佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。

今 サイレンが鳴って

「真野 佐和田地区は 土砂災害の危険が迫っているので避難してください」 と


無事を祈ります

今度は 秋田で大雨の被害

育ち始めた稲が 一面泥水に浸かっている状況は

農家でない私にも 切なくなる

自分は作っていないけれど

高齢の方たちが 大変な思いをして作業をしていらっしゃるのを

間近で目にしているから・・・・



佐渡も たった今 

「土砂災害警報」 が発令されて

防災ラジオから 大音声の注意が呼びかけられ

携帯からも 警告音とお知らせが


雨雲レーダーを見ると

我が家の周辺から少し上の方

真野湾から両津湾に向かって

真っ赤な大雨色に覆われている


昨日 佐和田まで買い物に出かけたのだが

西三川の砂金採りの下の椿尾海岸は

一面 泥水の色に変わっていた

河口には 山からの泥水が溢れるように流れて

夫と二人で びっくり

佐渡に来て14年になるが

海の色が ここまで泥色に変わっているのは 初めて見た


今日は 警報も出ているので家にじっとしているつもりだが

海は 川は どのようになっているのかしら



どうぞ 被害が出ませんように・・・





昨日は友人たちと お昼から飲み会

本当は我が家での予定だったのだが

連日の猛暑で

居間にエアコンがない我が家では耐えられないでしょう と

友人の 加工品作業場 での開催となった

IMG_1545

持ち寄りパーティー

思い思いの手作り品を持参して

11時から午後4時過ぎまで

たっぷりおしゃべりをして

夫とともに 楽しい時を過ごさせていただいた


夫は集うことは好きでないのだが

気心の知れた人たちと

大好きなお酒を飲むことは 大丈夫みたい


すてきな暑気払いの一日でした〜♬

関東甲信まで 梅雨が明けた

梅雨が明けると猛暑が待っているという

佐渡は日曜日から3日間 傘マークの予報が出ているので

梅雨明けは その先かな・・・

昨日は最高気温が30℃を下回り

夜は風が冷たくて 夜中に窓を閉めたくらい

今朝も 今のところは涼しい風が 部屋を吹き抜けているけれど

日中は32℃の予報

さて どんな暑さになるのでしょう


IMG_1535


庭に咲き始めたクルマユリ

何を勘違いしたのか 花が咲く前にはヤマユリ と思っていた

葉が くるりと輪になっている

そうだ クルマユリだったのだ

朝鮮半島から北海道にかけての

冷涼地の山に生息する というのに

なぜか 1本だけ 毎年 庭に出てくる


リビング前の庭

いろはかえで と ヤマボウシが日陰を作っている 山菜ゾーン

行者にんにく ギボウシ ひとりしずか 紫蘭 イカリソウ などの中に

1本だけ す〜っと

花が重くて 夫が支え棒を立ててくれた


日中は暑くても 夜になると海をわたって吹く風はひんやりして

日陰になている山菜ゾーンは 冷涼地 になるのかな・・・



昨夜は 寝る前に 「雨が降ってくる予報だから」 と

家中の窓を閉めて 寝た

でも 雨は大したこともなく

と 思っていたら

防災ラジオから 突然 けたたましい警報が

びっくりして飛び起きて聞いていたら

佐渡市に 短時間記録的豪雨 とか

スマホのお天気アプリで雨雲の様子を見たら

我が家の周辺を除いて ものすごい雨量が襲っている

稲光はピカピカしているのだが

雨はほとんど降っていないし 我が家では信じられない感じ

真野湾から 佐和田 金井 両津にかけて 強烈な雨らしい


その後も何度も 防災ラジオ スマホからも

警報が鳴り響いて

ほとんど 一晩中 眠れなかった


おかげさまで 我が家は全く平穏で

今日も 布団など干しているお天気


まだ 新潟県から福島県にかけて 警報が出ているようだが

被害が出ないように と 祈るばかり


娘から 「作ったよ」 と 

LINEで 画像が送られてきた

IMG_1527


梅ジュース

3coin'sで買った容器

左は 生活クラブの素精糖

右は 有機黒糖 とか

いかにも次女らしい素材


茅ヶ崎 という土地柄なのか

彼女の暮らし方は いつも オシャレだな と 感心する


私の 赤い蓋の保存瓶を見て

「やっぱり 3coin'sで よかった〜」 と(笑)


あとは 美味しくできれば良いのだけれど・・

(上の梅が砂糖の中に入っていたほうが いいな・・)


実は 実は

梅とビワと格闘している時に

海のパイナップル 「ホヤ」 が 送られてきた

IMG_1525


転勤で仙台在住時に 夫は すっかりホヤの虜になった

千葉でも食べることはできたのだが

佐渡に来てからは 新鮮なホヤを口にすることはできなくなってしまい 残念に思っていたところ

夫の元同僚の奥様が石巻のご出身で

夫のホヤ好きを覚えていて下さり

今が旬だから と 送ってくださったのだ


これまた 保冷箱にいっぱい

30個ほどあるのでは・・・

ご近所に差し上げたいのだが

ホヤの存在をご存知ない方も多く

これは好き嫌いが激しく分かれる食べ物


「身を出して海水に浸けて冷凍保存できるよ」 と 教えられたので

台所を 磯の香りで充満させて 夫が捌き

夫が海で汲んできた海水を入れて

(日本海の海水でもいいのかな・・・) 

