佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

雲一つない快晴の空
部屋の中は25℃になっているほど
燦燦とお日さまが差し込んでいる

でもこのお天気も今日までらしい
明日からは曇りと雨

12月の声を聴く木曜日からは
雪の予報になっているから
名残惜しい気がする


今朝も夫はお迎えの車が来ても
なかなか腰を上げようとしないので
「何してるの?」「お迎えがいらしてるよ」と言うと
ヘラヘラと笑いながらゆっくりと出て来て
開口一番職員さんに
「どっちが強いと思います?」と

彼女が返事をしないでいると
「わかるでしょ?」「大変なんですよ僕は」と

いつもの口だけ達者な夫
分かったようなことを言う

それに対して職員さんは
「うちは反対なんですよ」
「夫の方が強くて」「何でも夫の言う通りに」と

そして夫の事を
本当に優しい旦那さんだと思っている様子だった

確かに今の夫は穏やかで口答えもしない人だが
一人ではいつまで経っても着替えも出来ないから
私に手も頭も足も着させられて
「歯を磨いて」「顔を洗って」「この薬を飲んで」と
100%私に世話をされて日々の生活が成り立っている人

そのような症状が出る前の夫は
とんでもない亭主関白で
娘達も身震いするほど
絶対に夫にはしたくないタイプの人間だったのに

そんなことは今の夫しか知らない人は信じられないのだろう

夫が認知症なのはご存じなのだが
昔から穏やかで優しい人だと思っているのでしょうね


亭主関白だった頃も
自分の会社での仕事以外は全て私に依存していた夫なのに
外面の良い夫は私のことを「かかあ天下」と他人には言いふらして
「誰の働きでご飯食べられてるんだ?」と言う夫に
黙るしかなかった私

やっぱり今でもこの夫の得意のセリフには
腹が立って仕方がない


どっちが強いって
誰があなたの面倒見てるのよ‼

今ではいくらでも夫を困らせることはできるのだけれど
逆に今の夫にはもうできない・・・






本日の佐渡は暑いくらいで
私は午前中に買い物に出かけて帰宅してからは
半袖のワンピースに着替えて過ごしているほど

でもこれから急激に天気が変わるそうで
強風が吹いて来た
こんなに晴れているのに


昨日の夕方
ゆうパックが届いた

ネットで買い物した覚えはないし
何だろう〜・・・と思って受け取ると
茅ケ崎の次女からだった

開けてみると
D53545D5-319D-4DC4-A2AA-4A28A7D37F77
084FB33A-3F4B-4BD4-94E5-C8F5F7550526
163480D2-17C7-4D1E-94EF-657C9B9F86D3

カステラとナッツのお菓子は娘のお気に入りのお店の品
鳩サブレは夫の好物
スパイスケーキとゴマ入りのおからクッキーは娘の手作り

夫は鳩サブレよりおからクッキーを早く食べたいと言って
夕食後直ぐに一枚ずつ食べた

彼女の作るクッキーはどれも夫は大好きで
あっという間に食べてしまうから
隠しておきたいくらい

おからクッキーは私も作るのだが
数が焼けないので直ぐに食べ切ってしまうから
貴重なのに

B0B8E0EC-43EC-41F8-BCB3-43C0142D3DCE

スパイスケーキはお店に売っているのみたい
焼き菓子の詰め合わせに入っていたのと同じ味だった



D312C005-9467-47D5-ADD2-582A78832BE5

毎年手作りしている味噌も入っていた



来週からは12月
予報では12月になると直ぐに雪マークになっている
タイヤ交換をお願いしたが予約でいっぱいでだとか

いよいよ冬将軍の到来です

娘が言うように
送ってもらったお菓子とコーヒーで
のんびりまったりと過ごすことにいたしましょう〜(^^♪



本日の佐渡は小春日和
リビングは暑いくらいになっている

手仕事も一段落して
夫もデイサービスに行き
まったりと過ごしていると
逆に考え事もしてしまう


先日の夫のデイでの出来事をもう少し考えてみると
夫は思った以上に進行しているのかもしれないと

口だけは達者で
瞬間的にはウイットに富んだ返事をしたりして
会話になりそうなのだが
自分で言ったことも瞬時に忘れるから
やはり会話にはならない

そして着替えも
いくら時間が経過しても着られないので着せようとすると逃げ回り
「わかったから」「自分で着ます」と言いながら
逃げた先でそのままの姿勢でいる
最終的には私に着せられているのだが
毎日繰り返されるその出来事を
本人は何も覚えておらず
何事もすべて自分で出来ている感覚でいるらしい

先日のデイでの出来事も
もちろん何一つ記憶には残っていないので
本日からは
汚した時に取り替えていただく着替えの衣類を入れた大きなバッグに変更したのだが
それも気にする様子はなく
実にお気楽な夫

以前の夫は全てに細かくて神経質だったのに
と思うと
改めて夫の最近の進行の度合いには驚く

区分変更の介護認定調査をしていただいたら
もしかして要介護3にもなるかもしれないほど
食事を自分の手で食べられる
自分の足で歩けるという身体的機能は異常がないが
判断力や実行力の認知機能はほぼ機能不全に近いと思う


ただ私は今の状態では
夫を施設入所させる気は全くないので
区分変更の依頼をする気にはなっていない

というのも
母を特養に入所させた時に
母が「何でもお手伝いするから家に帰りたい」と言って
私は泣きながら帰ってきた辛い記憶があるのと
入所後に刺激がなくなったからか
あっという間に母の認知度が進んでしまったことがあるから

それでも当時は夫の顔色を窺がいながら母の介護があったので
夫の方を優先して母を預けたのだが
現在の私は夫の事だけ考えていれば良いから
施設入所の選択は今のところはないと思っている

夫は私さえいれば幸せで
出来ればデイには行きたくないが
私のために行っていると言うので
デイをあと一日増やすくらいのことはあっても
今のところはこのローテーションでいいかな〜と



この「今のところは」が大事で
親の介護の時と違って私自身も同時に老いが進んでくるので
この考えはいつまで通用するか分からないのも現実

サポカーに乗ってはいるけれど
いつまで運転ができるか分からないし
痛い所だらけでは夫の介護などと言っていられないかもしれないし

まあ 先のことは深く考えないで
今のところはで善しとしましょう〜





今朝はテレビでも新聞も
ドイツに逆転勝利したワールドカップの話題ばかり

夫は国民がお祭り騒ぎをすることには
昔からそっぽを向くあまのじゃくな人
オリンピックもサッカーも然り
だからライブでテレビを観ることはないから
朝起きるまで結果は知らない

でも新聞やテレビで結果を知ったら
今度は繰り返し
「ドイツに逆転勝利だってよ」と
何度も何度も同じことを言って私に聞かせる

うるさいからbsプレミアムで
夫の好きな番組でも見せようと思ったら
あいにく何もない
BS1にしてみたらドイツ戦の再放送

今はしっかりそれを観戦している
ライブだと思ってるみたい(笑)



さて
昨日は私の体形に合ったエプロン制作に勤しんだ

6E55AC68-8FE8-464D-9F54-8A2C6F5A6D5D
EB8870FC-CC06-45D5-BC5B-EA61CFAF8000
8F68A8B6-0EF3-4C3E-8987-F9422AA9D20F

布がたっぷりあったから
布幅ぎりぎりまでで裁断したので
後ろまでしっかり回る
これなら私の体形でも大丈夫♫


手仕事モードに入ってきた私
次は何を作ろうかと
ワクワクしてきた



夕方デイサービスの車が到着して
いつもなら職員さんがドアを開けて夫を下ろしてくれるのだが
その前に職員さんは急いで紙袋を持って私の所に走ってこられた
そして小声で
「トイレが間に合わなくて」
「一応こちらでざっと洗ってはありますが」と

