佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。

62c6483c.JPG天気予報は雨だったのにお日様が出て暖かかったので赤泊の温泉に行った。夫はあおさとワカメを獲り私は菜の花を摘んだ。土手にいっぱい咲いていて春の香りいっぱい♪柔らかくて小さいのはお浸しや胡麻和えにして花は仏壇や部屋に飾った。山菜もそろそろ見つけられるかもしれない。夜になって雨が降ってきたが明日お天気になったら探しに行ってみよう。

b1c9f1c5.JPG我が家のチャイムがピンポ〜ンと鳴ったので出てみるとご近所の5歳の坊やがクッキーの袋を提げて立っていた。中一を頭に男の子ばかり4人もいるのでホワイトデーのお返しにお母さんが手作りされたらしい。お使い のご褒美に何か と思ったが適当な物がないので毎週取っているヤクルトを4本袋に詰めていたら「お母さんもいるから5本いる」と彼。「あっつ ごめんごめん」と慌ててもう一本追加した。クッキーのお礼とともに可愛い彼の様子をメールでお母さんに伝えたら「まあ そんな事言ったんですか 恥ずかしい いつもお父さんを除く5人で分けているので(お父さんは我慢)・・。でも ○○がお母さんおもいで嬉しいです」との返事が返ってきた。微笑ましくて夫と大笑いした。

雪がすっかり解けた我が家の庭。
前のログハウスが彼の家。

5b30be99.JPG新潟県内は冬に逆戻りで中越地方の豪雪地帯は再び雪下ろしに大変な様子。佐渡は午後からはお日様が出てきたが庭やデッキの雪はまだ5cm以上ある。お昼は頒布会のラーメンを食べた。横浜の「六角らーめん」。豚骨の濃厚スープで麺は喜多方のような太い麺で美味しかった。寒波も今度こそ最後のようで明日からは暖かくなるとニュースでは言っているが 強風は明日も続くらしい。

7bdb53c9.JPG朝起きると銀世界。庭のサンシュユの蕾が大きく膨らんできたのに 身を竦めているようだ。朝から温泉に行った。内湯で温まってから露天に飛び込んだ。頭が寒〜い。午後からは吹雪になった。どうぞ最後の雪になりますように・・・。

54053c46.JPG夜になって窓の外を見たらボタン雪が積もってる!

d788887b.JPG島で人気の美味しい湧き水を汲みに行った。
我が家のある小木は昼からボタン雪が降ってきた。春の雪らしく地面に落ちると同時に解けてしまうのだが 少し山を上がると芽吹きを始めた木々にボタン雪が乗って桜が満開になったように見える とても幻想的な風景だった。(カメラを持って行くのを忘れたのが残念)。そんな道を走って島の中心部 真野湾に出ると雪など全然なくて びっくり。日曜日なので水汲みの車が何台も待っていた。私達の前の人は2Lのペットボトル48本と18Lタンク2個も汲んでいて いつもは夫にお酒の呑み過ぎを怒っているのに「4Lの焼酎のペットボトルを早く空けて容器を作って」と言う私だった。コーヒー お茶 ご飯 味噌汁に使い 重宝している。

c072fcac.JPG今日も海藻料理となった。アラメと人参と椎茸の白和え、茎ワカメの酢味噌和え、あおさの佃煮。アラメとあおさは夫が採ったもの 茎ワカメはお友達に頂いた。白和えの豆腐は地元の大豆を石臼で挽いた特産品でとても美味しいので白和えも美味しく出来る。昨日の残りの蟹と夫が漬けた沢庵と白菜キムチと採ってきたワカメの味噌汁で今日の夕ご飯も満足。食後は久しぶりに二人でカラオケ大会。カラオケは冬の間の窓がしっかり閉まっている時期でないと出来ないのでこれが最後かな。

a15276a9.JPG春の暖かさに誘われて夫と赤泊に行った。白い砂浜が広がる夏は賑やかな海水浴場だが今はまだ人影がなく静か。ビーチの前には温泉と宿泊施設があり夫は海辺であおさをバケツいっぱい採りその足で温泉に行った。お昼時だからか女湯は私一人で浴室から本土の新潟の山並みを見ながらの〜んびりとお湯に浸かった。浴室の前には畳のお座敷があり家から持ってきたお弁当を食べて帰りに又蟹を買って帰った。帰宅後 夫は大量のあおさの後始末(あおさは砂がいっぱい混じっているので何度も何度も洗わなければならない)に大変だった。晩御飯はあおさの炊き込みご飯 あおさの天ぷら あおさの酢の物 とあおさづくし そして蟹食べ放題(一袋1,050円)だった。満足満足。

