地デジアンテナ工事レポートin横浜、川崎

もっと楽しく!もっとキレイに! 地デジを楽しみたい人のためのお役立ち情報!                                                                                    川崎市川崎区、幸区、中原区、宮前区、高津区、多摩区、麻生区                                      横浜市 青葉区、都筑区、港北区、鶴見区、神奈川区、保土ヶ区、緑区、旭区などのエリアを中心に              地上波デジタル放送を見るためのアンテナ工事を詳細レポート

2008年09月

横浜市鶴見区梶山で地デジ工事

今日は横浜市鶴見区梶山が現場です。

お客様のお宅の裏にはTVK(テレビ神奈川)の
送信塔がドドーンとそびえ立つ環境川・ム・川ノ

でも屋根の上には東京タワーに向けたVHFアンテナだけが
たっている。

しかもよく見ると・・・

アンテナの素子が折れている。
かなり以前に立てられたアンテナ

もしかして今はケーブルでテレビ見てるのかな

と思いつつお宅におじゃましてテレビの
映像を見てみると

「・・・」

とてもじゃないけど3分以上は目が疲れて
テレビを見続けるのは難しそうなくらいひどい状態。

お客さん曰く

「もともとゴーストが出てたんだけど、2年位前から
だんだんきれいに映らなくなって3ヶ月前から特にひどくなった。
新しいテレビを買えば治るのかなと思ったけれど・・」

「・・・」


気を取り直してテレビがまともに映らない原因と
どうすればいいかをできるだけ丁寧に説明して
地デジの工事開始!

アンテナ直下では75db前後と最高の受信状態。
仕事画像 232
BERもすべてゼロ。

こんな地域が鶴見区にあるとは・・・
そういえば梶山ははじめて来たな〜

でもなぜか隣の家ではDXの障害用の超高性能アンテナが
立っているのだが・・何で??

本当に必要なのか?

こっちはいつものマスプロの地デジ用14素子だけど
受信状態は最高だし・・・


追加でBSの工事も依頼されましたが
設置工事はスムーズに進んで
おばあちゃんの楽しみなNHKの大河ドラマが
超キレイな状態で映るようになりました。
奥様もBSでの韓国ドラマが見れると喜んでいました。

めでたし、めでたし!( ´∀`)つ

本日は川崎市幸区南加瀬です

今日の現場は川崎市幸区南加瀬

アナログ時代はこの地域もさんざん苦労した地域です。

2Fのベランダから脚立で屋根に上れるお宅だったので
比較的楽な工事かなと思ったものの・・・

受信レベルが日テレとTBSだけ良くない

標準(180cm)では高さが足りないと判断して
延長(360cm)で測定してみると・・・

仕事画像 007

来ました来ました。
50db弱しかなかった日テレとTBSが
それぞれ58、60dbに。

室内側のコンセントが昔のフィーダ線用だったので
当然のごとくレベルが40db以下に

地デジ対応のコンセントに交換して
40db以上になったものの

日テレに時折ブロックノイズが・・・

あれれ・・?

デジタルチェッカー的には大丈夫なはずなんだけど・・・

お客様に説明してブースターを入れてみると
あらら、一発解消!川・ム・川ノ

使い方さえ間違わなければやっぱり
ブースターの力は偉大だな〜(・∀・)つ

ブロックノイズが出なくなったのをお客さんに
確認していただいて本日の工事完了!


ありがとうございました。

港北区綱島

え〜、本日は横浜市港北区の綱島が現場です。

お客様はBSと地デジの工事を希望

お宅におじゃますると46インチのアクオスと
26?インチのブラビアが2台

2ヶ月ほど前に購入されたものとのこと
テレビをつけるとなるほどアナログ放送
ゴースト出まくりでかなり見ずらくて

もったいない!

屋根にVHFのアンテナが立っているが
下から見ても分かるほど支線が緩んでいて
風でアンテナが揺れるのが分かります。

お家の中は全てデジタル対応のテレビなのを確認して
お客様に古いアンテナを撤去して
新しく地デジ用のUHFのアンテナとBSアンテナを
設置することをご提案

「お願いします」

と、お客様の了解も得て早速工事開始!

でも・・・

屋根が思った以上に滑りやすい

屋根の勾配がキツめなのは分かっていたけど
ここまでスリッピーだとは・・・

ここは根性と度胸で何とか乗り切るべし!

思ったよりも時間がかかってしまったけど
何とか設置完了。

ちなみに地デジの電波は直下で52〜58dbほどでした

コンセント側では40dbに満たないチャンネルも
あるのでブースターの必要性を再度説明

分配器の位置を探すのにまたも時間がかかってしまったが
何とか発見してブースターセット完了

テレビ側では地デジの信号とBSの信号を分ける
分波器を入れて配線

後はチャンネル設定

アクオスのチャンネル設定が個人的には
一番すきです。(一番慣れてるだけかも・・・)

チャンネル設定、bsの電源設定も終わって
お客様にテレビを確認していただくと・・・

「キレ〜ィ!スゴ〜イ!」

ととても喜んで感動してくれている様子。

この瞬間がアンテナ工事はたまりませんな〜
怖い思いをしてがんばった甲斐がありました。


一部チャンネルが変わることを説明して
工事終了

ありがとうございました。


今日は川崎市中原区下小田中です

antena01

今日は中原区の下小田中で工事(*・ω・)ノ

BSはほとんど見ないので
地デジだけ見れるようにして欲しいとのこと

このエリアはアナログ時代にはいわずと知れた
電波障害エリア

〇士通さんのビルができた時に
障害エリアになってほとんどの世帯が
共同アンテナでテレビを視聴中

まずはお客様宅にお伺いして
地デジの電波は間違いなく受信できる旨と
料金を見積り、説明。

「障害地域だから・・・大丈夫かしら?」

と、だいぶ不安のご様子。

近くに南部沿線の高架橋があるにもかかわらず
アンテナ直下で65〜70dbの受信レベル

申し分ナシです。

ポール(マスト)も特に長くせずに180cmで
このレベル

室内のコンセント部で50db強

これならブースターも必要ナシ
ちなみに地デジは40db以上ないと
安定して映像を見れません。( ̄∠  ̄ )ノ

購入されたアクオスに配線してスキャンすればハイ、バッチリです。

デジタルのきれいな画像にとても満足
喜んでくださいました。

ありがとうございました。(・∀・)つ




参考になれば・・・

「地デジに興味はあるけど何をどうしていいかわからない」

そんな人が多いようです。


ケーブルテレビに加入すれば・・・

ひかりでは・・・

やっぱり屋根にアンテナ立てたほうが・・・



このブログでは主に横浜、川崎での地デジへの切り替え工事や

アンテナの新設工事のレポートです。


あなたの町も出てくるかもしれません。

自分の町や近所がどんな受信状況なのか
きっと参考になると思います。



それでは宜しくお願いします。


ちなみにウチのホームページはコチラ
記事検索
livedoor プロフィール

chidejidiary

Categories
TagCloud
  • ライブドアブログ