佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

昨日はお昼少し前から
雷がゴロゴロと鳴って
かなり強い雨が降ってきたりと
午後からはほとんど外に出られないお天気だったが

本日は
またまた秋晴れの爽やかなお天気に


夫はいつもと変わらず穏やかに
デイサービスのお迎えの車に乗って
出かけて行った


昨日の午前中
しばらく読書をしていた夫
突然「首が痛い」と

起床してからしばらくは何も言わなかったのだが
寝違いみたいな感じ

腰が痛いという時にも
消炎鎮痛テープは貼らないと言う夫だが
自分から「貼ってくれ」と

直ぐに貼って
夜の入浴後にも貼り替えて

今朝
「どお? 少しは良くなった?」と聞くと

「・・・」
「昨日のことは覚えていないのでわかりません」と

「そうよね〜」と
二人で大笑い

デイの入浴後にも貼り換えてもらうように
連絡帳に書いてテープの袋を入れた

早く治るといいけど・・・





さて ここから本題に


先日
我が家のありのまま家計を書いたのだが
あれは予算であって
実際には

米 2000
酒・飲料 5000
その他の食費 33000
以上食費の合計は40000円

光熱費は15000
今年の春までは船橋のマンションの分もあったが
孫が住むようになって彼女が払ってくれているから減額

通信費 12000
CATVでテレビとインターネットを契約しているので
スマホ2台とその費用

ガソリン 5000
灯油 5000

その他の雑費は50000
これも春までは船橋のマンションの管理費や積立金があったが
孫が払ってくれるようになったから減額


でも
デイサービスに週2回
ショートステイ月1回(2泊3日)
これで20000円が消えるようになったけど・・・・


以上で
実際は月に127000円で暮らしていることになる


以前にも書いたように
税金や保険料の
非消費支出は年払いで別会計
冠婚葬祭や大きな買い物も別会計だが
毎月の生活費は
二人で13万円あれば大丈夫


夫の今の状態が続いてくれれば
週2回のデイと月1回のショートで良いし
二人とも持病はあるけど
医療費が家計を圧迫するほどではないし

この生活が続けていけたらいいな〜と
いつも思っている


先日の新聞記事で
大東建託が調べた住みたい街ランキングの
住み”続けたい”街の新潟県での第1位は

なんと 佐渡市!

やっぱりな〜〜〜♪


私達夫婦も
心底 この家を終の棲家にしたいと思っているから♬



今日の朝食
7BD1DD2E-65D7-4E3D-AF9D-BEE454765FA1

我が家のジャガイモと玉ねぎ
お隣からいただいたきゅうりの
ポテトサラダ

新潟の名店の鮭の西京漬け
(の切り落とし)

トロトロ目玉焼き

しその実漬のおにぎり

おぼろ豆腐の味噌汁







先日
夫と病院に行った帰りに寄ったダイソーで
欲しかったボトルを手に入れた

ECF1F7B2-F5EC-45B1-ABDD-8FF7858BBF8B


私はネットで
100均グッズの記事をよくチェックしている

お役立ちとか人気と書いてあっても
私が欲しい物でなければ買わないし
セリアの商品は佐渡では買えないので諦めるし

でも 
これはいいかも・・・と思ったので
あるかな〜と探してみたら

あった
一つだけ
奥の方に隠れるようにして



私は朝晩
たっぷりの化粧水を使う

化粧水はマツキヨ(MKブランド)の
500ml 198円

これをこのボトルに移して
コットンを上から押し当てると
適量の化粧水が出て
とても便利

因みに右のコットン入れは
オルビス化粧品の販促品で頂いた物で
ガラスの漬物器

蓋が重しになっているので
ふんわりコットンを入れても
浮き上がらないからgood



このボトルは
ハンドソープを入れて洗面台に置いても重宝するから
次に見つけたらもう1〜2個買おうかな
と思っている

消毒液を入れて玄関に置いてもいいかも〜

上から押すだけで良いのが
今の時代に合っているから
売り切れ続出なのかな・・・




追記

化粧水は容量.価格共に
記憶違いかも知れません
(激安だった事は確かですが)。





秋の澄んだ空に
彼岸花の赤が鮮やかに映る

そんな今朝のお食事は

99EFA643-CA13-4E1C-826C-973A1FB23D27

イングリッシュマフィンでピザ風にしてみた

私はイングリッシュマフィンが大好きで
半分に裂いた物をいつも冷凍している

もちもち感が好きなので

ピザソースを塗って
たっぷりの玉ねぎスライス・しめじ・畑のしし唐・ウインナのスライス
それにモッツアレラのスライスチーズを乗せて

オーブントースターの天板には
4個乗せるスペースがあるので
空いているスペースには

畑でとれたしその実のしょうゆ漬けを混ぜて
味噌を掌につけて握ったおにぎりを

玉ねぎの香りいっぱいのピザと
味噌の香ばしさがいっぱいの焼きおにぎり

これにコーヒーと果物という
なんでもあり朝食

二人ともぺろりと平らげました




朝食後 夫に
「玉ねぎ苗にお水をあげて物置のシャッターを開けてきて」
と言ったら

「そんな難しいこと僕にはわかりません」 
と笑いながら言っていたが
何回か言ううちに畑に行ってくれて
「お水あげてきました」 と

「ありがとう〜」と
満面の笑みで伝えたけれど
後で行って見てこなければ・・・・(笑)




本日は夫の検診

前立腺の数値が昨年の市の検診で受診対象とされ
昨年の秋に総合病院を受診した際
「来年は市の検診は受けないで直接来てください」と言われ
今日はその予約日だった


9時の予約だったので
血液検査があると思うから
なるべく早く家を出たかったのだが
夫の身支度に時間がかかり
結局出発したのは8時をかなり過ぎていた

道中 車の中で
「注射をするの?」と何度も聞く夫
「注射はしないよ 検診だから」と何度も答えて

着いたのは9時ちょうど

受付を済ませると直ぐ採血だったので
やっぱり
注射はされたけど(笑)


診察の予約は9時だけれど
採血したのが9時だから
呼ばれたのは10時半ごろ

それまでの待っている間中
「ところで僕はどこが悪いの?」と
繰り返し聞いている

「去年検診で引っかかったから 毎年診てもらうんだよ」と説明するのだが
「前立腺」の意味が分かっていないので???の顔で
しばらくすると聞く

そして受付番号も
私がファイルを持っていたので
「僕は何番ですか?」と何度も聞くので
途中から番号の入ったファイルは夫に渡した

でも診察室前の表示が夫の番号になっても動かず
看護師さんが廊下に出て番号を呼んでも
自分の番号と結びついていないみたい

急いで夫を促し
私が続いて入ろうとすると

「娘さんですか?」と看護師さん

マスクをして眼鏡をかけていた私
『いえ 妻です』 と小さな声で答えて
マスクの力に心の中で手を合わせる私
(荒くれた私の心に小さな花が咲きました)



そんなことはどうでもよくて

夫のPSA数値は昨年よりまた一段と上がっていて
eGFRの腎臓の機能も弱体化しているみたい

昨年は1年後と言われたが
今回は次は半年後と

頭以外は元気そうに見えるのだけど
やはり年相応に弱っているところはあるみたい



食欲はあるし
お菓子も大好きで
昼食後に新聞かチラシを見ながら
何度も何度も

「おはぎ買ってくるの忘れたな〜」と

お彼岸におはぎを食べなかったから思い出したのか

以前はいつもおはぎは手作りしていたのだが
二人では食べきれなくて

「材料はあるから明日にでも作るよ」
と言っているのに
壊れた蓄音機のように繰り返し言っている


早く作って食べさせなくては(笑)






今日はお彼岸のお中日
お墓参りの日です


我が家も数年前までは
新潟の、夫が建てたお墓に
お参りに行っていた

我が家は娘達は二人とも
長男の所に嫁ぎ
関東に家を持つ彼女たちから新潟は遠いし

ということで
墓じまいをしようと思ったのだが
諸事情から
夫の姉の娘(姪)が継いでくれることになり
それ以降は一切お墓参りには行っていない

夫の認知症が進み
私の運転で海を渡って
更に首都高のようなバイパスを走る自信はなくて
お参りは自宅の仏壇だけにさせてもらっている

私の実家のお墓は
名古屋市の霊園にあった頃は
数年に一度くらいお墓参りにも行っていたが
弟が両親の故郷の山奥に移したので
とても佐渡からは遠くて
こちらも心の中でのお参りだけにさせてもらっている


佐渡ではどこのお家でも
お墓や仏壇をとても大切にされているので
我家のような者はご先祖様には申し訳なく思うのだが
夫も私も
あちらの世界に行った時には
両親をはじめ
ご先祖様を見つけ出して
あらためて供養しようと思っているので


