佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。

今日の佐渡は また暑さが戻ってきた


夫は安定した状態が続いているけれど

なにか参考になる情報はないかと

このところ #認知症  #介護 というブログを

次から次へと読んでいる私

そこで気がついたこと


若年性アルツハイマーのお母さんを介護している娘さんの多いこと


我が家の娘と同じくらいか それより若い人たち

読んでいても胸が苦しくなるくらいに頑張っていらっしゃる

そして そこで お父さんや お兄さん 弟など

男性たちのなんと非協力的なこと


私も娘と同じ年齢で両親の介護を始めたので

気持ちが痛いほどわかる

私の場合は 父がずっと母の介護を頑張っているのを見てきたので

父は偉かったな と 思うけど・・・


そして 娘さんたちがお母さんの症状に気づいたのが

家事ができなくなること

金銭管理ができなくなること など


これを見て感じたのが

夫は 金銭管理は ほぼ結婚当初から私任せ

キャッシュカードの暗証番号だけは覚えていたのだが

現在は それすらわからない

家事は 全て私任せだから

今更 何ができなくなったのか よくわからない

最初から やってないのだから・・



圧倒的に娘さんがお母さんの介護で悩んでいるブログが多いのは

お父さんが認知症でお母さんがしっかりしていれば

お母さんに任せていればいいので 悩む人が少ないのか〜・・・・


なんと女性は偉大なのでしょう〜!!

そして お母さんが認知症になると 

なんて 大変なんでしょう〜!



今日の新聞で

「Drの脳番地日記」

アルツハイマー病最前線

投薬より予防が効果的

という記事を読んだ


アメリカで開かれた認知症の学術会議に出られた時のお話

4年前には薬の効果についてのお話だったらしいが

今年は 「今や 治療は予防である」 と

アルツハイマーの初期に効果があるとされる薬は

6ヶ月で 30点満点中1点上がるが その後低下する と

一方で 脳トレと自立生活 食事療法で5点上昇し 2年間継続している と


アルツハイマーの初期は 脳画像にあまり変化が見られず判断が難しい

この時期に投薬するよりは 予防の方が効果的 というのです


そこで 簡単にできる予防の脳トレ というのが

10年以上前に訪れた場所や友人と再会すること と


ここ数年 旅行に行ってなくて

次に行くときは 今まで行ってない所 と思っていたけれど

夫が ずっと行きたがっている

次女が教員生活を送っていた網走周辺に 行ってみようかな〜

次女と3人で旅行した時に夫が作った旅行記がある

その冊子を手に

同じ場所を巡ってみようかしら♬





先日 新聞紙でゴミ袋 という記事を読んで

早速 作ってみることにした


古新聞が あっという間に溜まってしまって処理に困っていたので

(都会のように家の前に置くとトイレットペーパーと交換というシステムがない)

これ いいかも〜 と


IMG_2701

完成すると こんな感じ

新聞紙2枚を使って

使う時は 中に印刷されたチラシを入れて 底を補強

生ゴミ入れにするので 水分を吸うように


使ってみたけど かなりいい感じ

間口が広いので 調理しながらゴミが入れやすい

捌いた魚の生ゴミは この袋に入れてから 更にポリ袋に入れれば

新聞紙が 水分と臭いを吸収してくれる


作り方は

IMG_2694
IMG_2695
IMG_2696
IMG_2697
IMG_2698
IMG_2699


とっても簡単

ぜひ お試し下さい〜



先日 家の中でハチに刺された話をしたら

友人が 「ラケット状になった ハエたたきがあるよ」 と 教えてくれた

ホームセンターに売っている と聞いたが

すぐに欲しくなったので ネットで調べてみた





ありました〜!

IMG_2693


以前から Amazonよりヨドバシで買うことが多い私

特に 価格の安いものは 絶対にヨドバシ

いくら安いものでも 送料無料

離島でも変わらずの対応

申し訳ないくらいで 宅配料が値上げされて システムが変わるかな と思ったけれど

今もって 変化なし

独自の配送システムを持っているから というが

我が家には 郵便屋さんが持ってくる

いつまでも 変わらないでください〜

(ヨドバシカメラの回し者ではありません)


殺虫ラケットの威力は?


手ぐすね引いて待っている時には なかなか敵が来ません

ラケットが置かれているのを見て 危険を察知しているのでしょうか

今朝 ようやく ハエが一匹が飛んできて

ラケットの電源を入れてスイッチを押したら

「ジッ」 と音がして

ハエは 捕獲されました


お盆に殺生はしたくなかったけれど・・・

ごめんなさい


昨夜 夫と見ていたテレビの健康番組

高血圧や脂質代謝異常 シミ シワ などに良いとされる食べ物の話

鯖の水煮缶が血液をサラサラにする効果がある とか

水出し緑茶を寝る前に飲むと 睡眠障害が改善される とか


でも 私は途中でお風呂に入ってしまい

出てきたら 夫が


「認知症にビールがいいんだって」 と

満面に笑みを浮かべて

私には聞こえなかったけれど

テレビを見ながら 私に大きな声で呼びかけていたのだそうだ

それくらいに嬉しかったらしい


「どれくらい飲んだらいいの?」 と聞いたら

「言わない〜」 だって(笑)


夫は飲み過ぎだと思うから効果は逆効果の部分が出てくるのではないかしら・・・


観ていなかったのでネットで調べたら

ビールの苦味成分がいいのだとか

「我が家は 第3のビールしか飲んでないので それでもいいの?」 と聞いたら

「うん それでもいいって言ってたよ」 と


まあ 夫の嬉しそうなこと

鬼の首でもとったみたいに


でも 赤ワインにカマンベールチーズがいい というのも聞いていて

(カマンベールというフレーズは私の想像だけど)

これからは ビール350缶2本にして あとは赤ワインを飲もう と

焼酎は? と聞くと

それは 変わらず飲む と


それでは 赤ワインが増えるだけでしょ!!




