佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。


5月なのに

熱中症に注意 という声が聞かれるようになった


海に囲まれているためか 佐渡は最高気温が23℃くらい

空気が乾燥しているので清々しくて ひんやり感も


DSC03008


庭のヤマボウシも咲き始めて

DSC03009

紫蘭も

DSC03014

チゴユリの葉が涼しげ


庭の緑が涼を運んでくれる季節になってきた



気分はいいのだが

先日から 右腰からお尻 太ももの後ろ 膝 までのツッパリ感とだるさ 痛み

そして 足先の痺れも

夫も ずっと右肩の痛みと痺れを訴えている

思い切って 二人で整形を受診した


結果は

二人とも 「老化現象」


これを言われると もう どうしようもない

痛みを抑える注射か薬しかない とのことで

湿布薬をもらって帰宅


一応 私は 坐骨神経痛と膝の軟骨のすり減り


先日の血液検査で中性脂肪の値が上限の倍近くもあり

運動をしなくては と言われたが

神経痛と膝関節症では その運動もままならない

股関節も 左には人工骨が入っているが

右もそのうちには・・・と 言われてしまい

八方塞がりな感じ


80代 90代のお年寄りがほとんどの 待合室で

皆さん 「痛い 痛い」 の お話ばかり


歳のせいと言われても

痛い痛い と言いながら暮らすのは いやだな〜・・・


こまった こまった・・・



やっぱり昨日もアジ釣りに

DSC03002

44匹だそうだ

夫が捌きながら 数えていたらしい


鯵フライにしようと思ったけれど

天ぷらの方がふんわりして美味しい

3枚に下ろして皮を剥く作業は私なので

爪の中は真っ黒に


釣りたての鯵は天ぷらにすると キスのように軽い

そして 天ぷらの方が

翌日の利用価値が高い

天丼にしてもいいし 天ぷらうどんでも そうめんでも


ミズ(ウワバミソウ)も

今が一番美味しい

DSC03003

京都の弟が送ってくれた巻きゆばと一緒に炊いて

DSC03001

きんぴら風にしたり

DSC03005

生姜 人参 塩昆布 めんつゆで 漬けて


昨日の夫

午前中は畑

午後は 昼食後少し休んでから ミズを採りに

帰ってきたら すぐに アジ釣りに

夕食後に ミズの葉と筋を取る作業をして

お風呂に入ったのは10時半を過ぎて

それから録画してあった韓ドラを観たので

就寝は11時半を過ぎていた


ずう〜っと 「疲れた〜」 と言いながら・・・(笑)