0c719821.JPG庭の福寿草が咲き始めた。昨春 山菜採りに行って何かと一緒に庭に置かれたらしい。冬枯れの庭の中のあちこちには福寿草の可愛い黄色の花と柔らかな黄緑色のフキノトウが顔を出している。これからどんな花が咲き出すのか 本格的な春が待ち遠しいな。

3be86896.JPG長女から「仕事が忙しいので保育園用の袋を作って欲しい」と乗り物の柄の可愛い布が送られてきた。郵便屋さんから封筒を受け取ってすぐにミシンを出して2時間ほどで本を入れる袋とお箸と口拭きタオルを入れる袋を作った。保育園もあと一年 小学校に入学しても使えるように心を込めて作った。「ばーば ありがとう」と言ってくれるかな♪

我が家はOMソーラーの家。太陽光を利用して暖房とお湯採りをしている。そのOMソーラーの会員の会「ひまわり会」のHPに我が家のエネルギーのデーターが掲載された。我が家はIHクッキングヒーターを使用しているので熱源は電気と灯油のみ。昨年1年間のエネルギー使用状況とCO2削減状況がグラフに表されている。CO2排出量が全国平均と比べてどれ位削減されているか杉の木にたとえると85本だそうだ。冬は陽だまりの暖かさ 夏は扇風機だけであとは自然の風で涼を採る そんな快適な暮らしが出来て地球の温暖化防止にも役立っているなんて 嬉しくなる。10年程前にはOMソーラーの事は全く知らなかったのだが友人二人が続けてこの家を建て快適さに驚いた。佐渡に移住したら絶対に私も「OMソーラー」と決め 思い通りの家が出来て本当に毎日が楽しい。

384006f7.JPG昨夏私達夫婦が登場した番組が本になって製作会社から送られてきた。第1章から11章まであり 我が家は10章の「『巧み』に生きる」というコーナーに掲載されていた。放映された番組は長女がDVDに録ってくれたが 自分の顔が大写しで出てくるし 収録の時の意思の行き違いなどが映像に現われるので心穏やかに観る事が出来なかった。しかし あれから一年近くが過ぎ 本になったのを見てみると ゆったりと暮らしている私達の佐渡の暮らしが感じられるような気がする。読者にも伝わって佐渡に移住してくれる人が増えたらいいな と思っている。

a4b7103c.JPG二ヶ月ぶりに解禁になった蟹を買いに行った。長女が勤務先のお仲間に送りたい と言っていたので我が家から車で20分の所にある網元の店に行った。朝からとても暖かく海沿いの道を走るのはとても気持ちが良い。我が家にも袋にいっぱい入って1,050円の蟹を買った。地元ではこれを買う人が多い。送料が(箱代込みで)1,850円もするので送るにはこれは不向きだと思う。冷凍すると味が落ちるので茹でたてを早く食べないと、と必死で食べるのでいつも最後には「もう暫く食べたくない〜」という贅沢な事を言っている私達。佐渡ならではの事ね。

親類が亡くなったとの報せがあった。
50歳になったばかり 働き盛りの脂の乗り切ったところで本人も家族もどんなにか無念だっただろうと思う。
厳しい診断が下されてからも便りでは穏やかに暮らせている と聞いていたので「奇跡が起きるのでは・・」と本当に思っていたのだが  奇跡は起こらなかった・・。
つまらない事で夫婦喧嘩していたら罰が当たる と思う。
喧嘩したくても相手がいなくなってしまった人に申し訳ない。
亡くなった日に長男の大学受験があったそうだ。
お父さんが守ってくれていることと思うが「どうぞ良い結果が出ますように」と祈っています。

2d7c949c.JPG朝起きたら外は銀世界。
今日は雛祭りというのに 桃の花も震えていることでしょう。
でも さすがに三月 お昼前にはすっかり解けて暖かい一日になった。
娘達が結婚してからはお雛様は箱に入ったままで 今年こそは飾ってあげようと思っていたのだが又しても「箱入り雛」のままで今日を迎えてしまった。
孫に買ってあげたお雛様はちゃんとお雛祭りをしてもらっているかしら、とそちらの方が気になっている。