今日の佐渡は 予想最高気温は28℃

爽やかな風が吹き抜けて

帰省客や観光客も 気持ち地の良い時を過ごせるのではないかしら


夫は 今朝

薬を飲む気配がないので

「私は 薬飲んだよ」 と 声をかけたら

「えっ ずるい」 と 返事をするので笑ってしまった

そのまま 飲むのかな と 思っていたがしばらくしても気配なし

1時間以上経っても 新聞の次は読書で 座ったまま

思い切って 「薬飲んだ?」 と声をかけると

キョトンとした顔をして 私の顔を見つめている

「飲んでないと思うから見て」 と

薬入れのところに行くように促した

でも 「はい!」 と 返事だけ

「返事だけではだめ 」「言われたら すぐに飲んで」 と声をかけると

ようやく 重い腰を上げた

IMG_2684


先日 飲んだ 飲まないでバトルになったので 考えた方法

飲んだら すぐに紙を入れることにした

紙が差し込んである所は 飲み終えた日

こうしておけば 「違うところからとって飲んだ」 という言い訳は通用しないから


夫の自立を促す という選択は こちらが疲れるので もういいか・・・ と

声をかけないで「薬飲んでないでしょ」 とイライラしているより

飲むまで 何度でも声かけをして 私も気になることを先延ばしにしない

ただ 「飲んだ」 と言わせないための工夫はする


昨日も 

「俺は二十で結婚したから娘は今55歳か?」 と言うので

「そんなに若い時に結婚してないよ」 と言ったら

「あ そうか」 と 


以前なら そんなことでも 私は気落ちしていたのだが

なぜか 平常心でいられている


娘達が来て刺激を受けた夫の様子が少し違うのと

娘が茅ヶ崎に帰ってからくれたメールに

「お父さんは そんなにおかしいとは思わなかったけど 私もこれからはお父さんのことを困った娘の話に置き換えないで ちゃんと話を聞くから なんでも言ってね」 と あり

なんとなく 私の心が軽くなっているみたい


心の余裕って 大切ですね♬






佐渡は雨が降らなくて 畑はカラカラ状態

でも トマトは水がなくて日照があれば甘くなる

雨が降ると 割れてしまうから 今の状態の方がいいのかも

IMG_2677

毎日 夫が 3〜5個畑から持ってきてくれる

夫の作るトマトは 何故か 毎年とっても美味しい

果物よりトマトが好きな私には 味の違いはよくわかる

どこで買ったトマトより 喉の奥で感じる旨みが強いのだ

特別な肥料を上げているわけでもないのに・・・

夫の作る トマトとジャガイモは 私の大のお気に入り


IMG_2673

インゲンの苗は お隣から頂いて育てた

成りすぎの大きなサヤでも 天ぷらにすると平気

豆の感触も味わえて 美味しい

夫は 毎日そうめんでもいいくらい そうめん好きなので

畑の野菜で 素早く天ぷらにできるのは 嬉しい


とうもろこしも 今年はまずますの出来栄えで

孫たちとBBQの時には ご近所からいただいたとうもろこしで大満足だったのだが

我が家のはさっと蒸して冷凍してあり

孫たちの帰りのお弁当にも入れたり 私たち夫婦で食べたり


キュウリは 大きくならないうちに採ってね と言ってあるので

夫は ちょうどよいサイズで持ってきてくれる

我が家は 丸いホーローの容器で糠漬けをしているので

曲がったキュウリも 円に沿わせて入れれば 大丈夫

真っ直ぐのキュウリは千切りにするのが楽なので 冷やし中華に


洋風料理をあまり食べない夫には ピーマンの処理が難しい

キンピラと佃煮の間のような状態に調理して出せば 箸を出すので

もっぱら この方法で


畑の野菜が美味しいのは ありがたい♬



台風が千葉を直撃 と聞いて 心配していたが

今のところ 大きな被害もなくて 一安心


佐渡は 昨日は羽茂で35℃だったようだが

風があったせいか エアコンを入れるほどでなかった感じ

でも 夜になってもいつものような涼風はなく

今夏はじめて 一晩中扇風機を回していた



ホテルから納品のお電話をいただいて

カードケースは在庫があったのだが

それ以外は 何もなくて

ペンケースやブックカバーは 織りからはじめなくては  と思っていたのだが

織り布の箱を開けたら

ブックカバー用の織り布が少し残っていたので

お盆前にお届けしようと 急いで制作に

IMG_2674

いつもは付ける 栞が間に合わないが

(栞の房作りに結構手間がかかるので)

先日 別の土産物店で 裂き織りのブックカバーを拝見したら

栞はついていなかったので ま いいか・・・と

(初心を忘れそうになっている私。。。)


IMG_2675

織り布の裏には接着芯を貼って

更に 裏布をつけて

織り布と裏布の間に本の表紙を挟み込むようにしている



コースターも というお話を頂いたので

少し残っていた織り布で 4枚ほど作った


コースターの幅は11cmで

ペンケースとブックカバーの幅は15cm と

経糸をかける時の幅が違うので 

織りをはじめたいのだが どちらの幅でかけようかな〜 と

幅が狭いほうが早く仕上がるので

第2弾の長女たちが来るまでに織り上がるかもしれないから

コースター幅にしようかな・・・


考えているだけで楽しくなる♬


1日から来ていた次女一家

昨日のお昼の船で帰っていった


行きも帰りも海は穏やかで 

心配していた暑さも それほどでなく

エアコン慣れしている娘たちも スイッチをを入れることは 一度もなかった


上の孫が今年も草津の音楽祭のレッスンを受けに行くので

我が家にはピアノがないため 毎朝 赤泊までレッスン室を借りに

その後 城が浜で海水浴をして

土日は 赤泊の花火と ダンボール舟レースに


海水浴にはお弁当を持参するので

私は 昨日のお弁当まで ずっと 食事作りばかり

IMG_2667

船で食べる 最後のお弁当


IMG_2661

夫は 

薬は 孫が 「じいじ お薬飲んでね」 「○日のところから取ってね」 と

優しく言ってくれたおかげで

毎日 スムースに 飲んでくれた


IMG_2662

娘たちに食べさせようと出かけたら 期待していなかったのに 型の良いアジがいっぱい


幸せなことに 娘たちの滞在中 夫の様子は ほとんど気になることがなかった

娘が 「何もおかしくないよ」 と 言うほどに

私が見ていても 違った

『ただの物忘れかな・・』 と 思うほどに

夫には 刺激があったことと 

私には 二人きりで 疑心暗鬼になるほど 思い詰める余裕がないほど忙しかったことなど

娘とは帰る前日の深夜 初めて二人でゆっくり話す機会があたのだが

心配する程のことはない という (私自身も思うほどの) お互いの結論となるくらいに

夫の様子も変わっている



IMG_2663

私は 一昨日 蜂に右こめかみを刺されて

昨日 病院に行って 飲み薬と塗り薬をもらい

右目の周りの腫れも 少し引いてきたが

お化粧もできなくて 

のんびり パソコンに向かっている


夫は 曇り空で暑くもないので 先ほど バイクで釣りに

穏やかな 日常が戻って 幸せ〜 ♬



みなさまから コメントやお電話で いろいろアドバイスをいただいて

心から 感謝をしております。。

また たまらなくなったら 書き込んでしまうかもしれませんが

みなさまのお知恵を拝借しながら 状況判断をしていこうと思っています。


ありがとうございました。






夕方には娘達が来るから と楽しみにしているのに

昨日も今日も薬を飲み忘れている夫

それを指摘したら

「飲んだ‼︎」と 言い張る

日付カレンダーの薬入れのどこから出したの? と聞くと

「関係ない所から出した」と

私は毎日確認しているので 薬入れの状態は しっかり把握している

そんな嘘は通じるはずがないのに

毎回

「飲んだ!」 と 即座に答える

出来ている時もあるので 昨日一日は目をつぶったのだか

今日も又…




(日付の違う所から取ったら意味がないのだから。。。)


