赤城南面の地中海

赤城のふもとで地中海本舗というワインや地酒の酒屋をやっています。 この場所を根っことして生きている自分がかかわる飲み物、食べ物や地元や世界、仕事や日常を書いています。お仕事のホームページも見てください。 http://www.chicyukai.com/

背中の葉っぱ!

今のところ、生きている犬は飼えないので、黒い鉄の犬。店頭にて。
IMG_8678

片方の耳はセガレが幼いころ、ちぎり取ってしまった


首を振るので愛嬌があります。小さい子は頭を触っていきますね。
葡萄の葉っぱが一日で結構大きくなりました。このまま苗として今のメルローの横にもう一列、
植えてみたいという野望が持ち上がります。そのメルローを剪定した枝ですから全くクローンです。
おもしろいですね。ブドウは強いなあ。


さて、週末に試飲したフレッシュ清酒の部!
IMG_8673

長者盛 山廃純米しぼりたて生原酒

新潟県小千谷市から。昨年飲んでおいしかった記憶があり、年初に注文入れていたお酒です。
精米60% 日本酒度+3 アルコール18% です。麹米は五百万石ということで、掛け米は新潟県産米、
濃淳です。飲みごたえあります。新鮮な風合いと香り。
通年の商品はこれをアルコール15〜16%に加水、火入しております。
そちらも美味しいけど、年に一度のこれはやっぱりいいですね。

もう一つは、新潟大学60周年記念の大吟醸
IMG_8670

スッキリフルーティー!

前出の酒に比べると、軽くてスイスイ。この「かこう」というのは還暦のことだそうで、60年記念なんですね。
詳しいことは調べておりませんが、農学部の酒米で大吟醸ってことですから、関係者には最高ですね。

どちらも美味しいけれど、しゅしつの違いが際立つ比較試飲でした。
しっかりボディーの濃淳なのと、サラリするり程よく味もあって香りが立つもの、
ソフィアローレンとオードリーヘップバーンって感じですね。 どちらも新酒の頃のね。

さあ、いよいよ黄金週間の準備に、出来ることをしておかなくちゃ。

↓↓↓↓↓↓↓緑風街 最後の1本はアーキテクトNさんがお買い上げでした!次は5月14日以降の販売です!
りょくふうらんきんぐblogram投票ボタン

時間と熟成

日曜は、今年初めて畑のの草刈をして、じゃがいもの土寄せをして。気持ちよかった。いい天気。
IMG_8674

じゃがいものみならず、葡萄の芽もしっかり出てます。

午後は 高崎イオンシネマで

ライオン 25年目の・・

私も時々グーグルアースでスペインやフランスやイタリアのワイナリーを見たりしますが、これは驚いた。
サルーがインドで迷子になったのは私が協力隊でコスタリカにいたころ。
世界にはインターネットもスマホもなかったなあ。
グーグルアースで故郷を探し当てお母さんに再開したのは今から5年前、震災のころか。
自分の時間と重ねてみて気が遠くなりそう。
いろんな偶然が人生を変えてゆくんだなあ。

余韻に浸りながら、帰宅して夜の「熟成研究」
これは、正直、飲めないんじゃないかと2006ヴィンテージ、シノンの白。
IMG_8675

シャトー・ド・クーレーヌ シノン ブラン 2006

ところが、なんと、しっかり飲めました。驚いたなあ!色は茶色っぽくなってるけどね。
ヴィオディナミのシェナンブラン。
10年以上前に同じワインを初めて飲んだ時に「飲みにくいなあ」と感じました。
当時、フレンチレストランのソムリエさんにどんな味?と聞かれて、香りや味わいが頭の中に蘇った。
「昔、ソ連のモスクワで飲んだコーヒーの香りがします。味はともかく、ワインとしては飲みにくいなあ」
と正直に答えたことを思い出します。インパクトが強かったのです。
コーヒー自体は83年に飲んだのですが美味しかったのです。
その飲みにくいワインが時間を経て、飲める素直なワインになっている。どういうこと?
変なひねも感じません。不思議だなあ。
自分で楽しむしかないなあ。説明できないし。あと一本あるけれど。

そして、1本残った昨年の「巌 舞風」
IMG_8676

今年のが入荷しましたので、最後のモノは自ら研究

こちらは、特に時間がプラスに作用してることはないかな。
リーチインに入っていたので普通に飲めました。新酒に比べると軽いひねは感じられますが、
そう気になりません。