その後夫はニコニコ笑いながら
「ただいま」といつも通りの様子で

施設でお借りしたズボンを履いて
パンツは紙パンツだったが
何一つ気にする様子もなく
私が「覚えていないみたいです」と言うと
職員さんも「そのようですね」と

幸か不幸か瞬時に忘れるので
ショックを受けたり気に病んだりしないのは助かる

ポリ袋に二重に包まれた洗濯物は臭いもなく
綺麗に洗って下さっていて感謝しかない

一応、再度洗濯して直ぐに干した

そして夫は
初めての紙パンツだったが全然気にする様子がなくてビックリ

家でも毎日お風呂に入るので
脱ぐ時に少し戸惑った様子だったから
「捨てるから」と言うと
「そうか」と意味なく笑っているだけ

これなら次回のデイからは紙パンツにしても大丈夫そう
お出かけの時にも


これからも色々と
対応の仕方を考えていかなくては

私は整形外科で手術を勧められていることがいっぱい
でも夫の事を考えると行動に移せないでいる

よく「ショートに入れてその間にすれば?」と
簡単に言われるけど
その手術は島外の病院でと言われているので
通院でさえ夫を連れては行けないしデイでは時間的に無理
その都度ショートをお願いして
入院期間もお願いしてとなると
点数的に足りなくて自己負担が発生してしまうし
その日にちや時間の調整の手続きも面倒

そしてもし手術はできたとしても
術後の痛みに耐えながらも
私は夫の世話と家事も担わなくてはならない

色々と考えると
緊急事態でも発生しない限り
痛みと仲良くしながら日々暮らすしかないのが現実


いま一番気になっている痛みは
右腕の付け根と肩の前側
腱板断裂で
加齢により潤滑油がなくなり・・・

この現象は右ひざの半月板にもあり
手術以外にはヒアルロン酸の注射で対応するしかないとか

膝は階段の昇降も出来ているし
曲げられないから不便ではあるけれど
まあ何とかなっているが
右肩は車のハンドルを握る高さに上げただけでも痛いので困る

そして眠る時にも
私は横向きでないと寝られないのだが
左を下にすると心臓が圧迫されて
心房細動の発作が起きることが度々あったのでなるべく避け
右を下にすると右肩が痛くて眠れない

だから毎日熟睡することが出来ず
気持ちよく眠れたと思う日はいつだったかしらと
思い出せないほどこの状態が続いている


といっても
私はそんなことに悶々としているわけではなく
AA169B3F-659B-48BF-A810-91D716EB85A6

昨日完成したエプロン
鉛筆みたいに細い娘たちが着れば
こんな感じになるのにな〜と思いながら

今日もこれから
私の体形に合ったエプロンを作ります♫



昨日は暖かい一日だった
今日は外に出ると風は少し冷たいけれど
家の中は暖房なしでも24℃になっている

そんな昨日は
先日購入したエプロンから型紙を採って
気に入った残り布があったので早速制作に取り掛かった

そして完成したのが
00C91778-04DB-4919-ADEE-DAA10547E79E


実は脇のカーブだけを採った型紙だったので
上と脇を逆にして裁断してしまう大失敗を

でも何とか使えるようにしたいと工夫を重ねた結果
幅広になった上身頃はタックを取ったりして
このような形に納まった

次作は間違えないように
型紙通りに作りたいと楽しみにしている


E1A67B63-0241-47C9-8218-FB04BCA1D45B

今朝のデッキ

2C8723C0-D619-46E4-996B-4F1F4CA8B970

ハチの巣もまだそのまま




今日は小春日和で
家の中より外の方が暖かいくらい
リビングにも眩しいほどの光が差し込んでいる

夫にもうっかり上着を着せないでデイに送り出してしまったが
多分今日は寒くはないでしょう

今朝も夫はパジャマを裏返しで着ていた
そして肌着のシャツは前後ろ反対に
(自分で着られるときは私は手を出さないので)

最近は肌着の上にフリースのカットソーを着ているのだが
毎朝なかなか着替えが出来ないので
私が頭と腕だけ通すのを手伝うと
そのまま胸の位置で止まったまま下まで下ろそうとはしない
胸の位置で引っかかったままでは気持ちが悪いだろうに

なんとか下まで下ろせても
体に覆いかぶさるような着方をするので
前下がりで後ろの裾が上がってしまっているから
その都度私が後ろから引っ張り下ろす

そしてトイレに行ってズボンを下すと
今度はウエストから肌着がベロンと出たまま
だらしのない格好で歩いている

無精ひげを汚らしく生やしているので
デイの日の前夜に私が電気カミソリでひげを剃る

歯磨きは私が言わなければしない


認知症の症状の一つが
身だしなみに気を遣わなくなること

夫は私よりずっときれい好きで神経質だったのに
見事に症状が進んでいて
昔の夫の姿を思い出すと悲しくなる

でも夫は私とは反対に
全てを忘れているし
現実が理解できない事ばかりだから
私がフォローさえしていれば
食べて居眠りしている生活が一番幸せらしい



それなら
まっ いいか〜(笑)








結局
私は本日中にどうしても用事を済ませたかったので
パンツ一枚でウロウロしている夫を置いて
出かけてしまった

パジャマのズボンだけ脱いだ姿の夫
朝の9時前からその格好でトイレを往復しているから
私が帰るのは1時過ぎだと思うし
それまでその格好でいたらと思うと心配になるけど
まぁ 何とかなるでしょう〜 と

走り出してしばらくは気になったけれど
夫が一緒なら「うるさい」と言われる音楽を
好きなだけかけてビュンビュン走っているうちに気も楽になった

予定通りに用を済ませて
1時過ぎに家に戻ると
夫はお出かけ用のズボンだけ履いて
(私がお出かけ用を出しておいたから)
上はパジャマのままテレビを観ていた

直ぐにトイレはどうなっているかと見に行くと
(本人に聞いても??の返事しか返ってこないから)
しっかり汚れていたから
排便はあったのだなと安心して
帰宅後すぐにトイレの掃除を

そして買ってきたお弁当を出すと
温めようと思ったのに
むさぼるように食べ始めてびっくり
お腹がすっきりしたからなのかしら

ごみ箱を見るとビールの空き缶が入っていて
何もしなくてもこれだけはしっかり飲んでいる(笑)

最近は夫は空き缶を可燃物の方に入れるので
飲んだことが直ぐに分かるのだ


相変わらず感染対策のために
デイでは夫が楽しめるようなことは何もないらしくて
たまに私と街まで買い物に行くことだけが楽しみらしいから
一緒に出掛けようと思ったのに
残念な一日になってしまった


何か夫が楽しめるようなことはないかな〜。。。



昨日は夫の5回目のワクチン接種だった

いつも通り行く前には
「今日は風呂には入れないな」
「いいえ、今はインフルでも何でもお風呂は入れるんだよ」
この会話をなん度も繰り返しても
接種直後にはもう注射をした事は忘れている

夜になってもどこも痛いとも言わず
勿論発熱する事もなく

ところが
今日は朝から出かける用事があるのだが
もう1時間以上何度も何度もトイレを往復している
便が出ないのだそうだ

「2階のトイレのウォシュレットの方が便秘の時には良いよ」と言ったら
もう何度2ヶ所のトイレを往復していることか

今も2階から降りてきて又1階のトイレに移動した

午前中いっぱいこれを繰り返すのかしら

置いて出かけたいのだけれど留守中にどんなことになるか分からないので出かけられない

困ったな〜

これもワクチンの副反応の一つかしら?




先ほどまではお日さま燦燦だったのに
急に曇ってきた

OMソーラーはまだ勢いよく運転しているけれど
予報を見ると「40分後には雨が降ってきます」と

風も出てきたので
曇ってくると急に寒々しい風景に変わってくる


昨日は捨てようと思っていた
30年ほど前に娘が着ていたグレーのカーディガンを
裾のゴム編みを切って短くすれば着られそうと思い実行

49E6F440-2572-469E-B197-366453F51192

ゴム編みの部分だけ切り落として
そのまま1cmほど折り返して千鳥掛けにした

私はカーディガンが大好きなのだが
裾のゴム編みが不要だといつも思う
裾が萎むのが嫌いなのだ
上から下までストンとした感じが好きだから
それも丈が短いのが

本日は30年以上前に買った
ローラアシュレイの紺のAラインのロングワンピの上に
このカーディガンを羽織っている
紺とグレーを合わせるのが好きだから

ワンピースでなくても
私はワイドパンツを履くことが多いので
丈の短いカーディガンは足が長く見えてgood

以前は身長が168僂發△辰燭里
背が高く見えるのが嫌だったけれど
最近は年毎に縮んできて今は163僂靴ないから
逆に背を高く見せようとしている(笑)


さて
昨日で裂き織も織り上がったし
予定していたロングカフェエプロンを作ろうかな〜




先日行った認知症検査
結果は2週間後とのことだったが
1週間後の昨日届いた

認知症検査の案内の葉書には
02896941-A85B-4989-B679-FBD216C1A1B7

「違反あり」だと「運転技能検査通知書」が
「違反なし」だと「講習のご案内」が届くとあった

昨日届いたのは
ACB5AE3A-A93A-4E2E-81DA-F31DB96AAA98
ななんと「講習のご案内」だった❣

え〜っ
間違いじゃないのと何度も読み返してみたが
BF64392C-9C6C-4F49-B23D-B3C5B9F3F127

「講習のご案内」と書いてある

もしかして
「軽微な違反」だったの?