飲んでない 飲んだ で 大ゲンカに

「俺が管理してるんだから口を出すな‼︎」 と


どうしたらわかってもらえるのだろう と思ったら

情けなくて涙が止まらなくなって 大泣きしてしまった



夫は何事もなかったように テレビを見て一人笑っている


その様子を見て また涙が。。。



これから娘達が来るのに


こんな話は娘も聞きたくないだろうから

誰にも言えなくて 悲しい…。

今日から8月

先月から猛暑が続いているので

8月になったから と 変わりはない

けれど

今日から 次女一家がやって来る

IMG_2650

夫は 朝から準備万端

新幹線で来るので 到着は15;50 小木港着

来るのは夕方だけど

IMG_2651

お休み処も用意して


IMG_2652

ライフジャケットも

今は大学生と高校生になった上の孫たちの時に買ったもの

佐渡に移住した時だから 15年も経っている

小学生5年の孫には そろそろ小さくなっているのではないかしら・・


お婿さんが 新潟のフェーン現象の暑さを死ぬほど心配している と

昨日 娘が笑いながらラインしてきた

笑えないほど暑いから 来るのやめる? と返したら

「金北山で涼んでる」 と返事が来た


山の上は涼しいかな〜・・・

それより 坑道の見学コースに入れば 寒いくらいなのにな〜


スイカもかき氷も用意してあるから

あとは お好きにお過ごし下さい(笑)



今朝 もう1回分を採って

夫には 自分で提出に行ってもらった

「○○会館は どこにあるんだ?」 と

先日も健診で行った 15年も変わらず行っている会場なのに・・・


でも 一人で行って

胃がん検診も同時に行われているので

「胃がん検診は受けなくていいのですか?」と聞かれ

「聞いてないから いいんじゃないですか」 と 答えた と

誰のことなのでしょう

自分のことなのに 聞いてないって(笑)


提出するだけなので 直ぐに帰ってきて

一安心


全てを頼りきっている生活がいけないのかもしれない と

なるべく 突き放すように

(お膳立てはするけれど)

一人で 何でもしてもらおう〜



市の胃がん検診は 我が家は二人共 胃カメラにしているから受けない

大腸がん検診は

私は 3年に一度 内視鏡を受けるので パス

夫は 内視鏡は受けたことがないので嫌だ と

毎年 検便を提出して 受診している

今年も 今日が提出日なので

土曜日から3日間のうちに2回採ればいいから と言って

忘れないように 容器もトイレに置いていた


それなのに・・・

今朝 10時半までに提出しなくてはいけないから と言ったら

今朝の1回分しか採ってない と


え〜っ


昨年までは これだけは出来ていたのに。。。。。


あ〜 もう今年は出来ないよ と言うと

いつもの

「はい!」 という 意味のない返事


それっきり

今日の薬もやっぱり飲み忘れて

新聞だけは 熱心に読んでいる・・・



夫には かなり前から 危機感 というものがなくなっていて

反省 とか 以後気を付ける という回路は薄れてしまっているみたい

私に言われると

「ハイ!」 と いう返事の繰り返し


毎日 疲れる ぅ。。。。。





(つづき)

予備日があるのは知っていたのだが 余りにも次々と忘れるので つい愚痴ってしまった。

厳密にはまだ大丈夫なので明日もう一回採ってもらつて 提出してこよう


何もかも私に頼っているから 本人に危機感がないのかな…

提出も私がいつも行っているから…。





台風の直接の被害はなかったけれど

フェーン現象で 暑い!!

昨日は 新潟県でも三条市では39℃あったようだ

県内 一番過ごしやすいと思っている佐渡でも 35℃

佐渡の気温は北西の相川で観測されているので

南西端にある我が家付近は もっと気温が高かったのではないかしら


そんな猛暑の中 午前7時からは団地のボランティア活動をして

夕方からは 団地の納涼祭

BlogPaint

始まった頃は まだ西日が明るかったけれど

IMG_2648

日が沈んだら お決まりの明かりを点けて


明日は 市の胃がん検診と大腸がん検診があるので 早めにお開き 

と 言っていたのに

予定より 一時間以上 宴は続いて


夜になっても一向に涼しくならない納涼祭は終了しました


猛暑で野菜が高騰し始めたらしい

我が家は

IMG_2639

畑では インゲン キュウリ トマト とうもろこし オクラ が

インゲンは 胡麻和えに

IMG_2638

ナスは 私が好きでないので漬物用に十全なすしか作ってないのだが

ご近所から 立派なナスをいただいた

揚げて煮浸しにして 冷えたのは私も好き

IMG_2640

今朝も 昨日の残りで


IMG_2623

キュウリもぬか漬け  生姜 めんつゆ 塩昆布で浅漬けにしたもの

冷やし中華なんて 麺よりキュウリの方が多い(笑)



IMG_2622

「焼肉が食べたい」 と いつも言っているのに

「食べに行く?」 と聞くと 「いや いい」 なんて言う夫

それならば 家で材料買って ”家焼肉” にしよう と

ネットで 今評判の 「やきまる」 を 購入した


夫は 焼肉といっても ホルモン大好きで それだけでいいみたい

この やきまる

確かに煙は最小限で とても使い勝手もいいのだが

エアコンのない我が家

扇風機を強風にして首振りにしていたら

思い切り ホルモンから出る油煙が部屋中拡散されてしまった

リビングの床が ツルツルに・・・・


「次回からは テラスデッキにしたほうがいいね」 と

夫と 話している


暑くても ちっとも食欲が衰えない私たちです(笑)