昨日 小木港に出かけた夫

数匹の鯵を持ち帰って

久し振りに鯵の感触を手にして喜んだ


そして

今日は 夫の気に入りの釣り場に

夫はお気に入りの場所で釣った魚でなければ食べない

夕方4時に出かけた夫は 一時間ほどして戻って

30cm近い鯵が数匹

あとは20〜25cmが30匹ほど


いよいよ シーズン到来か


DSC03000

小さめの方をお刺身にして

型の良いのは 明日の夕食に アジフライにしよう


でも

この調子だと明日もまた 釣ってくるのかな〜・・・


我が家は冷凍した魚は あまり食べない

山菜も野菜も魚も

新鮮なものの美味しさを知ってからは

冷凍して美味しさを損ねるのは もったいないと思うようになった


だから 獲れすぎるのも困るのだ・・。




昨日の新聞の投稿欄に

山菜の中ではミズが好き という記事が掲載されていて

私がその話をすると 夫はすぐに

「ちょっと行ってくる」 と


しばらくして帰ってきた夫

DSC02992


今頃のミズは ちょうど食べ頃

葉を取るときに 一緒に引っ張ってついてくる筋は取るけれど

それで十分

もう少し大きくなると フキのように筋を取らなくては気になってくるのだ


DSC02994

半分は豚肉と炒めて 鷹の爪とめんつゆで味付け

DSC02997

シャキシャキ感と 噛んだあとのヌメリが大好き

我が家では ミズが 「山菜の王様」

残り半分は 先日のワラビと同じように めんつゆに漬ける



投稿していた人も書いていたが

ミズは 山菜採りで行方不明になるような危険な所に行かなくても採れる

群生しているので 一ヶ所で大丈夫

根こそぎ採ったりしないから 毎年 同じ所で十分に採れるのが嬉しい


沢沿いの湿地にあるので 夫は蛇が怖くて二の足を踏むのだが

やっぱり食べたくて出かける


もう一回くらい 行くのかな〜・・・・。


長女一家が1泊だけの予定で 遊びに来た

アルバイトに忙しい大学生と高校生の孫

交替勤務の娘

比較的 都合がつくのはお婿さんだけ

その4人のスケジュールが合うのは 13 14日の二日間のみ

と いうことで

金曜日に大学生の孫がバイトを終えてから 船橋の実家に戻ったのが 午前1時半

それから 仮眠をして午前4時に出発

深夜の首都高も関越道も渋滞がないので

午前9時20分寺泊発の「あいびす」には 十分に間に合って

10時25分には 無事 赤泊港に到着


赤泊まで迎に行ったので カニを買って帰り

我が家に着くとすぐに カニ カニ カニ


そして

今日のお昼はBBQをして

いっぱいの荷物を持って

午後4時の あいびす で 帰っていった


DSC02990

お弁当を持たせたので

途中の赤城高原で「お弁当タイム」「美味しかったよ」 とlineで連絡が入り

その後

上の孫を寮に送り届けて

高速を下りて 一般道に入った と 連絡が入った

あと少しで 自宅に着くでしょう


みんな おつかれさま

慌ただしい娘一家でした


今日の佐渡は 肌寒い

関東は30℃近くになっている所もあるというのに

こちらは16℃

これでは 鯵もワラビも・・・



昨日は 時折 お日さまも見えて

夫は午後から 散歩がてら ワラビ採りに出かけた

DSC02986


釣りのナイロンバケツにちょうど入るくらいの量を採って

帰ろうと思ったら 雨が降ってきたらしい

どこに出かけているのかわからず

携帯電話を 携帯しない人なので 

迎えに行くこともできない


心配していたら

たまたま ご近所さんに出会ったそうで 

車に乗せてきていただいて 一安心


DSC02988


一晩置いて アク抜きをしたワラビを

人参 生姜の千切り 塩昆布 めんつゆで漬けて


最近は この食べ方が一番のお気に入りになっている


山菜は 雨が降ったあとに ニョキニョキと 大きくなるので

夫は また採りに行きたいみたいだが

私は 塩漬けしたり冷凍したりして 保存するのは好きでない

美味しい時季に食べるだけで 十分


移住した頃は 樽に塩漬けにしたりしていたけれど

結局 最後は生ゴミとして捨ててしまっていたのだから



夫は 採るのが楽しいみたい・・・・



昨日も鯵の様子を見に出かけた夫

家から近いお気に入りの場所では釣れてないので

島の南端まで行ったらしい

でも

やっぱり 釣果はゼロ


昨年のブログを見ていると 20日頃から型の良い鯵が釣れているので

もう少しなのかな・・・


山菜も

昨年は 今頃には ワラビやミズを採っているのだが

一昨日も 夫は

「ウドしか なかった・・・」 と


山菜は 日当たり 日陰 山の上の方 平地の暖かい所

場所によって時期が違うから

採れているところでは 採れていると思うのだが

夫の散歩道では 例年より遅いみたい


庭の野草は 今年は例年になく元気に育っているのだが・・・


昨日も今日も 佐渡は少し肌寒い

今週末からは気温が上がると言っているので

鯵も 山菜も

のんびり待つことにいたしましょう 〜






連日 トホホ自慢をしたくはないのだけれど・・・


しばらく前から「断捨離」で 不用品をネット出品している私

送料と手間を考えると 商いとしては成り立たないのだが

捨てるのが大嫌いな私には 

適度な緊張感と 見ず知らずの方とのいっときの交流が楽しくて

いそいそと発送作業に勤しんでいた


そんななか

今朝 一通のコメントが入っていて

発送した品に 手違いが発生していたことが判明


すぐにお詫びのコメントを入れ

送り返していただくお手数をかけたくないので 品物はそのまま処分していただいて

返金だけさせていただきたい と送信したたのだが

お忙しいのか 未だにお返事はない


ネットでのやりとりは 若い人が多いので

皆さん コメントを下さるのは深夜

私のような老人とは 完全に活動時間帯にズレがある


検品したつもりでも見落としがあったり

時間的にズレがあったり


パソコンやプリンターを駆使して 

100件近くの商いを無事にこなせていたので

自分なりに頑張っているつもりだったが


トホホ続きで

がっくり・・・・


でも

断捨離は 続けたいな〜



昨日は 夕方に 横浜からのお客様


横浜在住で 佐渡にもお家がある ご夫妻と

「4歳なの〜」 と言う かわいい女の子


お能が好きで何度も佐渡に遊びにこられているという

横浜のママ友さんを小木の港まで送っての帰りに

我が家に寄ってくださった


佐渡のお家は 佐和田なので 

帰りの時間を考えると あまりゆっくりもできないでしょうから と

夕食は箱弁当にして と 準備をしていたら

思いの外 早く到着されて
(メールを下さっていたのに 見落として・・・)


バタバタと 仕上げて 食べながら おしゃべり


赤ちゃんの時から見ているお嬢ちゃん

どんどん大きくなって 可愛くなって

あっという間に 時間が過ぎて

「また 来年ね」 と バイバイと 可愛い手を振ってくれて




そして 今日

昨日のNちゃんの 可愛い笑顔を思い出しながら・・・・

あれっ  ?