このように時間を経たものと、実はしぼりたての新酒も比較試飲しましたが、それはまた明日アップします。

25年くらいは、ウイスキーではなんでもない時間?かな。
人間にはかなり現実的に決定的な時間の長さですね。5歳が30歳。25歳が50歳。
それでも5歳の記憶はすごい。
映画の中では、インドの「揚げ菓子」が、兄にねだったあの赤いお菓子が記憶を呼び覚まします。
食べ物や味や香りの記憶は時に強烈なのですね。

↓↓↓↓↓↓↓緑風街 あと1本!次は5月14日以降の販売です!
りょくふうらんきんぐblogram投票ボタン

清酒・ワイン 考!

昨日今日と考え、感じた清酒ワインの諸々

image

3月に剪定したメルローの枝


水の入った瓶に指しておいたら芽が出ました。挿し木にして苗になるかな。
複数のお話が耳に、ワイナリーを始めたいという。
しっかり考えるとかなり難しいことだと。
裏の畑に遊びでメルローを植えてみた、のとは違う。
どんなワインを造りたいのか、そのワインに対するパッション。夢。
そんな部分が始まりであり核心なんだなあ。と長野のOさんと話して初めて思った。

今はブームと言うことらしい。日本ワインも、ワイナリー参入も。
多くの組織で、やはりブドウができればそれでワイン、というところもあるそうで、
ワイン自体をさほど体験していない方々がやっている中には目指すワインの形が見えないものも多いそうだ。

思いついたのは、ほぼ純米吟醸や生等の今の清酒を体験していない人がスペインやイタリアで日本酒を造る、
様な事ではないのか?な。と、

スペインにも清酒大好き、体験して広める活動しているアデルフ君のようなスペイン人もいる。
情熱と思いがあれば形になるってこともあるんだなあ。
彼がFBにアップした雑誌記事
スペインで日本酒を

JALの機内誌の4月号掲載

スペインで日本酒を作っちゃってるスペイン人がいるとは驚いた。蔵元と一緒に見に行きたいもんですね。
しかも、その酒がアデルフ君がやってるバルセロナのレストラン「トピック」で飲めるって。
彼のFB投稿に「いつか味わいたい」とコメントしたら、「待ってます、どうもどうも町田さん」と返事あり。

世界は異様に狭い。前橋市内の出来事のような感じ。

舞風やなんかいろんな清酒がいっぺんに入荷してきた20日前後。
同級生M君がお土産に清酒を持って来てくれました。なぜに?
IMG_8668

新潟大学60周年記念清酒

農学部の酒米を使った大吟醸らしい。彼のセガレさんが今春入学。引っ越し諸々、新潟に行き、その土産。
清酒にはこんな感じでプロデュースして喜んでもらうって手もありますね。

いずれにしてもハンドクラフトの価値観を持った製品としてのワインも清酒も、これから立ち上げるっていうものには哲学とかコンセプトとか情熱とか愛とかそういうものを求められるんですね。

そんなことを思いつつ今週の営業終了。
今週の星取 だるまきんぐ部、沼陸、公園陸、舞風部、沼陸、沼陸、ロード部。5勝2敗。舞風部、林檎酸部、
2日間研究過多。う〜ん、研究のための運動部と考えるとこれが正解かな?

さあ、ゴールデンウイークに品切れせぬよう、来週はちゃんと仕入れから始めなくては。

↓↓↓↓↓↓↓黄金週間3日4日5日6日!まったく休まず営業してます!よろしくね!
りょくふうらんきんぐblogram投票ボタン

リンゴ酸酵母仕込み+カフェ

本日は金曜日なれど、諸々で21時閉店まで外回りだったため、閉店後に食事とともに研究の決意!
IMG_8667

鳩正宗 純米リンゴ酸酵母仕込み生

なにしろ、興味には抗ず、どんな味なの香りなの?初めてのリンゴ酸高生産性多産酵母を使った清酒生。
青森と林檎は同義語?