それまで今しばらく
お待ちくださいますように・・・・・


などと
都合の良い言い訳を述べている私ですが

本心ですので
お許しください


一昨日届いたお米を
本日夫に手伝ってもらって
娘たちに送るために精米所に出かけた

ワゴン車の荷台から30圓慮縞討鮃澆蹐垢里
夫はマスクをしたまま「ペッ」と
手に唾を吹きかける仕草をしているので
大笑い

夫一人では荷台から降ろすのも
精米の台に乗せるのも難しくなっているので
私も横から手伝う

すると
なんだか気持ちが悪くなって頭はふらふらして
スマートウォッチで心拍数を計測すると115

重い物を持って
マスクをしたまま大笑いしたから
酸素不足になったのかしら・・・


夫に後は頼もうと
「体調が悪いから
精米機のペダルを踏んでお米を出してね」と言ったのに
しばらくすると外をふらふら歩いている夫

「体調が悪いから」と言うと
「早く言ってくれよ」と

さっきから言ってますけど・・・

夫は免許証は返納しているし
私はこのまま運転して帰れるのかしら
と不安になったけれど
なんとか
港の配送所で送る手続きを終え
銀行によってお金を下ろして
Aコープに寄って買い物をして
家に帰ることが出来た


家に帰ってしばらくしたら落ち着いたけれど
夫は運転はできないし
私の具合が悪いのも速攻で忘れるし

いつものように深夜なら良いけど
車を運転中だと怖いな


お財布にはいつも薬は入っているけど
瞬時に効くわけではないから
なにか対策を考えておかなければ・・・・





昨日 デイサービスから帰宅した夫の
施設からの連絡帳には
素敵なお品書きが挟まれていた


61F3F67D-BD9F-4AB4-838D-DD8224C9F4FC


・炊きおこわ
・鮭の幽庵焼き
・冬瓜のそぼろ煮
・いちじく
・鯛しんじょうの澄まし汁


まぁ なんて豪華なお食事でしょう


夫がお世話になっている施設は
お食事からデザートまで
すべて施設内の手作りで
介護認定調査に来られた調査員さんが
「島内でもとても評判の施設なんですよ」と言われたけど
確かにその通り

デイサービスでは
通所当日が行事の日に当たらないと
残念ながら食べることはできないけど
併設の特養では
年に何回もいただくことが出来るのだと思う

行事食を大切にして
佐渡のお年寄りを
スタッフの皆さんで喜ばせてくださる
そんな温かさが感じられる


それなのに

夫は帰宅後したころには
お昼に何を食べたかなんて
全く「記憶にございません」


お品書きがなければ
私もご馳走をいただいたことを知らずに過ぎてしまうところ


お品書きと箸袋を持たせてくださって
ありがたかった




我が家では二人とも高齢者だから
お互いにお祝いはなく
夜になって
一番下の小学生の孫からラインがあり
「敬老の日だよね」
「電話できる?」とあったので
私から電話したら

「・・・・・・」
言葉に詰まっているようなので

「敬老の日だからお電話してくれようと思ったの?」と

なんだかこちらからお祝いを請求するような会話になって
孫と二人で大笑い

途中から娘にも代わって
じいじともお話して

一応 なんとなく敬老の日っぽくなりました(笑)





本日は月曜日

いつも通りにデイサービスのお迎えが来て
いつも通りに生ごみを出して
毎年お米を購入している農家さんが
新米を届けてくださり
その後
手元に現金がなくなったので
銀行にお金を下ろしに出かけた


駐車場に車が一台もいないのを見て
はじめて
本日が敬老の日で祝日だったことに気が付いた
(というか、今朝夫が出かけるまでは覚えていたのに)


スーパーやドラッグストアに寄ったら
子供たちがたくさんいて
おばあちゃんやおじいちゃんと一緒の子も

あらためて
敬老の日だと遅ればせながら感じた


昨日電話してきた長女が
次女に電話したら
「なんか旅行に出かけてるみたいっだったよ」と

単身赴任している婿が連休だから帰宅して
家族そろって群馬あたりに出かけたみたい

小学生の孫を除いてワクチン接種済みなので
車で出かける旅ならいいのかな〜


佐渡も秋晴れの
爽やか 清々しいがピッタリのお天気

商店街のお店の前には
レンタサイクルの自転車が並んでいたので
観光客が多いのかな


夫のことばかり言えない
記憶があいまいになってきた私
先日の”怪奇現象”も
やっぱり私の仕業なのかも・・・・・




2BE1B1CE-3569-4008-B3C2-580D566DD0CF

昨日の夕食後のデザートは
ヨーグルトにハーゲンダッツの抹茶を乗せて
栗を添えた


実は私はヨーグルトや納豆があまり好きでなくて
腸内フローラを増やしたいと思っているのだが・・・

そこで先日思い切って
ビオフェルミンを購入した

ビオフェルミンなんて
昔から飲んでる人が多いと思うのだが
薬やサプリはできるだけ飲みたくないと思っているので
敬遠していた

それに
下痢も便秘もあまり心配したことはないので

でも
腸内フローラを増やすことは
なんか体の全身に良いような気がしてきて
試しに2か月分
540錠を購入してみた


ヨーグルトや納豆を
積極的に食べられればいいのだけど・・・・






連日ではないけれど
16日に続いて
本日の午前3時半過ぎに
突然、胸痛・奥歯と顎と左背中の痛み

今日は午前7時から
団地の清掃作業があるので困ったな〜

と思いながら
抗不整脈の薬を飲んで
だめなら不参加の連絡をしようと
ひたすら痛みとバラバラの頻脈が収束するのを待った


幸いなことに
1時間ほどで症状は消え
予定通り夫婦で参加することが出来て
一安心





ところで
夫は昨日午後3時半過ぎに
2泊3日のショートステイを終えて
無事 帰宅した

送って来て下さったのは
お若い男性

「ご利用期間中の様子」という用紙を見ると
送りの職員さんと介護担当の方と同じ名前になっていた

そして連絡欄に
DEBE2C55-B285-487D-A33C-ED1726792088


「夕食後は帰りたくなりましたが」というところを見て
あのイケメンスタッフさんが書かれたのかと思ったら
夫の様子と彼の優しい声掛けを想像して
ほっこりして一人で笑ってしまった


デイもショートも夫に拒否がないのは
スタッフの方々の優しいおもてなしに
家では味わえない嬉しさを感じているのかもしれない

ありがたいことです




夕食はビッグサイズのトンカツに
畑から採ったばかりの大根の間引き菜と油揚げの煮びたし
ゼンマイの煮物にしたら
夫の好物ばかりで
「おーっ」と

家は家で良いみたい(笑)

私も作って食べてくれる相手がいる方が
やっぱりいいかな





先月末にymobileからauに乗り換えたばかりの我が家なのに
私はもう次の乗り換え先を考えている


ほぼ今月から使い始めたau

私のiPhoneSEと夫のandroidの端末は0円

夫は初めてスマホのスタートプラン60で
かけ放題で980円

私は1GBプランで家族割と身障者割を使って2280円

そしてキャッシュバックが5万円あったので
この上なくお得だったのだが


夫の980円のかけ放題プランは
2年目からは1000円プラスになり
税込み2178円になる

私は変更なしだけど
2人では4686円になる計算


そこで調べてみると
auからUQに変えると
auのshopで簡単に手続きが出来て
料金も下がる

auでんきにすると格安プランがあるのだが
離島なので残念ながらこれは使えない

でも3GB1480円に60歳以上のかけ放題700円を付けても
税込み2398円

夫のスマホは解約して私の1台だけにしても
かけ放題で通話できて3GBまで使えるから
2年目以降もauで2人の4686円より大幅に節約できる


デメリットは
・auより通信速度が遅くなること
・固定電話がないから私のiPhoneが壊れたら
 他の通信手段がなくなること



ドコモのガラケイからソフトバンクでiPhoneにして
その後docomoにお得なプランで乗り換えて
その後iijmioにして
その後ymobileにして
先日auにした私

ずっとiPhoneを使い続けているので
会社を変えてもsimの入れ替えだけで使い続けることが出来るから
iPhoneを使い続けてきて良かったなと思っている

夫のandroidも
UQならそのまま使えるので
二人分でも税込み4026円
auより毎月600円ほど安くなる

私の方にかけ放題を付けて
夫のは固定電話代わりに持っていてもいいかな・・・


変えたばかりなのに
もう1年後の乗り換え先を考えている私です。





どう考えても不思議なことが・・・



044996A5-0CBC-4E01-A36F-8A3D4C064BEF

我が家には
こんな日めくりみたいなカレンダーがある

積み木のような細長い棒が3本あり
12か月が3分割されて
1本に4か月分ずつ英語で表記されている

これを土台にして
サイコロのように数字が書いてある木片が2つ乗っている

一つは
0・1・2・3・4・5
もう1つは
0・1・2・6・7・8

6は逆さにして9にも使う

これを組み合わせて
毎日を日めくりのように数字を変えていくのだが・・・




今朝 起きてすぐに見ると
私が変えた覚えがないのに
すでに 17 に変わっていた

あれっ と思って
しばらく昨日から今朝までの私の行動を思い出してみたのだが
どう考えても自分で変えた記憶がない

そしてよく見ると
2つの木片の間に隙間があり
右側が少し傾いている

私はきちんと2つ揃って
中心に置かれていないと嫌なので
こんな置き方はしない

でも でも

昨日は夫は不在
家にいたのは私だけ・・・



以前から時々
あれっ どうして日付が変わっているの?
と思う時があり
夫に聞くと
「知らない」と答えていたけど
5分で忘れる人だから覚えているわけないよね
と私は心の中で思っていて

でも 数字を変えるのはちょっと頭を働かせる時も必要なので
『できるんだ〜』と密かに感心したりもしていた



それなのに それなのに
昨日は完全に夫は不在

じゃあ 誰の仕業?