そういえば・・・・・


お弁当箱が 何か寂しいと思っていたら

「煮物は時間をおいたほうが味がしみるから」 と

冷蔵庫に入れておいた 一品

すっかり忘れていたことに 一晩経ってから 気がついた 


夫は

「仕方がないよ 70過ぎてるから」 と


はあ・・・

とほほな 私でした〜


shiho
shiho2






shiho concert




6/24(土)

17:00 開場

17:30 開演

あいぽーと佐渡





ジャズのスタンダードからポップス ロックまで

卓越した歌唱力で歌い上げ

近年 大活躍の shihoさんが

佐渡でライブを開催する


佐渡では有名な kazueさんが 企画された

実に質の高いコンサート


まだ 少し先ですが

ぜひ 皆様にお知らせを〜♬





気持ちの良いお天気のGW

我が家の娘たちは

長女一家は 家族の日程の都合で

GWが明けてから来島の予定

次女は GW中にピアノの発表会があるので 夏休みまで来られない と


おかげで 私達は のんびりと過ごせている♬


夫は 畑に

私は

DSC02976

DSC02977

久し振りに 頭巾を作ってみた

昔の着物から

DSC02973

DSC02975

こちらは 母の着物から

裏は 昔の着物

リバーシブルでも 大丈夫


DSC02981

玄関前も

DSC02982

庭の緑は 日に日に濃くなってきて

桜の大木の下 椎茸のホダ木は

すっかり日陰になっている


夫は 「ワラビ採りに行こう」 と誘うが

家の中で庭を眺めながら好きなことをしていたい私

お天気がいいのだから 外に出なくては・・・・。


昨日は一日中雨だったが

今日は午前中から 清々しい青空に

風は 少し ひんやり

でも 青空が気持ちいい〜


DSC02970


あいぽーとの在庫がなくなっていたので

久し振りに バネ口ポーチも作ってみた

パッケージに入れてしまったので光ってよくわからないけれど

名古屋の弟が 以前に送ってくれた布

キャンパス地に 芹沢けい介の紅型の「芹沢模様」

口金の部分は 昔の着物で


私には弟が二人いて3人兄弟

最近になって 意外に3人とも 趣味が似ていることに気がついた

姉妹と違って会う機会もなく過ぎてしまっていたのだが

京都の弟は染色を生業としていたので 何となく分かるのだが

名古屋の弟も


3人とも どこかで両親の血を引いていたのでしょう・・・

歳をとってからの 再発見です


そろそろ織りを始めようと思っているのだが

幅広のバッグ用で経糸を張りたいと思っているので

なかなか重い腰が上がらない


織り布が入っている箱に

11cm幅と 14cm幅の織り布があったので

久し振りに ペンケースを

DSC02960

11cmの方では 舟型に

DSC02967

DSC02968

14cmの方は いつもの形

ファスナー口には Gジャンを解体した袖の部分を利用

小さなタグには 絣の着物を利用


何かに追われることなく

気の向くままの手仕事が 一番楽しい〜♫

佐渡は 連日 春爛漫

庭の木々も 日毎に葉を広げてきて

佐渡の 一番すてきな季節が やってきた


DSC02954

コゴミは そろそろ おしまいかな〜

葉が広がってしまうと食べられない

ご近所で教えていただいた めんつゆ漬け

さっと茹でてから めんつゆと鷹の爪を入れて 瓶詰めに

お酒の肴にも 箸休めにも おいしい


DSC02957

ウドも 我が家は きんぴら風にするのが 一番好き



DSC02958

素焼きの素敵な鉢があったので

野草を寄せ植えしてみた


庭に出るのが楽しい季節になって 嬉しい♫





友人 知人から

「娘さん二人とも結婚して お孫さんもいて いいわね」

と 言われることがある

その度に

手放しで同調できない自分がいる

他人の芝生はきれいに見える と

人生 そんなに上手くいっている人って いるのかしら と


子供が結婚すれば全て終わりではない

そこから 新たな喜びもあれば そうでないことも起きてくる

娘二人ではない 新たな家族が増えてくれば

その数も増えてくるのだから


「子供たち それぞれの家族のことなんだから・・・」 と 思っても

自分の娘達が それぞれの家族のことで悩めば

それは やっぱり私たちの心配事になってくるし

それに対処する方法を 悩み 苦しみ 考える


「子育て」 は それ以上に 「親育て」 であり

そうして悩み苦しみながら親として成長していくことは

身をもって経験しているのだが

やはり 自分の娘達が苦しんでいると いたたまれない気持ちになる


DSC02953

若葉が芽吹いてきた 大好きな庭を眺めながら

娘の家族に笑顔が戻る日を 祈っている


今日の佐渡は 嵐も収まって良いお天気になったが

外は昨夜からの冷え込みが続いて

風が冷たい


午前中は竿の手入れをしていた夫