ジプロックで冷凍保存


これまた 大変な作業になったが

肉厚の 磯の香りたっぷりのホヤは

私も大好き

下戸の私は お茶を飲みながら食べているので 夫は

「よく お茶で食べられるな」 と 変に感心している

塩分が多いので 食べ過ぎには気をつけなければ・・・。




梅と一緒に これまた大量のびわも頂いた

梅もびわも娘のところにも送ったのだが

さて どうしましょう と

シロップ煮にすることに

IMG_1521



皮は アボカドの要領で つるんと剥けるのだが

種の周りの渋皮は取るのが大変

実が小さいのでスプーンで抉ると 果肉がなくなってしまう

塩水に果肉と種を浸して

種も一緒にレモン汁と砂糖で煮た

種も一緒に入れると 変色を防ぐことができるというので

でも 私の指先は茶色に変色


瓶に入れて冷やしてから

IMG_1524


びわのコンポート


シロップとともに ヨーグルトに入れると ヨーグルトの酸味とマッチして 美味しい

ミントを添えると 色もきれいで爽やかに


果実は冷蔵してあるので まだ作りたいのだが

梅と格闘して疲れてしまった・・・


友人から 柿コンテナに2ケースもの梅をいただいた


梅ジュースは昨年の物がまだ残っているし

梅干も何年ものかしら と思うようなのが まだ瓶に半分ほどある

今年はお休み と 思っていたのだが

思いがけないほど大量にいただき

ヘタを取ったり 洗って拭いたり

下拵えが 大変


保存瓶は3個しかないので 梅ジュースに使用

梅干は ジプロックで作ることにした

DSC03070



1kgずつ とりあえず4個

これを漬物樽に入れて重しをする

この方法は初めてだし

こんなに遅く作るのも初めて

上手くできるかな・・・・

佐渡も 昨日から かなり暑い

梅雨が明けたの? と 思うくらい

ギラギラ 太陽


ポーチの追加注文を頂いたので

急いで織り上げ

昨日からは 縫製に

DSC03068

DSC03069


作業をする2階は OMソーラーの機械で 屋根排気をしているのだが

とても それだけでは凌げない

部屋の中で熱中症になるのも困るので

今夏 初めて エアコンを使用

20畳の部屋に 6畳用のエアコンなので 効果は薄く

32.6℃までしか下がらない

エアコンの下に扇風機を置いて 強風で部屋を攪拌している

1階は エアコンがなくても 快適に過ごせているのだが・・・


そんな中

夫は

「ちょっと行ってくる」 と

竿を持って バイクで出掛けて行った


「夕方になってから行けば} と言っても

判断力が鈍っているのか 釣りたい気持ちが勝るのか


昨日から 何度も救急車のサイレンを聞く

次は夫の番じゃないかしら


「もう 鯵は要らないから」 と 言っているのだけれど


理解が出来ません・・・




九州では大雨による甚大な被害が出ている

異常気象と言われ始めてから もう何年にもなる

「何十年に一度の・・・」と警告されても

個人の力では防ぎようがない災害

この期に及んでも どこかの大国は自国の利益のみを優先して

地球規模の温暖化対策に取り組もうとしない

次世代の人たちに どれだけの負担を負わせるのだろう・・・・

これ以上の被害が広がらないことを祈るばかりです。



佐渡も 実は

先日の大雨で 我が家の近くの斜面が崩落した

一昨年まで 毎年 鼓童のアースセレブレーションが開催されていた

城山公園

国定公園になっている景勝地なのだが

大雨で斜面が崩落した とのニュースを聞いた

すぐ近くなのに 新聞やテレビを見るまで 知らなかった

面目ない・・・・



そんな大雨も一昨日からは すっかり止んで

眩しいほどの太陽が

IMG_1512

カボチャも

IMG_1515

とうもろこしも

急に大きくなって


IMG_1519

鯵は 気温の上昇とともに 

釣れる数は少なくなってきたのだが

昨日は型の良いのも釣れて

IMG_1517

今が旬のイカはお店で買ったけれど

鯵もお刺身にして



「熱中症になるよ」 と 言っても

夫は 「海を見てくる」 と

晴れていても 雨が降りそうになっても 出かけないでは いられないみたい(笑)