いずれにしてもこんなに嬉しいことはない
直ぐに本予約の電話をして
夫のデイがお休みの日で
先日は朝早く家を出てお昼には帰ってこられたけれど
今度は昼から出て帰宅は夕方5時ごろになりそう
12月の20日過ぎなのでもう真っ暗になっているだろう

デイの日では帰宅時間に間に合わないし
自動車学校まで連れて行って
私が講習を受けている間に目を離すのが心配だし
置いていけば暗くなったら夫が一人だと不安になるのではないかと
どれを選択しても不安はあるので
家に置いておくのが一番安心だと思うことにした

自分のことだけ考えて行動できないのが辛いけど
なるようになるでしょう〜


ラッキーなお知らせでした
(眞弓ちゃん ご報告まで〜(^^♪))




今朝のこと
いつものように窓から外を眺めていた夫が
「あれはハチの巣か?」と

見ると
B389CEC8-DB1B-495B-82A9-1E2244A99123

ヤマボウシの葉が落ちた枝に
突然現れた感じに大きなハチの巣らしき物が

葉が茂っている間は全く気が付かなかったから
強風でどこからか飛んできて枝に刺さったのではと思うほど

周囲に蜂が飛んでいる様子もないので
冬の間に取り払っておかなくては・・・


それにしても
  ビックリ〜‼





今日は朝から冷たい雨
A101BD3D-CDAB-49BF-B937-A91B77DC7D9D

いろは楓はすっかり赤く染まって
落ち葉として庭を埋めはじめた

朝起きたら少し寒くて室温を見ると19℃
寒いのを我慢することはないからと
今年初めて床暖(床から温風が吹き上がるだけ)を入れたら
直ぐに21℃になったので消して
今は20℃が保たれている
でもお日さまがないのはやはりうすら寒い感じ



玉ねぎ苗を植えてから4日目
昨日まではトイレの便座に座るのも一苦労なほど足腰が痛くて
床に落ちたものはかかんで拾うことができないので
マジックハンドで拾い上げていた

今日は少しマシになったけれど
情けないほど日ごろの運動不足に祟られている

都内にいる知人にこの話をしたら
「畑なんかやめれば〜?」
「買った方が安いでしょ」

確かに
思い切ってやめればいいのに
ずるずると続けている私は何なのだろう・・・

やっぱり
自分で作った野菜で料理をするという充実感なのかな〜
多分ここが大きいのだと思う

ご近所さんに比べたら本当に種類も少なくて
ただの自己満足にすぎないのだけれど

畑の土地を売りに出してはいるものの
いまいち本気になっていない私だから
『人参を収穫したら、大根を収穫したら次は何を植えるかな』
『ジャガイモはどこに植えようか』などと
もう次の畑の配置のことを考えている

自分がいよいよ動けなくなるまで
決められないのだろうな〜。。。。。






昨日は佐渡市で一斉防災訓練があった

午前9時に警報のサイレンが鳴って
防災ラジオから流れる指示に従って
机の下に潜ったりして
落ち着いたら団地内の避難場所に集合

そこで自治会長さんからレジュメが配られて
C173C3E3-463B-4744-BE3B-6FB2FFBFEE5E

_搬欧鮹屬い峠けに行く
家族の傍に留まる
どちらを選ぶか聞かれた

すると夫は迷いもなくサッと,諒に手を挙げた
他の人は全員△諒なのに・・・・

これには正解はありませんと会長さんのお言葉
まずは自分自身の身の安全を確保して
次に誰を助けるかはその人の判断で良いと

確かにそうだけど・・・
夫はそうなんだ・・・

認知症で判断が出来ないのが半分
元来の性格が半分なのだろうな〜
いずれにせよ私は家具の下敷きになったままなんだね(笑)


そして
01B2E437-8EA0-493D-BD9D-24FB66D5F7E8

この質問に対しても
非常袋に入っている量では数家族には行き渡らず
かえって混乱するかもしれないということに思いは至らないので
単純に袋を開けてとにかく配るという夫はyesの回答

自治会長になった場合の方の回答もyes

この話を娘にしたら
「お父さんは昔から自分より他人って言う人だったじゃない」
「認知症になっても本性が出るんじゃない?」と

食べ物に関しては確かに昔からそういう人だった
絶対に自分から先に手を出す人ではなかったので
立食パーティーではいつも何も食べないで帰宅して
家で食べ直しをするという

だから仕事で宴会といっても
家で夕食の支度をしなくて良いという日は
泊まりの出張の時以外ほとんどなかったほど
深夜に帰宅しても家で食事をしていた

ただ家族連れでの集まりの時には
自分は食べなくても誰よりも先に手を出して
家族に食べさせようとしていた夫

やはり家族より先に隣人を助けようとするのは
認知症になったからなのかな〜。。。


まぁ 私は助けてもらえないことが分かったから
自助努力をいたします(笑)



日を追うごとに日差しが部屋の奥まで入るようになり
一週間前
114DCCAA-B99E-4455-86ED-B836F8C76A9B

今日はDDE5CA78-2F06-4092-90E7-E56A6248FB1C

ここまで
どんどん奥まで入ってきて嬉しい


昨日から比べると急に気温が下がって外は冷たい風が吹いているけれど
家の中は暖かくて気持ちが良いです♫




天気予報通り午後から雨と風が強くなり
それを窓から見ていた夫
「春の嵐だぞ」と

「春じゃないでしょ」と言うと
「夏か」
「夏じゃないよ」と言うと「冬か」

どうして秋が出て来ないのかしら・・・

「嵐で玉ねぎ苗大丈夫かな」と言うと
「玉ねぎ苗どこに置いてあるんだ?」
「昨日植えたでしょう」と言うと
「???」


午後2時ごろから暗くなってきたので
早めに食事の支度だけしておこうと台所で料理をしていると
テーブルにランチョンマットを敷いて
冷蔵庫からビール(ノン)を出してプシュッと

「お昼食べたばかりでしょ」「まだ夕ご飯じゃないよ」
と何度も言っても
一秒後には忘れて夕食モードに入っている

もう仕方がないので座椅子に座らせて
「飲みながらテレビを観ていらっしゃい!」と


あ〜〜つかれるぅ〜

穏やかで不穏にはならずとも
意味なく笑って意味なく「はい!」と言って
話がちっとも通じないのは疲れます。。。



柿の発送が終了すると
今度は玉ねぎ苗の定植
この二つが完了すると
我が家の懸案事項は一応一段落して
あとはゆっくりと冬支度に入る

その玉ねぎ苗の植え付けをするのに
昨日は夫を誘って畑に出かけた

マルチをかけるのには
夫に片方を持ってもらった方が楽だからと

でも
マルチをかけ終わって
さて800本ほどの苗も手分けして植えようと思ったら
全く指示が伝わらない

穴あきマルチを張っているので
その穴に夫が昔手作りして使っていた竹の棒で土に穴をあけて
苗を1本ずつ入れて土できゅっと固めて定植するのだが
苗を手に持ってしゃがみこんだまま