暑い暑い と言いながらも

好きな手仕事に没頭していたほうが 暑さを忘れられる

今度は 頭巾の別バージョン

IMG_2627
IMG_2630
IMG_2632
IMG_2633
IMG_2634


いずれも浴衣地で

手ぬぐい頭巾 ともいうのだけれど

手ぬぐいや浴衣のように

表裏同じように染めてあるもので 両端耳になっているものなら 大丈夫

手ぬぐいより浴衣の幅の方が広いので

浴衣地なら 前部分を折り返したり

目深に被ったりも出来る

後ろで結ぶようになっていて ゴムも入ってギャザーがあり ふっくらとしている



直射日光から 頭皮や髪の毛を守るのには good です ♬




連日の猛暑

気象庁は 「災害」 と 発信し始めた


私は 地球の温暖化が気になって仕方がない

温室効果ガスの問題は もう手遅れかもしれないのに

まだまだ 自国の利益しか考えない人達のおかげで

解決策は 先送り

地球が滅亡したら どんなに大国だって生き延びることはできないのに・・・


テレビで

「沖縄が避暑地になるかもしれない」 と 笑っている人がいたが

佐渡も 気象のことを考えると とても暮らしやすいと実感している


ひと夏で 寝苦しい暑さというのは 数回しかないと思う

今年は まだ一度もない

ないどころか 夜は窓を開けて寝ると寒いくらい

その分 冬が大変でしょ と思われるのだが

今年の水道管の破裂は

私は 佐渡が冬でも比較的過ごしやすい土地なので

逆に 油断があったのではないかとも思う

豪雪地帯でもないし 厳しい寒さの土地でもないから



人にはそれぞれ 暮らし方 考え方があるので

都会がいいと思うのも よく理解できる

ただ 地球がおかしくなってきているのを見ていると

佐渡がいかに素晴らしい土地なのか と


野菜が高騰 といっても

季節に採れる野菜なら 畑で十分間に合うし


私は 最近

以前にも増して 佐渡を離れたくない と

強く思うようになってきた




今日の佐渡は 時々雲に覆われて 風もあり

そのせいか 気温より少し涼しく感じる

夫は 畑の草取りに出たが
 
広報車が 「猛烈な暑さなので 畑仕事には注意」 と 呼びかけている

涼しく感じても 畑仕事は危険

今も 出かけようとする夫を引き止めたのだが

頑固な夫は 言う事を聞かない

ビールばかり飲んで水を飲まない夫

脱水状態で 血液ドロドロで 血栓が起きる心配もあるのに・・・


相変わらず あれもこれもわからなくなっている夫

昨日も今日も 薬の飲み忘れを指摘され

机の上に出した薬も 目の前にあっても置いたまま


せめて 私の言うことは聞いてください。。。




IMG_2615


昨日 お店に納品してから

頭巾帽子は浴衣で作ってみたら夏らしいのではないかしら と 思いつき

IMG_2616
IMG_2617
IMG_2618
IMG_2619
IMG_2620

モデルがないので トイレットペーパーに被ってもらった(笑)


涼しげで 私も 気に入った♬



連日の猛暑

「危険な暑さ」 と呼ばれる

痛ましい子供達の熱中症のニュースは

もう 昔のような精神論は通用しないことを 大人が認識しなくては


新潟県内では佐渡が一番気温が低い

でも 佐渡も広くて

予報を見ていると 我が家のある南佐渡だけ 真っ赤で一番暑い

あとは黄色の表示になっていたりして

ミシンをかける2階の部屋は やむを得ずエアコンを


エアコン入れても 31℃からは下がらない・・・


それでも お電話を頂いてから随分経ってしまった頭巾を

なんとか6個だけ 作ることができた

IMG_2604
IMG_2606


裏は
IMG_2605

昔の着物の裏地

IMG_2607
IMG_2608


先日 ホテルに納品させていただいた時に

「わー 鼓童のアースセレブレーションの時にいいな」 と お若いスタッフの方から言われて

なるほど・・・・ と

勉強になります



暑い暑い と言っても

佐渡は 就寝時は窓を開けていると寒いくらい

水を撒いたように 海を渡る風が涼を運んでくれるらしい

暑くて寝られない ということがないだけでも ありがたい

早めに夕食を終えて 

早めに お風呂に入って

早めに寝る

これが 涼しく過ごすコツです(笑)




カードケースも半分だけ 縫製が完了した

IMG_2588


IMG_2590

中もピンクに


今までの私にはあり得なかった色合い

でも カラー って 大切

友人がカラー診断のお仕事をしていらっしゃるけれど

お客様が多くいらっしゃるのが わかる

気持ちが 微妙に変わってくるのです


私の大好きな 紺 藍は 確かに一番落ち着くけれど

草木染めのような優しい色合いも大好き



ちょっと 路線を変えて 遊んでみようかな〜♬



先日の 「認知症ねっと」

会員登録しておくと 認知機能チェックのデータが残るようになっていて

毎回 問題は変わるので 時々チェックして比較することもできる


本日 再度挑戦してみた私

結果は


前回より 総合点が7点も下がっている

同年齢の平均点にも届かず

計算能力に至っては 「認知能力が劣っています」 と

計算能力は もう 波があるのではなくて

本当に劣っているみたい

なんだか自信がなくなる・・・・

夫の気持ちが わかる・・・


夫に

「二人で一人前になればいいよね」

「今更 頭脳明晰になったって 使うとこもないよね」

なんて

一人で負け惜しみを言ったら

「そうだ そうだ」 と

夫は なんだか嬉しそう(笑)