これが楽しみで佐渡に移住したのだから

体が動く限り 楽しんでくださいね。





大雨警報が出されていた佐渡も

お昼前には解除されて

午後からは日差しも出てきた

窓を開けていると風が吹き抜けて 

気温がそれほど高くないので 気持ちがいい


でも 夫は

「今日は蒸し暑い!」 と言っている

どうやら 外で動くと暑いみたい

私は 2階の 窓を吹き抜ける風を受けて 織りをしているから・・・



縁側で

DSC03065

DSC03067

カエルが かくれんぼ

保護色で 気がつかなかったけど

あれっ と 思って よく見ると

じっと こちらを見つめていた

しばし にらめっこ


お友達と かくれんぼしてたのかな

「み〜つけっ」



昨日は 時折晴れ間もあり

夫は 油断してバイクで釣りに出かけたら

すごい勢いで雨が降ってきて

下着までびしょ濡れになって シャワーを浴びて着替えをした

車で出かけなかったのは

釣り用の車を私が使用していたためだと

帰ってきて 怒っていた


私は

二日ほど前に 知人から連絡を頂き

「裂き織りのポーチを欲しいという方がいらしているんだけど ご紹介してもいい?」 と

”嬉しいお話” と その後のご連絡をお待ちしていたら

昨日 「今から取りに行きたい」 と

両津の方なので 「近いうちに あいぽーとに納品に行くので」 とお伝えしたら

「明日 新潟に行くのに お土産にしたい」 とのこと

それならば と

途中までお届けしようと 出かけることに


まさか こんな日に釣りに行くなんて 思ってもみなかったから・・・


IMG_1492


IMG_1494


出来上がったばかりのポーチ 3点と

ブックカバーをお持ちしたところ

ポーチ3点と ブックカバーを1点 お買い求めいただくことに


遠くから わざわざお越しいただいて

まだまだ勉強不足な品を・・・と思うと 恐縮・・・



でも お声をかけてくださったことは 私にとって 何よりの喜びと励みになる

さあ 頑張って 経糸をかけて 織りをはじめよう〜


みなさまに 感謝 です



7月に入ったら毎日雨

という予報だったのだが

前倒しで 今朝から降り始めた

今日の予報では 

明日は曇り 明後日は晴れ に 変わっているのだが

いずれにろ 畑の作物たちは ひとまず ほっとしていることでしょう


さて 私は

着なくなったTシャツを加工して ちょい足しワンピースを

IMG_1503


横ストライプに 縦ストライプを足した

少しギャザーを入れて

前開きでボタンを5個

開けて着ることはないのだが デザインで


断捨離しようと思っているのに

捨てる前にひと手間加えて捨てないでいる私


リメイクするのは楽しいのだけれど・・・・・。




新潟も梅雨に入っているというのに

なかなか雨が降らない


IMG_1497


お隣から 屋外用の流し台をいただいたので

雨水を貯めて使えるように 夫が作ってくれたのだが

肝心の雨が降らないので 使えない・・・


IMG_1499

毎年 オレンジ色の綺麗な花を咲かせてくれる

クルマユリも

花が咲く前に 葉先が枯れはじめてしまい ビックリ

こんな年は 初めて


「深山に咲く」 と 花図鑑にはあるが

10年ほど前から 気がついたら庭にあって

1本だけなのだが

健気に 毎年咲いてくれているのに・・・


慌てて バケツいっぱいの水をあげたが

どうなることか




IMG_1500


昔 母が買ってくれた 思い出のガクアジサイ

千葉の家から移して 14年

今年も 優しい花が咲き始めた


昨年までは 花が咲くと 「母に会いに行こう」 と思ったのだが

今年は いろいろ思い出してしまう・・・


アジサイも 庭の木々も 畑も

カラカラお天気では かわいそう〜

7月に入ると 傘マークも出ているのだが

しっとり雨が ほしいな〜



とっても美味しい豆腐を 届けてもらえることになった

DSC03047



こちらは 畑野の施設で作られている豆腐

市内でも有名なお豆腐なのだが

我が家からは車で1時間近くかかる

少ない数では届けてもらうことが出来ず 諦めていたのだが

先日 我が家の近くの友人に話したら 「届けてもらってるよ」 と


え〜っ

知らなかった〜


すぐに電話をして 今月から届けてもらえることになった


知的障害の方たちが中心になって 

地元産の大豆と佐渡の海洋深層水のにがりを使用して 

丁寧に作られている

そのお味は

まろやか あまい こくがある

友人曰く 「やさしい あじ」

まさしく その一言に 凝縮されている感じ


何も手を加えないで そのまま 塩か醤油で食べるのが 一番

この豆腐の美味しさが ダイレクトに伝わる


DSC03050

おからも おまけで下さるので

卯の花は 夫も私も大好きなので 嬉しい

豆腐が美味しいので 勿論 おからも


我が家の美味しいじゃが芋と玉ねぎとともに

おから入りのコロッケにしても

おからケーキやおからクッキーも

しばらく作ってなかったから いいな〜♬


我が家は 40年ほど前に千葉に建売を購入し

建て増し 改築を経て

名古屋の両親を引き受ける時に 思い切って 建て替えをして

それから 7年ほどで 佐渡に移住することになった


建て替えは ちょうど阪神大震災の直後だったので

○○林業 の 頑丈な家を注文したのだが

地震に強い事と 2世帯同居の事しか 考えていなかった


その後 友人たちが 「OMソーラー」 の家を建てて

その快適さに ビックリ

住み心地が良い とは こういうことなのか・・・と


建て替えをしたばかりだったので どうにもならないと思っていたのだが

夫は 定年になったら すぐに佐渡に行く と

それならば 人生最後の家を建てよう と

今度こそ 「OMソーラー」を


佐渡には 協会に加盟している工務店が 我が家とは反対の北端に 1社あるのみ

でも 1社でもあってよかった

頼み込んで 建ててもらって

今年で14年

おかげさまで 思った通りの 快適な暮らしをさせてもらっている


そんな OMソーラーの本社から 先日 住まいのアンケートが送られてきて

送ったところ 懸賞に当選 


送られてきたのが

IMG_1483

IMG_1482

蜜蝋ワックス


「OMソーラー」 は 全てが パッシブ

発電などと アクティブなことは しない

自然を 何より大切にしている

そんな人たちが愛用するのは お掃除も自然素材なのでしょう

この蜜蝋ワックスのプレゼントは さすが と 感激


乳幼児がいるわけでもないから そんなに気をつけることもない我が家だが

食卓テーブルまで磨けるのは 嬉しい

エゴマまで入っているなんて

テーブル 舐めてしまいそう(笑)