私は膝が痛くて曲げられないので
大股を開いて畝を挟み込むように立ち
穴をあけながら1本ずつ田植えをするように植えていくのだが
見ると夫はほとんど動いていない

動くように声をかけると
しゃがみこんだまま立ち上がることができないと言う

何度言っても意味不明な「はい」と言う返事と
意味不明な笑い声

もう傍にいられるだけでイライラするから
「家に帰っていいよ」と言うのだが
「あなたのそばに居たいのです」という
娘が聞いたら鳥肌が立ちそうな受け答えをするので
お昼になったから私も帰ろうとしたら
夫は立ち上がれなくて

もう散々

家に帰ってさっさと昼ご飯を済ませて
昼食後は一人で畑に

8畝に800本近くの苗を植え付けて
マルチの周りに土を被せて
へとへとになって家に帰った

そんな私を見て夫は
「どこに行ってたんだ?」と

腰も足も肩も痛いと言うと
「言ってくれよ」
「俺が明日やるから」

夫は「後で俺がやる」「明日俺がやる」といつも言う
あとで、とか あした とかはやらないと同じ
5秒後のことも忘れる人が後や明日はないから
やる気があるのなら今すぐやるはず
まぁ 認知症なのだから仕方がないのだけど
口だけは立派なことを言うから腹が立つ・・・


けれど
疲れ果てた私は夕ご飯の支度もしたくなくて
私の大好きな冷凍の「横浜あんかけらーめん」にしたら
夫はあんかけラーメンは好きでなかったのに
他にイワシの缶詰とモヤシとシーチキン味ぽん和えがあったからか
文句ひとつ言わずに完食してくれて
これは認知症のおかげで助かる(笑)

7B25D025-95EE-43B3-9D4F-7FC73C66B30A
B1104BAB-965A-4CE8-9F0E-EC25177D9776
0E4CAE55-2B8F-4079-8E64-47ED8F2FB31D
B9DDDB0B-B8BB-4383-B67A-1823A7A3B201

人参とブロッコリーと大根
そろそろ食べられそうです



数日前からちょっと気になる所に腫れ物が出来た
でも、微妙な場所なので受診するのが躊躇われて
相談する人もいなくて悶々としていた

娘たちは仕事で忙しいし・・・

それでもやっぱり誰かに聞いてほしくて
昨日は次女が仕事のない日だからと
思い切って電話をしてみた

娘たちは仕事が休みでも忙しそうなので
出なかったら切ろうと思ったのだが
珍しく直ぐに出てくれた

月火水と茅ケ崎から都内まで出ているのだが
木金土日は休みだから
割とゆったり気分で電話に出てくれて
久しぶりだったので40分ほど話を聞いてもらった

娘の勤務先のクリニックの先生に聞いてもらいたいとも思ったのだが
娘にはそれよりも土日になる前に受診した方が良いと
強く言われてしまい
私もそうだなと思って
本日は夫を送り出したら直ぐに出かけるつもりでいた

ところが
朝起きてみたら少し状態が良くなってきているような気がして
時間とともにその思いが強くなってきて
結局「もう少し様子を見よう」と

そう思ったらなんだか心が軽くなってきて
本日も娘は在宅かな・・・?と
再び次女に電話をしてしまった

在宅していた娘は
メダカの水槽のお掃除と
床の拭き掃除をしていたところだったが
気分が良くなっていた私はつい長々とおしゃべりを

でもはっと気が付いた
娘たちには貴重な時間だったのだと


娘達から電話が来る時は
彼女たちの時間の都合が良い時だから良いのだが
こちらから掛ける時は気をつけなくては

そう思って私はほとんど
自分のことで相談の電話をすることは控えているのだが
(夫のことも娘達から聞かれて話すことの方が多い)
やはり娘達に話を聞いてもらうのが一番心強いと
今日は思った

歳をとってきて
いつも強がりを言っている私だけど
娘達を頼りにすることが多くなってきてるのかな〜。。。




昨日、郵便局で荷物を出したら
帰りがけに可愛い小花模様のバッグをいただいた

嬉しくて
「わ〜かわいい!」
「ありがとうございます〜」と
ルンルンして帰ろうとしたら
「あっ バッグお忘れに」と

荷物をいっぱい出したので
自分の手荷物と上着は椅子に置いたまま
スマホだけ手にして帰ろうとしていた

実は先日も
お店で豆腐を買って家に帰ったら
どこを探しても豆腐が見つからない
レシートにはちゃんと打たれているのに

買った荷物をマイバックに入れる時に
最後に入れようとそのまま置いてきたのかもしれない

その日に必要な物ではなかったので
隣町までまた車を走らせるのも面倒でもうそのままに

本日同じお店に行ったけれど
もう1週間ほど前のことなので聞くのも恥ずかしくて
本日買った豆腐は忘れないように
しっかりとバックに入れて帰ってきた


元来、慎重派ではない私だから
年のせいか元々の性格なのかは分からないけれど
この年になってからのミスは
「いよいよ私もか・・・」と
夫婦で同じになるわけにはいかないので心配になってしまう


新聞に連載されている脳トレは欠かさずやっているのだけどな〜。。。。




昨夜の皆既月食の天体ショーは
時間が長かったのと
途中から雲がかかったりして
赤く染まった所は良く見えないままに
我が家では終了となってしまいました

夫を時々呼んでは
東の空を一緒に眺めたから
まぁ いいか〜


本日は夫が出かけてすぐに
渋抜き作業を終えた柿を
ホームセンターで買った専用箱に詰める作業をして
台車に積み上げて車まで運び
郵便局へ

郵便局では職員さんが台車を車まで持ってきて
中まで運んでくださるので
あとはスマホを端末にかざして次々と伝票を出して
職員さんが添付してくださるのであっという間に終了

このスマホ割は簡単で便利で割安で
荷物を送るのにとても助かっている

「郵便局は土日に送れないから」と言ったら
「休日には端末を集荷場所に移動させてあるので
9時と13時頃なら大丈夫です」と言われて
郵便局は我が家から一番近い発送場所なので
それはとてもありがたい


まだ作業は半分残っているので
明日は夫が在宅だから
夫にも手伝ってもらって残りを片付けなければ


毎年この時季
佐渡の人(特に南佐渡)は柿農家でなくても
柿の渋抜き作業や干し柿つくり
そしてそれを親類に送る作業で皆忙しい

冬ごもりの前の一仕事です




行ってきました
認知機能検査


8時40分からの受付なので
三瀬川の自動車学校までは1時間かかるからと
それよりも早く7時20分には家を出た

小木を出る時には晴れていたのに
どんどん雨雲が広がってきて
真野の海岸に出ると真冬の荒れた海みたい
空も暗くて車はライトを点灯している

国仲の田んぼ道では稲妻が何度も光って
それでも車は順調に走っていたので
到着したのは8時10分くらいだった

ところが自動車学校の玄関を入ると
「停電で照明も暖房も消えているので
 寒さ対策をして座ってお待ちください」と

機器が使えないとテストが出来ないのだそうだ
仕方がない
回復するまで待つしかない
いつもなら開始時間まで暖房の利いた待合室でテレビを観て過ごすのだが

でも思いのほか早く回復して
開始時間の9時にちょうど照明が明るく点灯して
予定より5分遅れくらいで部屋に入ることができた


本日の参加者は
男性4名女性5名の9名
初めての人は私を含めて3名
あとの人は経験者だった

色々と説明があり
その後大きなモニター画面に記憶する絵柄が次々と映し出された
これを5分で記憶して
次にそれをいったん忘れる作業をさせられて
その後に解答用紙に記憶した物の名前を記入していく

