佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。

昨日

夫と二人で 予約してあった歯医者に行き

診察が終わって帰ろうと椅子から立ち上がった途端

左足の股関節に強烈な痛みを感じて

一歩も足を前に出すことができなくなってしまった


私は40代に入ってすぐの頃から このような症状が日常的に起きるようになり

44歳で 人工股関節の手術をした


それ以降は 関節の痛みとは無縁になり

もう術後26年が過ぎた


痛みで歩けないので 午後の診察開始を待って 

かかりつけの整形外科に行った


先生も 「脱臼しているかもしれないな」 と

人工の関節が脱臼となると 島外の大きな病院に入院して手術ということになる

これは困った・・・


すぐに先生自らレントゲン室に入って下さり

調べた結果

幸い 脱臼はしておらず

筋肉が炎症を起こしているのだろう ということになり

でも 原因になることも思い当たらず 

「なんでだろう・・・・」 と

先生も合点がいかないながらも

痛み止めの飲み薬と座薬をいただいて

しばらく安静にすることに


ネットでみると

内転筋が炎症を起こしているからみたい

(生意気ね 自分で診断して・・・)

(まあ 私にとって ネットはセカンドオピニオンのようなものだから・・・)

それならば 冷やすよりお風呂で温めて 筋肉を緩めるといいみたい

ゆっくりお風呂で温めて 痛み止めの薬を飲んで ベットへ



今朝 起きてみたら

あらら 

普通に歩ける〜♬

痛みもほとんどない

よかった〜〜♬



実は

本当は 今日から 船橋に行く予定だった

船橋の我が家に ちょっとした事件があり

船橋の警察から連絡があり

出かけることになっていたのだ


夫が一人で行ってくれればいいのだが

我が家に関すること ほぼ全ての「全権大使」は 私 に なっていて

夫は 畑と釣りだけしていればいいように なっている


這ってでも 私が行かなければ・・・・


この調子なら大丈夫そうなので

明日か明後日には 出かけることが出来そう

勿論 私一人で・・・(笑)




大型の台風で 佐渡の上を通る という予報

戦々恐々として

デッキの上の鉢植えや 壷や鉢を避難させて

夫は 畑にできる限りの防風対策をして

あとは 無事に通り過ぎてくれることを祈るばかり


停電になると困るから と 

夕食は 具だくさんの炊き込みご飯や豚汁にして

翌朝にも 安心できるように 


お風呂も早めに入って

残り湯は トイレや洗濯に使えるように 大切に取っておいて


そして 枕元には 懐中電灯 靴 貴重品 防災リュックを置いて

準備万端にして 床に入った


夜中の3時〜4時頃にかけて 一番強い風が吹いたようだが

それでも停電になることはなく

スマホの天気アプリで確認したら

その頃には もう通過していて

吹き戻しの風だったみたい

(ここまで書いて 既報のニュースなどを確認したら ちょっと違うみたい・・・)

(寝ぼけているから?・・・)


前回もそうだったけれど

台風の目にすっぽり入ると ものすごく静かになる

通過する前後の方が風が強いのだ


今回は 佐渡は雨の被害はなく

収穫前の お米や柿が心配だが

今のところ 私には まだわからない・・・


我が家は キウイ棚に絡み合った枝が風に煽られて

棚が無残な姿になっているが

畑の方は まだ強風が吹いているので 被害の程度はわからない


航路は 午前の便は全て欠航

午後からも未定になっている


観光客の人には 大変な3連休になってしまった


IMG_1694

椿の枝が落ちて 実がはじけて 種が出ている

たくさん集めたら 椿油ができる・・・


佐渡に移住して14年

このまま ずっと ずっと

今の生活が続けられるといいな〜 と

年を重ねる毎に そう思うようになっている

なぜ これほどまでに佐渡が好きなのか


人の価値観は 本当に 千差万別で

田舎が好きな人 都会が好きな人

山が好きな人 海が好きな人

他人との触れ合いが好きな人 一人が好きな人


若い頃は 自分の持っている価値観ではない方に

いつの間にか 心を動かされて

「なんか ちがう・・・」 と

でも 何が違うのか 自分でもよくわからなくて

例えば 不動産を買う時なども

自分たちは どのような生活をしたいかよりも

この路線のどの辺りを買うと 将来値上がりするか とか

どこどこに住むと 聞こえが良い とか


買い物をするのにも 

デパートや 名前の知れたお店で買うことが良い と 思ったり


ゴルフの会員権を持っていたり 海外旅行に行くのが

他人に自慢できることだと思ったり・・・




佐渡に移住して 気がついた

そんなことは 私たちにとっては 何の価値もないってこと


あくまでも 私たちにとって で あるのだけれど・・・


気持ちよく暮らせているのは

「なにか ちがう・・・」 から 解放されて

「思い通り」 の 生活が 送れるようになっているから


人間として

「思い通り」 の 生き方ができることほど 幸せなことはない



佐渡の家は 不動産の価値はないかもしれない

デパートも有名なお店もない

夫は ゴルフよりも魚釣りの方が楽しい

飛行機が嫌いな私は

海外旅行より国内の温泉旅の方が好き

というか

佐渡島内の温泉宿がいい



私たち夫婦の価値観が

同じ 佐渡の暮らしが大好き ということで

喧嘩しながらも 二人で暮らしていかれるのだな と



都会よりも田舎が好き

佐渡は 大好きな 海も山もある

ご近所とは 助け合いながらも 適度な距離 の 理想形

誰からも束縛されないで 好きなことをして 

畑で採れたもの ご近所で頂いたもの 釣った魚で食事を作り

自然を満喫して


なぜ 佐渡が好きなのか

自分に聞いてみました(笑)