原料米まっしぐら60%精米 日本酒度マイナス13 酸度3.1 アルコール15% アミノ酸度1.5

そんな数字は判っても、飲んでみなくちゃわからない味。チャレンジ大将!
思いのほか飲みやすく、切れも良し。これは清酒がダメな女子にも大うけなんじゃないかと思います。
夕食も、これで行けました。今宵。
なんていうか、いやな香りがありません。いい香りです。リンゴ酸。ワイン的な。
しかし甘すぎず酸とのバランス良し。おかわり3回しました。
おもしろい。

今日はカファバスの日。良い一日でした。
IMG_8666

カファのカプチーノは金曜の宝物


IMG_8665

終日おだやか


穏やかというのは平和ということだし安心ということでもあり、それは世界に大切なことですね。
核も自殺も軍隊もない世界に。
そんな始まりがカファであり、緑風街であり、ダルデルであり、地中海本舗である。という理想。
世界は美しくあるべき。

↓↓↓↓↓↓↓鳩正宗林檎酸酵母純米生にちょっと酔ってます!
りょくふうらんきんぐblogram投票ボタン

緑風街新酒発表会のおしらせ!

早くも13回目になります緑風街の新酒発表会を以下の通り開催いたします。
緑風街 生

10年目の新酒を持つKちゃん!

日時:5月13日 18:00〜
場所:旬彩えん旬彩えん 前橋市千代田町2-11-14 桑町会館1F TEL212-7778 
会費:お一人 7000円 新年度年会費を含みます。2000円相当のお土産付き(必須です)
お申込み:このメールアドレス ryokufu-gai@o-muro.jp  にお名前と連絡のつくメールアドレスまたはお電話番号を書いて参加申し込みしてください。
締切:5月8日(月)正午まで

開場は広くありませんので立食形式の予定です。
ヴィンテージ緑風街も登場します。
皆様よろしく、ご参加お待ちしています。蔵元ともども新酒とともに皆様にお会いできることを楽しみにしております。
緑風街倶楽部 町田明弘

上記の通り、メールやFBで御案内しております。
すごくたくさん参加ということになりましたら、途中で締めきっちゃうかな?開場のマックスがそう大きくありません。密着した感じもいいかな、と思いましてね。

昨年の様子を思い起こしますと・・・12回目の新酒発表会
その前は11回目の新酒発表会
ゴールデンウイークを挟んで前後していますね。
今回は昨年より早く、一昨年より遅い。そんな感じです。

今日は爽やかでしたね。いい季節です。朝の散歩から。
IMG_8662

桜は新緑ですが、芝桜は花の寿命が長いですね


IMG_8663

いよいよ畑のメルローにも芽が出ています!


そんななか、いろんなお酒がこの20日目指して、まとまって入荷して案内しきれません。ぼちぼちと。

皆様よろしくです。で、本日から販売しています「舞風」この中の生酒シリーズ「裏舞風」
当店のリーチインにある5品目のお知らせ!
裏舞風

どれも美味しいです!

群馬の酒米「舞風」生酒シリーズ「裏舞風」
長年の研究・開発の末に誕生した群馬オリジナルの酒米「舞風」
その舞風を100%使用した米・水・酵母すべてが群馬県産。この清酒造りの取り組みも今回6年目。
専門店限定で「生酒」シリーズ「裏舞風」をリリース。今回 当店で取り扱いの5つの蔵元の5銘柄のご案内。すべて要冷蔵の720mlです。
関東の華 舞風 特別純米直汲生 720ml 1,200円(税別)
精米歩合60% 日本酒度+5 酸度1.7 アルコール度数16.5%  渋川市 聖酒造
酸と切れを追求したふくらみある食中酒。

群馬泉 舞風 山廃純米生 720ml 1,204円(税別)
精米歩合60% 日本酒度+3 酸度1.6 アルコール度数15.5%  太田市 島岡酒造
山廃特有のしっかりとした酸味と生酒ならではの甘み。風味の変化を楽しめます。

巌 舞風 純米吟醸直汲み生 720ml 1,238円(税別)
精米歩合55% 日本酒度+2.5 酸度1.6 アルコール度数16.5%  藤岡市 高井
エッジを効かせた鋭いキレ?がテーマ。酸、旨み。切れのバランス。

大盃 舞風 純米吟醸生 720ml 1,500円(税別)
精米歩合50% アルコール度数16%   高崎市 牧野酒造
フルーティーな果物の香り、味わいはしっかりあり。

桂川 舞風 純米大吟醸直汲生 720ml 1,600円(税別)
精米歩合50% アルコール度数16.5%   前橋市 盆啓鯊
すっきり感が特徴の舞風ですが、今年の特徴は「味のり」タイプ。上質な香りも!

今週も群馬の酒で酔いませう!


↓↓↓↓↓↓↓舞風もよろしくです!
りょくふうらんきんぐblogram投票ボタン
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor × FLO:Q
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