その絵柄はA〜Dパターンあり
私はAだけを何度も予習して行ったのだが
なんと
「本日はBパターンを使います」と無情な一言

でも仕方がない
憶えるしかないと必死で見つめたのだが
いざ書こうと思ったら
Aパターンの絵柄が脳の中で邪魔して混乱してしまう

バカな自分に笑うしかない

まあ 何とか書き終わって
最後は本日の年月日と曜日と時間を書いてお終い

夫の時には時計を書くのがあったのだが
今年の5月の改正でそれはなくなったらいい


教官が
「満点でなくてもいいんです」
「35点以下の赤点でなければ」と

そうよね
満点取る必要はないのよね・・・・と
負け惜しみを呟きながら

私はそれより
次の「違反あり」の人に来る
「運転技能検査」の方が心配なのだから

「運転技能検査に合格しなければ更新はできません」
「合否は検査終了時に通知します」って

今から足が震えそうです


今日は立冬
秋分と冬至のちょうど中間になるのだそうだ
いよいよ冬が始まるのですね

5B3A2A89-0D2E-4030-9DB6-3D6A9D4CFCF6
8214491C-BB9B-4DF4-ADD5-2BDC3058BB93

紅葉した落ち葉
我が家の庭にだけ落ちてくれればいいのだけれど・・・

B5500157-F40C-45CF-8010-364F8FA1D888

太陽が低くなってきて
リビングの真ん中まで日が入るようになってきた

冬になっても太陽が出ていれば家の中は暖かいのだが
日本海側の新潟ではそれは難しいのが残念

他に贅沢はしないから
エンゲル係数ならぬ灯油係数を上げて
暖かな部屋で心に温もりを持って過ごしましょう



ところで
このところ織りをしながら「好きな色」を考えていた私

私は色にとても心が左右される

着る物から身に着けるもの全般
部屋の中も見えるものは全て
好みの色で収まっていないと落ち着かない

そしてその色とは
衣類は紺・グレー・ベージュ
ほぼこの3色の無地
それに柄の入った淡い色のスカーフやマフラーを挿し色として使う
裂き織のバッグも紺系の生地に持ち手だけ赤にしたりして挿し色を

靴は
紺・黒・カーキ色・白の
履きやすいぺったんこ靴がほとんど

タオル類は濃いブラウンとキャメルと濃いブルーグレー

今一番好きなのは
このブルーグレーなのです

杢グレーとか杢ブルーという色が好きで
「杢」とは何だろうと調べたら
濃い色と薄い色が混じり合った木目のような生地、とあった

濃くもなく薄くもないという
キメ感がない見た目に抜け感がある
この絶妙なバランスが私は大好きなのだ
肩の力がふっと抜ける心地よさが


だから私の織りも
14B99DF1-A266-4E30-AC33-A31A6641A324

色を混ぜて染めた生地を使うのが好き


特に杢ブルーが大好き〜(^^♪



0611BEBE-409E-4B35-85E4-BFB6E955608C

椎茸が落ちてるように見えます?
見えますよね・・・



朝、落ち葉の掃除をしていて見つけた椎茸
一つだけだからポンとデッキの上に置いて
少し乾かしてから取り込もうと

しばらくすると夫が
「椎茸が落ちてるぞ」
「落ちてるんじゃなくて乾かしてるの」

5分も経たないうちに夫
「椎茸が落ちてるぞ」
「落ちてるんじゃなくて乾かしてるの」

30分ほどの間に何度繰り返したことか
このやり取り

「もう100回も言ったよね」と言うと
「100回ではありません」と
「じゃあ 何回?」と言うと
「2回かな?」と

「2回でも繰り返し同じことを言っているのだよ」と言うと
「わかりました」「もう言いません」だって

今 新聞を読み始めたから黙ったけれど
再び立ち上がったら言うこと間違いなし

放置していれば家の中に持ってくるのは確実なので
「触るんじゃない!」と言う前に
夫の目に触れない場所に移動させるかな・・・・


午前中は耕運機をかけてもらったので
ゆっくり居眠りをしてくれててもいいのだけれど(笑)



E268301A-A476-4355-B3F7-9E6FAD84E340
B4268080-7CD1-42FB-A817-DED54858FF47

織りの先生にいただいた別の布で
これも私の好きな感じ



畑の土が乾いてなかったので
土寄せしてマルチをかけるのは後日にして
(肥料を入れて耕したからあとは一人で出来るから)
織りが進められるかな〜(^^♪



今日の佐渡
午後からは雨は止んだけれど肌寒い

暖房なしでも一応室内は20℃あるが
夜になったらどうかな〜

庭は桜の落ち葉で埋め尽くされて
道路にもお隣の庭にも
大変なご迷惑をかけているから
今年は何とかしなくては…


友人からたくさんの柿を頂いた

在来種は先程渋抜き作業をしたから
食べられるのは少し先に

でも、早稲品種もいっぱいいただいたので
こちらは急いで食べないと直ぐに柔らかくなってしまう

夫が「りんごじゃなくて柿が食べたいな」と言っていたので喜ぶと思う

食べ過ぎないように
(お腹が冷えるから)気をつけなければ






何も予定のない祝日
のんびりと朝ごはんを食べようと
コーヒーの香りが部屋中に漂い始めたその時に
突然
空襲警報のような気味の悪い音が鳴り響いた

何事かと耳を澄ますと
「北朝鮮からミサイル発射」
「地下室か頑丈な建物に避難」と呼びかけが

佐渡には地下鉄は走っていないし
地下室のある建物も近所にはない

我が家の近くでは
琴浦に洞窟はあるけれど・・・

津波が来た時には我が家のある団地は高台なので
団地内に留まるように申し合わせているが
ミサイルに備えた訓練や申し合わせはしたことがない

取り敢えず
スマホ2台と
(夫のスマホは充電切れてた!)
財布と小さめの避難リュックだけ手元に置いて
テレビを点けた

テレビでも同じことを繰り返し言っているが
朝食を食べながらニュースを見続けて


結局
列島を超えて太平洋に落下した
というのも間違いで
どこに落ちたのかも現時点では不明

これではオオカミ少年になってしまわないかと
この先が心配になる


私たちはもう先が長くないので
逃げる手立てもないのなら
アラートが鳴ってもいつも通りに生活するしかないし
それなりの覚悟はしているが
若い人や子供たちはそうもいかない

どうしたらいいのでしょう〜。。。。




11月になってしまってもう2日目
夫は今日も元気でデイに出かけた

私は本日はやりたいことがいっぱい

第2弾の渋抜き作業をするために
まずホームセンターにビニール袋を買いに
発送用の柿箱も買わなくては
だから隣町まで車を走らせて 
帰宅したら渋抜き作業


2310840B-698D-4E1B-9C5A-D4D7DD2EA4ED

我が家の裏庭にある柿の木に
大きな実が成っている
移住して間もなく夫がホームセンターで苗木を買って植えたもの
品種の書かれた紙は捨ててしまったので分からないのだが
筆柿というのかな〜・・・
縦長なの
これも3個だけ採って渋抜きしている


織りも進めたい
4CE958D6-BD99-41D1-84B5-F7BA19D7B739

織りの先生にいただいた
濃い藍染の布切れがあったので
間に私が薄く染めた浴衣地の糸を挟んでみたり

F34BD2A8-CFCD-4CA4-B4D7-4D2AF5ACBEDE
これはやはり先生からいただいた濃い焦げ茶の布切れで

でも布が小さくてちょっとしか織れなかったから
続きは私が浴衣を染めたもので

こちらはまだ布が少し残っているので
1mほどは織り進められるかな

織りを始めたらこちらもどんどん進めたいし
実は今ロングカフェエプロンも作りたいと思って
布を用意している

もう
やりたいことがいっぱ〜い♫


朝食
4BC954C6-D11A-44F1-A570-107276FD01D1

このおにぎり
夫はおかかのおにぎりが一番好きなのだが
本日は熱々ごはんに
おかか・しょうゆ・大根菜のふりかけ・豆板醤を混ぜた

この豆板醤
昨日友人からいただいたもので
知り合いの料亭の女将の手作りなのだそうだ

ちょっと舐めただけで
市販の品との味の違いが分かるほど
ニンニクの香りと旨味と辛みのバランスが抜群で
とても美味しいおにぎりになった
(握らずに海苔の上にご飯を置いただけなのではみ出てるけど・・・)(笑)




佐渡は在来種のおけさ柿の収穫も本番を迎えて
お天気が良いから農家さんも忙しそう

雨に濡れると
さわした時に黒く変色するので
今日のようにお天気の良い日には
特に忙しくなる
明日からはしばらく雨マークも出ているから

我が家も
今朝は夫がデイに出かけてから
私が一人で
20kgほどある柿の入ったコンテナを持ち上げて
専用のビニール袋にコンテナを入れて
新聞紙とアルコールを使って
渋抜き作業に奮闘した