私しかいないじゃない〜


時々私が夢遊病者のようになっているの?



娘たちは霊が出るとか
怪奇現象を信じて怖がったりしているけれど
私は夢のような話は絶対に信じない
可愛くない人間

だけど

そんな私も
ちょっと怖くなってしまいました。。。。







今朝 寝返りを打った途端
あれっ
すぐに胸痛と左背中の痛み・奥歯・顎の痛み
拍動は?
早鐘

スマートウォッチで計測すると
心拍数は120


昨日は夕方に地震があり
佐渡は震度2だったけれど
小木は島の南端で
比較的 震源地に近かったからか
しっかり揺れを感じた

夫が不在なので
一応持ち出し用リュックと
携帯はフル充電して
腕には就寝時には外しているスマートウォッチもはめた

この就寝時に手首にはめるスマートウォッチは
私には鬼門なのかも・・・

以前 発作が起きた時に感じて
それ以来外すようにしていたから


夫の朝食の支度はしなくて良いし
デイサービスに送り出す支度もないし
生ごみの日だけど
真夏じゃないから次の月曜日まで置いても大丈夫だし

すぐに薬を飲んで
ひたすら回復するのを待つことに


胸の痛みはほどなくして治まり
頻脈は頻尿にもなるので
3回目のトイレからベッドに戻ってみると
スッと体が楽になる感じがして
手首の脈をとると落ち着いている

計測すると49
いつもの私の正常値に戻っていて
ほっ

1時間ちょっとで回復して
一安心



カレンダーを見ると
前回は7月8日と10日のほぼ連日

でもそれ以来
8月は皆無

今日は9月の17日だから
ずいぶん長い間発作がなかったことになる

季節の変わり目
冬期間は要注意なので
これからは又頻度が上がってくるのかもしれないけれど
運動不足にならないように気をつけて

心房細動とは
仲良く上手に
お付き合いしていくことにいたしましょう〜





昨日は午後からインターネットが繋がらなくなり
モデムやルーターを何度もリセットしたのだが
改善されず
「困ったときの佐渡テレビ」と
ネットサービスを受けている佐渡CATVに電話をした

するとすぐに
「インターネットが繋がらない件ですか?」と
担当者から言われて

「お昼前に泉で建物火災がありケーブルが焼失したので
復旧までにしばらく時間がかかります」とのことで
びっくり

スマホはWi-Fiを切れば4Gで使えるので
ネットで検索すると
ホームセンターの近くで大量の煙が上がっている映像があり
びっくり


その後 倉庫の火災ということで
人的な被害はなかったようで
大変だったけれど
それだけはほっとした


私が就寝するまでに復旧はされていなかったが
今朝起きてスマホを確認したら
Wi-Fiのマークが立っていたので一安心


国道350号線に面した
大手のチェーン店が集まっている場所なので
島では一番交通量の多い所

数年前にバイパスが完成しているので
う回路はあるのだが
多くの人が利用したい店舗は旧道の方だから
困った人も多かったのではないかと思う





話は変わって

夫は今日から2泊3日の
ショートステイで
つい先ほどお迎えの車に乗って
手を振って出かけて行った


昨日から話はしてあるのだが
速攻に忘れるので
今朝も玄関に置いてあるお泊り用のバッグを見ては
「これはなんだ?」と聞いていた

そしてその都度

「えっ! お泊りなのか?」と

あからさまな拒否はないのでありがたいのだが
「大変なんだよ」「眠れないんだよ」と

「大丈夫 いつも よくお休みになられていましたって書いてあるよ」
と答えると
「そうか〜」と笑っている

その会話を朝からお迎えがくるまで
何度も何度も繰り返して

その間に
「僕はどうしてお泊りに行くの?」とも

そして私が答える前に
「奥さんを楽にするため?・・・」と言うので

「そうだよ 偉いね そんなことが分かるなんて」と言うと

「そうだよ 僕は偉いんだよ」 と(笑)


そんな会話を残して
手を振って出かけていく夫を見ると
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになる


けれど
拒否がないということは
夫はそれなりに楽しく過ごしているのだろうから
月に一度はお互いに距離を置くことも
リフレッシュという意味では
大切なことだと思って



この2泊3日を
私も充実させなくては〜♫




今日の朝食
C58DC918-35D8-47CD-8D7D-35619ABC9D34

フレンチトーストに
ホイップクリームとバナナと栗

夫も私もきれいに食べて
夫は最後にクリームだけ食べていたので
「コーヒーに入れてウインナコーヒーにしたら?」と言ったら
生クリームを浮かべて
満足そうにコーヒーを飲み干しました




とうとう夏の戻りがないままに
今年は一直線に秋になりそうです


我が家の栗
2本あったうちの1本は
辛うじて株本が残っている程度で実がなることはなく
もう1本のてっぺん付近についた実が
いくつか落下した

5B241818-B315-4626-A092-1A93271B4392


数えたら25個あった

圧力なべで茹でると
3F672AD8-3208-4992-A6A1-EC8E148DF286

皮も剝きやすくて
ホクホクの美味しい栗に仕上がった

このままでもいいけど
もう一工夫して食べるのもいいかな〜

取り敢えず冷蔵庫に入れてある



1639CA5F-CE48-48BA-9E4A-C765A53364E5

ご近所からイチジクをいただいた

秋の空気を感じながら
季節の物が食べられるのは
それだけで幸せ気分


今年は栗の数が少ないので
娘に送れなくてがっかりしているでしょうけど
茹でてみたら虫食いもなく立派な栗だったので
やっぱり送ればよかったかな・・・
とちょっと後悔も



昨日は団地の有志で
玉ねぎの苗づくりのための
苗箱に種を入れる作業をした

来年の初夏にはどんな玉ねぎが出来るかな

上手く出来れば
玉ねぎは娘達に送れるのだけど・・・








私は結婚してから53年間
入院していた時を除いて
ほぼ毎日 家計簿を書くことを続けている


新婚のころ
子供が生まれてから
子供に教育費がかかるころ
家のローンがあるころ
娘達が嫁いで夫婦二人の生活になったころ
両親と同居して介護をするようになったころ
そして
夫が定年退職して佐渡で年金生活を始めたころ
そしてそして
夫が介護施設に通うようになった今現在

生活パターンの変化で
家計管理の内容もその都度変化してきた



佐渡で年金生活を始めて
夫が元気だったころは
退職金を信託銀行に預けて10年間受け取る
適格年金があったので
色々と計画を立てては二人で旅行をした

幸か不幸か
その適格年金が終了したころから夫の認知症が始まったので
旅行に行けなくなったことはタイミングよく
現在は
夫の平均的な額の厚生年金と
私が30年しか掛けていない少な目な国民年金で生活している




その内容を
あるがままに〜


年金だけの生活というのは
多少の変化はあっても受給額はほぼ一生変わらない

だからその額で年間の予算を立てている我が家

税金関係と保険料は年払いにしているので
年金からそれらを除いて12で割った額が毎月の生活費になり
それを項目ごとに配分していく

お米は農家さんから年間で使う分をまとめて購入するが
家計簿上は米代4000円と定額で記帳

だから予算としては

米代 4000
酒・飲料 10000
その他の食費 31000
(口に入るもの全てで5万円)

光熱費 20000
通信費 12000 
ガソリン代 5000
灯油代 5000
(風呂と給湯
ソーラーがあるので使うのは半年間のみだが
他の月は多く使うから年間6万円)
そしてそれ以外の全て
(医療費や介護施設費用から日用品などの雑費)
として90000

合計で177000円の予算になる


私が長年愛用している生協の家計簿は
1週間ごとに小計と累計を書くようになっている

お酒と米以外の食費31000の予算は
1日1000円 1週間で7000円の予算だから
最初の1週目は7000円以内かな?
超えていれば次週で調整
2週目で累計が14000円以内かな?
週単位でチェックしていくので
月末に予算オーバーがないように気を付けることができる

ただ食費に関しては
月の予算を超えてしまうこともある

でもチェックしているので大幅に超えることはなく
雑費の9万円の予算は余裕にとってあるので
月末の集計で赤字になったことは皆無
毎月5万円前後の黒字になっている

ただ冠婚葬祭費
車検や大型の道具類を購入した時は
臨時の出費として月々の家計には計上していないので
この黒字部分から補填という形をとっている

だから
年金が余るということにはならないのだが
車を購入したりする時以外は
預金を取り崩すことはなく済んでいるのはありがたい


今月はショートステイを2泊3日でお願いしているので
週2回のデイサービスと合わせると
通所費用も年金生活では大きな負担になっているが
このような生活の変化にも
家計簿でチェックをしながら
一歩一歩足元を踏み固めるようにして暮らしていけば
心穏やかに過ごしていけるのではないかと
一人自己満足している私