午後から釣りに出かけたかと思ったら

戻った夫が手にしていたものは

DSC02936

DSC02938

東京の義姉から頼まれていた 山菜

DSC02940

我が家も コゴミを夕食に

マヨネーズにみりんと味噌 少しのハチミツを入れた

味噌マヨネーズ

さっと茹でたコゴミとの相性は抜群


DSC02945

ご近所からメバル(地元ではハチメと呼ぶ)をいただいて


夫は コゴミを家に置くとすぐに

「ちょっと海を見に」 と出かけたが

釣果は なし


やっぱり 夕まずめ か 夜釣りでないと ダメなのかな・・・

困るほど釣れる と聞いたのだが・・・


DSC02949

保存してある玉ねぎは もう芽が出て 捨てる方が多い

少しでも食べられそうなものを使って

ライスグラタンを

採れたての椎茸と残っていたシーチキン 

ご近所からいただいたブロッコリーも入れて


田舎暮らしの食事は 心豊かです♫



全国的に大荒れの天気らしい

佐渡も 朝から強風が吹き荒れ

満開の桜の花は

散る というより もぎ取られている感じ

最近は 季節の風情をゆっくりと味わう間がないほど

気象状況の変化が激しい・・・



昨日は 朝から気持ちの良いお天気だったので

友人と 真野にある 「しまふうみ」さんまで ドライブ

(おしゃべりに夢中で 写真は いっさい なし・・・)


いつもは ビュンビュン飛ばして走る道も

道沿いにある桜を眺めながら 後続車に道を譲りながら ゆっくりと


「しまふうみ」さんは いつ行っても 本当におしゃれで感心する

海を真下に見ながら 窓辺で 「本日のランチ」 を

トマトスープと おしゃれなワンプレートに ドリンク


友人とは 生年月日が近く 上の子供も同じ歳

佐渡に来てからの数少ない友人の一人だが

話が合う


最近は 「70歳になったら 痛いところばかり」 と

そんな話ばかり

「そうそう わたしも!」

「えっ そうなの 嬉しい〜」

痛いところが同じで 嬉しくもないのだが

仲間がいることで 妙に安心する(笑)


これからは もっともっと こんな話ばかりになっていくのかしら・・・

でも そうは言いながら

お互い 普通に生活できて 楽しいことも続けている


たまにしか会わないのだけれど

お互いの体を確認して

ちょっぴり愚痴も言い合って

楽しい数時間でした♫

昨夜は 団地内で恒例の観桜会

DSC02932

お隣のご主人が移住した年に空き地に植えて下さった苗木が

こんなに大きく育って

DSC02933

こちらは 我が家の桜

同じ頃に植えたのだが

我が家のは もう老木になっている

植木屋さんに

「あと何年生きられるかわからないので 今 見頃の木を植えてください」

と 頼んだから


移住して14年目

すっかり老木になってしまい 花も少ない


そんな 桜の下で

昨夜は お花見を

IMG_1388

発電機で明かりを

IMG_1390

ドラム缶で枯れ枝を燃やして 暖をとり

ご近所さんと BBQ


生きる術を熟知されたご近所さんの 頼もしい方々のおかげで

防災訓練にもなるような 観桜会



今日は 朝から風が吹き始めて

どんどん 花びらが散っている

庭中 花びらで埋まりそう〜・・・



我が家のアマドコロは まだ 小さい

DSC02927



でも 夫が散歩道で採ってきたアマドコロは もう大きくなっていて

昨夜は 今年初めて 天ぷらに

DSC02926


タラの芽は いただいた物


フキノトウの茎のところが 細いけれど柔らかくて アクも少ないので

きゃらぶきのように煮たり

もう少しすると コゴミ ウド ワラビも出てくる

筍やミズブキも

夫の大好物ばかり


春の山菜は 細胞を活性化する 若返りの妙薬 とか

苦いのが 体にいい とも


佐渡は海藻の宝庫でもあるし

元気にならないわけがない・・・ と


桜も満開になったし

佐渡の春も いよいよ 本番♫


庭に出ては 桜の木を眺めていた夫が

「5輪咲きました」 「開花宣言です」

昨日の午前中のことでした


今日は朝から寒くて 小雨も降っている

.DSC02921

でも もう5輪以上

16日には 団地の観桜会があるけれど

その頃には 満開かな〜

それとも 散りはじめているかしら・・・

散るというのは それだけ暖かくなっているのだから

それはそれで 夜桜の下での宴会も楽しめるけれど・・・


DSC02923

大好きな 一人静も いっぱい咲き始めた

庭中に飛んで いたるところで咲いているので 嬉しい


DSC02924

イカリソウ も

錨の形をした かわいい花

これも 大好き


まもなく ちごゆりが咲いたり

ギボウシの葉が出てきたりして

私の好きな庭がはじまる


でも その前に

雑草取りもしなくては・・・・

不要な雑草も いっぱい出てきているのだから・・・




まあ なんて気持ちのいいこと!