140262c9.JPG夫は 綾小路きみまろ が大好き。
第一集のCDは還暦のお誕生日に私がプレゼントした。
サラリーマン生活に疲れ果て毎日愚痴ばかりこぼしているのでストレス解消にと思ったのだが すっかりはまってしまった。
第二集が出たと聞いて先日から「街に出たら買うのを忘れないように」と楽しみにしていて今日漸く手に入れた。
帰宅後 何度も何度も聴いて大声で笑っている。
同じ話を聴いてよく笑えるものだな と思うけどそういう私も釣られて笑ってしまっている。

今日は小雪が舞い又寒さが戻ってしまったが 温泉に行ってきみまろさんのCDを聴いて お気楽な私達です。

今日から三月。例年は「元旦からあっという間に春」と言っていたが 今年は「漸く三月」という感じ。それだけ「厳しい冬」だったのね。

預貯金の金利が 上がる上がるといわれながら なかなか兆しが見えなかったが ○○銀行から送られてきたパンフレットで少し光を感じ始めたような気がする。
銀行の定期で金利が高いと思われる物は殆どが条件付。
外貨や投資信託との組み合わせだったり銀行の都合で預け入れの期間が延長されたりする誰のためだか分からない「特約」が付いたりする。
でも 昨日送られてきたDMは「テレフォンバンキング専用定期預金」なのだが細かい注意書きを見てもそれらしい項目はない。
本日からの受付なので早速申し込みの電話を入れたら「ただいま混み合っております暫くしてからお掛け直し下さい」のアナウンスが流れた。 
考えることは皆同じだな と思いながら 暫くしてかけ直した。

考えてみれば預ける金額が少ししかないので実際に受け取る利息は大した事はないのだが気は心。
こんな事を考えていれば呆け防止にはなるのじゃないのかな?と
頭の体操をしている。

01e09517.JPG先日 郵便局の窓口の彼女からワカメを頂いたので お礼に携帯ポーチとストラップを差し上げたら 可愛いはがきのお礼状が来て感激!すぐ近くの郵便局なので 同じ局の配達してくれたおじさんに思わず「○○ちゃんからだ!」と言って笑ってしまう。彼女の気持ちの細やかさに夫婦でますますファンになってしまった。ちょっとした気配りで人の心は和むもの。短大を卒業して入局二年目の彼女、夫曰く「お姫様みたい」な美人なのだが 心も優しくて これからどんな大人になっていくのか楽しみにしている。

a4297ab7.JPG佐渡島は日本では沖縄に次いで大きな島。北端と南端では植物の生育にも違いがある。椿は我が家のある南端の小木から島の真ん中にある真野辺りまでらしい。北端の相川では咲かないそうだ。佐渡は竹細工が特産品だが竹も小木に多い。それだけ小木は暖かいらしいのだが実感としてはちっとも暖かくない。明後日から三月になるが予報では雪マークになっている。「三寒四温」の季節だから仕方がないな。春の足音は確かに聞こえているのだから もう少しの辛抱ね。

ac56eafa.JPGアオサを採った時に岩牡蠣の横に小さな「むらさきいがい」がぞっとするほど沢山貼りついていた。「ムール貝」というとお洒落なのに・・・。貝殻の中には大豆ほどの実が入っていた。地元の人は「味噌汁の身になるよ」と言うので入れてみた。アサリのようなだしは出ないがまずまず。もう少し大きければパスタに使ったら美味しそうだな。

b9127a00.JPG今週のラーメンは北海道の「激辛らーめん」だった。挽肉ともやし、葱、ニンニクを炒めて豆板醤を絡めたものをトッピングしたらお水片手の激辛になった。今日の佐渡は春の陽気で棟温は77℃あり室温も22℃。窓から差し込むお日様を背に受けて食べたら暑くてたまらなくなった。でも スープも濃厚でとても美味しかった!

c4a71fbb.JPGご近所から岩のりを頂いた。「熱い味噌汁にぱっと放して葱を刻んでね」と葱も一緒に。あらめ、わかめ、あおさは、夫が採ってきてくれるが、岩のりは「足場が悪いので怖くて取れない」と言っていた。早春の物はどれも灰汁が少なく柔らかくて美味しいので食卓は海藻づくしの毎日だ。今日は赤海鼠(なまこを漢字にすると気持ちが悪い)も頂いたので酢味噌で大根おろしを入れて刻み葱を散らして食べた。なまこはこの食べ方が一番美味しいと思う。