移住する前は
デパートや
好きなお店巡りをしたり
おけいこ事に通ったり
友人達と遠くまでお食事に出かけたり と
今とは全く違う生活を楽しんでいたけれど
色々な変化とともに
限られた予算の中で私なりに楽しく暮らす術も見つけている気がする


次の変化はどんな形で訪れるかわからなけれど
その都度
やりくりの中で楽しさを見つけていけたらいいな と







昨日はちょっと凹んだ心を吐露してしまい
皆さまにご心配をおかけしてしまいました

嬉しく温かなコメントをたくさんいただき
長く落ちこむことが嫌いな私は
あっという間に浮上いたしました

あらためて
心から感謝いたしております


そして これからも
しっかりと自分と向き合いながら
ありのままの姿を更新していきたいな
という気持ちも
あらためて生まれています





さて
昨日は久しぶりに夫と二人で街まで出かけた

私はいつも「街まで」と書いているが
佐渡の人は「国仲」という表現をするので
これからは国仲と書こうかな・・・と思っている

島外の方には参考までに
国仲とは
島の中央に位置する国仲平野の事で
島の人口の8割が住むという中心部

島はこの国仲平野を中心に
大佐渡 小佐渡に分かれて
相川方面が大佐渡
小木方面が小佐渡になる

佐渡が市町村合併をして佐渡市が誕生した時に
(この年に私たちは移住した)
市役所をどこに置くか色々と議論されたようだが
現在の金井はまさしく中心に位置しているので
移住者である私たちは単純に
なるほど・・・と思っている



前置きが長くなったが
昨日は別に大した用事があったわけではなく
お天気も良いし
海を見ると夫が喜ぶかな〜・・・と

道中の夫の言葉が結構面白くて
家では繋がらないことが多いのだが
行き交う車や景色の事で
夫の意外な言葉が聞けたりすると嬉しくなる
(何を言ったのか 私の方が忘れてしまっているけど)(笑)


ホームセンターでノンアルコールビールを買って
夫の好きなお菓子を買って
別のスーパーで肉や魚を買って
お店は2軒に寄っただけだったけれど
穏やかな海を見て
黄金色の田んぼを見て
やっぱり佐渡はいいな〜と思いながら
お昼ちょうどに家に帰ってきた


次回はお弁当作って
どこか途中で食べてもいいな



因みに今朝は
E16F5E46-4987-45E6-855D-DD3DD4EF3B4E

昨日 ご飯を炊き始めてすぐに
お釜の中にしめじと油揚げとめんつゆを投げ込んだ
ひどいシメジご飯

それをレンジで温めて
梅干し・大葉・塩昆布を入れて丸めたごはん

久しぶりに
夫が黄色い沢庵を食べたいと手にしたので買った


こんな物でも外で食べれば美味しいかも(笑)







昨日は一日
久しぶりに我が家で友人とお茶飲みをした

佐渡生まれ佐渡育ちの友人は
島内のことにとても詳しくて
人間関係についても同じく

次から次へと話題が溢れ出して
私が知っている数少ない人の名前から
一つ一つ繋がりを質問しながら
話を理解していく私

知らない人のことが多いので
聞いても話の多くを忘れてしまうのだが
夫がデイサービスから帰る直前まで
彼女の話を楽しく聞いた



しかし



実は彼女が我が家に来ての開口一番は
夫の事を書いた私のブログの事だった

彼女はFacebookは色々な人のを見ているとは聞いていたが
私のブログは見ていないと思っていた

我が家のことを知っている友人からラインで知らされたそうだ

私の想像した通り
夫の尊厳に関する話だった

彼女は
夫のことも私のこともよく知っているから私の気持ちも理解してるけど
と話してくれたが
その言葉からやはり
私が「備忘録」とはしながらも
夫の尊厳を傷つけるようなことを公開していることに対しての
批判的な意見が数多くあることを知らされた思いがした



どう捉えられようと ”あるがままに”
というしっかりとした信念をもって投稿したつもりだったのだが
彼女が帰った後
時間の経過とともに
何とも言えない無力感というか虚しさというか
重い雲に心が押しつぶされるような感覚が
体全体に圧し掛かるようになってきた


私は認知症介護に特化したブログを読んでは
とても励まされたり参考にしたり
時には私からもコメントを入れたりして
俗にいう「ブロ友」さんたちと
それこそ”ありのまま”をお互いに語り合ってきた

ツガエマナミコさんのブログ

この方は介護ポストで見つけた
若年性認知症のお兄さんを介護しているブログで
私もとても勇気づけられている



そんな中で
私も夫のことを発信することで
誰かを勇気づけたり共感しあえることもあるかもしれない と思い
あえて自分のブログでも書くようにしていたのだが・・・



私のブログは
佐渡に移住してからの
元気で移住生活を楽しんでいた夫婦のブログ

ジャンルが違うことに気が付いた
読み手の方々の感覚の違いに



よくSNSで炎上という話を聞くが
私には無縁で
ブログを書くことが
私の楽しい生活の一部になっていたのだが
たとえ直接的な意に反するコメントはなくても
私の知らないところで同じようなことが起こっているのなら
と思うと
今までと同じような内容でブログを更新することは
私にとって「楽しい生活の一部」にはならない と



都会であればブログの主がどこの誰だか
ほとんど知られることもなく書くことができるし
それでも憚られることはメンバー限定の記事にすることもできるのだが
このライブドアのブログにはその機能はないらしいから
非公開にして完全に私個人の備忘録にするか
ブログを引っ越ししようか

それも考えているところです。。。









今日の佐渡は朝から土砂降り

一日中雨になるようだ


昨日は
夫と二人でかかりつけ医に
3か月に一度の定期受診に出かけた

前回受けた血液検査の結果
HbA1cが6.0(二人とも)

糖尿病予備軍・・・

私はコレステロール値も高くて
夫婦で同じ食事なのに
夫は異常なし
(二人とも薬は飲んでいるが)

違う薬なので
夫の方が強い薬なのかしら?・・・

畑だって私が主になっているし
家事もすべて私なのに・・



帰りにドラッグストアに寄り
調剤を待っている間に買い物


入口からすぐのところにパン売り場があるのだが
ドラッグストアに来る前に寄ったスーパーで買ったのと
同じお気に入りの甘いバターたっぷりのパンを
「これが好きなんだ」と
カゴに入れようとするので
「さっき買ったよ」と言うと
「あ そうか?」と


少し進むと
「おかし並木に行こう」と言う夫

おかし並木

面白いネーミングに笑ってしまった


認知症になると甘いお菓子を欲しがる
と聞くけど
本当にそう

昔はアルコール以外には興味がなかった夫なのに
最近はいつも
「なんか お菓子ないか?」と聞いてばかり


お菓子売り場を行ったり来たりしたけど
特に欲しいものがないみたいな様子だったのだが
再び同じ通路を戻ったら

夫が手にしたのは

ADDACEB0-8A4B-492A-8440-EDBB55CEBEA6

袋に入って100円コーナーにあった
「どうぶつヨーチ」というビスケット

しきりに
「懐かしいな〜」と言って


見た目も優しく
食べても優しい甘さのビスケット

夫らしくて笑ってしまった(笑)



夫は
娘たちが幼いころから大人になってからも
よくお土産にお菓子を買ってきた

最寄り駅が田町だったころは
森永製菓の本社があったので
森永のお菓子を頻繁にお土産にしていた

そのお菓子が
いつも娘たちから
「お父さんはお菓子選びの天才」と褒められるほど
娘たちが喜ぶものばかりで
その多くがやはり優しく温もりを感じられるお菓子だった気がする


そんなことを思い出して
夫の変わらない好みに
一人で笑ってしまった私です



そしてその後は
アルコール売り場に佇む夫の手を引いて
調剤薬局に薬をもらいに行きました(笑)







子育てをする時には
一つ一つ覚えさせていく楽しみがあった

今は夫に対して
一つ一つ諦めていく毎日


我が家はリビングに4個の照明がある

吹き抜けなので設計した工務店さんが
色々と考えて付けて下さったのだが
実際には食卓テーブル上の
LED照明だけで十分に足りていて
他はほとんど利用していない

それなのに
私がお風呂から上がってリビングに行くと
すべての照明がついている


全く使わない二つのスイッチには
×のテープを貼ってあるのだが
残りの2個のうち1個が
あえて便利なように
玄関・リビング・階段上の3か所に
スイッチがある

それに触らないようにと
セロハンテープとラップの芯などを使って
作戦を立てたのだが
昨夜

やっぱり点灯していて びっくり

よく考えたら
階段上のスイッチは無防備だった



新たにそこも
と思ったけれど

いやいや
もうやめよう   と

点灯していたら次々と私が消していけばいいんだから。。。





土砂降りの日にわざわざ物置のシャッターを開けに行く夫
玄関を出た音で
「パパ シャッターは開けないよ〜!」と声をかける

夕方4時を過ぎると
夏でも窓を閉めてカーテンも閉めようとする夫に
「まだ窓もカーテンも閉めないよ〜!」

雨が降った後に庭に水遣りをする夫に
「雨が降った後は水遣りはしないよ〜!」


本当に一事が万事

口で言って
紙に書いて と
いろいろやってきたが
もう言ったり書いたりすることが無駄だということが
よくよくわかるようになった


『普通ならやらないでしょ』と思うことに対して
それを防御することばかり考えていた私だが
もうその段階は過ぎたのだと

火災の危険 命の危険があるようなことに対しては
真剣に防御の方法を考えなくてはいけないが
ただ単に
普通ならやらないでしょ くらいの事には
目くじらを立てるのはやめて
一つ一つの事象を私の手で目の前から消していく事が
私にとっても楽になることではないかしら
と思うようになった