船橋もいいけど

やっぱり やっぱり

 佐渡は いい〜


今日の佐渡は ”春” って感じ

DSC02905

玄関先の 日向みずき

DSC02906

DSC02907

行者にんにくも 山菜ゾーンに

そして

DSC02911


桜は

あと少しで 開花

明日には 開花宣言かな〜・・・♫


DSC02909

椎茸も たくさん採れて

娘に送ろうと 夫がデッキで干している



穏やかな海

おいしい空気

そして 

家が とにかく気持ちがいい


リビングが吹き抜けなので 圧迫感がない

東と南の窓から お日さまがいっぱい差し込んで

太陽熱で 床も部屋全体も

ほんわりとした 温もり

夜の静けさ



幸せの定義が 夫婦ともに

豪華な調度品や服飾品でなかったので

今の生活は 本当に満ち足りて 幸せ


移住生活14年目に入った


早めの定年退職を選んで 本当に正解だったね と

夫婦で いつも話している


最近は 夫は何をするにも 少しずつ しんどくなってきている

この先 いつまで楽しめるかわからないけれど


佐渡に移住して

ほんとうに よかった





孫の演奏会も終わり

全ての予定が終了

あと少しで 小木港に着岸します


「時化の為 船が揺れます」 との アナウンス

窓から見える海面が

右に左に 大きく 上がったり 下がったり


いつものお気に入りの席に座っていると

船員さんが

「揺れの少ない席に移動されますか?」と

「大丈夫だと思います

我慢出来なくなったら移動します」と 返事したが



私は すごい!

乗船してすぐに ソーセージパンをパクついたのに

何ともなく

小木港に到着です


さあ

又 忙しくなる〜〜

一昨日

船橋は土砂降りの雨の中

移住先の佐渡から こちらに戻られたご夫妻と

我が家でランチを


仮の住まいでは 調理器具も食器もなくて

何もできないので どうしようかな と思ったのだが

「おしゃべりが目的だから」と言っていただき

車がない私は お言葉に甘えて 雨の中

我が家に来ていただくことに


奥様は 静かで お淑やかな方なので

いつもの事ながら

私が一人で舞い上がって おしゃべりをして

翌日は いつものように反省している私…


冬に船橋に来た時には 夫と一緒に ご自宅にお邪魔して

素晴らしいお宅にすっかり魅了され

このような生活もいいなぁ〜… と


でも その後 佐渡に帰ると

やっぱり佐渡が一番 と なり

又 こちらに来ると

この生活も悪くない… と


これは夫も同じで

私達は 順応性がある というか

気が多い というか…



こちらに来て2週間が過ぎ

夫は一人で家事の全てをこなしている様子

私は この気ままな生活が楽しいのだが

お互い 一人ではつまらない と 思うことも


夫は家事はできるけれど

他人と話すことが好きでないので

私がいないと 一日中 誰とも口を利かす

「失語症になりそうなので 風呂の中で大声を出した」と

えーっ

ご近所に心配をかけるから それはやめて〜!