お互いに補い合って暮らして

それが難しくなったら 公的機関にお世話になろう



とりあえず 能天気な結論が出ました





このところ調子のよかった夫

頭の働きにもに波があるのか

今朝は薬を飲んでない様子

「薬飲んだ?」 と聞くと 「飲んだ」 と

「カレンダーの薬入れの本日分は入ったままだよ」 と言うと

「違うところから出した」 と 即座に答える

全日分 入れたばかりで 残念ながら他に空いているところはない

それを指摘すると 無言に

「忘れないうちに飲んでね」 と言うと

「はい!」 と 元気よく返事

1時間ほどしてもそれらしい気配がないので

「飲んだの?」 と聞くと また 無言

私に指摘されたことを覚えてない様子

私は買い物にくので出かける時に もう一度

「薬飲んでね」 と言うと

再び 「はい!」 と 元気よく

1時間ほどして帰ってきて 「薬飲んだの?」 と聞くと

また 無言

もう お昼だから 昼食後に飲むのかな とそのままにしていたら

昼食後は すぐに昼寝

「昼寝する前に薬を飲んでね」 と言うと

ようやく 「はい!」 と言って 飲んで

お昼寝



暑いから何もしなくていい

テレビを見ていようが 居眠りしようが

のんびり 好きなように過ごしてくれていいのだけれど・・・・


指示なしで何でも出来て ほっとする日もあるのだが

こんな日が続くと 

やっぱりダメかな・・・ ・・・・ と 思ったり



IMG_2587

ビールや焼酎ばかりでなく

苦いコーヒーゼリーも 「美味しい」 と言って食べている姿は

どこか ホッとするのだけれど




ピンク系のカードケース と思って

ほとんど織り進んだところで

山の上のお店の方から

「コースターがなくなるので 都合の良い時にお願いします」 と

お電話をいただいた


コースターなら織り幅はカードケースと同じ

急遽 コースターに変更することに


織り幅は同じなのだが フリンジを入れる空間を取ったり

作業が 変わってくる

3枚分ほどフリンジ付きで進めたけれど

途中から 木綿糸を織り込んで脇の始末をする方法に変えた


出来上がったのが

IMG_2582


私 コースターは本当は 藍系 茶系で作りたいと思っている


IMG_2584

カードケースをピンク系と思ったので

こちらは満足なのだが・・・


もう一度 藍系で経糸をかけて

コースターを作り貯めようかな〜

でも

bookカバーの幅で糸をかけたいとも思っているし


暑いけれど  やりたいことで頭がいっぱい

来月に入ると初日から茅ヶ崎の一家が来るので

それまでに 

は  無理かな〜・・・・


暑い 暑い


西日本の被災地の方たちの過酷な現状と暑さを見ていると

佐渡で 「暑い」 なんて言っていたら 申し訳ない



我が家はエアコンの生活に慣れていないので

風さえあれば 扇風機だけで 十分

IMG_2575

庭が緑に覆われているのも 涼しさを保つのに役だっていると思う

母の思い出の ガクアジサイ

どこからか種が飛んできて出てきた ねむの木

花が とても涼しげ

IMG_2576

たった一本のクルマユリ

一本だけだけだから かえって涼しげ

IMG_2577

白い紫陽花だったのに 土の酸性度が高いからか

すっかり 青に変わりつつある


緑が多い庭は 雑草が生えるのも早くて

それはそれで 困りものなのだが





もれなくもらえるお皿キャンペーンで

夫に 節酒を言いながら せっせとシールを貯めて応募した

金麦のお皿

IMG_2571

IMG_2570


前回は 藍色のお皿をいただいて

とても気に入って重宝しているので

今回は 別バージョン

IMG_2569

小ぶりだが 楕円で 少し深さもある

少しの汁物なら大丈夫

煮浸しとか 洋風のソースがあるようなものでも

生成り色なので どんな料理でも映えそう


昔からビールのキャンペーンには シールを貼っては応募してきたけれど

一度も当選したことはなく

どうせ当たらないから と いつの間にかやめてしまっていたが

「もれなくもらえる」 というのは 嬉しい

もれなく でも 不要なものは応募しないけれど

金麦のお皿だけは気に入っているので

次回のキャンペーンが 楽しみ♫


夫には 節酒を言いながら 飲めない私は夫頼みで必死に集めているのです(笑)




涼しい風が 家を吹き抜けている

心地よい

と 感じるのは 風のせいばかりではない


先日から 悶々としていた気持ちを吐き出し

見知らぬ方からも 友人からも 嬉しいコメントや電話を頂いた

発信することによって

「言ってしまった」 という 自責の念に駆られたことも確かなのだが

嬉しいコメントやお電話によって

私の気持ちに すっきりした部分も生まれ

夫を 新たな気持ちで見ることができるようにもなった


そんな私の気持ちが以心伝心したのか

夫にも 少し変化が


薬の管理が自分で 出来るようになっている

私にも 「薬飲んだか?」 と 声をかけてくれる(笑)

忘れていることを自覚できるようにも


同じことを 何度も 毎日 聞いてくるのは相変わらずだし

目的地までの道順 方向感覚がわからないのも 変わらず

駐車場のどこに車を停めたかも わからない

西暦も平成何年かもわからない

お風呂の沸かし方も わからない・・・


書き出せば 相変わらずは多いけれど

私の気持ちのゆとりが大切だと 痛感した


「俺のことを認知症だと言う」 と

笑いながら義姉に話している夫を

認知症外来に連れて行くのは やはり難しそう・・・・

穏やかに暮らしながら もう少し様子をみることにしようかな・・・  ・・・




かなり前に買っていた生クリーム

そろそろ賞味期限が切れそうなので

お菓子作りに と思って考えていたのに

作ったのは

紅茶入りのパウンドケーキ

IMG_2567


生クリームは 

ホイップして ケーキに添えるだけになってしまった

ケーキは HMを使ったので 砂糖は入れなかったから

クリームの甘さがほどよくて ちょうど良かった けど・・・



プリンを作ろうと思ったけど カラメルソースが面倒

ババロアにしようと思ったけど ゼライスを溶かすのが面倒

(どこが面倒なのじゃい!)

多分 また これらを作ろうと思って 生クリームを買うのよね

こんな私じゃ

ダメダメ!




今日は朝から雨

昨日から気温が下がっていて

今日も 雨が降っても蒸し暑さはないのでありがたい



暑い時の我が家は 辛いものを食べる

(というか 冬もだけど・・・)

IMG_2563

これが 定番調味料

豆板醤は あっという間になくなる


IMG_2556

今日の朝食

前日の残りの麻婆豆腐を丼物に

ココット型で作る レンジ卵は 便利


我が家の麻婆豆腐は

ネギ ニンニク 生姜の刻んだものをごま油で炒めて

香りが出たら 豚ひき肉を加えて炒め

この名古屋名物の甘味噌と佐渡の米麹味噌 

それに 豆板醤を たっぷり入れて 豆腐を入れる


IMG_2562

キュウリがいっぱい採れるようになったので

胸肉をレンジで蒸し鶏にして

中華ドレッシング 甘味噌 豆板醤で和える


簡単 手抜き料理だけど

料理もしたくない暑い時には この調味料は助かる

二人共 辛いものが好きで 良かった

どちらかが苦手だったら 使えないから・・・・




昨日見た 認知症ねっとで

認知症になっても 好きなことが出来なくなるのは 最後の方 と

趣味の部分は 他のことが衰えても残るようだ


私の場合は 手仕事と 食いしん坊が故の料理

夫は アジ釣り

(もう 魚釣り とは言わない)