mmさん

はじめまして

メッセージコメント ありがとうございます♬


メッセージには メールアドレス以外に お返事するコーナーがありませんので

こちらで 作り方 UPさせていただきますね。

BlogPaint

こちらは違う着物2枚を接ぎ合わせていますので

頭周り+5cmの布を1枚ずつ 使用しています。

縦の幅は 反物の幅 そのままを使用して

半分に折っただけで 縫い合わせてはいません

紗の感じを生かしたかったので・・・

DSC03090

こちらは染ではなく プリントされた布で

まず 2枚の布を中心で繋げるように縫い合わせ

これは裏が白っぽく模様もないので 二つ折にして袋状に縫いました。

縫い目は端でなく中心にしてアイロンをかけ

DSC03091

両端は このように片側に入れ込んで まつりぐけで 閉じました。


DSC03092

このように 裏側も使えそうな色柄なら

サイズは最初に書き込んだ長さで裁断して

絹の柔らかさをそのままに

両端を縫い合わせるだけで スヌードにすると

きれいなドレープが出ると思います。

始末は 表から縫って もう一度裏から縫う 袋縫いにしています。

縫ったところを片側に倒して まつればきれいになると思うので

これは 私も これから手を入れようと思っています。


ご説明が十分にできているかどうか・・・

お分かりにならないことがあれば また コメントでもメッセージでも

お声をお聞かせくださいませ


お誕生日 おめでとうございます

素敵な毎日をお過ごし下さい


お声かけ

ありがとうございました♬



夜中に ザーッと雨が降ったみたいだけど

朝には上がって 秋晴れの さわやかな青空が広がっている

台風が 進路を変えて日本を直撃するかもしれないからか

買い物に出かけたら 田んぼでは 稲刈りが始まっていた


出かけたついでに スーパーに立ち寄ったら

スミイカが並んでいて

夫が 「俺が釣ったのと同じくらい」 と言うので 見てみたら

赤ちゃんスミイカが 3匹で426円 と


スーパーに並び始めると 釣れるようになった証

因に カマスは やはり出てなかった


先程から 夫は バケツでコマセをかき混ぜているので

また アジなのかな〜・・・

私は イカの方が いいのだけれど・・・



さて

前置きが長くなってしまったけれど

やっぱり嵌ってしまった

DSC03084

紗の着物 2枚で

紗の透け感が とても涼しげで 大好き

2枚を接いで 2重巻きに

真ん中で1回捻ると おしゃれな感じに



DSC03082

DSC03083

柔らかな絹の着物と裏地を接いで

この裏地 戦時中の毎日新聞の記事が模様になっている

絹地にプリントされいるらしい



DSC03085

DSC03086

この着物は裏もそのまま使うと面白いので

そのまま1枚で2重巻きに


DSC03081

この着物の色柄も好き


DSC03087

DSC03088


麻の黒のワンピース

濃い色に使うと また違った感じになる


私はベーシックな単色の服を好んで着るので

スカーフやアクセサリーでアクセントをつけることが多い

この夏も スカーフやマフラーを 何枚か買ってしまったけれど

このスヌードに早く気がつけば・・・・

真冬以外は 使えそうだし

まだまだ楽しめるから いいか〜




連日 カマスを狙いに行っている夫

釣り場にいつもいる常連さんが

「このあいだ 100匹釣れたよ」 と言うので 頑張っているのだが

夫が行く日には いつも姿を見せないらしい

鯵の型がよくなってきたので

それはそれで 楽しいようなのだが・・・

IMG_1679

小さなアジでも 庭の大葉で畑のオクラと一緒に包んで わさび醤油で

青魚は コレステロール対策に 刺身で食べるのが一番 とか

鯵は もういらないと思っても 

薬だと思って 食べる時も・・・


昨日も カマス料理を考えていたら

帰ってきても無言だったので

ぼうずだったのかな・・・ と 思っていたら

ぼそっと

「小さなスミイカが冷蔵庫に入っているから」 と


スミイカは 爪の中まで真っ黒になるから

夫が 「俺が捌くから」 と


もうちょっと成長するまで待ってあげなくては・・・ と 思うような

赤ちゃんイカ(かわいそう・・・)