もうなんでも一人で
その方が早いし気が楽


でも
先日整経を終えた織り糸
翌日には仮筬通しを終えて
夫に助っ人を頼んで千切り巻きを完了した

膝の半月板損傷でどうにも膝が曲げられないから
長い糸を夫に巻き取ってもらうと本当に助かる

畑の耕運機と織りの千切り巻きは
いつまでも夫に頼れることを願うばかりです


8328F48B-454F-4612-B06E-F2ABF5838FCB

綜絖通しと本筬通しが終わったら
あとは織るばかりになり
久しぶりの織りにワクワクする

箱から色を思い浮かべながら古布を出して
アイロンをかけて
カッティングボードとロールカッターを使ってカットして
少し織り進めながら
経糸との調和を確認して
また違う布を出してアイロンをかけて と

織り始めたらやっぱり夢中になってしまう

織りながら
今晩の献立を考えて
途中で休憩を兼ねてお米を洗ったり
冷凍庫から食材を出したりして
また2階に戻って織りを進めて



認知症予防に
趣味をいくつか持つのが良いとあったが
その趣味がストレスを伴てはいけないと

例えば男性が定年後に
地域の人と交流しようと
スポーツや習い事のサークルに入っても
そこで人間関係のストレスがあったら本末転倒
それなら一人で出来る楽しみを見つけた方が良いと

なるほどと思った
人にはそれぞれ得手不得手があるのだから
不得手なことを他人と同じようにすることはない
他人との交流が苦手なら
自分だけの世界で楽しみを見つければよいのだから

夫はそのタイプだから
定年後は一人で(私を話し相手にはするが)
釣りも畑も大工仕事も
とても楽しそうに満喫していた
ただ
他人との交流が(極端に)ないから
認知症になってしまったのではとも思うけれど

私も人との交わりはあまり得意ではないけれど
夫ほど極端ではないから
自分の世界で好きなことを楽しんで
時々は友人知人との
サラッとした交流はあり
好きな時にブログに好きなことを書いて
そこで見ず知らずの方とお友達になれて

これが夫と違う所かな
家事の全てを担っている所も
(これが大きく違うのかも・・・)


夫をデイに預けて
明るい日差しが窓から入ってきて
一人静に好きなことをしていると
全てに感謝したくなります(笑)




織り機を横目で見ながら
なかなか重い腰を上げられなかった私

このままでは1年以上
織り機に向かわない日々が過ぎてしまうと感じて
まずは整経だけでもしてしまおうと

8D175A27-0B18-4AC9-9A77-8600C7EB08C5

ポーチにもペンケースにも使える
15cm幅 にするつもりが
1回余分に回ってしまって
16cmになってしまった・・・

まっ いいや〜
大は小を兼ねると
いつものいい加減な私が顔をのぞかせる(笑)


「はじめの一歩」
これさえ終えておけば
仮筬通しをして千切り巻きをして
あとは綜絖に通して本筬通しをすれば
織るだけ〜


千切り巻きは膝が痛くて曲げられないので
夫に手伝ってもらうから
夫の在宅の日に

11月は玉ねぎの定植や柿発送などで
仕事がいっぱいになる月

でも忙しいと頭がフル回転するから
認知症予防にはなるかな


あっ そうだ
免許更新の認知症検査にもいかなくちゃだった!



忙しすぎて
大事なことを忘れそう〜




8CFF692E-A054-43CD-9873-2CD98D5A5E4A

畑の青梗菜を煮浸しに
夫は青菜の煮浸しが大好きなので
畑に青菜があるとありがたい


今日は外気温も低くはなく
畑で少し動いただけでちょっと汗ばむほど


デイのお迎えで同乗されている男性が
サッパリされているのを見て夫の頭髪が気になり
月に一度の夫の散髪を先ほど済ませた

私が散髪するようになって18年
18×12×4000円=864000円!
すご〜い❣

私の気分もサッパリ〜(^^♪



ところで
少し前から気になっていた
「住民税非課税世帯」のこと

夫がショートステイを利用する時にケアマネさんから
「サービス料が安くなる場合があるので」と渡された用紙と共に説明を受けても
対象になるのかどうか良く分からなくて
申請はしなかった

そこで先日
住民税非課税世帯とは? と
少し調べてみた


年金受給者の場合
「211万の壁」というのがあるそうで
それは地域によって3段階に分けられるのだそうだ

首都圏は第一段階で211万
    第二段階は203万
そして佐渡のような田舎は第三段階の192万8千円
これを超えると非課税世帯ではなくなる
(配偶者は155万以内)

住む地域によって違うとは知らなかった

そしてこの住民税非課税世帯というのは
・住民税なし
・介護保険料や健康保険料も安くなる
・介護サービス料金も安くなり
・高度医療限度額も下がる
・後期高齢者の医療費も安くなる
そして
NHKの受信料の免除やインフルエンザワクチンも無料になるとか
(これは自治体によってはそのような所もあると書かれてありましたが、NHKの受信料に関しては不公平ですよね)

 このところ
非課税世帯への給付金というのも良く聞かれる



私の感想は別にして

色々と勉強になりました。。。。





本日は夫と二人で
インフルエンザのワクチン接種に行ってきた

待合室で
「僕はどこが悪いのですか?」と
相変わらず何度も聞いてくる夫に
「インフルエンザの注射ね」と答えて

そうでない質問は
「お昼は何を食べるの?」と

「何を食べたいの?」と聞けば
「なんでもいいですあなたが作ってくれるものなら」と
 優等生のお答え(笑)

帰りに寄ったスーパーで
ホイップ入りアンパンが食べたいというので
結局お昼は
それとモヤシとウインナ炒めで
私は肉まんを買って

それでも文句を言わない夫に感謝です






さて
先日図書館で借りたもう一冊の本
A735ED11-1C41-45DB-92A6-67CD8D232FD7


私は来月
免許更新のための認知症検査を受けに行くことになっている

そしてその後
過去3年以内に一時停止の違反があるから
運転実技のテストがある!


我が家は運転できるのはもう私しかいない

佐渡でも町中に住んでいない
親類縁者が誰もいない我が家では
運転できる人がいなくなると
もうここで暮らしていくことは出来ない
いくら佐渡が大好きでも

だから今回の私の更新は
とても大きな意味があるのだ


タイミングよく図書館で見つけたこの本で
しっかりと勉強していかなければ


緊張するぅ〜。。。。。








朝は曇りで寒そうなお天気だったが
10時を過ぎた頃には
窓からいっぱいのお日様が差し込むようになってきた

デイに出かけた夫には
裏起毛やフリースを着せたけれど
暑いかな?

まだ10月なのに
窓からのお日さまが嬉しい季節になりました



さて
昨日は図書館で
4BF3564F-5D6A-4A66-AD25-4FB76DC52DFC

こんな本を借りてきた

認知症の人への接し方の本や専門家の話には
「理想論」と撥ね付けたくなる事も多々あり
読んだり聞く前から身構えてしまうから
少し距離を置くようにしている私

でも
先ずはパラパラと読んでみて
共感する部分があれば参考にすればよいのではないかしらと
お借りしてきた


私は「はじめに」という序章を読むと
著者の思考が大まかに分かるので
その時点で興味があるかないかを判断している

この本では
認知症の人とのかかわり方は
何かのきっかけでドラマチックにガラッと変わることはない
色々試していく中で少しずつ正解に近づいていくもの と

答えは一つではなく
「だいたい」「ざっくっり」で良い
気負い過ぎずに貴方らしい答えを と

認知症になった人も介護する人も
「今を自分らしく生きる」
これが大切 とも


この序章で
肩の力がふっと抜けた気がした


今朝はデイに出かける前の着替えに大声を上げることなく
逃げ回る前に手を貸して
私が体を支えている間にズボンに左右の足を入れてもらい
フリースのカットソーも
私が袖を持って腕を入れてもらい 
頭から被せて裾を引っぱって
はい!完了〜


着替えられないのには理由があり
出来ない部分だけ補って、とあるのだが

・着る服を事前に出しておく→もちろんやってます
・着やすい服を選ぶ→もちろんやってます

それらの服を前にして
着るという行動の回路が繋がらないのだから
大声を出して促すのではなく
「行動」ができない部分なのだから
それならば黙って着せてしまえば良いのだと
そう考えることにした