晴天が続く予報だったので

昨日は 夫と二人で じゃがいもの収穫をした

二日ほど前に 玉ねぎとニンニクは夫が一人で収穫

IMG_1467

圃場でしばらく乾燥させる と 農協のお知らせに書いてあったので 並べて

そしたら 夕方 突然 雨が降ってきて

一晩置いて 朝日に当ててから取り込み
IMG_1475

軒下に

秋には干し柿と入れ替わる所


じゃがいもは 今年はちょっと不作で 大きな玉は少ないのだけれど

我が家のキタアカリは 甘味があって ホクホクで

蒸してバターをつけて食べると もう止まらない


私は子供の頃 肺炎で死にかけた時に じゃがいもだけは食べたとか

いつも母から聞かされて

未だに じゃがいも好きは健在みたい

だから じゃがいもの収穫だけは手伝うの(笑)





IMG_1469

ペンケース作りも進んで

一日に2個しか作れないけど

IMG_1471

これだけ出来上がった



船橋の家の庭の雑草が気になって 娘に見に行ってもらったら

「ベランダの下に 蜂の巣があるみたい」 と


いろいろ 気になるから 行かなくては と 思っているのだが

佐渡の生活が心地よくて

なかなか踏ん切りがつかない


船橋は 母のところに行くための中継地点 だったこともあり

それがなくなった今は あまり意味がなくなった ということもあるのかな・・・

行けば それなりに楽しいこともたくさんあり

それを考えると ワクワクする気持ちもあるのだが

その前に こちらが心地よいと 出るのが億劫になってしまう


はてさて・・・



毎日 毎日

ほんとに いっぱい釣れるアジ

畑は すっかりお留守になっている


将来 娘達が来るかもしれない と購入した団地内の分譲地

車庫を建てているので 建物と宅地の固定資産税と 取得費用を合わせると 

年金暮らしには かなりの出費


娘たちに移住する気配はなく

それとは別に 「定年後の楽しみ」 を 買ったと思っているので

その 費用対効果 で考えれば 惜しくはないのだが

畑仕事が重荷になってきたのなら 話は別


我が家の財務大臣としては

「無駄」 は 許すことはできない


一応

トマト なす ピーマン オクラ とうもろこし ズッキーニ 南瓜 が

1〜2本ずつ 植わっている

でも まだ7畝ほど 放置されているし

間もなく タマネギ ニンニク じゃがいもを収穫すると

秋まで どうするのかしら・・・・


移住した頃は いっぱい作って娘たちに送るのが楽しみだったが

長女は 子供たちが大きくなり 本人も仕事で忙しいので

たくさん送られても困るようだし

次女は 定期購入している野菜があるらしい


その上で 夫の楽しみ と思っていたものが そうでなくなってきたのなら

土地の売却も視野に入れなくては・・・・


たまたま 今は鯵が大漁なので 釣りの方が楽しいのはよくわかるし

釣れなくなって畑もなくなったら 夫は何もすることがなくなってしまう


う〜ん

もうしばらく 様子を見よう〜・・・


IMG_1461


鯵のマリネ

美味しかった〜♬




幅広で織って バッグを作ろうと思っていたのだが

あいぽーとのペンケースの在庫が少なくなっていたので

とりあえず ペンケースから


DSC03055


20個分ほどの織り布が出来て 機から外した


DSC03059

いつものことながら 最初の一つは試作品

しばらく作っていないと 手順を忘れていることがあるので


薄手の接着芯を裁断して貼って

ファスナーを付ける所に ちょっとアクセントになる布を足すのだが

布の厚みや色を考えながら探して

こちらにも接着芯を貼る

縫ってはアイロンで成型しながら

両端にタグをはさんで縫い

縫端の始末をして 最後のアイロンで形を整えて

ようやく完成


途中でミシンのご機嫌を取りながら・・・

家事の合間の制作だと

一日に5個も出来れば良い方


経糸をかけて 織って 作品が仕上がるまでには

けっこう 時間がかかっている


でも 作るのが楽しいから〜♬



困るくらいに釣れるアジ

我が家は冷凍保存はしないので

保存方法は もっぱら 焼いて干して アジダシに


夫は 焼いて 干しての作業を終えると

また 「ちょっと行ってくる」 と 海へ

「いってらっしゃい」 と声をかけ

しばらくして 織りをしていた2階から下りてみたら

DSC03042

今年もまた 番犬が

DSC03043

近寄ってみると しっかり猫を見張っているみたい(笑)