今年の初物だが 感動も いまいち で

写真を撮るのも 忘れてしまった


でも お刺身にして食べたら

やっぱり スミイカは 美味しい〜

甘くて コリコリしていて それでいて 中は ネットリ

私は ヤリイカより こちらの方が好き


早く 写真に撮れるくらいのスミイカが釣れるといいな〜♬



秋になったのに

夏用スヌード作りに 嵌ってしまった

IMG_1682


IMG_1683


どちらも 昔の着物で

絹なので ひんやりとして 気持ちが良い

麻のワンピースとの相性もよく

もっと早く作ればよかった ・・・・


先日作った物も この2枚も

同じような色合いの単色

色違いで接ぎ合わせても面白そう


来年用に 作り貯めておこうかな〜♬


朝から 爽やかな秋晴れ

早朝から 団地のみんなで 作業をして

一汗かいたあと

ご近所から

IMG_1680


珍しい ダイナマイト西瓜を いただいた

本当に 着火したら爆発しそうな感じ


切るのがもったいなくて

しばらく眺めてから いただくことにしよう〜♬



移住して しばらくしてから

畑の片隅に 柿の苗木を植えた

数年前から 実をつけるようになり

摘蕾をしていないので

IMG_1675

いっぱいの実がついている

甘柿なので そのまますぐに食べられるのだが

佐渡の美味しい さわし柿を知ってからは

昔懐かしい この素朴な柿は あまり食べなくなってしまった

硬いのも 種があるのも 苦手になってしまって・・・

IMG_1674

垣根のようになっているだけ

冬になると 鳥が食べてくれるかな と 思っていたけれど

佐渡では カラスさえ 見向きもしない

でも 葉が落ちた柿の木に いっぱい赤い実がついているのは

それはそれで 絵になる


IMG_1676

畑のあるところからは 

海が きれいに見える

夕方 小木港を出港して直江津に向かう 高速フェリー あかね 

本土の山も うっすらと


秋晴れの 気持ちの良い 一日だった



昨日帰国した次女

長女から 「新学期が9/8なんて ありえないよ」 と 笑われたので

今朝 次女に電話をして聞いてみた

案の定

「学校は8/31から 始まってるよ」 と

宿題は出かける前に お友達が預かってくれたようだ


新学期早々 学校を休むなんて 

娘も 結婚前は小学校の教員をしていたので

夫と 「え〜っ?」 と 言っていたのだが

娘は

「担任の先生に言ったら 『いっぱい楽しんできてください』 って」 と

小学生なら いいのかな〜・・・


夏休み明けに 学校に行きたくなくなる子供が多いと聞くので

なんとなく心配になったのだが

昨日は お友達に学校へ持っていく物を聞きに行き

今朝は 「いってきま〜す!」 と 元気よく 飛び出していったようだ


小学生の孫は 善くも悪くも 天真爛漫な子供なので

親である娘も その点は心配していないようで

と いうか

次女自身も 子供の頃から今に至るまで

そのような心配のない人物なので

じじ ばば が 案ずることは ないようだ


それにしても

行動力が凄くて 見ている方が疲れる・・・・



世間では もう新学期に入っているところが多いのに

次女の住む茅ヶ崎では 明日から新学期らしい
(あれ? 私の勘違い…)