夫に対して
どこか諦めがつかなくて
期待してたから・・・・・




850500DB-A5F6-4FE8-A175-C5083594EFCD

今日の朝食
雑炊

夫はお皿に
私は鍋のまま〜(笑)





今日の佐渡は
突然強い雨が降ったり
パーッと晴れてきたり

「女心と秋の空」そのものみたい


夫がデイサービスに出かけて一人の私

午前中は
先日売りに出した畑の土地の事で
不動産会社の営業マンとお話をして
午後からは
車を買い替えることにしたので
ディーラーの営業マンとお話をして

今はなんだか一仕事終えた気分になって
ゆったりとパソコンに向かっている



44CC174F-C9F9-4269-833F-E7847B05B37D

昨秋に栗の木の枝をバッサリと落としてしまったから
今年はほんの少ししか実がつかなくて

これだけしかなくても
夫が「食べたいから茹でてくれ」と
何度も言っている

「3〜4日置いて寝かせてからね」と言っても
目にする度に言うので
ポリ袋に入れて冷蔵庫にしまった(笑)



16D768C4-0084-4A54-896E-EE9170C6726E

にらの花

白くてレースみたいでとてもかわいい

これも晩夏をを感じる花

にらの花は蕾のうちにとれば
炒め物にして美味しく食べらるのだそうだが
私は白い花が大好きなので
切り花にして飾っている


庭の萩も咲き始めて
例年ならまだまだ暑い9月だが
急激な速さで秋を感じるようになり
予報を見てももう暑い日はないみたい

ただでさえ秋は寂しいのに
この早さは・・・・



車の注文と同時に
冬タイヤの手配も頼んだし

心はもう冬に向かい始めている私です




都内では若い人のワクチン接種で
連日長蛇の列とか

ようやくアプリでの予約体制になったようだが
忙しい若い人たちが
先着順だ 抽選だと会場前で並んでというのは
気の毒で仕方がなかった

接種に関しては様々な意見考えがあるから
打つかどうかは自由だけれど
多くの若者はスマホを使いこなせるのだから
希望者にはスムーズに受けられるように
体制を整えてから声掛けをすることはできなかったのかしら と

遠い田舎からテレビを観て思ってしまった


私も100%ワクチン賛成派ではないけれど
感染しても重症化しないというのであれば
やはり未来を担う若い人
今 社会を動かしてる大切な年齢層の人達には
是非とも早く機会を与えてほしいと




我が家は
長女一家は
孫娘が職場で一番早く接種して
次が母親である娘がやはり職場で
婿は先月中に職域接種
そして孫息子は大学での集団接種がワクチン不足で流れ
父親の職域でも家族枠がなくなり
でも、娘が勤務する病院で先日1回目が打てて
2回目の予約もその場で取れたとかで
一安心


次女一家は
次女は勤務する医療機関で6月中に
婿は先月初めに職域接種
そして
中学生の孫娘にも接種券が届いたそうだが
こちらは母親である次女が少し躊躇しているみたい

同じ学校のテニス部で感染者が出て
テニス部だけは休部になっているけど
孫の陸上部は大会にも出場しているらしい

いつ感染してもおかしくないけど・・・
と言いながらも
成長過程の娘への接種を迷うのは私も理解できる

下の小4の孫娘が喘息持ちなので
彼女が感染すると心配なのだけど・・・



抗体カクテル療法が
かなりの確率で効果があるとか

こちらも早く体制を整えて
ワクチンの効果が薄れてきても
3回目4回目と打たなくても
重症化を防ぐ方法がどこでも使えるようになるといいな












今年の9月は
すっかり秋の気配

昨年の日記を見ると
9月3日は38℃で
その後の10日間はずっと猛暑日が続いていたのだが
今年は
佐渡ではもう30℃以上になる日は
予報ではないみたい

最低気温も20℃を下回る日が多くて
このまま本格的な秋になってしまうのかしら・・・


季節の変わり目だからか
気温が急に下がったからか
夜間にちょっと心臓が不安定になってきた

先月は1回も発作が起きなかったので喜んでいたのだが

最近はちょっとしたコツを覚えて
拍動を強く感じる左脇を下にして寝ない事
不整脈を感じたら
大きく複式呼吸で深呼吸を繰り返す

これらで先月は乗り越えたので
今月もこれで解決できたらいいな


それと

夫に対する考え方を少し変えようと思っている


夫には機能を維持してもらうために
なるべく自分でしてもらうようにと考えてきたのだが

風呂上がりのパンツとシャツ
目の前に大きく書いて貼ってあっても
毎日裸で歩きまわって探している

指示が伝わらないからと
大きな文字で紙に書いて置いたり貼ったりしても
夫にはその文字の内容はもう理解できないのかもしれない

夫のためと思って続けてきたが
それで出来る段階はもう過ぎてしまったのかも

それならば
それで私がイライラして発作に繋がるのも無意味だし
夫にとっても気の毒な事


昨夜から
風呂上がりの夫にはパンツとシャツとパジャマを
目の前に用意することにした

時間はかかっても自分でまだ着ることはできるのだから

畑に二人で行っても
私は一人なんだと思う事にしよう

夫と二人でと思う事が間違い と


手伝ってもらうことは完全に諦めて
夫のためにと思う事も
出来なければさっさと私がやって

夫の進行を遅らせるために見守るより
イライラする前に私が動いてしまった方が
お互いの精神安定のためにもいのではないかと


秋の訪れともに
そのように考えはじめた私です





以前にも増して話がかみ合わなくなってきた夫

デイサービスから帰ると必ず
「変わったことはなかったか?」

これは勤めている頃から
私が駅まで迎えに行き
車に乗り込むとすぐに聞くのがこれだった

デイサービスに行って帰ってくる時は
きっと仕事から帰ってきた時と同じ感覚なんだろうな

そして
「子供たちから連絡はあったか?」
と言うのが今のお決り

だから私は
夫の留守中に娘たちと話したことを聞かせるのだが

一所懸命話した後の夫の反応が
なんだか力ない返事

「話が分からないの?」と聞くと
「うん・・・」


聞きたがっている
娘たちのことも
孫たちのことも
話をしても夫の頭の回路には繋がらないみたい


パラリンピックで50歳の選手が
自転車競技で金メダル

これをテレビの各局のニュースで
昼・夜・翌朝と
10回以上見ているのに
その都度「50歳で金メダルだって!」と
初めて聞いたように叫んでいる
(彼女もインタビューで「50歳 またですか〜」と苦笑していたけど)

そして先ほど新聞を開いて
「ほ〜 凄いな 50歳で金メダルだって」と

これを書いている今
新聞を読み終わった夫は私に新聞を手渡しながら
「50歳の女の子が自転車で金メダルだって!」 と

さすがに返事をするのが嫌になったから無視した



朝から晩までこの調子

一見まともそうに見える夫
他人に対しては冗談のように話したり
分からなくても平気で相槌を打つから
そばにいる私も一瞬騙されそうになるくらい

でも
家の中では全く話がかみ合わなくて
子供や孫の面白い話や嬉しい話を聞かせても
内容が理解できないので
せっかく喜びを共有したくて懸命に話をしても
私自身も嬉しさや面白さが消化不良のまま
逆に重く体の中に溜まってしまう