これはお風呂に入る前の「脱ぐ」にも同じことが言える
こちらは少し前から
上着とシャツは私が手を貸して脱がせている

ズボンとパンツは逃げるのだが
上が裸なので寒いから(笑)
あとは自分で脱いでお風呂に入ってくれるので大丈夫

お風呂は湯船に浸かるだけで満足しているようなので
デイで週3日洗ってもらっているから
干渉しないようにしている

そしてお風呂上りに
背中を拭いてくれと言うので拭いてから
下着とパジャマを目の前に置いて
夫の布団を敷いてから
私はとっとと自分の寝室に行ってしまう

寝室から
「テーブルの上の薬を飲んでね」
「歯を磨いてね」と声をかけて
夫が「やったよ〜」と返事するまで声掛けをして

すると
いつのまにか自分でパジャマも着て布団に入って
しばらくはテレビを観ているみたいだけど
そのうちに電気も消して寝ている

私が見ていなければ
時間はかかるけど回路は繋がるみたい

だから朝だって
自分で出来るかなと無視していたら
夕方までパジャマのままだったから
やはりデイに出かけるという規則正しい生活をしないと
着替えもできない
そして
時間が制約されている時には
私がとっとと手を貸して着せてしまえばいいんだと

「気負い過ぎず」「私らしく」

夫も私も
「今を自分らしく生きる」を

この本を読んで
私らしく理解しました(笑)





ちょっとお料理メモ
54312197-76EB-4959-8BA0-3F1EE3040B94

お借りした画像ですが
昨日
肉だけ酢豚を作りました
それがとっても美味しかったので


薩摩黒酢を飲料にしようと買っていたのだが
飲み切れずに残っていたから
そうだ 酢豚にしよう と

私は豚ロースや肩ロースの塊を買うと
カツやステーキ用に切って
キビ糖と天然塩を塗り込んで冷凍している

このキビ糖は甘みが控えめなので
肉が甘くならずに驚くほど柔らかくなる

これを解凍して一口大に切って
片栗粉を塗して揚げて
油を切った鍋に
黒酢・砂糖・醤油・みりんを入れて沸騰したら
揚げた豚肉を絡めただけ

玉ねぎもピーマンも入れないで
白髪ねぎをのせただけ

レンチンしたジャガイモを乱切りにして
片栗粉を塗して揚げたものを添えて
一緒に食べたら
どちらも本当に美味しかった♫






桜の葉がいっぱい落ち始めて
椎茸の榾木の上の遮光ネットの上にも
落ち葉が溜まっているな〜と
枯葉の掃除をしながら思っていた

そのまま家に入ってしばらくしたら
夫が窓から庭を見て
「椎茸がお化けになっているよ」と

「そう?
  それなら採ってきて〜」とお願いして
夫が持ち帰った椎茸
60AD5AE9-187A-4F79-AD76-B18F1A45D241

ほんとだ
見事にお化けで
直径が20cmあった!

さてどうしましょうと思ったが
夫は甘辛煮が一番のお気に入り
E187D091-22E4-4B2B-BCBB-C81C060AAB75

昆布と一緒に炊きました

これがあると一品作るのが省けるので
これからの季節はお助け食材♫


毎日確認しないと
直ぐにお化けになってしまうから
今日も夫に見てもらわなければです



朝は晴れていて
庭と畑で少し動いたら暑くなって
全身着替えをしたほどなのに
先ほどから今にも雨が降りそうなお天気に
風も強くなってきた


先日ネットで見かけた記事に
共感を覚えた私

「身の丈に合った生活」
歳をとればとるほど
この考えが強くなってくる気がするが
この記事の方はまだお若いのにどこか達観していらして
感心してしまう



その記事とは

FE1B4C84-ACED-4CC2-BBBD-1261AED86257


 

物の考えには賛否両論あるし
共感はしてもすべてが同じというわけでもないが
月々の出費は予算を立てて
年間で必要な予算は別に用意しておくという生活は
節約というより
無駄にお金を使わないという点では
とても大切なことだと思う

捨てることで本当に必要なものが見えてくる
これも共感する部分がある

私はミニマリストではないから
極端に物を捨てる生活をしようとは思わないが
それ以前に
「無駄」ということが大嫌いなのは事実

心のゆとりは大切にしながら
無駄は省きたいといつも思っている

すると自ずと
身の丈に合った生活が生まれてくるような気がする


とは言っても
なんでも安い物を買うのではなく
趣味の手仕事や調理の道具
車や園芸用品も
力がなくても使えるとか
仕事が楽になるとかを確信したら
価格の比較をして口コミを見て
納得したら高価な物でも購入する

夫のことでもう島から出ることはほぼなくなったので
お洒落な服は買わない
でも
暖かくて動きやすい服は
古着屋で見つけたら購入
気に入ったブランドの物が格安で手に入ることもあるから


このように身の丈に合った生活をしていると
他人のことが気にならず
一人満足している自分がいて笑ってしまう



100均も無駄な物は買わない
815B24E8-5F03-4D13-99E5-F7B9C30A1E63

昨日は何十年もハンガーを買ったことがなかったので
どんなものがあるかなと寄ってみた

試しに買ってみたこのハンガー
3本組で100円

どこが気に入ったかというと
・もう一つハンガーをかける所が付いている
・首が回転する
服の上下をセットして掛けられるのが嬉しい

3A9D3D3F-09BA-4E95-8ADE-C51C41424494

寝室のクロゼットに服をしまう前にとか
明日着る服を
ここにセットして掛けておくと便利


私がブログに書くと
次に行った時に何故か商品がなくなっていることがあるので
あまり書きたくなかったのですが・・・(笑)




本日の佐渡は晴れ
風が少し冷たいけれど
家の中の陽だまりは心地よい感じ

いつものようにデイに出かけた夫
お迎えが来るまでの少しの間
外で待つだけではすぐに家に入ってしまうので
道路の落ち葉の掃除に誘った

夫が竹ぼうきで履いて
私が別の箒と塵取りで集めて
庭の落ち葉の山に捨てるのだが
いつの間にか道具類を
決められた場所以外の所に持った行ってしまう夫に
何度も「違うでしょ!」と言う私

そうこうしている所にお迎えが来たので
職員さんにご挨拶をすると
「もう少し早く来れば」と言うので
何か文句を言うのかと思ってドキッとしたら
(いつもより少し時間も遅かったから)

「夫婦喧嘩をお見せできたのに」
という次のセリフだった(笑)


朝から身支度で戸惑い
食後の歯磨きから服薬まで私の庇護のもと
そんな夫なのに
他人の前ではわかったような冗談を言うから
(言ったことも本人は速効で忘れているんだけど・・・)

介護する家族は困るのです。。。




さて前置きが長すぎましたが
私のお気に入りの掃除道具の一つが刷毛
9E46FE10-0201-4DDB-8A5F-3EB1E9F45776
BE5E60C0-A22C-454E-8BD7-D498E2177FD9

移住したばかりの頃に
夫が買った小さな趣のある箒を使っていたのだが
最近思いついて
100均で塗装用の刷毛を買って使っている

昨日も扇風機を掃除して保存袋に入れて仕舞ったのだが
羽の前面の網の部分をこの刷毛で埃をこすり落としてから
水洗いすると楽に汚れが落ちる

以前は掃除機で吸っていたのだが
刷毛で落としてから掃除機をかけた方が効率も良い

因みに網も羽も洗ってからリンス液に浸けると
埃が付きにくくなって羽が回るときに良い香りもして
お勧めです


私は骨董の瓶や器を棚や台に置いているので
これらの埃落としにも
刷毛は隙間まで通るので便利

サッシのレールも
刷毛で拭ってから掃除機をかけると楽

絵の具の筆は
洗面台の水栓と壁の隙間の狭いところに
(ここにドライヤーで乾かす時に髪が落ちる)



こんなことを書くと
さぞかし我が家は埃一つないきれいな家と誤解されそうですが
実は埃だらけです

時々思いついて掃除をする時に
少しでも楽をしたいと思っているだけなのです(笑)