タイ が大好きな次女一家

今年はパパの長期休暇が取れるから と

8/26 から 出掛けて行った

13日間も

IMG_1671


数日間はバンコクで過ごし

その後の大半は サムイ島で滞在 という いつものパターン

IMG_1672


BlogPaint


楽しそうな画像が Lineで送られてきて

すてきな景色に こちらまで旅行気分に


そして 今朝

無事に成田に到着 と 連絡があり

ほっと 一安心


夏休みの宿題は 出発前に済ませてある とはいうものの

しばらくは旅の疲れもあるだろうし・・・


でも すぐに土日の休みがあるから

本格始動は来週の月曜からかな


それにしても すごいバイタリティに 感心してしまう




年金の支給開始が どんどん遅くなっていくようだ

75歳まで働くように とか

確かに 昔と違って60歳は まだまだ若くて元気

でも 誰もが元気というわけではなく

誰もが もっともっと働きたい と 思っているわけでもない

61歳で佐渡に来た夫を見ていると

元気なうちに 畑や釣りができる生活を始めて よかったな と 痛感している


ポストも 給与も下がっての雇用 の 話もあったが

夫の場合 62歳からの年金支給で 無収入の期間が生じるので 不安はありながらも

雇用保険の受給 と 退職金を預けての確定年金の支給 は 始まっていたので

さっさと 心穏やかに暮らせる生活をはじめよう〜 と


年金の財源が枯渇していくのを考慮しての策 だとは 理解するけれど

力量のない国会議員に無駄な報酬を与えていたり

真剣に考えれば も少し財源も減らさない工夫もできるのではないかしら・・・

これからの若い人たちは 本当に可哀想に思う


そんなことを日々 感じながら暮らしている我が家

ほぼ モデルケースの厚生年金受給世帯で

夫の厚生年金と 私の国民年金(30年しかかけてない)のみ

この年金だけで なんとか楽しく 心穏やかに暮らしていきたいと思っている私の

強い味方が
DSC03075

家計簿

DSC03076

生協の家計簿は 日付を自分で記入するようになっている

月始めでも 年金やお給料の支給日からでも

DSC03077

一ヶ月の集計を ここに記入して 収支を確認

DSC03080

そして 月の収支を確認したら 年間の収支表にも記入

そうすると 年間の収支が はっきりと確認できて

年金内で生活できているかが 一目瞭然


DSC03078

光熱費や 通信費も

毎月 記入すれば 年間で確認できるし

前年との比較もできるので 無駄がないかのチェックも できる


我が家は 船橋にも小さい住まいを持ってしまったので

電気 ガス 水道の基本料金と

マンションなので 修繕積立金や管理費が発生している

これも 年金内でのやりくりなので しっかり記帳して


佐渡で暮らすようになってから

着飾って出かける所もないので

夫婦とも 服飾品を買うことが少なくなり

なにか買う時は ほとんど リサイクル店

これが また 楽しい♬

「断捨離しているのに・・・」 と 思いながらも・・・



こんな生活が楽しめているのも

佐渡に移住したから



今日は 久しぶりに雨

家にあるもので

そろそろ お昼の支度を いたしましょう〜♬



秋晴れの爽やかなお天気が続いて

日曜日には 佐渡国際トライアスロン も 開催された

今年は港まで応援に出かけることが出来ず

「皆さん 気持ちよく 疾走されているだろうな・・・」 と 思いながら

心の中で 応援していた


昨日 団地の下に出てみたら

トライアスロンに出場されて その後 観光をされている方なのか

沢崎灯台の方に向かって カップルで自転車を走らせる方たちが


私たちには 自転車で佐渡の観光 は 大変だけれど

トライアスロンの選手の人たちには どんな坂も 容易いことなのか

羨ましく 眩しく 後ろ姿を眺めていた私です



お天気が良い秋の日差しは 空気が澄んでいる分 日焼けが・・・

IMG_1658


襟ぐりが大きく開いた服が好きな私

夏は 綿や麻のマフラーを巻くことが多いけれど 暑い

それならば と 

夏の着物で 夏用スヌードを

IMG_1659


マフラーより ずっと涼しくて 気に入っている


お昼のテレビで

「残暑」 とか 「秋暑」 とか 言っていたけれど

もうしばらく 暑い日があるみたい


今年は 何だか 気温差の激しい秋のはじまり

体調管理に 気をつけなければ・・・・



9月になりました

今日の佐渡は 日差しは しっかりあるけれど

吹く風は 秋 そのもの

爽やか〜


夫は 畑を耕して大根の種を蒔き

「疲れた〜」 と言いながら

待ちきれないように 海に出かけた

暑いうちは釣れなかった鯵が釣れるようになり

新聞の釣り情報を見たら 両津の方では カマスが釣れている とか

カマス狙いで 出かけたようだ


最近 畑の興味は今ひとつになってきたが

アジ カマス サヨリ には ワクワクするらしい

第二の人生を楽しむために佐渡に来たのだから

楽しめることができているのは 嬉しいこと



私は

寝室の模様替えをして カーテンを新しくしたり

断捨離をしながら 暮らしやすい住まいにしたいと

あれこれ 画策中


断捨離すると 心もスッキリ

でも なかなか進まない

スッキリも 少しずつ・・・・


IMG_1648

今朝の朝食

サントリーの金麦のシールを集めて 送られてきたお皿

断捨離しているのに・・・・

でも 気に入った器は プレゼントなら いただく(笑)