一日でも長く 佐渡で この生活を続けていたいものです



認知症ねっとというサイトで

認知症に関する興味深い話がいっぱいあり

その中に 認知機能チェック という欄があったので

私も挑戦してみた

そして 結果を見て ビックリ

点数的には かなり高得点で一安心だったのだが

意外や意外

私が最も得意と思っていた 計算能力

これが 思ったより低いのだ


50年間 家計管理を任されて

年金だけで生活する術も身につけて

計算能力は バッチリ と思っていたのに・・・・


これは 夫には絶対に任せられない部分なので

私が何としても認知能力を衰えさせないようにしなければならないのだが

確かに 数トレは 苦手なのだ・・・・


夫にも この認知機能チェック

試してもらおう〜♫



この先生の話では

認知症になると 覚える機能には支障をきたしても

「再生」は可能なので

直近のことは忘れても 昔のことは思い出せるのだそうだ

夫は これが当てはまる

同じことを何度も言ったり聞いたりも



「物忘れ」

物忘れを自覚している

体験したことの一部を忘れる

ヒントがあれば思い出す



「認知症」

物忘れの自覚がない

体験自体を忘れる

ヒントがあっても思い出せない


これを見ても やっぱり

夫は 「単なる物忘れ」 ではないと思える


佐渡で物忘れ外来の専門科は 総合病院しかない

「俺は認知症ではない」 と言い張る夫を

なんと言って受診させれば良いのか

この点も 少し悩ましいところ


「はっきり違うと診断してもらうために

一度 検査してもらおうよ 」

と 言ってみようかな〜・・・・




先日 ホテルに納品した折に

お若い女性のスタッフの方から

「個人的に ピンクとか明るい色のカードケースが欲しいんですけど・・・」 と 言われて

いつも私好みしか作ってこなかったけれど

たまには 挑戦してみようかな〜 と

IMG_2550

糸巻きからはじめて

赤 生成り 赤 生成り グレイ

この順で整経を進めていたら 

普段使っていないので 生成りが途中でなくなってしまった

急遽 途中から山吹色に変えて


整経が終わったら 千切り巻き という

車の車軸のようなものに経糸を巻く作業

柱に糸をくくりつけて ピーンと張って 櫛で糸を整えながら巻いていく

これが けっこう重労働で

カードケースの幅なら一人でも大丈夫そうだけれど

夫が 「いつでも呼べよ 手伝ってやるから」 と 言ってくれているので

お言葉に甘えて 巻く作業をお願いした

これなら 私は櫛で糸を整えながら 糸の張りを調節すればいいので助かる

それでも二人で大汗をかいた


その後 綜絖通しを終えたところで

私は うっかりそのまま繰り出しの棒に糸を結びつけて

織り始めようとしてしまった

その前に 筬に通さなくてはいけないのに・・・

慌てて 結び目を外して 筬に通して

ようやく 織り始め


IMG_2554
IMG_2555

IMG_2560

ピンクになっている〜♫


好きだからといって いつも同じ色ばかりだったことを反省

たまには挑戦して 新たな発見をするのも楽しい〜♫



今日の佐渡は 朝から真夏日

気温も グングン上昇して

IMG_2553

OMソーラーのデータでは

棟温度 82℃

湯温 47℃

室温 28℃ と なっている

これを見た夫は

「おい 室温が47℃になっているぞ」 と

(室温が47℃なら 死んじゃうよ )


この操作盤 

夫には 見方も操作の仕方もわからない

夏モードと冬モードの切り替え

季節の変わり目には お湯採りにしたり しなかったり

風量も微妙に調整して

冬になると 補助暖房の機器が古くなってきたので

スイッチを入れても暖房に切り替わらない時があり

ちょっとした工夫が要る

でも 夫には全くわからない


給湯やお風呂の中の操作盤も

最近の夫には 操作ができなくなっている


「私がある日突然いなくなると困るから 一人でやってみて」 と言うと

「風呂なんか入らなくてもいい!」 と 怒り出す始末


お風呂も入らず

冬になったら 暖房も入れられず

どうやって 一人で暮らしていけるのかしら・・・


広い範囲で大変な被害が出ている豪雨

明日からは 猛暑になるらしいし

台風も近づいてきている

被災された方々の心労は いかばかりか

心が痛む



佐渡も大雨警報が出ていたが

我が家の周辺は 何事もなく

夫は

「海が濁っているから釣れそうだ」 と いそいそと出かけた

しばらくして

「餌がなくなったから」 と帰ってきたが

久し振りに

IMG_2549

いい型のアジ

塩焼きにしたら 夫は 「甘い 美味しい」 と

アジフライにしたり お刺身にしたり

アジ三昧の夕食でした



出来ないことは 少しずつ増えているけれど

釣りは十分に楽しめているらしい

自信満々

生き生きとしている

佐渡に住んでて 本当に良かった


朝マズメ 夕マズメの釣りはしなくて

日が高い時間に行くので 熱中症が心配だが

全てを好きなようにしないと楽しくないようなので

仕方がない


明日から一週間は晴れて暑い日が続くらしい

海水温が高くなると 鯵は沖の方に行ってしまうみたいなので

暑くなったら行かないかな〜?・・・


西日本では記録的な大雨 とか

もう 毎年 日本のどこかで こんなニュースが

異常気象ではなく これが当たり前になっていくのが怖い

これ以上の被害が広がないように祈るばかり

皆さん くれぐれも お気をつけください



佐渡も大雨警報が出て 今は かなりの雨が降っているが

今日は 団地の防虫駆除のお当番で

夫は 午前6時半から 煙霧の機械を持って

団地内を消毒して回った

終わった頃に 本格的に雨が降りだしたが

無事にお役目果たして 一安心



夫は 昨日は 薬がなくなったので 一人でかかりつけ医に行った

道がわからなくならないように

少し遠回りだが わかりやすい道を説明して

調剤薬局は 医院の目の前に新しくできたので

途中で車を停めて寄らなくてもいいように

そこで もらってね と 伝えて

帰りに 図書館に寄って

私の予約してある本まで 貰ってきてくれるように頼んだ

心配なので 嫌がる携帯を持ってもらったが・・・



電話もなく 無事に帰ってきた


図書館では 自分の借りたい本を借りて 帰り道を少し走った所で

私の本のことを思い出したそうだ

すぐに戻ったら ちゃんと 受付の所に置いてあった と

「すごいじゃない〜!」 と言うと

「バカヤロ 俺をバカにしてるな」 と言いながら

顔は 満足げ


病院では 先生が

「お酒は飲んでますか」 と

「はい  朝昼晩 美味しく飲んでいます」 と言うと

「そうですか それはいいですね」 と 先生が言った と


ほんまかいな・・・


でも ほんとうに そう言われたみたい

なんだかな・・・・


ご機嫌で帰ってきて

何だか 自信も少し戻ったような感じ

まっ いいか〜(笑)