畑も 山菜採りも 魚釣りも

一人では やる気がしない と

行く時は一人なのだが

張り合いがないということらしい


4/1の用事が終わるまで

しばし お待ちを…。

今春から大学生になる孫娘

本日 入寮するので

荷物と共に 両親と家を出た


船橋の自宅から1時間半程で通学できるので

自宅通学も可能なのだが

本人の強い希望で

寮生活を送る事になった



母親である娘の時には

私達は 夫の転勤で仙台に在住していたので

止むを得ず 埼玉で寮生活を始めたが

神経質な娘には耐えられず

夏休み前には 一人暮らしを始めた


そんな経験があるので 私は不安になったのだが

孫娘は何故か 寮生活をとても楽しみにしている

大学に合格した事より

通学可能圏内なのに 入寮許可が出たことの方を喜んでいる


中高一貫校だったので

6年間 同じ制服で通い

お洒落にも無関心な子なので

私服もあまり持たす

化粧品も一つも持っていない


でも 制服がなくなったので

通学のための私服は用意しなくては…


仕事で忙しい母親に頼まれて

先日は 孫と二人で買い物に


服や化粧品 新しい下着などを整えて

「ばあばがいて よかった」 と 感謝されることに…



娘は 孫娘の部屋を自分用に使える と 喜んでいるが

明日から当分の間は 心配で ラインばかりしているのじゃないかしら…


昔と違って 今はそんな便利なツールがあるけど

やっぱり 心配で 寂しいだろうなぁ〜…。

昨日は 今回 船橋に来てから 初めて

長女に会った


仕事に家事に忙しい娘

歩いて行くには少し距離があるので 私から行かないと

近くにいても なかなか会えない

孫達も私の手助けを必要とする年齢ではなくなったので

娘の家に行く事はないのだ


昨日は娘の仕事も休みで

「コストコに行くけど 一緒に行く?」 と ライン


前日の疲れで 一日中 ゴロゴロしようと思っていたけど

「行きます!」と 返事

ほどなくして 娘が車で迎えに来てくれて

開店と同時に 店内へ


IMG_1373


RED SEEDESS GRAPES

娘が 孫のお気に入り と 飛びついたので

私も買ってみた

甘くて パリッとした食感

孫が好きなのが分かる


IMG_1374


アーティチョークは

二壜で400円程

娘とシェアして

菜種油 酢 ニンニク バジル?かなんかの香辛料が入った マリネ

これが

ビックリの美味しさ

IMG_1377


大好きなウォールナッツ&フィグブレッド

と一緒に食べると 最高‼︎


パンも娘とシェアする予定だったのだが

私が独占して 娘は少し不満顔

でも 譲ってくれた


夫にお土産に プルコギ味のビーフジャーキーも



先日 佐渡のスーパーでも

コストコフェアが開催されていたが

限られた品数だけだから

やはり 大きなカートを押しながら

いろいろ見て回る楽しさは違う


かと言って 昔のように あれもこれも買う事はなく

一回行けば もういいのだけれど…



明日から上の孫は高校の卒業旅行で金沢に行き

来週の日曜日には大学の寮(都内だけど)に


下の孫は 初めてのアルバイトを経験中で

笑える話がいっぱい


久しぶりに娘一家にも会えて

ひとまず 安心

母の納骨も無事終わり

親戚が集まって お食事会をした


カメラが趣味だった父が残した沢山のフィルムを

弟がパソコンに取り込み

プロジェクターを使って上映会をした


両親が学生時代の頃のものもあり

歳上の従兄弟たちが 私達の知らない両親のエピソードを聞かせてくれたりして

楽しく母を偲ぶことが出来た


弟夫婦が実家を改築して住むことになったが

何だか 名古屋が遠くなったような…


両親が居なくなった事を実感している








夫を佐渡に残し

船橋に滞在して 5日が過ぎた


船橋も かなり寒くて ビックリ

でも 昨日から 漸く暖かくなり

布団を干したり 大物の洗濯をしたり

来週には 桜の開花予想も出ている


船橋の家は古いマンションの1階で 南東に向いている

そのため 午後になると日差しが少なくなり

1階だから 底冷えがする


佐渡の夫に聞くと

家の中は日中は暖房不要 と


OMソーラーは床下に太陽熱が蓄熱されるので

日中 たっぷりのお日様があると

寝るまで暖房不要の日もある

お風呂の残り湯も床下の熱で冷めないので

沸かし直しも あっという間で ビックリする


外国に行って日本の良さを再認識するように

私は 船橋に滞在すると いつもそれを佐渡に感じる


自然に囲まれた静かな環境

食材を自ら調達出来る喜び

情報に惑わされない生活

(グルメやファッションのお店情報など)

喧嘩しながらも 夫と二人だけの 気儘な生活


佐渡にいると時間の過ぎるのを とても早く感じる

ほんとうに早いのだ


それだけ 充実しているのだと思う


明日は名古屋へ

その後も しばらく こちらで予定が入っているので

それはそれで楽しんで


比較しながらどちらの良さも体験できるのは

幸せなのかもしれない…。





今日は 久し振りに暖房を入れなくても

日中の室温は 22℃になっていた

お日さまが出ていたので ソーラーが動いてくれたから


暖かい日には 2階で 手仕事ができる

DSC02902



先日 経糸を準備していたので

少しずつ 織り進んでいて

昨日 織り布が織り上がり

今日は ミシン掛け

とりあえず 10こだけ 完成


先日 あいぽーとのお店に行った折

残り少なくなっていたので 納品したいのだが

明後日から しばらく 島を出る予定

小木港から発つので 両津まで行っている暇がない


帰ってから ゆっくり行くことにしよう〜


帰ったら 今度は幅広で

バッグを作れるように 経糸をかける予定

出かける前から 早く帰りたくなっている私・・・(笑)