爽やかな秋風が吹き抜ける部屋で

楽しみながら スッキリに向かって 頑張ろう〜♬


昨夜11時半過ぎに 娘達が無事 帰宅したと連絡が入り

3日間の激務から解放されて ぐっすり眠っていたら

突然 防災ラジオから大音量

スマホからも ほぼ同時に 大音量

びっくりして目が覚めたけれど

雨も風も吹いてないし なに? と 耳を澄ましたら


「北朝鮮から ミサイルが発射されました」 と


「すぐに頑丈な建物に避難してください」 と言われても

周囲に頑丈な建物も 地下街もない

自治体からは 具体的な指示も訓練もしたことがないので

テレビをつけて情報を得るしかない


程なくして 北海道の上空を通過して 太平洋上に落下した との報が入ったけれど

佐渡は いつ落下しても不思議でない距離に存在するし

かといって 対策なんて 立てようがない感じ

誰も 騒ぎ立てたりしていないから 島全体が諦めムードなのか・・・



小木祭りは 花火に続いて

翌日曜日は 夜遅くまで祭囃子が聞こえて

娘一家は お祭りを堪能したようだ


小獅子 大獅子の舞や 太鼓の流しを 提灯の下で 夜風に吹かれながら 見物

高校生の孫も 風情に感激した と

「来年も 絶対に お祭りの時に来る」 と興奮していた



ミサイルの脅威を感じることなく

穏やかな 日本の原風景を いつまでも楽しませてくれる 佐渡であってほしいな



小木祭りの花火を楽しみにしていた長女一家

昨日の朝は夜明けとともに 少しずつ風が強まってきて

寺泊からの高速船が出港するのか 心配に

6:30発の船なのだが

5時頃には ○

6時頃には △ に変わり

関越道を走っている娘に連絡しようと 念のためにと 寺泊港に電話したら

「はい 先ほど 欠航になりました」 と

こともなげに言われて ビックリ

すぐに 娘に連絡を入れたら

「え〜っ さっきまで○になってたよね〜」 と

長岡ジャンクションの寸前だったので

急遽 北陸道に方向を変えて 上越方面に


9;15に連絡が入り 

無事に直江津港に到着し これから小木港に向かいます と

9:30発の 直江津ー小木航路に変更して 間に合い 一安心

11:10に 無事 小木港に到着した


乗船客が少ないからなのか

当てにならない航路だから 利用客が少ないのか・・・・

本土に一番近くて 娘たちは一番のお気に入りの航路なのだが

佐渡汽船は廃止ありきの姿勢で 議論が続いている


長岡から寺泊港まで 抜本的なアクセスが実現し

波に強いフェリーに戻して

この便利さを 広く 魅力的に宣伝したら

利用客も増えるのではないかしら

利用客が増えれば 存続が可能になるのだから・・・・




IMG_1633

家の庭先からも 花火は見えて


娘たちは

着いてすぐに カニを食べて 昼寝をして

夕方には BBQ

その後 近くの温泉に行き

お湯に浸かりながら 花火を見物

やっぱり 間近で観たい と 港まで下りて

花火を堪能して 帰ってきた


今日は 朝食後に 家族で街まで出掛けて行った

佐渡に来たら いろいろ行きたいところがあるらしい


夜は寒いくらい涼しくて

暮らしやすくて 何日も滞在したいらしいが

仕事や塾やバイトで 明日には帰らなければ


夫の楽しみも あっという間に終わってしまって

かわいそう・・・・。



昨夜から早朝にかけて

また 強い雨雲が 佐渡を通過した

深夜 けたたましい災害警報ラジオのサイレン

程なくして スマホからも警告音が鳴って


幸い 我が家の辺りは何事もなかったようだが

真野の豊田 と 岩首で避難勧告が


真野の豊田は

観光スポットの人面岩がある辺りで

昨日も 車で通ったら

崖が崩れかけて 周囲に柵がされていた

夫と 「先日の崖崩れはここだったのね」 と

話しながら 通ってきたばかり


今年は テレビの画面に 度々 速報で 気象情報が出て

注意や警報が呼びかけられる


明日からは 小木のお祭り

花火大会が楽しみで

長女一家は 2泊で遊びに来る予定


急なお天気の変化が ありませんように〜


佐渡のアーティスト

KAZUEさんより

お知らせが入りました〜



♬CD発売のお知らせ♬
いよいよ8月25日にEASE Recordsより
『愛しのグランドチャイルド』KAZUE  発売開始!!
 (カップリング /w「砂山」)
お孫さんをお持ちのあなたに!
お孫さんの写真を見たらすぐに笑顔がこぼれ、不思議にくすぐったい気持ちになって、とても癒されますよね?
そんなこころの表現と、いつまでも自分の存在を忘れずにいてと願う切ない思いを歌に込めました。
「愛しのグランドチャイルド」は
まさに現代版<孫ソング♪>ぜひご一緒に歌ってください!
カップリング曲は「砂山」(作詞・北原白秋、作曲・中山晋平)。 懐かしいこの曲を、哀愁漂うギターの音色で
リズミカルなアレンジに仕上げてあります。
ホッとしたいとき聴いていただきたい一枚です。
1. 愛しのグランドチャイルド( 作詞・作曲 佐藤雅一)
2. 砂山
3. 愛しのグランドチャイルド<カラオケ>
<メンバー>
KAZUE(vo)
野田ユカ( pf k-harm cho)
佐藤'binny'孝紀(b cho)
河野'菌ちゃん'俊二(ds per cho)
朝田英之(g cho)

☆☆佐渡ではTSUTAYA蔦屋書店佐和田店にて店頭販売☆☆




長雨の影響で 野菜の高騰が報道されているが

おかげさまで 家で食べるくらいの野菜は 賄えていて

お店で野菜を買うことは ほとんどない


夫は ナスは好きなのだが

キュウリとピーマンは あまり食べない

漬物大好きなのだが

ナス漬けは食べるけれど キュウリの方は手をつけない

サラダも食べない人なので

どうしても 冷蔵庫には キュウリばかりが残存することに


昨夜は 思い切って 豚肉との炒め物に

IMG_1615

にんにくと青唐辛子のみじん切りと 片栗粉を塗した豚肉を炒めて

キュウリを加えて オイスターソース 豆板醤 醤油 酒 を 絡めた


夫の反応は

好んで食べるほどではないけれど 食べないことはなかった・・・


IMG_1619


なす漬けがなくなってしまったので キュウリの浅漬けと

シーチキンとキュウリの酢の物

焼き塩サバとイナダの刺身を置いたら

喜んで食べたのは この2点・・・


ピーマンもキュウリも採れているのに

好き嫌いが多くて 困ります

昨日から また暑さが戻ってきたけれど

室温30℃なら まだ大丈夫

今日は曇り空で 少し蒸し蒸しするけれど

風も入ってくるので 私は満足



暑い時はオーブンで焼くお菓子は敬遠したいけれど

梨のパリパリ感がなくなってきたので

IMG_1598


フライパンで ホットケーキミックスを使って の

簡単お菓子


梨にレモン汁をふりかけて 砂糖 バターで キャラメリゼに

そこに HM 卵 牛乳 を混ぜたものを流し込んで

フライパン一つで あっという間に出来上がる

これなら 暑い時でも大丈夫



IMG_1613

ご近所から 立派なピーマンをいただいて

我が家で採れるピーマンは ちびっこサイズだから・・・

レンジでチンしたじゃが芋に みじん切りのタマネギ 青唐辛子 シーチキンを加えて

マヨネーズでまとめて ポテトサラダみたいに

それをピーマンに詰めて ピザ用チーズを乗せて

オーブントースターで焼いただけ



暑い時は 簡単料理ばかりです(笑)