1c3ceefc.JPG誕生日プレゼントに長女からは高価なファンデーションとお取寄せの海老のお煎餅、次女からはピラティスリングが送られてきた。
二人とも私の美容を気にかけていてくれるのだな、と嬉しいやら可笑しいやら。娘ならではの気遣いだと感謝している。

d0463dd0.JPG海水で洗っただけの岩蛎の美味しいこと!

ccd5b9a1.JPGあおさを採りながら足元に岩蛎がいっぱいある事に気が付いた。石で叩いて身を取り出して海水で洗って食べた。

27c5ee68.JPG同じ佐渡でも地域によって好みがあるのか 両津の人はあおさを採らないという。我が家のある小木や羽茂ではスーパーに出すと良い値で売れるそうで 一緒に行った寅さんのお姉さんは 「ポリ袋に一握りずつ小分けにすると一袋300円で買い取ってくれる。スーパーは400円で売るんだよ」と大喜びしていた。我が家は夫が採った分をお隣に半分差し上げて 半分を佃煮にして半分は冷凍した。3月になるともう採れないのだそうだ。海藻も早春が柔らかくて美味しい。

c660679d.JPG一昨日はご近所の「寅さん」(物まねで佐渡では有名人)と両津であおさを採った。春の陽気で海水に手を浸けても寒くなく 採りきれないほどいっぱい生えているので腰が痛くなるほど採った。(私は見てただけ)

95980934.JPG「お疲れ様でした。ようこそお越しくださいました」と 宿の人は迎えてくれたが服装はどう見ても佐渡の人。「我が家より少し離れた所で釣りをするか」と言って夫は家を出たのだから。でも 船や新幹線代を使わなくてこのような宿に泊れるのは嬉しい。オフシーズンは低料金での色々なプランが出ているのでこれからも佐渡中を旅行?しよう。折角 観光地に住んでいるのだから。

e1e161a1.JPG一階にある温泉とは別に屋上に展望風呂があり午後4時から10時半まで入浴出来る。 「この時期は寒いかも」と宿の人に言われたので迷ったが10時を過ぎてから行った夫が「素晴らしいよ」と言うので閉館ぎりぎりに行ってみた(夫は続けて二度入るはめに)。浴槽から洗い場まで全て檜で 木の香りが素晴らしい。男女の仕切りは板塀一枚で私達以外誰もいないので夫が向こうから話しかけ 暗闇の中こんこんと湧き出るお湯が浴槽から溢れる中で星空を見ながら話が出来 最高だった。(全然寒くなくお湯も源泉だが熱いくらい)。 暗くて写せなかったので朝になってから夫が撮影してくれた。夜の方がずっと素敵で女湯の方が景色がいいので ちょっと残念。

18be47a7.JPG50代最後の誕生日に夫と佐渡両津にある加茂湖畔の老舗旅館に行った。
午後3時半ごろ宿に入ったが西日が部屋いっぱいに入って暑いくらい。
「若返りの湯」という湯量たっぷりの温泉に入り大満足して部屋に戻ったら いつの間にか山の向こうに日が沈む所で慌ててシャッターを切った。

e470664c.JPG佐渡の冬の名物は寒ぶり、紅ズワイガニ、そして南蛮海老だ。
冬の佐渡は海が荒れるのでしけが続くとなかなか新鮮なものは食べられないが今日はきれいな南蛮海老が近くのスーパーで1パック100円だった。
お刺身にして頭は味噌汁に入れた。
小木は南佐渡にあり、南佐渡は羽茂、赤泊、小木の旧三町村からなる。
この赤泊が蟹と南蛮海老が獲れる所らしく
蟹は足ばかり大きな袋に入って1,000円で買えるので
我が家では食卓にビニールシートを敷いて食べ散らかすのがお気に入り。
赤泊まで凍結道路を走らねばならないので冬の間は行かなかったがそろそろ蟹を買いに行ってみようかな♪

4e347a79.JPG運動不足で体重は高値安定を維持したまま。
情けないことに食欲を抑えることが出来ない。
夫に「アル中じゃないの!?」などと偉そうな事を言っているのに
私の貪欲な食欲も相当なもので自分でも呆れてしまう。