DSC03046

番犬のおかげで カリカリに干し上がって

今年はアゴダシ作りはしなくてよさそう・・・

アジでも 十分においしい出汁が取れるのだから♬



今日も夫は 「ちょっと海を見てくる」 と出かけたのだが

直ぐに帰ってきた

「行かなかったの?」 と聞くくらい あっという間に帰ってきた

「二人もいたよ」 と

夫は 他人と一緒はいやだという わがままな人なので・・・


「立ち入り禁止の札を立ててくれないかな」 と 勝手なことを

「そしたら あなたも入れなくなるわよ」 と言ったら

「名人のみ許可」 と


「俺の隣りで鯵が釣れると捨ててる奴がいるんだよな」 と

以前ぼやいてことがあった

そう

土日にしか来ない釣り名人は 鯵なんか相手にしてないのよね

能天気な夫です


今年もズッキーニが収穫できる季節に

BlogPaint


毎朝 夫は朝食前に畑に行き

雌花に受粉をさせるのが日課

ハチが飛んできてやってくれるのではないかしら・・・

私は ずぼらなのでそう思うのだが

夫は ズッキーニとカボチャに受粉させないと気がすまないみたい

BlogPaint

黄色も 今年初めて作ってみた


お店ではキュウリほどの大きさで売られているので

私も この大きさで収穫するのだが

夫は キングサイズになるまで と言う


移住した頃に知人からいただいて 初めて食べたのだが

これが瓢箪のような大きさだったので

夫は そこまで大きくして食べるものだと思っているみたい



このところ 鯵が入れ食い状態で

体は海の方にばかり向いてしまっている夫


畑は雑草に覆われてきて 

今日は 午前中から 草刈

でも お天気はいいし 

後ろ髪を引かれる思いで

夕方には また アジ釣りに行くのかな〜・・・


先週 友人から誘われていた ミズブキ採集

荒天で諦めたのだが 

今日は朝から 山菜採り日和

我が家の車で 夫と友人二人を誘って

IMG_1445

小佐渡の山間

IMG_1441

足元に群生している

IMG_1447

夫と一人の友人は 左の山の斜面に

IMG_1451

もう一人の友人は 右の斜面に


私は 道路に近い所で


友人二人は さすが 地元の人

40分ほどで 30kgの米袋3個くらいを採って 下りてきた

夫と私 二人を合わせても 彼女達の半人分しかない

でも 我が家はこれだけあれば十分


鯵と 山菜 畑の野菜で

自給自足の真似事を楽しんでいる


流行りの ターバン風ヘアバンドを 作ってみた

DSC03037


IMG_1433


IMG_1435



娘に画像を送ったら

「作って〜」 と

孫のも一緒に頼まれた


幅13cmで 本体長さ53cm ゴムの長さ13cmなので ちょっと大きい

サイズを縮小して作らなければ・・・




今日の佐渡は暴風で 直江津〜小木航路は欠航している

金曜日の船で来島する観光客の人は多い

予定が狂って 大変だろうな〜・・・


海を渡る苦労を先日思い知らされたばかりなので

同情してしまう

(あれは 私たちが悪いのだけれど・・・)


強風で

DSC03039

満開のエゴノキの花が落ちて

玄関前は雪が降ったみたいに 真っ白に



初夏の佐渡

鳥のさえずりと 清々しい風


我が家の庭も 日毎に緑が濃くなり

DSC03033

玄関脇のエゴノキは 真っ白な花が満開


DSC03031

庭の片隅にある野ばらも


DSC03032

入口にあるスイカズラも咲き始めた

柑橘系のいい香りがする

DSC03035

スロープの手前の入口


DSC03034

玄関脇の日向みずきは 伸びた枝を切って

隠れ蓑の下が 涼しげになった



花が咲き始めると ハチがブンブンと 唸りを上げて飛んでいる

でも この時期のハチは ミツバチだから

威嚇はするけれど 刺される心配はあまりないみたい


昨日も 万歩計は 5386歩

歩くのも楽しいけれど

家も大好き


窓脇に寄せた 白の薄手のカーテンが涼風に揺れているリビングから 庭を眺めていると

なんとも言えない幸せ感に包まれる




夫は ひたすらアジ釣りに

それぞれの 楽しみ・・・♬




膝の痛みで このところ毎日湿布薬を貼っている

リハビリの方法をネットで見ていたら

膝を動かさないのが いけないらしい


我が家は高台にあるので アップダウンがきつく

用事があって出かける時は いつも車を使ってしまう


歩くことが一番 と書かれていたので

久し振りに ニューバランスのお気に入りのスニーカーを履いて

宿根木の郵便局まで 散歩がてら出かけてみた


IMG_1425

お天気がよくて気持ちがいい

田植えが終わった田んぼの向こうは海


IMG_1429

帰りは金田新田の山側


海と山を見ながら

田んぼの畦に咲く花や 民家の庭先の花 畑には何が植わっているのかな・・

目の保養にもなって

いつの間にか 家に戻っていた


夫は昨日釣ってきた鯵を焼いて アジだし作りをしていたので

現場を離れることが出来なくて

私が帰ってくるまで

庭から見える道路の方ばかり眺めていたそうだ

久しぶりに出かけた私が どこかで倒れているのじゃないかと・・・


スマホの万歩計を見たら

5176歩 とある

やった〜♬


不思議なことに 膝の痛みが消えている

「午後から もう一度行ってこようかな」 と言ったら

夫は

「過ぎたるは及ばざるがごとしだよ」 と


そうかもね

でも 明日は また行こう〜♬



その後 

企画した旅行会社から連絡があり

払い込んだ半額は返金される と お知らせがあった

佐渡汽船のキャンセル料と合わせると

それでも 年金暮らしの我が家には 大きな出費


なんとか自分の気持ちを落ち着かせようと

「もしかして 向こうで何か起きるかもしれないから神様が止めてくれたのかもね」

などと 勝手な慰めを言ってみたが 

夫は

「反省あるのみ」 と


そうよね

フェリーに車を乗せるのに ギリギリに出て行く私達が 大間違い

反省あるのみ は その通り!