先日 ポロっとブログに本音をつぶやいたら

多くの方から 思いがけず励ましのお言葉をいただき

なんか スッキリりして

こんな私でもいいんだ   と


そして ブログ内の 「拍手コメント」 にも

時々 シンガポールから いただいている方で


88歳になられる 佐渡ご出身のお父様が 私の拙いブログを楽しみにしていてくださるそうで

シンガポールから プリントして新潟ののお父様のところに 送っていらしゃる とか


これも出来ていない あれも出来ていない と

自分に ダメ出しばかりしていると

どんどん 自分が嫌いになってくる


でも こんな嬉しいコメントをいただくと

ありのままの私で いいのかな〜・・・ と

心が ふわっと 軽くなる



「拍手コメント」は いただいても返信ができないようですので

この場を借りて 

心より お礼申し上げます。


ありがとうございました♬



ECの会場に行こうと 車を走らせていたら

商店街のところで通行止めに

太鼓のメンバーが通りを演奏しながら練り歩き

観光客や地元の有志が 飛び入りで参加する

即興コラボに 出会ったのだ


すぐに脇道に車を止め 人ごみの中へ

IMG_1609

玄人はだしの人もいて

拍手喝采


即興は 何が飛び出すかわからない面白さがある

ライブ会場より

思わぬ所で 突然始まる 即興コラボが大好き


私は何もできないけれど

娘や孫は ピアノや笛を即興で奏でるので

一緒に出かけて楽器があると 

「弾いてごらん」 と 言ってしまう


太鼓の人たちも 叩く人も見てる人も 一体になって 大盛り上り

いつまでも一緒に歩きたかったけれど

他にも予定があったので その場を離れ

結局 ECの会場にも行かれずに とりあえず 帰宅


今日は最終日

夕方 出かけてみようかな〜・・



昨夜は ECの初日

夜8時頃には 我が家の庭にも ロックと太鼓のコラボが流れ聞こえてきた

雨も降らず 良かった と 思っていたら

今朝 明け方頃には 雷と大雨が

ハーバーマーケットのお店はテント

皆さん テントで寝泊まりされているので 大丈夫かしら・・・ と 心配に

南佐渡の雨量が多かったようで 

佐渡一周線の岩首あたりが 通行規制がかかっていた


7時過ぎには小雨になり

お昼前には いつもの夏空になり 通行規制も解除されて 一安心


日陰に入れば涼しいし

これなら熱中症の心配もなく

会場は賑わっているだろうな〜 と

今日も 私は 家の中


実は 昨日

畑にオクラを採りに行って ちょっとかがんで葉の下を覗き込んだら

「いたいっ」

腰を痛めてしまったみたい


家の中ばかりにいるので 運動不足なのかも

かといって 痛みのある時には静かにしていた方がいいから

一日2枚まで という 強力な湿布を貼って

安静することに


夜中は痛くてベットから起き上がるのも辛かったが

かなり痛みが緩和されてきた


さあ 少しずつ 動かなくては〜





佐渡に移住して14年

このブログも 14年目になっている

初めは 娘たちに近況を知らせるため と

でも 娘たちは何年も前から 私のブログなんか見てないらしい

スマホを持つようになってからは LINE が便利になって

近況は画像付きで 瞬時に知らせ合える


移住した頃は 佐渡の全てが感動で

多くの人に知ってもらいたいと そんな思いも込めていたのだが

歳と共に イベント会場に行くのもしんどくなってきて

最近は 今日一日 私が何をした という

ただの 個人日記に


夫の方も

畑も 釣りも 少しずつ しんどくなってきて


「移住日記」 という

何か 新しいことが始まるような ワクワク感は なくなってしまった


穏やかな空気の流れ

木々の緑や 青い海 鳥や虫の鳴き声

変わらない自然の素晴らしさは

私の幸福感を満たしてくれるけれど

ただただ 私個人の満足感だけの日記


タイトルを変えたほうが いいのかな・・・・ と

思ってしまうこのごろです



今日から

世界の「鼓童」による

(EC) アースセレブレーション が 開催される

小木港前の公園での

「ハーバーマーケットライブ」

毎年 小木がインターナショナルの世界に変わる 3日間


お天気も 暑くもなく 寒くもなく 

港は賑やかだろうな〜




こんな日も 家から出ようとしない私なのです・・・


佐渡は 暑くもなく 寒くもなく 雨も降らず

とても過ごしやすい お盆でした


庭の草取りなどをして ずっと家にいたので

海や 街中の賑わいが どれほどのものだったのか

我が家は いつもと変わらない生活


先日 あいぽーとに 裂き織りポーチを納品に行ったら

バネ口ポーチが なくなっていたので

古布を使って

DSC03073


私は 古布が大好き

褪せた色合いと 使い込まれた柔らかな手触り

裂き織りのポーチは しっかりとしているけれど

古布の風合いは 小さめのポーチには とても素敵だと思う



「佐渡大好き」さん

ありがとうございました

また 作りましたよ〜 ♬


台風は 午前3時に 温帯低気圧に変わった とか

佐渡を通過するというので心配していたのだが

ほとんど何事もなく 一安心


でも 昨日は フェーン現象で とても蒸し暑かった

2階でエアコンをつけたら

太陽が出ていないので 部屋はすぐに涼しくなり

仕事がはかどり

ポーチを 2個 完成

IMG_1584


少し前に作ったものと

IMG_1585

IMG_1586


全部で 5個


ポーチ用に織った 織り布がまだ少しあるので

もう 何点か作れそう




台風一過

いつもなら 青空が広がるのだが

今日は 薄曇り

でも 蒸し暑さはなく

ひんやりした風が吹き抜けて 心地よい


関東は 38℃の予報が出ている

フェーン現象で 蒸し暑い とか


高校生の孫は サッカーの部活に励んでいるようだが

学生たちの部活動も注意しなければ


高校野球も始まったが

スポーツをする子供たちは なかなか自分からは弱音を吐けない

大人たちが 気を配らなければ

根性だけで通用する 地球環境では なくなってきているのだから・・・・



全国的に暑い日が続いているようで

40℃近い所のニュースを聞くだけで

頭がくらくらしてくる


それに比べると贅沢な話かもしれないが

でも 佐渡の33℃は 堪える


昨日は さすがに暑くて 

我が家に唯一ある 2階のエアコンをつけて

昼食は 2階に運んで その後 昼寝

でも 太陽が西に進むと

西側の屋根の上に設置してある室外機は 猛烈な暑さに

22℃に設定しても 室温は31℃から下がらない

ついに エアコンのない1階に降りたら

1階の方が まだ涼しい

扇風機を強風にして 夫は昼寝を続けていた


こういう日は 早めに夕食を済ませて

さっさと お風呂に入って 汗を流して

夜になると 急激に気温が下がってくる 佐渡の特典(?)を活かして

夜風に吹かれながら さっさと寝てしまうのが 一番

夜は ベットの頭から 寒いくらいの風が入ってくるのだから


でも 昨夜は 久しぶりに心房細動の発作が起きて

おまけに 夫のいびきも激しくて

涼しいのだけれど 薬を飲んで ゴロゴロ寝返りばかり

結局 ほとんど眠れなくて


IMG_1583

朝を迎えた


幸い 2時間ほどで発作は収まったので それだけは ほっ と


さあ 今日も暑くなりそう


台風の進路予想を見ていると

明日の夜には 佐渡の上を通過しそう

そちらの対策も しなければ・・・



26日に茅ヶ崎からやってきた次女一家

お天気にも恵まれて

いっぱい遊んで

昨日 小木港から帰っていった


BBQをして カニを食べて

カニと一緒に買ってきた バイ貝

IMG_1547


ハンマーでカラを叩いて割って

IMG_1548

お刺身で食べたら コリコリで

「うまい うまい」 と 孫もお婿さんも大喜び


昨日は 船で食べるようにお弁当を作って
IMG_1552



IMG_1560

小木港の改札の前にあるたらい舟に乗って

ジイジも横に

IMG_1563

5泊6日は あっという間で

上の孫は いつも 「もっと居たい」 と 半べそをかきながら

皆で手を振って 帰っていった



女の子二人なので もう少し静かでは と思うのだが

もう 子供のエネルギーは凄くて

年々 老いていく私たちは 5泊6日で ちょうどいい


最近は 「娘だけ来ればいいのにな・・・」 なんて 思ってしまうことも

でも 娘は自分の子供を置いてくるなんて考えられないから

あと10年は 無理でしょう・・・


いつもの暮らしに戻って

夫は 「やっぱり 二人だけがいい」 なんて(笑)