先日 仙台のお友達から

DSC02891


こんな 素敵なプレゼントが届いた


私の母が他界したことを知って と


彼女も 大切な人を次々と亡くされて

人の心に どのように添えばいいのか

それが 心に染みるプレゼント


お手紙 お花のギフトカード

それに

「母親というものは」 という 詩集

お手作りの やさしい押し花の栞も添えて


BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint


開くと

彼女の栞と同じような やさしい お花の挿絵とともに

母を思う気持ちが溢れた詩が


私の母も絵が好きで

優しい色使いは 母を思い出す


無欲な母

無償の愛

母のことを思い出すと

本当に この言葉に尽きることばかり

そして 胸が痛む

それなのに 私は母になにをしてあげられたのかしら・・・・ と

今は 切ない思い出ばかりが浮かんでくる


私にも 娘が二人

娘たちも 「お母さん」 と 呼ばれる立場にいる


私は 無償の愛 を 子供たちに感じてもらえる母親になれているかしら

そして 娘たちにも 子供たちからそう感じてもらえる母親になって欲しい・・・


昨日 接種した 肺炎球菌ワクチン

打った時は 全くの無痛状態だったのに

帰宅してから 左上腕が筋肉痛のようになり

夜になるにつれて どんどん痛みが増して

トイレのリモコンボタンを押すのに

ほんの少し腕を上げるだけなのに 痛みで上がらない

床に就いてからも 痛みで眠れなくて・・・


朝起きたら 少しは痛みが引いてきたようで

トイレのリモコンボタンは大丈夫だが

髪をとかそうと思っても やはり左腕は上がらない


ネットで見ると 

3日ぐらいで治まる と 書いてあるけれど・・・


接種した人の 20%〜30%の人に起きる とある

先日の内視鏡検査も 今回も

どうして 嫌な方の確率に入ってしまうのかしら・・・


「宝くじは当たらないのに」 と 夫に言ったら

「宝くじの当選確率より 当たる確率が高いのだから 仕方がないよ」 と

そうよね〜


時間が経てば治まる というのだから

指折り数えて 待ちましょう〜



高齢者の 肺炎球菌ワクチン接種

65歳時には受けなかったのだが

70歳になり

助成金を受けられるのが今月末までなので

思いきって 申し込みをして 先ほど受けてきた


インフルエンザワクチンも 昨年 何十年ぶりかで受け

肺炎球菌も


予防接種は 何となく副作用ばかり気にして

なるべく受けたくないと思っている私

でも

寄る年波 には 勝てない

もし 罹った時に 症状が軽くて済む と聞けば

抵抗する理由はないのだから・・・


夫は まだ一度も受けた事がない

来年は75歳になるので 今度は受けてもらおう

それまで 無事でいてもらわなければ・・・



最近は 何だか 予防注射や病気の話ばかり(笑)






午前中は曇りで

近くのスーパーと精米所に出かけていたのだが

お昼過ぎには 粉雪が舞いはじめ

あっという間に

DSC02884


DSC02883


咲き始めた水仙も 雪に埋もれて


今日から金曜日まで 佐渡は雪の予報になっていて

今日は 暴風雪と言われていたのだが

吹雪というほどではなく 降り続いている感じ


3月は まだまだ春じゃないのかな〜・・・


昨日は初孫の誕生日だった

彼女も 来月からは大学生

希望の学部で 夢に向かって走り始める


本格的な春も  すぐ そこに♫


毎年恒例の椎茸菌の打ち込み

今年も 昨日 近隣の皆さんとの共同作業で

夫は 立派なホダ木を 持ち帰った


しばらく前に 皆で伐採した丸太に

ドリルで穴を開け 種菌をカナヅチで打ち込む


翌年には

DSC02879


こんな立派な椎茸が採れ

3年ほど 楽しませてくれる


毎年 この行事に参加しているので

庭には ホダ木が 何本も


おかげさまで 椎茸はここ10年ほど 買ったことがない

勿論 干し椎茸も

佐渡では 栽培している人が多く

友人 知人から いただくことも多い


肉厚の 採れたてを にんにくとバターでソテーすると

アワビのような食感で

夫に 「それはオーバーだろ」 と笑われたけれど

私には 本当に そう思えるほど


数年前のホダ木から 椎茸がいくつも顔を覗かせている

楽しみ〜♫


昨日は ひなまつり

今年も

小さなガラス細工のおひなさまは 通年飾られているのだが

長女誕生の折に 母に買ってもらったおひなさまは

箱の中で眠ったまま・・・


おひな祭りのご馳走もないのだが

甘酒だけは〜

DSC02878



この甘酒

佐渡の蔵元で作られている 麹100%で とっても美味しい


先日 次女がインフルエンザで寝込んで 何も食べられない と言っていたので

ネットで注文して送ったところ

「絶品だよ」 と


次女は 麹を使って手作りしているのだが

「こんなに滑らかにならない」 と

 
私が初めて飲んだのは 暑い夏

”飲む点滴” と言われるほど 滋養があり

夏バテ防止に とあったので


アルミ缶に入っているので

冷蔵庫で冷やして飲むと 最高♫

もちろん 寒い時期には熱くして フーフーしながら飲むのも

麹の甘さが 幸せな気分にしてくれる 



このところ けっこう頻繁に 心房細動の発作が起きる私

この甘酒が効いてくれたら 毎日飲むのにな〜・・・



佐渡は また少し冬に逆戻り

今は青空が覗いているけれど

冷たい北風が吹いている

来週には また  のマークも



佐渡の早春の海藻

ナガモ

DSC02875


さっと湯通しすると 鮮やかな緑色に

湯通ししただけで すごい粘りが出てくるのだが

それを 更に まな板と包丁で 刻んで 叩いて

トロトロ ネバネバ に


シンプルに 醤油ポン酢をかけて食べるのが一番のお気に入りだが

うどん そば ラーメンのトッピングに

味噌汁やお吸い物に

納豆と混ぜたり 冷奴の上に乗せても


磯の香りのする トロネバ が 大好き♫


早春のワカメも 柔らかくて美味しいし

茎わかめや メカブも

そして 銀葉草も出てくる


DSC02874

海藻を切り取ったあとのナガモの茎

ナガモも銀葉草も

ひも状の茎の所に海藻がぶら下がっている状態なので

茎から切り離すのが面倒だけれど・・・


海藻は すばらしい健康食品

佐渡の早春は これだから嬉しい〜♫



3月に入って

佐渡も春の陽気が感じられるようになり

昨日は 両津まで

吊るしびな を 見に行った

IMG_1360

IMG_1358

IMG_1359


3/1〜3/26

9:30〜17:00(最終日は16:00まで)

入場無料

あいぽーと佐渡



つるし雛だけでなく 傘福 ちりめん細工 鶴のつるし・・・

昔の着物を使った細工の すばらしいこと!