運動になるからと畑に二人で行っても
指示が伝わらず
それどころか
私の望むことはやらず 望まないことをやるという
これまた逆に私のイライラが募るという悪循環



二人でいても一人
というか
一人の方がずっと楽
という感情も沸いてくるのも確か




でもでも
夫が意地悪でしていることではなくて
多分心の中では自分も何か役に立ちたいな
と思っているのではないかと思うと
夫が可哀想に思えてくるのも また確か



いつも
ゆりかごのように揺れ動く
私の心です。。。








今日の佐渡はほぼ快晴

ミンミンゼミが泣いているけれど
吹く風は秋の気配がして
爽やかでとても気持ちがいい


晴れた日には夫を誘い
午前中は畑に行くようにしている

雨が降ってその後晴れると
あっという間に畑には草が勢いよく出てくる

これを取るのを日課にすれば
夫も私もウオーキング代わりになるかな と


私が鍬を振り上げて奮闘していても
夫は涼しい顔で眺めているので
何度も何度も指示を出して

それでも休んでいる方が多い夫で
いつの間にか怒ってばかりの私だけど

2時間ほど働くと汗びっしょりになって
家に帰ってシャワーを浴びて髪も洗うとスッキリ


さっぱりとして昼食の支度をして
午後からは
夫はお昼寝
私はパソコンに向かって作業

午前中にしっかり運動をすると
ノルマを完了したみたいに
気分もすっきりするから
気持ちよく午後の作業が出来て嬉しい

夫が」昼寝をしていても
一応 畑仕事はしたことにすると
「いいか〜」 と



8387BAF0-11E1-460A-918E-4F93D01C0FC7

お昼はパスタ

ニンニク・玉ねぎ・しめじを炒めて
茹でたパスタを入れて
浸しオクラを刻んで汁も一緒に入れて
トマトも刻んで入れて
タバスコと醤油を加えて炒めて

お皿に盛ってから明太子と刻み海苔で


5分茹でのパスタは
沸騰したら火を止めて蓋をして少し置けば
5分間茹でなくても大丈夫

炒めたり混ぜたりしていると
食べる時にはちょうど良くなっている

ただ 私は7分茹での方が好きだけど・・・










名古屋は37℃とか
残暑が厳しいようですね

夫が「名古屋の両親は大丈夫か?」と聞いている
両親はずっと前に他界しているのに・・・・


佐渡は快晴だけれど
カラッとして爽やかなお天気


朝食後に夫の散髪をして
その後
「畑に行くよ〜」と
夫を連れ出した

明日は雨の予報なので
今日中に大根の種を蒔いておきたかったから


先日 夫に耕運機をかけてもらっていた畝を
再度 鍬で耕して

見ると夫は私が耕しているのをじっと見つめている

では私は別のことをするから耕してね と
鍬を預けて草取りをしていると
また手を休めて私の方をじっと見ている

声掛けをしながら指示をしながら
なんとか3本の畝を作り
大根の種を一袋蒔き終わった


昨年のように
うっかり夫に間引きを頼むと
出てきた葉っぱを全部抜いてしまうので
今年は私の膝が曲げられないけど
自分で間引きはしなければ・・・


昔 夫が作っていたような立派な大根は作れないけれど
冬の間 煮物や汁の実にできればいいから
楽しみにしましょう

間引き菜も夫が大好きだから
頑張って丁寧に間引きができればいいな





昨日
私が2年前に購入したiPhone7が
最近、通話が途切れて電話機能が役に立たず
通話中に本体がとても熱くなるような気がして
購入したshopに相談に行った


本当は更新月が来月だったので
昨日は相談だけと思って行ったのだが
窓口の担当のお姉さんが調べてくれて

「ソフトバンクの電波状況が悪いみたいですね」と

2年前にYmobileにしたのでソフトバンクの電波を使っているから
それならばどうすればいいのかと聞いたところ

ビックリするような提案を受けた

それは
今月中にauに変えると
端末が0円(iPhoneでも)

そして
夫のdocomoのガラケーも
「スマホスタートプラン60」というのを使うと
対象のスマホに限られるけれど
同じく端末は0円で
1年間は980円で通話かけ放題
(2年目以降はプラス1000円だけど)


今月中だと夫も私も更新月でないので
解約金が発生するのだが

なんと なんと

このプランには
キャッシュバックが付いていて
5万円がキャッシュバックされるのだそうだ

だから
解約金も その他諸々発生する料金も
全てこちらから相殺してもまだおつりがくるくらい


話を聞いてびっくりして
「いったいどこが儲けるんですか?」と聞いたら
お姉さんは笑っているだけだったが

私は
ただただ ラッキー〜!


スマホのからくり

全然わからない・・・・



そうして私は来月の更新月を待たずして
auに乗り換えたのでした



私も夫も1GBのプランだけれど
Wi-Fiを使ってほぼ自宅での使用のみの私は
毎月1GB以上使ったことがないので
二人合わせて2GBあれば十分

二人で入ったから
私は家族割が使えて500円引きになるから
想定していたYmobileの料金と変わらないから
納得

ただ1年を過ぎると夫の1,000円プラスが気になるけど
1年後にソフトバンクの通信状況が改善されていれば
またYmobileに変えればいいかな 

auの中途解約金は1000円だから


ただ夫の端末はauでしか使えないので
その時は娘や孫の使わなくなったiPhoneを譲り受けようと思っている

そうすれば
端末代がかからずにYmobileに乗り換えることが出来るから・・・


夫のandroid BAS104
6D575E68-26F7-4C63-8CC9-53A400D11D0E
117A93B2-74FD-4D68-923A-DB458D5E3914


androidは初めてなので
私は昨日からマニュアルを見て
せっせと設定に励んでいる

かけ放題なので家電代わりに使おうと
電話帳にいっぱい入力して

ほぼ私の2台持ち

ワンタッチボタンには
私と長女と次女の名前をひらがなで入れて
「ここを押せばすぐに電話できるよ」と教えたけど
夫が使えるかどうかは疑問だから・・・・





さて
昨日は移行の手続をしてもらう待ち時間に
丁度お昼になったので
久しぶりにお店の近くの回転ずしに行った


外食は躊躇いがあったのだが
このところ
新潟県では感染者が増えているのに
佐渡市では2週間感染者ゼロになっているので
ちょっと安心して


佐渡の回転寿司は
150・230・300・360・430・600円の料金設定

私の食べたい物は全て230以上
夫の好きな物は150が多くて

夫は8皿半(私が食べきれなったの半分)
私は5皿半

夫の食欲旺盛にびっくり

でも帰宅時にはお寿司を食べたことは
きれいに さっぱりと忘れていた(笑)





実り多い 一日でした♫








今日の朝食
A4DD1EED-4C39-44D3-BAB6-43A9B92CEC46


いつもと変わらないどころか
パンを温めただけなのだが
夫は
「ホテルの朝食みたい」と

紺のお皿にキュウリとトマトの色が映えていたからか
クロワッサンとミニアンパンが
ホテルの雰囲気だったのか・・・

思わず
「ありがとう〜」って言ってしまった(笑)


因みに昨日の朝食は
8FD4A340-CD8F-4389-8CE8-5FB0324701FD

こちらもいつもと変わらずで
今夏は大葉と梅干ご飯は定番に

それにごはんでも味噌汁でなくコーヒー
という手抜き

これでも夫は全然文句を言わずにきれいに食べてくれる



昨日は図書館で夫のために選んで刈りてきた本
0D28A7BD-5CD1-409F-8BBD-803550ED3927


夫の好きそうな本を熟知している私は
どんな反応をするかなと
ちょっとワクワクしながら借りてくるのだが

案の定
「面白い本借りてきてくれたね」と
嬉しそうに言ってくれたので
ニンマリする私

実は2度も3度も借りている本もあるのだが
幸か不幸か
本人は記憶がないので
何度でも喜んでくれる(笑)


以前は一緒に図書館に行っていたのだが
決断することが出来なくなって
1時間以上たっても決められないので
コロナ禍で「短時間でお願いします」と言われてからは
私一人で行って
サッサと借りてくることにしている

買い物も一人で短時間で なので
夫はデイサービスに行く以外は
畑にでも連れ出さない限り
ずっとソファに座って読書三昧

昨日も借りてきた本をずっと読んでいるので
(これだけでも刺激があるので良いのだが)
「あまり根を詰めて読んでいると頭が痛くなるから庭の草取りでもしよう」
と誘ったのだが
そちらは拒否