昨日の佐渡は 「50年に一度の大雨」 


我が家でも 大変な雨量だとは思ったが

佐渡の中では一番少なかったのではないかと思うほど

他地域は大変な雨量だったようで

隣町にも避難勧告が発令され

びっくりして友人に電話をした


「羽茂川が氾濫しそうなので 今のうちに食料を買いに行ってくる」 と

「危険だと思ったら早めに我が家に避難してね」 と伝えたが

その後 連絡はないので

何事もなかったのだと 安心しているが



夕方になって 佐渡の様子は 我が家もテレビで知った

前日 買い物に出かけた際に通った道路が川のようになっている


今のところ 大きな被害は出ていないようだが

通行止めの道路情報が 次々と携帯に入ってくる

「迂回路はありません」 なんて

地域の人は どうしているのかしら・・・


元気よく育っていた稲も心配

泥水を被ったところもあるみたい


先程から また 雨が降ってきた

明日から 次女一家が(お婿さんは遅れて)来る予定

北陸新幹線で 直江津〜小木航路なので

道路の心配はないのだが・・・



暑いのも困るけれど

早く 梅雨明けしてください〜



今 サイレンが鳴って

「真野 佐和田地区は 土砂災害の危険が迫っているので避難してください」 と


無事を祈ります

今度は 秋田で大雨の被害

育ち始めた稲が 一面泥水に浸かっている状況は

農家でない私にも 切なくなる

自分は作っていないけれど

高齢の方たちが 大変な思いをして作業をしていらっしゃるのを

間近で目にしているから・・・・



佐渡も たった今 

「土砂災害警報」 が発令されて

防災ラジオから 大音声の注意が呼びかけられ

携帯からも 警告音とお知らせが


雨雲レーダーを見ると

我が家の周辺から少し上の方

真野湾から両津湾に向かって

真っ赤な大雨色に覆われている


昨日 佐和田まで買い物に出かけたのだが

西三川の砂金採りの下の椿尾海岸は

一面 泥水の色に変わっていた

河口には 山からの泥水が溢れるように流れて

夫と二人で びっくり

佐渡に来て14年になるが

海の色が ここまで泥色に変わっているのは 初めて見た


今日は 警報も出ているので家にじっとしているつもりだが

海は 川は どのようになっているのかしら



どうぞ 被害が出ませんように・・・





昨日は友人たちと お昼から飲み会

本当は我が家での予定だったのだが

連日の猛暑で

居間にエアコンがない我が家では耐えられないでしょう と

友人の 加工品作業場 での開催となった

IMG_1545

持ち寄りパーティー

思い思いの手作り品を持参して

11時から午後4時過ぎまで

たっぷりおしゃべりをして

夫とともに 楽しい時を過ごさせていただいた


夫は集うことは好きでないのだが

気心の知れた人たちと

大好きなお酒を飲むことは 大丈夫みたい


すてきな暑気払いの一日でした〜♬

関東甲信まで 梅雨が明けた

梅雨が明けると猛暑が待っているという

佐渡は日曜日から3日間 傘マークの予報が出ているので

梅雨明けは その先かな・・・

昨日は最高気温が30℃を下回り

夜は風が冷たくて 夜中に窓を閉めたくらい

今朝も 今のところは涼しい風が 部屋を吹き抜けているけれど

日中は32℃の予報

さて どんな暑さになるのでしょう


IMG_1535


庭に咲き始めたクルマユリ

何を勘違いしたのか 花が咲く前にはヤマユリ と思っていた

葉が くるりと輪になっている

そうだ クルマユリだったのだ

朝鮮半島から北海道にかけての

冷涼地の山に生息する というのに

なぜか 1本だけ 毎年 庭に出てくる


リビング前の庭

いろはかえで と ヤマボウシが日陰を作っている 山菜ゾーン

行者にんにく ギボウシ ひとりしずか 紫蘭 イカリソウ などの中に

1本だけ す〜っと

花が重くて 夫が支え棒を立ててくれた


日中は暑くても 夜になると海をわたって吹く風はひんやりして

日陰になている山菜ゾーンは 冷涼地 になるのかな・・・



昨夜は 寝る前に 「雨が降ってくる予報だから」 と

家中の窓を閉めて 寝た

でも 雨は大したこともなく

と 思っていたら

防災ラジオから 突然 けたたましい警報が

びっくりして飛び起きて聞いていたら

佐渡市に 短時間記録的豪雨 とか

スマホのお天気アプリで雨雲の様子を見たら

我が家の周辺を除いて ものすごい雨量が襲っている

稲光はピカピカしているのだが

雨はほとんど降っていないし 我が家では信じられない感じ

真野湾から 佐和田 金井 両津にかけて 強烈な雨らしい


その後も何度も 防災ラジオ スマホからも

警報が鳴り響いて

ほとんど 一晩中 眠れなかった


おかげさまで 我が家は全く平穏で

今日も 布団など干しているお天気


まだ 新潟県から福島県にかけて 警報が出ているようだが

被害が出ないように と 祈るばかり


娘から 「作ったよ」 と 

LINEで 画像が送られてきた

IMG_1527


梅ジュース

3coin'sで買った容器

左は 生活クラブの素精糖

右は 有機黒糖 とか

いかにも次女らしい素材


茅ヶ崎 という土地柄なのか

彼女の暮らし方は いつも オシャレだな と 感心する


私の 赤い蓋の保存瓶を見て

「やっぱり 3coin'sで よかった〜」 と(笑)


