ああ、本当に良い最終回だった! ただ、この話が最終回になると誰が予想しただろうか。
のばら会の連中のマジキチっぷりとわたしちゃんのぐう畜っぷりが完膚なきまでに発揮されたこの回こそ、正に田中ロミオらしい一品とも言えるだろう。
ただ、一つだけ許せないのがロボの最後の一番大事なセリフを抜いてしまったコトかな。
それを除けば本当にとても感動的なオチを用意して「一番最初の友達」との夢の中でのお茶会でとても良いカタルシスを与えてくれた。
正直、まだ発表されてない原作部分もあるので、オチをこのレベルでキレイに迎えてくれるなら第二期を希望したい。


 

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)