でも なんとか慰めが欲しい私は

ひとり 心の中で

『畑の水遣りの心配はなくなったし 鯵釣りも今が一番楽しい時期でしょ』 と

旅行が中止になったことで良かったことを探している


(一ヶ所でのんびり過ごす長期滞在型ならいいけど

ホテルを毎日移動しながら 広い道内を旅するのも

考えてみれば この歳では けっこう疲れるのじゃないかしら)


(キャンセル料は痛いけれど 

全行程旅行していれば もっと使ったでしょう・・・) とか・・・


でも 夫は こういうものの考え方が大嫌い

潔く 反省だけしていればいいのだ と

カッコいいのかな?(笑)


昔から 過ぎたことをグダグダ言うのが大嫌いな人

さっさと気持ちを切り替えて


昨日も 午後からは釣りに出かけて

今日は アジだし作りに 忙しそう~♬





ショックで しばらく立ちがれなかった

今朝のこと


2ヶ月ほど前から計画を立てていた 北海道旅行

新潟から小樽を結ぶ新日本海フェリーは 私たちのお気に入り

佐渡に移住してから3回ほど利用していて

今回は「ラベンダー号」が新造されて 記念のお得なパックが発売されたので 予約

ホテルの1泊はパックの中に入っているが 残り4泊は 早期割引を選んでネット予約し

船中泊2日を合わせて 7泊8日の日程で

準備万端だった


新潟港発は11;45なので

佐渡汽船は朝一番の5;30発に乗らなくては間に合わない

いつもは3:00に起きて4:00には家を出るようにしていたのだが

今回は なぜか気が緩んで

アラームを3:40に

家を出発したのは 4:40になっていた


「ちょっとまずいぞ」 と言いながら かなりのスピードで走ったのだが

両津港までは1時間はかかるのが当たり前

フェリー乗り場に滑り込んだのは5:28くらい

車両を航走する扉は しっかりと閉まっている


車から飛び降りて 係りの人に「乗せてください〜」 と言ったけれど

「もう どうにもなりません」 と



あ〜〜〜

これに乗れなければ 次の船は新潟港着が 11:45

小樽行きが出港する時間と同じだから無理


この時点で 北海道旅行の全てが終わった・・・


DSC03029

DSC03030



佐渡汽船もシルバー割引を予約していたので キャンセル料が発生

新日本海フェリーの方は 変更 キャンセルが一切できないプラン

払い込んだ全額が泡と消えた


旅行はプランを立てる段階から旅が始まる というが

どこに行って 何を食べて と 細かいプランを立てていた私は

旅の楽しみを半分は味わったが

夫は 私が立てたプランに乗るのを楽しみにしていたので 何も味わっていない



夫は両津から戻って 「がっかりビール」 と言いながら

朝 7時前から やけ酒

私は パソコンに向かって ホテルを次々にキャンセル



こんなことなら一晩中寝ないで深夜のうちに両津港に行っていればよかったな〜・・・

自分の愚かさに 腹が立って仕方がない

楽しみにしていた夫が かわいそう・・・・。


5月なのに

熱中症に注意 という声が聞かれるようになった


海に囲まれているためか 佐渡は最高気温が23℃くらい

空気が乾燥しているので清々しくて ひんやり感も


DSC03008


庭のヤマボウシも咲き始めて

DSC03009

紫蘭も

DSC03014

チゴユリの葉が涼しげ


庭の緑が涼を運んでくれる季節になってきた



気分はいいのだが

先日から 右腰からお尻 太ももの後ろ 膝 までのツッパリ感とだるさ 痛み

そして 足先の痺れも

夫も ずっと右肩の痛みと痺れを訴えている

思い切って 二人で整形を受診した


結果は

二人とも 「老化現象」


これを言われると もう どうしようもない

痛みを抑える注射か薬しかない とのことで

湿布薬をもらって帰宅


一応 私は 坐骨神経痛と膝の軟骨のすり減り


先日の血液検査で中性脂肪の値が上限の倍近くもあり

運動をしなくては と言われたが

神経痛と膝関節症では その運動もままならない

股関節も 左には人工骨が入っているが

右もそのうちには・・・と 言われてしまい

八方塞がりな感じ


80代 90代のお年寄りがほとんどの 待合室で

皆さん 「痛い 痛い」 の お話ばかり


歳のせいと言われても

痛い痛い と言いながら暮らすのは いやだな〜・・・


こまった こまった・・・



やっぱり昨日もアジ釣りに

DSC03002

44匹だそうだ

夫が捌きながら 数えていたらしい


鯵フライにしようと思ったけれど

天ぷらの方がふんわりして美味しい

3枚に下ろして皮を剥く作業は私なので

爪の中は真っ黒に


釣りたての鯵は天ぷらにすると キスのように軽い

そして 天ぷらの方が

翌日の利用価値が高い

天丼にしてもいいし 天ぷらうどんでも そうめんでも


ミズ(ウワバミソウ)も

今が一番美味しい

DSC03003

京都の弟が送ってくれた巻きゆばと一緒に炊いて

DSC03001

きんぴら風にしたり

DSC03005

生姜 人参 塩昆布 めんつゆで 漬けて


昨日の夫

午前中は畑

午後は 昼食後少し休んでから ミズを採りに

帰ってきたら すぐに アジ釣りに

夕食後に ミズの葉と筋を取る作業をして

お風呂に入ったのは10時半を過ぎて

それから録画してあった韓ドラを観たので

就寝は11時半を過ぎていた


ずう〜っと 「疲れた〜」 と言いながら・・・(笑)