私が一人で蚊取り線香を抱えて
汗を垂らしながら草取りを終えて家に戻っても
涼しい顔をして読書を続けていた


そして私を見て
「どこに行ってたの?」と



まあ
私は私の健康のため と思えば

いいか〜


夫が穏やかでいてくれれば







感染者急増の中でのパラリンピックが開幕した


オリパラ開催には否定的な意見が多かったが
実際にオリンピックでのアスリートたちの姿を見ると
テレビで観戦するだけでも感動するものは多くあった


そして続くパラリンピック

これもまた更に感染者激増の中なので
多くの反対意見もあり
私もアスリートの人達の気持ちを考えなければ
どうかな・・・・という思いでいた

子供たちが会場で観戦することにも否定的な意見が多く
それに関しても私も否定的な気持ちがあった



しかし
昨日の水泳の競技を見たら気持ちが変わった

パラリンピックこそ開催すべきではないかと

そして何とか感染対策をして
選手たちの生の戦う姿を見せるべきではないかと


パラリンピックはオリンピック以上に
子供たちが学ぶものはたくさんあると思う


と思う反面
やはり今の医療現場の実態を見ると
無理があるのかもしれないな・・・・とも


それならば
教室で授業の一環として
先生も生徒も一緒に観戦して
それぞれの感想を皆で話す場を作ってほしい と

一人で思っているばあばでした



午後から雨の予報なので
朝食後に夫を誘って
畑の草刈りに出かけた


先日 刈刃を逆に取り付けた私
付け直したのが正しいかどうか
早く使ってみたかったのもあり
夫にエンジンをかけてもらって
使ってみた

やっぱり

先日とは切れ味が全然違う


面白くてかなりの範囲を私が刈る間
夫は何もしないで私の周りをウロウロ

オイルがなくなってエンジンが切れたので
次は夫に交代


夫が刈ると私よりずっと丁寧に

私は虎刈り
夫は上手な床屋さん状態


夫が刈っている間
私は熊手で刈った草を集めたり
草払い機が使えない所の草を
手で抜いたり鍬で耕したりして


最後は夫が集めた草を箕に乗せて
捨て山に運んでくれたり
道路に散った草を竹ぼうきで掃いてくれたりして


10時ごろには
雨がポツポツしてきたから家に戻った





ノンアルコールビールを美味しそうに飲んで
お昼ご飯を食べて
今はソファーでお昼寝中の夫

今日は調子が良さそう・・・





認知症が病気と違う所は
いつも具合が悪いわけではないし
出来る事出来ないことがいつも同じでもない

だから
昨日出来たことが今日出来なくても
直ぐに悲観することはないのだが
昨日出来なかったことが今日出来ても
「治った!」と喜ぶことでもない

そして それは内容も頻度も
一人一人違う

「認知症」と一括りにして語ることは
絶対に無理、ということを
夫の認知症で体験して良くわかった


だから私は
認知症の専門家や介護の経験者のお話も
「一つのお話」と捉えるようにしている

型にはめて考えるなんてことは決して出来ない
それが認知症だと思っているから


多分 介護施設で働いている方は
それはよくご存じだから
臨機応変に対応して下さっているのだと思う


私は夫のタイプしか知らないけれど
だからこそ夫の専任介護者として
臨機応変に対処していきたいと


えらそうに思っている所でございます・・・・。






夫の尊厳に関わるようなことを
軽々しく公開するようで躊躇いもあったのだが
同じような立場の方々のご参考になれば
との思いもあり
勿論私の備忘録としても
書き記すことにした




昨日 
夫の入浴時のこと

お風呂のドアが開いた音がしたので出てくるのかなと思ったのだが
その様子もなく
ただならぬ臭いが漂ってきたので行ってみると

浴槽の蓋も閉めないでシャワーを浴びていて
もしかして と思ったので
「トイレにに行った方が良いよ」と言ったのだが
それでも酷く臭うので良く見たら
バスマットに便失禁していた


お腹が痛かったのでもなく
下痢をしていたわけでもないのだが
どうしたのか聞いても要領を得ないので
汚れ物はポリ袋に入れて捨てて
体を洗ってからトイレに行かせたら
落ち着いたらしく
いつの間にかお風呂に戻って
再びゆったりと湯船に浸かっていた


浴室からトイレまでは2〜3歩
下痢でもしてなければ間に合うと思うのだが・・・



我が家は必ず私が後から入るので
入室時に「あれっ」と思うような臭いがすることがあった

でも浴室が汚れていたことはなかったので
気にしてなかったのだが
もしかしたら少しの物はシャワーで流していたのかもしれない




畑に居る時に急いで家に戻る気配がして
気になって私も戻ると
下着の中で失敗していることは
以前から時々あったけど

昨日のようなことは初めて

新しい段階に入ってきたのかな〜 と
私の大変さより
夫が不憫で可哀想になった




ちょどその騒ぎの時に
次女が
「夕方から海に行って遊んできた」と
楽しそうな写真をラインで送ってきたので
簡単に顛末を送信したら
とても心配してくれて
その後すぐに長女からも電話があり
「妹から電話があったけど」 と


娘たちがそれぞれに
私のことも父親のこともとても心配して
寄り添った話をしてくれるので
それだけで私も気持ちが軽くなった


直ぐにでも飛んできそうなことを言うから
コロナで来れないよとお断りしたけれど

デイサービスやショートステイを利用しながら
私の心身の安定を図りつつ
子供たちには寄り添ってくれる言葉をもらいつつ

新しい段階に入っても
出来るだけ楽しく暮らしていきたいものだと
思っている私です











朝方は結構な雨が降っていたのだが
お昼前には上がって
鼓童の太鼓の音に踊りだしたくなりそう


雨の後にお日さまが出ると
あっという間に草が生えるから
畑の草刈りをしましょうと
その前に草が絡まないように買ったブレードを
取り付けることにした


ナットを外すために
力のいるスパナを回すのは夫に手伝ってもらって
取説を見ながら頑張って完了

午後から夫と二人で交代で
草刈りをした


まき草カッターを取り付けたので
草が絡まる煩わしさは軽減されたけれど
何だか少し違和感が

それでも満タンの燃料がなくなるまで
汗びっしょりになって続けて
一旦家に戻ることにした

服を着替えて一服して
再度取説を見てみたら

刈刃の取り付け方向が逆みたい

畑から草刈り機を持ってきて
夫に手伝ってもらって
再度付け直した

827B5090-CC40-4AAD-A3B0-845618BCCDBB

多分 これが正しいのだと思う


何だか切れが悪くて
草の上を滑るような気がしていたのだ

それでも何とか切れたのだから不思議だけど
必ず先ずは失敗する私

失敗するからガーンときて
悔しいからしっかり覚えるからまあいいか
(負け惜しみ)



明日も草刈りしたいけど
夫がデイサービスに行ってしまうと
スターターノブを引く力が弱くて
私にはエンジンが掛けられない



火曜日まで待たなくては・・・





今朝6時少し過ぎた頃
一瞬 ドンッと音がした
「地震?」

直ぐにテレビをつけたけど
テロップも出ないので気のせいだったかなと思ったら
5分以上経過してから出た

震源地は佐渡付近
震度は2

佐渡で震度2以上の地震は
1年に一度あるかないか
時間もほんの一瞬

首都圏のように直ぐにテロップが出ることもないので
「気のせいかな」で済んでしまうことも多い


それより今はかなり強い雨が降っていて
庭にはいくつもの水溜まりが出来ている




さてタイトルの話に戻って

30682F5E-B5DA-459C-BD2C-41BF9562A9FE

今日の朝食

我が家でよく使うこのお皿

仕切のあるワンプレートなので重宝しているのだが
かなり重い

10年以上前に3coinsで2枚購入したのだが
歳と共に「重いな・・・」と感じるようになってきた


F161DEB1-AABB-4492-9671-D9B31AA8229F

昨日のお昼に食べた冷やし中華は
近くの旅館が閉館する時に頂いてきたお皿

これは軽くて大きさもちょうど良くて扱いやすいので
出番が多い


夫と二人暮らしだと
大きなお皿はほとんど使わなくなったし
大きな鉢も
炊き込みご飯を食卓で好きなだけ取り分けて食べる時くらいしか
あまり使う機会はない


子供たちも来なくなって
お客様も来なくなって
大きなお皿も鉢も
ソーサー付きのカップも要らない

吉野家の牛丼のような蓋つき丼も
そんなにたくさん食べられないから要らない

日本酒を飲まなくなったから
徳利もお猪口も不要

でも徳利は
一輪挿しにしたりそばつゆを入れたり

お猪口は漬物や佃煮を入れて
ワンプレートに乗せて利用したりして利用しているけど


娘たちに聞くと
自分たちの器を捨ててでも欲しいと言ってくれるので
捨てずにとっておこうとは思っているけれど


器は
軽くて使い勝手が良いものが数点あればいいと
最近は思いを強くしている私です







昨日は朝から夫を誘い
放置してあったいくつかの畝を
耕運機で耕してもらい
私はブロッコリー苗を
自分で鍬で耕して3畝植えた

お昼少し前に終えたので
シャワーを浴びて着替えをしてから
虫よけの寒冷紗をホームセンターに買いに行き
昼食を終えて少し休んでから
夫に手伝ってもらって
なんとか3畝にかけて終了した


順調に育ってくれるといいのだけれど・・・


足腰少し筋肉痛なので
大根種を蒔こうと思っているけれど
もう少ししてからかな〜・・・



33D9B5FF-C968-4FA9-A858-318D23F2157C

昨日 ホームセンターに行く時に見たら
鼓童のECのライブ会場がほぼ出来上がり
その後リハーサルの太鼓の音が家にいても聞こえてきた

今日と明日の2日間
無観客でライブ配信されるので
夜には力強く軽やかなリズム溢れる太鼓の音色が
家にいても聞こえてくることでしょう


ハーバーマーケットもオンラインショップになるそうで
寂しい限りですが

来年こそはと願っています



それにしてもここにきて
ワクチンの効力はやはり8か月ほどしかないとか
副反応が少ない高齢者は
それよりもっと短いかもしれないとか

ワクチンをそんなに何回も無料で打たせるほど
国に財力はあるのか

そして何度も打って副作用はないのか


老い先短い高齢者でも心配になるのに
若い人たちに未来はあるのかしらと
心底 心配になります





夫はデイサービス
私は街まで買い物に出かけた

感染者が増えているから
なるべく中心街には出たくないと思っていたのだが
夫のノンアルコールビールの在庫がなくなったので
仕方なく


実は
夫はテレビのノンアルコールのCMを見て
「あんなの飲むくらいなら水の方が良いよ」と
自分ではビールを飲んでいるつもりらしいから
笑ってしまうけど(笑)