さて

タイトルを変えたほうがいいくらい前置きが長くなってしまったが

IMG_2544


IMG_2546


バネ口金ポーチ

夏バージョンで作ってみた

涼しげで 気に入っている

お店に出すのには もう少し作らなくては


昨日から 暑さは遠のいているので 仕事は捗りそう

こまめにアイロンをかけるので 暑い時は大変なのだが

涼しいうちに 作り終えよう〜♫






久し振りに メガネケースを

IMG_2539


残っていた作品をお店にお持ちしたら

「なくなったよ〜」 と

嬉しいご連絡をいただいて


佐渡の昔の着物を友人 知人にたくさん頂いていて

地が厚かったり 裏が白っぽかったりして

裂き織りには使えないけど 好きな布たち

それを3cm幅にカットして パッチワーク


この色合わせが 楽しい〜


私は絵心がないけど 色合わせは好き

だから この作品作りは楽しい


紐を長めに付けたので 斜めがけにもできる

これがあると メガネ探しをしなくていいですよ〜♫


昨日

私のブログを読んでくれている 昔のママ友から

嬉しい電話を頂いた

私が15年前に ブログを開設した当時から

「朝 貴女のブログを見てから一日が始まるのよ」 なんて

いつも励ましてくれていた

ご自身も お歳の離れたご主人の介護で大変だと聞いていたので

私も案じていたのだが

そんな彼女からの電話

それは 昔から優秀な彼女ならではの言葉の数々で  私を励ましてくれた


先日も 別の友人から 

私の最近のブログを見ていて心配になって と

お電話をいただいていた

その時も 嬉しくて 

近くにあった古タオルで思わず涙ふきふき 話してしまった



「認めてもらえる」 って

生きていく上で これ以上幸せなことはないような気がする

手仕事も同じ

わずかでもお金がもらえるのは嬉しいけれど

それ以上に 

自分の手がけたものが認めれることの方が もっと嬉しいもの



両親を介護していた頃に

ご近所に 立派な医療従事者の方がいらした

ある時 道で出会って ご挨拶したら いきなり

「あなた ご両親を大切にしてね」 と言われ

えっ と 思ったが

両親の介護でイライラして大声で怒っていた私の声が聞こえていたらしい

家に帰って 泣いた


偉い立場にいらっしゃる方だったけれど

バリバリのキャリアウーマン

自宅で両親二人を介護しながら 

夫からは「俺の親でない」 と言われ 夫の顔色を伺いながら

弟たちからも 手を差し伸べられることはなく

孤立無援で 当たる相手は両親になってしまう

大声を出しては 後悔している

そんな私の気持ちなんか 理解するどころか

「あなたはダメよ」 と 言われたような気がして

本当に 悲しくて仕方がなかった


もし 仮に そう思っても

まずは 話を聞いてくれて

ひとまず 気持ちに寄り添ってくれて

そのあとに 

専門家としてのアドバイスがいただけたら

私も あんなに悲しい気持ちにならなかったのではないか と



このところの友人たちの優しい電話に

昔のことを ふと思い出した私でした。




今朝も夫は

クロゼットを開けたり閉めたり

「何をしているの?」 と聞くと

「俺のTシャツは?」 と

着替える度にこの状況


夫のことを知っている方々も このブログを読んで下さっているので

いつも 記事にするのを躊躇うのだが

こういう状態の人と暮らす気持ちを誰かに共有して欲しい と叫ぶ自分もいて

躊躇いながらも 書いてしまう

そして 書いたら書いたで 後悔もして・・・・



私には 多くはないけれど何でも話せる大好きな友人は何人かいて

直接会っても 電話でも 話しているととても楽しい

でも 残念ながら同じような状態の夫と暮らす人は一人もいない


夫のことを一番身近で見ているご近所さんも

「そんな風には見えない」 と繰り返し言われる

そう言われると 話している私が自分で鬼嫁に思えてきて悲しくなる


団地の行事は 前の晩に何度も言っても朝起きると忘れているので

私が着るものも用意して段取りをするので指示された通りに動けば

ご近所さんにはわからない


皆で話をしていても 神妙に聞いているので

他人様はわかって聞いていると思われるだろうけれど

何一つ覚えていないし 話をしたことすら忘れている

私がそこにいれば 全て私が返答をして

夫は横でニコニコして頷いているので

誰もおかしいとは思わないのは無理もないと思う


夫は 私が指示をすれば まだまだなんでも自分で出来るので

日常生活で困ることは そんなにない

ただ

そんな私の立場を 共有 共感してくれる人がいたら

気持ちが楽になれるだろうな・・・ と

このごろ よく思う


MCI(軽度認知症)の段階では

認知症の家族会には まだ足が向かない


高齢者の4人に1人はMCIだというけれど

私の数少ない友人の中には 幸せなことにお仲間がいない



夫は 昔より頑固さが減って 優しくなったような気がする

私が指示したことを素直に聞いてくれると

自分が鬼嫁になったような感覚に陥り

それはそれで辛い


そんな微妙な心のひだを

「そうなのよ」 「ウンウンわかる」 「うちも同じ」

そんな会話ができたらな〜・・・・



独り言と思ってください・・・・



(つづき)