昨日 小木港に出かけた夫

数匹の鯵を持ち帰って

久し振りに鯵の感触を手にして喜んだ


そして

今日は 夫の気に入りの釣り場に

夫はお気に入りの場所で釣った魚でなければ食べない

夕方4時に出かけた夫は 一時間ほどして戻って

30cm近い鯵が数匹

あとは20〜25cmが30匹ほど


いよいよ シーズン到来か


DSC03000

小さめの方をお刺身にして

型の良いのは 明日の夕食に アジフライにしよう


でも

この調子だと明日もまた 釣ってくるのかな〜・・・


我が家は冷凍した魚は あまり食べない

山菜も野菜も魚も

新鮮なものの美味しさを知ってからは

冷凍して美味しさを損ねるのは もったいないと思うようになった


だから 獲れすぎるのも困るのだ・・。




昨日の新聞の投稿欄に

山菜の中ではミズが好き という記事が掲載されていて

私がその話をすると 夫はすぐに

「ちょっと行ってくる」 と


しばらくして帰ってきた夫

DSC02992


今頃のミズは ちょうど食べ頃

葉を取るときに 一緒に引っ張ってついてくる筋は取るけれど

それで十分

もう少し大きくなると フキのように筋を取らなくては気になってくるのだ


DSC02994

半分は豚肉と炒めて 鷹の爪とめんつゆで味付け

DSC02997

シャキシャキ感と 噛んだあとのヌメリが大好き

我が家では ミズが 「山菜の王様」

残り半分は 先日のワラビと同じように めんつゆに漬ける



投稿していた人も書いていたが

ミズは 山菜採りで行方不明になるような危険な所に行かなくても採れる

群生しているので 一ヶ所で大丈夫

根こそぎ採ったりしないから 毎年 同じ所で十分に採れるのが嬉しい


沢沿いの湿地にあるので 夫は蛇が怖くて二の足を踏むのだが

やっぱり食べたくて出かける


もう一回くらい 行くのかな〜・・・・。


長女一家が1泊だけの予定で 遊びに来た

アルバイトに忙しい大学生と高校生の孫

交替勤務の娘

比較的 都合がつくのはお婿さんだけ

その4人のスケジュールが合うのは 13 14日の二日間のみ

と いうことで

金曜日に大学生の孫がバイトを終えてから 船橋の実家に戻ったのが 午前1時半

それから 仮眠をして午前4時に出発

深夜の首都高も関越道も渋滞がないので

午前9時20分寺泊発の「あいびす」には 十分に間に合って

10時25分には 無事 赤泊港に到着


赤泊まで迎に行ったので カニを買って帰り

我が家に着くとすぐに カニ カニ カニ


そして

今日のお昼はBBQをして

いっぱいの荷物を持って

午後4時の あいびす で 帰っていった


DSC02990

お弁当を持たせたので

途中の赤城高原で「お弁当タイム」「美味しかったよ」 とlineで連絡が入り

その後

上の孫を寮に送り届けて

高速を下りて 一般道に入った と 連絡が入った

あと少しで 自宅に着くでしょう


みんな おつかれさま

慌ただしい娘一家でした


今日の佐渡は 肌寒い

関東は30℃近くになっている所もあるというのに

こちらは16℃

これでは 鯵もワラビも・・・



昨日は 時折 お日さまも見えて

夫は午後から 散歩がてら ワラビ採りに出かけた

DSC02986


釣りのナイロンバケツにちょうど入るくらいの量を採って

帰ろうと思ったら 雨が降ってきたらしい

どこに出かけているのかわからず

携帯電話を 携帯しない人なので 

迎えに行くこともできない


心配していたら

たまたま ご近所さんに出会ったそうで 

車に乗せてきていただいて 一安心


DSC02988


一晩置いて アク抜きをしたワラビを

人参 生姜の千切り 塩昆布 めんつゆで漬けて


最近は この食べ方が一番のお気に入りになっている


山菜は 雨が降ったあとに ニョキニョキと 大きくなるので

夫は また採りに行きたいみたいだが

私は 塩漬けしたり冷凍したりして 保存するのは好きでない

美味しい時季に食べるだけで 十分


移住した頃は 樽に塩漬けにしたりしていたけれど

結局 最後は生ゴミとして捨ててしまっていたのだから



夫は 採るのが楽しいみたい・・・・



昨日も鯵の様子を見に出かけた夫

家から近いお気に入りの場所では釣れてないので

島の南端まで行ったらしい

でも

やっぱり 釣果はゼロ


昨年のブログを見ていると 20日頃から型の良い鯵が釣れているので

もう少しなのかな・・・


山菜も

昨年は 今頃には ワラビやミズを採っているのだが

一昨日も 夫は

「ウドしか なかった・・・」 と


山菜は 日当たり 日陰 山の上の方 平地の暖かい所

場所によって時期が違うから

採れているところでは 採れていると思うのだが

夫の散歩道では 例年より遅いみたい