夫が一緒なので ゆっくり見ることができなかったが

一人で もういちど見に行きたい・・・


両津では他にも ひなまつりのイベントが盛りだくさん
佐渡両津ひなまつり


そして 両津だけではなく

相川でも 小木でも


詳しくは 佐渡観光協会のサイトで ご覧下さい



IMG_1348

昨日の真野湾

穏やかで 海はキラキラ

雪を被った金北山と 春の海

素晴らしい季節の佐渡が はじまります♫


 

「有人国境離島地域保全特別措置法」 という

国からの財政支援で

4月から 佐渡汽船の運賃が 大幅に値下げとなる


ただし これは 島民だけの特典

発券窓口で 市民であるという 住所を確認出来るものを 提示しなければならない


船種によって値下げ率の違いはあるが

両津ー新潟航路のジェットフォイルは 半額以下になる


この財政支援により

農水産品の島外出荷にかかる海上輸送コストの低廉化

創業や事業拡大を行う民間事業者への支援

新規就農希望者の宿泊施設の整備


いろいろと 島の活性化に繋がることになり

島の暮らしは 今まで以上に楽しくなりそう

これを機に 島外からの移住者が増えてくれたら いいな〜♫



佐渡の素晴らしい春は すぐそこまで来ています


観光だけでなく

佐渡の生活を ぜひ 体験しに来てください〜♫



先日 70歳の誕生日を迎えた私

今年も 娘達から 送られてきたプレゼント

長女からは 私が 「人生最後に食べたい物」 と言っている

餃子

次女からは お菓子と すてきな卓上鏡

それに 今話題の マヌカハニー

DSC02871



話題の・・・と言いながら 私は知らなかった・・・

娘から

「紅茶に入れたり 温めたりしたらダメだよ」 と

ピロリ菌が殺菌されるほどの殺菌力があるそうだ

ニュージーランドに自生するマヌカという花から採取されるハチミツ

抗菌活性度が高いほど 高価で効果がある とか

UMF+15 と表示されている


先日 娘はインフルエンザで寝込んでいた

本当に効果はあるのかな〜・・・


酵素 ビタミン ミネラルが豊富で 美肌効果もあるという

古希を迎えた私

若返りはムリでも

現状維持ができるよう

ありがたく いただいてみよう〜♫


先日の内視鏡検査の際に感じた痛み

腸は痛みを感じないはず とか

多くの人が 平気だったというのに 

なぜだろう〜? と 考えたところ

どうやら 

私の過去の開腹手術に起因するものがあるらしい


帝王切開や 婦人科の手術で 腸が癒着していると困難とか


私の場合 癒着まではしていないらしいが

変形しているのだと思う

腸の長さや 変形によって 苦痛を感じる人と そうでない人がいることは確からしい


それにしても 麻酔まではしなくても

軽い鎮静剤で うつらうつら状態にして行う

意識下鎮静法 というのがいいな


病院も 先生も気に入っていたけれど

次回の検査では

私の体の特徴も きちんと伝えて

私の体に合った検査方法にしてもらうことにしよう〜


何事も経験だと思うし

結果も良かったのだから いいのだけれど・・・・。




今日の佐渡は 朝から明るい日差しが



昨日 内視鏡検査が終わり

晴れて 無罪放免♫


3年前に受けた時には

初めてで緊張していたのだが 思った以上に痛みも少なく

これなら 3年おきくらいに受けてもいいかな と


しかし 今回は

別の病院で 施術の方法も少し違い

私自身が年齢を重ねていたからなのか

痛みが強くて

これ以上はムリ との先生の判断で

上部の方はCT画像で確認することとなった


結果は

ポリープもひとつもなくて 腸はきれいです とのこと

便潜血は

歯を磨いた時の少しの出血でも反応することがある とか



結果を聞きに一緒に呼ばれた夫と二人で緊張していたのだが

先生のお話に 二人で 「よかったね」 と


「ポリープを採ってないので 何でも食べていいですよ」 と 看護師さんに言われたが

いきなり食べると腸もびっくりすると思い

温かいココアと卵サンドを買って

夫が運転する横で パクついた



帰りのスーパーで 食材を いっぱい買い込んで

料理のことで 頭がぐるぐる


前日の検査食では 夫も巻き添えに

私は 「一日 何も作らない」 と 宣言していたから

検査当日の 朝 昼 も


おかげで 昨日の夕食は夫も

「久し振りに ご飯らしいものを食べた」 と


昨日は2リットルの下剤を飲む間

床磨きをして フローリングはツヤツヤに


さて 無罪放免となり

やりたい事が いっぱい!!

何から はじめましょうか〜♫


↑このページのトップヘ