あとは 美味しくできれば良いのだけれど・・

(上の梅が砂糖の中に入っていたほうが いいな・・)


実は 実は

梅とビワと格闘している時に

海のパイナップル 「ホヤ」 が 送られてきた

IMG_1525


転勤で仙台在住時に 夫は すっかりホヤの虜になった

千葉でも食べることはできたのだが

佐渡に来てからは 新鮮なホヤを口にすることはできなくなってしまい 残念に思っていたところ

夫の元同僚の奥様が石巻のご出身で

夫のホヤ好きを覚えていて下さり

今が旬だから と 送ってくださったのだ


これまた 保冷箱にいっぱい

30個ほどあるのでは・・・

ご近所に差し上げたいのだが

ホヤの存在をご存知ない方も多く

これは好き嫌いが激しく分かれる食べ物


「身を出して海水に浸けて冷凍保存できるよ」 と 教えられたので

台所を 磯の香りで充満させて 夫が捌き

夫が海で汲んできた海水を入れて

(日本海の海水でもいいのかな・・・) 

ジプロックで冷凍保存


これまた 大変な作業になったが

肉厚の 磯の香りたっぷりのホヤは

私も大好き

下戸の私は お茶を飲みながら食べているので 夫は

「よく お茶で食べられるな」 と 変に感心している

塩分が多いので 食べ過ぎには気をつけなければ・・・。




梅と一緒に これまた大量のびわも頂いた

梅もびわも娘のところにも送ったのだが

さて どうしましょう と

シロップ煮にすることに

IMG_1521



皮は アボカドの要領で つるんと剥けるのだが

種の周りの渋皮は取るのが大変

実が小さいのでスプーンで抉ると 果肉がなくなってしまう

塩水に果肉と種を浸して

種も一緒にレモン汁と砂糖で煮た

種も一緒に入れると 変色を防ぐことができるというので

でも 私の指先は茶色に変色


瓶に入れて冷やしてから

IMG_1524


びわのコンポート


シロップとともに ヨーグルトに入れると ヨーグルトの酸味とマッチして 美味しい

ミントを添えると 色もきれいで爽やかに


果実は冷蔵してあるので まだ作りたいのだが

梅と格闘して疲れてしまった・・・


友人から 柿コンテナに2ケースもの梅をいただいた


梅ジュースは昨年の物がまだ残っているし

梅干も何年ものかしら と思うようなのが まだ瓶に半分ほどある

今年はお休み と 思っていたのだが

思いがけないほど大量にいただき

ヘタを取ったり 洗って拭いたり

下拵えが 大変


保存瓶は3個しかないので 梅ジュースに使用

梅干は ジプロックで作ることにした

DSC03070



1kgずつ とりあえず4個

これを漬物樽に入れて重しをする

この方法は初めてだし

こんなに遅く作るのも初めて

上手くできるかな・・・・

佐渡も 昨日から かなり暑い

梅雨が明けたの? と 思うくらい

ギラギラ 太陽


ポーチの追加注文を頂いたので

急いで織り上げ

昨日からは 縫製に

DSC03068

DSC03069


作業をする2階は OMソーラーの機械で 屋根排気をしているのだが

とても それだけでは凌げない

部屋の中で熱中症になるのも困るので

今夏 初めて エアコンを使用

20畳の部屋に 6畳用のエアコンなので 効果は薄く

32.6℃までしか下がらない

エアコンの下に扇風機を置いて 強風で部屋を攪拌している

1階は エアコンがなくても 快適に過ごせているのだが・・・


そんな中

夫は

「ちょっと行ってくる」 と

竿を持って バイクで出掛けて行った


「夕方になってから行けば} と言っても

判断力が鈍っているのか 釣りたい気持ちが勝るのか


昨日から 何度も救急車のサイレンを聞く

次は夫の番じゃないかしら


「もう 鯵は要らないから」 と 言っているのだけれど


理解が出来ません・・・




九州では大雨による甚大な被害が出ている

異常気象と言われ始めてから もう何年にもなる

「何十年に一度の・・・」と警告されても

個人の力では防ぎようがない災害

この期に及んでも どこかの大国は自国の利益のみを優先して

地球規模の温暖化対策に取り組もうとしない

次世代の人たちに どれだけの負担を負わせるのだろう・・・・

これ以上の被害が広がらないことを祈るばかりです。



佐渡も 実は

先日の大雨で 我が家の近くの斜面が崩落した

一昨年まで 毎年 鼓童のアースセレブレーションが開催されていた

城山公園

国定公園になっている景勝地なのだが

大雨で斜面が崩落した とのニュースを聞いた

すぐ近くなのに 新聞やテレビを見るまで 知らなかった

面目ない・・・・



そんな大雨も一昨日からは すっかり止んで

眩しいほどの太陽が

IMG_1512

カボチャも

IMG_1515

とうもろこしも

急に大きくなって


IMG_1519

鯵は 気温の上昇とともに 

釣れる数は少なくなってきたのだが

昨日は型の良いのも釣れて

IMG_1517

今が旬のイカはお店で買ったけれど

鯵もお刺身にして



「熱中症になるよ」 と 言っても

夫は 「海を見てくる」 と

晴れていても 雨が降りそうになっても 出かけないでは いられないみたい(笑)



これが楽しみで佐渡に移住したのだから

体が動く限り 楽しんでくださいね。





↑このページのトップヘ