庭の野草は 今年は例年になく元気に育っているのだが・・・


昨日も今日も 佐渡は少し肌寒い

今週末からは気温が上がると言っているので

鯵も 山菜も

のんびり待つことにいたしましょう 〜






連日 トホホ自慢をしたくはないのだけれど・・・


しばらく前から「断捨離」で 不用品をネット出品している私

送料と手間を考えると 商いとしては成り立たないのだが

捨てるのが大嫌いな私には 

適度な緊張感と 見ず知らずの方とのいっときの交流が楽しくて

いそいそと発送作業に勤しんでいた


そんななか

今朝 一通のコメントが入っていて

発送した品に 手違いが発生していたことが判明


すぐにお詫びのコメントを入れ

送り返していただくお手数をかけたくないので 品物はそのまま処分していただいて

返金だけさせていただきたい と送信したたのだが

お忙しいのか 未だにお返事はない


ネットでのやりとりは 若い人が多いので

皆さん コメントを下さるのは深夜

私のような老人とは 完全に活動時間帯にズレがある


検品したつもりでも見落としがあったり

時間的にズレがあったり


パソコンやプリンターを駆使して 

100件近くの商いを無事にこなせていたので

自分なりに頑張っているつもりだったが


トホホ続きで

がっくり・・・・


でも

断捨離は 続けたいな〜



昨日は 夕方に 横浜からのお客様


横浜在住で 佐渡にもお家がある ご夫妻と

「4歳なの〜」 と言う かわいい女の子


お能が好きで何度も佐渡に遊びにこられているという

横浜のママ友さんを小木の港まで送っての帰りに

我が家に寄ってくださった


佐渡のお家は 佐和田なので 

帰りの時間を考えると あまりゆっくりもできないでしょうから と

夕食は箱弁当にして と 準備をしていたら

思いの外 早く到着されて
(メールを下さっていたのに 見落として・・・)


バタバタと 仕上げて 食べながら おしゃべり


赤ちゃんの時から見ているお嬢ちゃん

どんどん大きくなって 可愛くなって

あっという間に 時間が過ぎて

「また 来年ね」 と バイバイと 可愛い手を振ってくれて




そして 今日

昨日のNちゃんの 可愛い笑顔を思い出しながら・・・・

あれっ  ?

そういえば・・・・・


お弁当箱が 何か寂しいと思っていたら

「煮物は時間をおいたほうが味がしみるから」 と

冷蔵庫に入れておいた 一品

すっかり忘れていたことに 一晩経ってから 気がついた 


夫は

「仕方がないよ 70過ぎてるから」 と


はあ・・・

とほほな 私でした〜


shiho
shiho2






shiho concert




6/24(土)

17:00 開場

17:30 開演

あいぽーと佐渡





ジャズのスタンダードからポップス ロックまで

卓越した歌唱力で歌い上げ

近年 大活躍の shihoさんが

佐渡でライブを開催する


佐渡では有名な kazueさんが 企画された

実に質の高いコンサート


まだ 少し先ですが

ぜひ 皆様にお知らせを〜♬





気持ちの良いお天気のGW

我が家の娘たちは

長女一家は 家族の日程の都合で

GWが明けてから来島の予定

次女は GW中にピアノの発表会があるので 夏休みまで来られない と


おかげで 私達は のんびりと過ごせている♬


夫は 畑に

私は

DSC02976

DSC02977

久し振りに 頭巾を作ってみた

昔の着物から

DSC02973

DSC02975

こちらは 母の着物から

裏は 昔の着物

リバーシブルでも 大丈夫


DSC02981

玄関前も

DSC02982

庭の緑は 日に日に濃くなってきて

桜の大木の下 椎茸のホダ木は

すっかり日陰になっている


夫は 「ワラビ採りに行こう」 と誘うが

家の中で庭を眺めながら好きなことをしていたい私

お天気がいいのだから 外に出なくては・・・・。


昨日は一日中雨だったが

今日は午前中から 清々しい青空に

風は 少し ひんやり

でも 青空が気持ちいい〜


DSC02970


あいぽーとの在庫がなくなっていたので

久し振りに バネ口ポーチも作ってみた

パッケージに入れてしまったので光ってよくわからないけれど

名古屋の弟が 以前に送ってくれた布

キャンパス地に 芹沢けい介の紅型の「芹沢模様」

口金の部分は 昔の着物で


私には弟が二人いて3人兄弟

最近になって 意外に3人とも 趣味が似ていることに気がついた

姉妹と違って会う機会もなく過ぎてしまっていたのだが

京都の弟は染色を生業としていたので 何となく分かるのだが

名古屋の弟も


3人とも どこかで両親の血を引いていたのでしょう・・・

歳をとってからの 再発見です


↑このページのトップヘ