昨日の夕食
CF3A489D-C61A-49DE-BE62-633DF2CAA4A0


夫がデイから帰ってきて
「今日は何日だ?」
「誰かの誕生日か?」


冷蔵庫のあるもので料理
残り物で料理
そんなことを思っていて
行き着いた策がこれ(笑)


冷凍庫を見たら厚切り豚肩ロースが1枚だけ
そうだ ローストポークにして切り分けて盛り付ければ大丈夫と

左上は冷凍してあったヤリイカをさっとボイルして
わさび醤油で

真ん中は
前日の春巻きの種が残っていたので青梗菜を加えて温め直して
ふんわり卵焼きの上にあんかけのように乗せた

右端は夫の好きな大根菜のふりかけ風

べったら漬けと甘酢漬けの梅干し


冷蔵庫整理の総菜ばかりなのに
器が変わると気分も変わるから楽しい〜♫


さて本日の夕食は・・・
冷凍庫を開けて考えましょう






書類を整理するファイルBOXが古くなったので
買い換えることにした

一か月ほど前にダイソーで
気に入ったファイルを見つけたので(300円)
試しに一つだけ購入した

見た目は素晴らしいのだが
思ったより重くて
書類を入れてBOXごと取り出そうとすると
私には少し負担になることに気が付いた

そこで色々と調べた結果
大好きな無印の紙のファイルBOXを見つけたのだが
ちょっと紙質が薄い感じがして悩む

そして行き着いたのが
新潟に本店があるホームセンター コメリの商品

紙質は無印より厚く
ダイソーの商品よりはかなり軽いらしい

コメリのアプリを入れているので
ネットで注文して
隣町の店舗受け取りにした


F45B66A0-4376-4695-873D-C34D99D41642

右がダイソーのBOX
見た目は素敵なのだが・・

左3個がコメリのBOX

他にも既存のBOXに入っている物がいくつかあるので
再度買い足して
全てこのシリーズにしようと思っている

こちらは税込み282円だから
ダイソーの商品より一個当たり52円安い



8AE80B5B-8E1A-418D-AC04-E5A04A2455DC

コメリでは
玄関の上り口の踏み台として売っていた物を購入して
テレビ台にしている

下にブルーレイを入れて
(ブルーレイの下にはキャスター付きの板を)



昔から無印が大好きな私
無印やニトリの店舗が佐渡にあるといいな・・と思っているのだが
コメリは隣町にあって
ネット注文で受け取りができるから
嬉しいです





本日の佐渡は朝から小雨交じりの曇り空だが
昨日は少し暑いくらいの晴天だった

隣町まで買い物に出かけた私
稲刈りが終わった農道を車で走っていると
ポツポツと白い鳥が見えて
白鷺かな〜と少し目を凝らしてみたら

顔が赤い
トキだ!

稲刈りが終わった田んぼに良くいるとは聞いていたが
私は移住して18年になるのに
近くで見たのは初めてだった

放鳥された初期の頃は
神経質な鳥だからと
腫れ物に触るように人間も神経質になっていたが
今では車がビュンビュン走る脇で
何食わぬ顔でエサを探しているのでビックリ

誰も車を止めて写真を撮る人もないので
私も『ときだ。。』と、一人 心の中でつぶやきながら通り過ぎた

BC32FA67-D1B1-4CF8-AC42-22FB05EE7919

ご近所さんが撮影した写真のカレンダーから
画像をお借りした


舞い上がる姿も見たかったな〜・・・




今朝も夫がなかなか着替えをしないので
娘たちにその様子を動画で送った

逃げ回る夫を追ってカメラを動かすので
部屋も食卓も映り込んだ

それを見た娘たちが
「朝ごはん 美味しそう〜」と

207B2602-497E-436A-8E7F-AAEB3D0E4EBD

超簡単手抜き朝ごはん(笑)

お皿に海苔を敷いて
冷凍ご飯をチンして湯呑に詰めてひっくり返し
上に明太子切子とイカ昆布ふりかけをかけた
手抜きおにぎり

1個だけ残っていたゆで卵を半分ずつして
畑で採れた大根菜のゴマ入りふりかけ風を乗せて

あとは熟したバナナとコーヒー

エヘヘな朝ごはんなのに・・・


昼食は
706AAA72-76E5-4CD3-9386-E626763B957B

昨夜の豆乳シチューの残りと
4枚切り食パン

036C80CF-229E-422A-A17A-4C8AAE467859

人参とジャガイモをしっかり残してしまう夫だが
パンの上にはバターと大根菜ふりかけを乗せて
マヨネーズをかけたトーストは
ぺろりと食べ終えた

シチューには畑の青梗菜も入っている



昨日の午前中は
夫を叱咤激励しながら
畑に耕運機をかけてもらった

A8466DCF-1974-4776-9896-5DD4870669DE

オクラはまだまだ花が咲いていて採れそうだったが
思い切って抜いてしまった

ご近所からいただいたもみ殻を鋤き込んで
苦土石灰を撒いて
3往復してもらったら
ふかふかの土になったみたい

1週間ほどしたら牛糞・鶏糞・化成肥料を入れて
私が鍬で耕すだけでいいかな〜・・・

玉ねぎ苗は丈は伸びたけれど
なかなか鉛筆の太さにはならない

本日
黒マルチは買ってきたし
準備万端です


8A73BEBB-D25C-4341-8BAF-5B93AD926CAC

我が家ではサツマイモも落花生も作っていないけれど
友人からいただいた

茹で落花生はこの時期にしか食べられないので嬉しい

彼女は山栗や銀杏を良く拾ってきて
貴重な銀杏もいただいた

茶封筒でチンして殻を剥いて食べるのが好き



本日の小木は「扇の市」開催で
商店街にはいろいろとお店が出て面白そう

お客さんがいっぱい歩いていて楽しそうだったけれど
車を遠くに置いて一人で歩くのもなんだかな〜 と思い
残念ながらそのまま帰ってきてしまった

夫と行っても
5mも歩いたら「帰ろう」と言うだろうから。。。






「料理」とは烏滸がましいような・・・


畑で育てた青梗菜が食べごろになって
先日は八宝菜にしたのだが
昨日は簡単に

E77E72E5-3E0F-4010-A1A3-06F0101286A7

青梗菜としめじをレンジでチンして
麺つゆと白ごまをかけて

03FF50DC-BE27-4AD6-AF15-C2626ECB4270

このところ嵌っているふりかけ
埃のように薄いイカと昆布にアミのようなエビとゴマ
最高に美味しいふりかけだと思う

これを最後に入れて混ぜただけの
青梗菜のお浸し


昨日の夕食は
野菜の天ぷら
れんこん・しめじ・さつまいも・玉ねぎとエビのかき揚げ

副菜にこのお浸しを添えたところ
夫がとても気に入って
「美味しいよ 食べてみて」と

(私が作ったのですけど・・・(笑))


だから又今日も作った

昨日の残りの天ぷらの天丼と一緒に
本日の夕食の予定です

(昨日何を食べたのか覚えてないから助かります)(*´σー`)エヘヘ







今日の夫は
朝から比較的に冴えてる感じ

6時半に私が起きたら
夫も布団から出て立ち上がっていたので
「えらいね」と声をかけて私が身支度をして再び戻ったら
夫は布団に入ってテレビを観ていたけど(笑)

それでもその後は声掛けすれば
布団を畳んで
着替えも声をかけることなくいつの間にか終えていた

私が連絡帳に記入を終えて
袋のファスナーを開けたままにしていたら
それも自分で閉めてバッグに入れていたので
「えらいね〜」と言うと
「そうなんだよ 僕はえらいんだよ」と嬉しそうに返事をしたのだが

「行きたくてやってるんじゃないよ」とポツリ

夫は私に
デイに行くのが楽しみだと思われたくないみたいで
時々そんな言い方をする

デイサービスのことを
最初に1年ほど行った運動教室と勘違いしているようで
「健康になりたいから運動に行ってるんだ」と

お風呂に入る記憶がないのは
その時の運動教室と勘違いしているからかもしれない

運動不足で少し歩くだけでしんどそうにしている夫
デイも良いけど
運動教室も行かせたいなあ〜







↑このページのトップヘ