私が2階でミシンをかけていたら 夫が階段を上がってきて

「手紙を書かなければな」 と

誰に書くのか聞いたら

昨日 いただき物をしたのでお礼の電話をした人だった

昨日の朝 夫が自分で電話をした人

「自分で電話してたでしょ」 と言うと

「そうかな・・・・」 「じゃあいいんだな 手紙書かなくても」 と

忘れても思い出せればいい というが

夫は もうその段階ではないみたい

「従兄弟にも手紙を書かなければ」 と 時々思い出したように言っているけど

行動に移す前に忘れてしまうらしい

その従兄弟は

何回手紙を出しても夫から返事がないので心配して義姉に聞いてきたらしい

義姉に夫の状況を話しても

「私も おんなじよ」 と笑っているだけ

勿論 私も冷蔵庫の前に立って 何を出そうとしていたのか

2階に上がって 何しに来たんだっけ

そんなことは日常茶飯事

でも 違う

違うんだよな・・・・   ・・・・



先程も 

下から「プシュッ」と 缶ビールを開ける音がしたので時計を見たら

9時半

私は涼しいうちに仕事がしたいので 朝食を早くしたのだが

夫の体内時計も早まってしまったみたい

昼寝の時間も早まったのか

ビールを飲んだら眠ってしまった


現役時代は 仕事人間

家族のために 本当に真面目に勤勉に の 人だったから

余生は のんびり好きなように暮らして欲しいとは思いながらも

う〜〜ん

これでいいのかな〜・・・  ・・・・












今日も朝から おひさま 燦々

暑くなりそう〜・・・


昨日は 32.8℃の部屋で 

頭巾を3つ 作った

IMG_2527
IMG_2528

浴衣地と裏は昔娘のワンピースを作った残り生地

リバーシブルなので どちらでも


IMG_2532
IMG_2529

もう一つも 裏は同じ

表は これもワンピースの残り生地

薄いブルーで とても涼しげ


IMG_2530
IMG_2531

こちらは 昔の着物

裏も

これも生地は涼しそう



ホテルの売店は数は少しずつでいい とのお話だったので 一安心

とりあえず 5個くらいずつ納品させていただこうと思っている


頭巾は あとの2軒のお店からもお話をいただいているので

もう少し頑張って 作ろう〜♫




(つづき)

IMG_2533
IMG_2534
IMG_2535
IMG_2536
IMG_2537


午後から 部屋は33.3℃に

追加で制作

あまりに暑くて ここまででギブアップ・・・



一昨日から佐渡も暑くなって

昨日は 「佐渡市一斉清掃」で

観光客が増える夏を前に 毎年 集落ごとにゴミ拾いや草取りを

我が団地でも 朝7時から働いて

全身汗まみれに


今日も 現在 我が家の2階は32.8℃

エアコンは西側の鉄板のような屋根の上に設置してあるので

スイッチを入れると 熱風が吹きはじめて

いつまでたっても部屋は涼しくならない

天井が吹き抜けで OMソーラーシステムでダクトから屋根裏の熱は排気されるものの

それでも 1階に比べて2階の暑さは ひどい

1階は 扇風機だけで心地よく過ごせているので

それだけでも ありがたいが


関東は7月に入る前に梅雨が明けたらしい

佐渡は いつかな・・・

4日頃には台風7号が接近しそうだけど


ミシン仕事がしたいのだけれど

2階では 室内で熱中症になりそう

夜なべ仕事がしたいけど

夫が就寝したら 家中の明かりは消さないと怒られる


涼しくなってください〜


先日 納品の依頼を頂いたお店は

どんな作品があるのか 見せて それを写真を撮って 本社に確認を取って

その後に取引を と

そのように本格的な 「商い」 をした経験はないので びっくり

趣味の手作り品を 気に入って下さった方が手にして下さればいい

と のんびり 楽しく過ごしている私には

ちょっと 荷が重そう・・・


明日 担当者の方とお会いする予定になっているので

一応

IMG_2521

久し振りに バネ口金ポーチも作ってみたけれど

詳しくお話を聞いてみて

私のマイペースでは許されないような

数や 時間のお話があるのであれば

残念だけど お断りしようかな・・・・

とも 思っている


私のためにコーナーを設けていただいても

いつも欠品になるようでは

お店にもご迷惑がかかるし

のんびり ゆっくり 楽しく が

私の最大のモットーだから




IMG_2520

今朝の朝食

残り物だけど

炊きたてご飯と 納豆 味噌汁があれば

夫も私も 満足

こんな朝ごはんを食べて

好きな手仕事を マイペースで続けられれば

最高〜♫



鯵が釣れなくなった と夫は言っていたが

やはり鯵が気になるようで

「畑仕事で疲れているのに 大丈夫?」 という私の言葉にも耳を貸さず

昨日の夕方少し前

ぶ〜ん とバイクで 出かけた


案の定 豆アジが10匹ほど

いつもなら捨ててくるサイズなのに

「刺身にはなるだろう」 と

確かに・・・・

昨晩は 刺身にしたけれど

残った刺身は

我が家では 醤油 椿油 コショウをふりかけて一晩置き

翌朝は いつも

IMG_2518

海苔巻きの具に

採りたてのキュウリと 冷凍してある明太子を入れて


IMG_2519

畑のキュウリは まだまだ数が少ないので 大切にして

ポリ袋に 乱切りにして塩もみにしたキュウリと鷹の爪を入れて

米麹100%の甘酒を入れて 空気を抜いて袋を閉じて 一晩置いたら

麹の甘さがほどよくて 美味しい浅漬けになった





前置きが長くなってしまったけれど

昨日の私の仕事

IMG_2517


7/20にopenするお店は

ビジネスホテルの中にある売店

コーナーも狭いので とりあえずは小物を というお話だったので

在庫の織り布で ペンケースを


あとは やはり在庫の織り布でカードケースを作って

もう少し 佐渡の昔の着物で小物を作って

作り置いてあった裂き織りポーチも少し

近日中に納品しようと思っている


今日から3日間ほど

佐渡は雨

家の中の仕事は捗りそう〜♫



夫は 「指示するな!」と怒るのに

最近は 反発しながらも結果的には私の言うとおりに動いている

私だって そんな鬼嫁みたいなことはしたくないのに・・・・



畑の管理が一番困る

種をまく時期 苗を植える時期 肥料をやるタイミング 間引きや芽かきをする時期

みんな よくわからなくなってきている

植えた苗を指差して 毎日のように 「あれはなんだ?」 と聞く

とうもろこし なす キュウリ トマト は わかるのだが

インゲンやピーマンは 実がなるまで 葉を見ただけではわからないみたい


私は 手抜きとはいえ 家事の全部を担って

その合間に 手仕事をしたいと思っているのに

毎日 畑作業を一緒にするのは いや


いっそのこと 畑はやめてしまってもいい とも思うのだが

このところ 鯵が釣れなくなっているので

夫は 畑仕事がなければ 何もすることがない


テレビはサッカーばかり と 怒っているし

他人と交わることは一切したくない人なので

最後の砦の畑だけは残しておかなければ・・・


と 思うと

私が指示を出して畑仕事を続けてもらうしかない


今朝も 「畑仕事は終わったな」 と言うので

「じゃがいも 玉ねぎ にんにくを収穫した畝がいっぱい空いているから

耕運機をかけて 苗を買ってきて植えるって言ってたでしょう」 と言うと

言われるままに 耕運機を持って畑に向かった


指示をしている私も自己嫌悪に陥るが

か といって 夫にも生き甲斐を持ち続けて

一日でも長く 佐渡の生活を今までのように楽しんでほしい


出来た野菜を収穫して それを調理して食べるのは

夫も私も 幸せなのだから


↑このページのトップヘ