午前中はお日さま燦燦だったので
車はエアコンをかけて一人快適に

でも走りながら
穏やかな海や
実が付いてきた稲穂を見ると
夫にも見せてあげたいなと

デイサービスの送迎の車からも
海も稲穂も見えるとは思うけれど
距離も短いしドライブとは違うでしょうから

たまに一緒に出掛けると
「久しぶりだな〜 この道」と言うから



買い物は一人の方が身軽に動けるし
感染下ではなるべく人ごみに連れ出したくないしと思って
街まで出るのは夫不在の日になってしまっているが
道中の景色を見ると思いは複雑です




今日の朝食
65E523AA-3674-442B-9785-BF5406F4DDD9

牛乳の代わりにヨーグルトでフレンチトーストに

うっかりして少し焦がしてしまったけれど
バターとメープルシロップで

ヨーグルトとキウイの酸味が好き




午前中 買い物に出た時には
ポツリポツリと降り始めた雨だったが
雨量を観測するほどの量もなく
今は薄曇りで少し風があり涼しい

小木港前のみなと公園では
鼓童のEC会場の設営が始まっていた

今年も残念ながらライブ配信になってしまったが
来年こそは賑わいが戻ってほしいと思う


今日の朝食
D028204B-B596-4481-B2F1-1BCE2DE59A1B

大葉・梅干し・塩昆布おにぎり

油揚げ煮浸し
油揚げを油抜きしてから薄甘辛煮して箸休めに作り置きしている
そのまま稲荷ずしにしても良いし
きつねうどんにしても
作り置きしておくと便利

オクラの茹で浸し

ゆで卵
(殻をむいた卵に藻塩を塗してジプロックに保存
  塩味が中までしみ込んで美味しくなる)

味噌汁は
イカをボイルした汁にジャガイモ・玉ねぎ・トマト・エノキの具
トマトの酸味と旨味がいい
出汁は一切入ってないのにイカやきのこや野菜の旨味で
美味しい味噌汁になった



昼食は
F491F6CA-6462-4784-BC4A-D0E5BA614B73

4枚切りの厚切りパンが食べたくなったので

バターを乗せてトースターで焼いて
一人で1枚は多すぎるので夫と半分ずつ

厚切りベーコンを焼いてから
卵にモッツアレラスライスチーズをちぎって入れて
スクランブルに

浸しオクラを乗せて



夫が何でも食べてくれるので
本当に嬉しい

料理というようなものは作ってないのだが
最近は食事の支度が全然苦にならない


これは夫が認知症になって困ることとが相殺されるほど
私にとってはありがたく嬉しいこと


さて今晩は・・・・




月曜と木曜はデイの昼食と重ならないように
カレーだけは避けるようにしているけど
(帰宅後に献立の紙を見てカレーが重なったことがあったので)

でも本人はお昼に何を食べたか記憶にないから
重なっても良いのだけどね(笑)





先ほどから雨が降ってきました
小雨ですが肌寒くて
部屋の中でもカーディガンを着ています


寒い・・・

あらま
夫がリビングの窓を全開にしている

その前で夫は本を読んでいるけれど
寒くないのかしら?


今朝も夫はズボンを前に当てたまま
うろうろと歩き回っていた

「早くズボンをはいて」と言っても
「はい!」と言っては又同じ事の繰り返しなので
先日から違う声掛けにした


「はい ズボンはいて〜!」

「いち にい さん しい GO〜!」


これがすばらしい

見事に素早く両足を入れて
完了〜

「なんだよ〜」と言いながら夫も笑い 私も笑い


いつまでこの策が効くかな?(笑)





日本列島の至る所で被害が出ている大雨
過去に何度も被害に見舞われている所ばかりでなく
長年住んでいるけれど初めてという所も多く
少しの崖も小さな川も
少しの油断も出来なくなっている

コロナウイルス同様に
一人一人が命を守る行動を




佐渡は
昨日も今日も雨はなく
薄曇りで時々日が差して
涼しくて気持ちの良いお天気が続いている

そろそろ畑にブロッコリーの苗を植えようかと思っていたが
よく見たらまだ本葉が4枚しかない
5073FE06-531D-46DB-BB54-155F0B5B439F



タネが入っていた袋を見ると
本葉が5〜6枚になったら と書いてあるので
もう少し待たなければ・・・


先月種を蒔いた時に残しておいたのがあったので
ポットに種まき培土を入れて
育苗することにした
14FBD02D-2947-4FA4-8393-55FB7DBE5A08


これが全部育ったら
畑中 ブロッコリーだらけになってしまう(笑)

夫はブロッコリーをあまり食べないのに・・・



昨日は夕方になってから
一日中テレビと居眠りの夫を誘って
キュウリを撤去しに畑に行った

支柱が深く刺さっていて私の力では抜けないので
夫に抜いてもらって
キュウリの畝はきれいになった

その後
私は草取りをして
夫にも同じようにしてくれるように頼んだのだが
2〜3本抜いてはジーっと私のすることを立って眺めている

そんなことがしばらく続くと
かえって私はイライラしてしまうので
「もういいから帰って」と言うと
「はい!」と言って家に帰って行った

1時間ほどして私が汗びっしょりになって戻ると
夫は扇風機をつけて
涼しい顔をしてテレビを観ていて
「おかえり〜」と


一瞬「なんで!」と思ったが
悪気のない夫を見ると怒るのも虚しくて

やっぱり畑はやりたくない〜・・・・と



それなのに
ブロッコリーを沢山植えようとしている私


なんだかな〜。。。。





九州 中国地方から
三重 愛知 岐阜 長野 富山 福井 新潟まで
大変な大雨の被害が出ているらしい

佐渡にも警戒レベル4のスマート通知が入った

我が家の周辺は小雨の中セミがミンミンと鳴いている

この雨
まだしばらく降り続くそうで
これ以上大きな被害が出ないようにと
祈るばかりです



そんなお天気なので
本日のお昼は温かいそうめんにした

99FDBA53-0EBA-4EE3-91A8-C31215104AC1


片栗粉でとろみをつけたかきたま汁に
茹でたそうめんを入れた

夫は食べてくれるかな?・・・
心配しながら出したのだが

フーフー言いながら完食
汁も全部飲み干した

良かった〜


これで又夫に出しても大丈夫なものが増えて
嬉しい♫



夫は認知症が進むまでは好き嫌いが多くて
いつも
「いい 俺は食べないから」と言い放ち
食事作りが本当に嫌で嫌でたまらなかったけれど
最近は何を作っても食べてくれるので
外食したいとも思わなくなった


今日は
「晩御飯 寿司にしないか?」と夫が言ってきたので
昼食後にお刺身を買いに行ってきた

大きな盛り合わせの桶を見せたら
夫は大喜び

すし飯を炊いて
だし巻き卵を焼けば
夫の喜ぶ晩御飯になる


何でも食べてくれるから
普段はあり合わせ料理ばかりでも
たまに家でお寿司とか焼肉にすると喜んでくれるので
ただでさえ外食しない我が家
ますますおうちごはんにばかりになってきた(笑)







佐渡は朝から雨
涼しくて窓を閉め切っているから
仏壇のお線香の煙が家中に充満しています


さて今日は
私のお気に入りのサイトのご案内

介護ポストセブン

私のブログの右下にある links にも貼ってあるのだが
毎日チェックしてしまう程のお気に入り

介護に関することばかりではなく
ライフスタイル・お金・終活・知恵・レシピ・予防法など
私の興味のあることが満載

その中でも「脳トレ」は大好きなコーナーで
パソコンの」画面だけでは書き込めないので
プリントアウトしたり
問題をメモ用紙に書き写したりして楽しんでいる

毎週木曜日に連載されている
つがえまなみこさんの
若年性認知症のお兄さんを介護されている様子を
ウイットに富んだタッチで書かれている物を読むのも
週に一度のお楽しみ



とても楽しいサイトなので
良かったら覗いてみてください〜








今日も涼しい佐渡です



このところもやもやとしながら考えている畑

私はこのだらだらと引きずている事が大嫌いなので
思い切って査定だけでもしてもらおうと
先ほど不動産会社にメールで査定依頼を送った

お盆休みが入るので
お返事は少し遅くなると思うけれど
とりあえず査定だけでもしてもらい
急ぐことはないので
買い手が見つかるまで時間があれば
少しの作物は作っていようかな と

更地にしても
なかなか売れなかったら草刈りだけではつまらないから
玉ねぎやジャガイモはいつも通り作って
収穫前に売却出来たら
その時は潔く更地にしましょう と



こんな大切なことも
私一人で決断しなければいけないのはしんどいけど
持っているものを手放して行かないと
私一人ではこれから先
もっともっとしんどくなることでしょう

私の頭と体が動くうちに
一段と断捨離を進めなければ
と思うと
やっぱり畑は早く処分しなければと
思うに至ったのです







上下水道完備の
佐渡市の分譲地の一画で100坪弱
海も見えます

佐渡に移住をお考えのどなたか
いかがでしょうか?


↑このページのトップヘ