ続けている朝日連峰に、ほんのちょびーーーーーーっとだけ
足を踏み入れることができました!!

いつも遠くから眺めていた美しい朝日連峰。いつかは登ってみたいとずっと思ってました



もう我が家には待ってる人(猫)もいないので、泊りだろうが帰りが遅かろうが、
そんなの関係ねぇ。とばかりに、行けるとこまでですがチャレンジしに行ってみました。


土曜日は天気が悪そうだったので、日曜日。

予定では4:00出発でしたが、やっぱり遅くなって4:30出発

高速もあるけど山形へはいつも下道(時間そんなに変わらないような気がして)

今回も下道でコンビニなど寄りながら7:00頃登山口到着

やっぱり駐車場は満車で、2週間くらい前に下見で来た時より混んでました。

幸い少し戻ったところに止められそうなところがあったのでゲット。
準備して7:30。ドキドキの出発です。

今回は必死で登ってたので写真はあんまりないし、同じような写真ばっかり


[画像:6b17c0de-s.jpg]
前を歩くグループ。歩き出しからこんなキレイな道を歩きます。でも急なのです。


[画像:5e2832db-s.jpg]
全然みえないけど、合体の樹に着いた。ブナとヒメコマツが合体したらしい。


[画像:ae5adaa8-s.jpg]
水場はまだかぁ〜と唱えながら歩いて到着。一服清水。噂どおり冷たくてすんごく美味しい。
ゴクゴク飲んで水筒と空のペットボトルに詰めて歩き出します。

次の三沢清水は下りてきた方と喋ってて写真撮り忘れ。こっちも同じく冷たくておいしー
そして三沢清水からは、小屋泊りの方達がぞくぞくと降りてきて、いろんな人に会いました。
羨ましく見送りながらも歩いて行くと

[画像:81442618-s.jpg]
着いた〜!!古寺山!!


[画像:568cdd82-s.jpg]

大朝日岳には少し雲が。
でもぽつんと見える避難小屋と、ビロードのような紅葉の美しさにほれぼれ

[画像:1d90eb50-s.jpg]

たまに雲が取れて日差しがあたるのでテンションMAX

大朝日から下山中の東京からの3人組と、同じ時間に登り始めた健脚なソロの女性と
みんなで盛り上がります。

[画像:aba25045-s.jpg]
同じような写真ですが、雲無いバージョンです。ずーっと眺めていたいな


[画像:89414865-s.jpg]
近くの紅葉と大朝日から西朝日。その向こうの稜線には残念ながら雲が。

さんざん写真を撮ったら小朝日岳に向かいましょう

[画像:e0573165-s.jpg]

古寺山を下りて振り向いての古寺山

[画像:818aeabf-s.jpg]
大朝日に行く巻道と小朝日への分岐


[画像:38ad981b-s.jpg]

山頂直下の急登を登って小朝日岳到着

真っ先に見に行く大朝日岳。これはアップで


[画像:c7ece239-s.jpg]

古寺山からと変わらない感じだけど、実際は大朝日がかなり近くなりました



[画像:4f82ef51-s.jpg]

またテンションMAXでカメラバッグがパッカリ口開けてます



[画像:06340745-s.jpg]

さっきまでいた古寺山



[画像:800c7971-s.jpg]

小朝日山頂。我が家もお昼にしました。寒くもなく暑くもなく、絶景の快適な小朝日岳



[画像:b9bf94ce-s.jpg]

本当はチャレンジャーじゃないので、小朝日岳ピストンと思っていたけど、同じく登り始めたソロの健脚の女性が鳥原山経由とおっしゃってたのを聞いたので、我が家も行ってみることに。


[画像:3115defd-s.jpg]

小朝日からは下り始めからすっごく急!!

下りてきて見上げたとこ。真ん中あたりのロープをたよりにおりました。

こんなロープが2ヶ所か3ヶ所。ちょっと楽しかったけど



[画像:1a67b85a-s.jpg]
振り返って小朝日岳。急だなぁ~

[画像:b4c83ede-s.jpg]
唯一撮ったお花、ダイモンジソウ。かわいい~~~
[画像:264ba16a-s.jpg]
鳥原山到着。



[画像:4b36703d-s.jpg]
左の小朝日から古寺山


[画像:8a3a7e2c-s.jpg]
左の大朝日岳と小朝日岳

鳥原山からも絶景でした

[画像:8bbbd876-s.jpg]
鳥原小屋。帰りにあわてて撮ったのでこんな角度に。ごめんね鳥原小屋

ここはトイレも小屋の脇にあって、ペーパーありの水洗。とってもありがたいです。鳥原小屋の辺りは木道があって鳥原湿原がありますが写真撮らなかった~(-_-;)


ヤマレコなどで小屋周辺の分岐の文字が消えかかってて見えにくいとあったので、よーく確認しながら古寺鉱泉へ向けて下山開始

途中の田代清水の水場発見でホッとして、畑場峰を通り(写真なし)川の音が大きくなってきたら


[画像:9c56dea7-s.jpg]
見えたよ~!古寺鉱泉

畑場峰くらいからダンナが膝が痛いと言い出し、私もその前から右ひざが痛くて、
2人でへっこらへっこら下ってきたので、見えた時はすっごく安心しました。


[画像:38616d17-s.jpg]
ひと安心で写真を撮る。

宿の前の道を登って…


[画像:bc921d29-s.jpg]
15:30 川の対岸のこの道を下りてきました。
あぁ~長かった~


今回の山行は達成感がものすごい。

あんな大きな山塊なんて私には無縁だと思ってましたが、行ってみないと始まらない。

どんな道なのか、どんな雄大な景色があるのか、自分がどれだけ歩けるのかそれを確かめたくて決行しました。

本当は大朝日まで行けそうでしたが、行けたとしても下山が心配だし、のんびり山頂っていう時間じゃないのであきらめ。

行くならやっぱり避難小屋泊まりで行きたい。

でも泊まるなら竜門山避難小屋。そしていつかは以東岳!!

なーんて、夢と妄想がまだまだ止まらなく湧いてきます。

たぶん次歩いたらもっと楽しく歩けそう。初めての山は不安のほうが大きくて(^_^;)

雄大な朝日連峰。私なんてまだ片足の親指の爪先くらいしか入り込んでないけど、たったそれだけでも朝日連峰に関われた感じがして、嬉しい気持ちでいっぱいです。

そしてやっぱりまだまだ憧れるお山でした。

今日は筋肉痛で大変だけど、もうすでに、また歩きたいと思う感動の一日でした。


[この日の歩数]29873歩

↑このページのトップヘ