雪もすっかり解けたし 午前中は夫とお気に入りの散歩コースを歩いた。
花はまだ早く「オニシバリ」という 枝の切り口がゴマの香りのする黄色の花の蕾をつけた枝を持ち帰った。
庭のサンシュユもまだ固い蕾で花の春はまだ少し先のようだが
雪解け水がちょろちょろと音を立てて流れる小川の辺を歩いていると
春の美味しい空気が胸いっぱいに広がり嬉しくなる。
深呼吸するだけで体重が減ってくれればいいのに〜。

5a1e521c.JPG夫が宅配便を出しに行ってチラシを貰ってきた。
全国の美味しいラーメンを毎週金曜日に送料込み1,000円で配達してくれるという。
一箱に4食から5食入っているので週に二日はお昼はラーメン。
先週の金曜に第一回の「秋田の周助らーめん」が来たので今日のお昼も食べた。
醤油2食と味噌が3食、どちらもスープは味が濃い。
「秋田の麺家」と言うだけあって麺も歯ごたえがあって美味しい。
来週は何処のラーメンだったかしら?
忘れてしまったけど 煮卵と焼き豚を作って楽しみにしている。

今週はNHKBSのアカデミー賞受賞作品を連日観てしまった。
「字幕スーパーは疲れる INTER MISSON 入らないかしら」と言いながら。
(『INTER MISSON』の意味は初めて知った。)
昨夜は「ビューティフル・マインド」
ラッセル・クロウの天才がゆえに苦しむ姿は痛々しいばかり。
そして彼に寄り添うジェニファー・コネリーの美しいこと!
ノーベル賞授賞式での老けた彼女の知的な美しさは
二人の夫婦愛 と共に 感動的だった。

午後三時過ぎに温泉にゆっくり入り 早めに夕食を済ませて寛いでいる所に
夫の以前の職場関係の人から電話があり 人事の話を長々としていた。
最後に「いいなー、気楽な暮らしで」と言われたそうだが
私達は本当にお気楽な生活をしていると思う。
夫は「都会から離れて、仕事からも離れれば当たり前 真似をしないほうが悪い」と。
果たしてどちらが正解か。
結果は 人生の終わりにしか分からない・・・。

私の誕生日に夫婦で佐渡の老舗旅館に予約を入れた。
「冬季限定(2週間)一日一組」で通常の半額料金なのだ。
春になったら横浜にいる親友と泊る予定なので下見を兼ねて。
「じゃらん」でネット予約したのだが旅館のHPを見たら直接予約をした方がお得だと分かり 宿に電話をして「じゃらん」はネットで取り消しをした。
「宿ぷらざ」も「じゃらん」も宿のHPとは違う内容。
どれが一番お得なのかしら・・・。

9925373c.JPGOMソーラーハウスの我が家は棟温が60℃にもなり 2月なのにお湯採りを開始する。
室温も22℃まで上がり お湯は31℃になった。
今日は朝から就寝まで 太陽光だけで十分の温かさ。
お湯も少しの追い炊きで済む。
寒くてもいいから毎日お日様が出てくれれば良いのに
日本海側ではそれは望めない。

陽だまりの中 又 携帯ケースとストラップを作った。
一昨日 郵便局でATMが使えなかったので窓口で手続きをお願いしたら 夫のお気に入りの窓口嬢が「このあいだは****」とわかめを下さった。
***は何を言っているのか分からなかったがとても恥ずかしそうな様子で 夫が彼女のファンだということが何処からか伝わったのかしら?
貯金したなら分かるけど 下ろしたのに 「えっ」と思ったけど
帰って夫に話したら大喜びで「何かお礼を」 という事で 作ったのだ。
気に入って下されば良いけど・・・・。

夕方はまだ暖かかったので久しぶりに お隣から頂いた自転車で家の周りをぐるぐると10周ほど走った。 

1c4ee1e6.JPG昨日 肩の肉腫の病理結果を聞きにS病院に行った。
結果は やはり脂肪腫との事で 一安心。
今年の夏はノースリブやタンクトップが堂々と着られる と思うと嬉しくなる。
(摘出前は明らかに「こぶ」が盛り上がっていた)
でも その前に二の腕を引き締める体操でもしておかないと・・・。

最後の診察だったので恥ずかしいけど先生にブログのURLをお渡しした。
(手術の後に先生が「見たいので教えて」と言われたのを「先生の悪口を書くので駄目です」とお答えしたのだが)

M先生 お世話になりました。
(先生、診察室前の写真とかなり違って見えますね♪)

9ebcb43a.JPG夫が東の窓のカーテンを開けながら「日の出がきれい。あれっ!」と 叫んでいるので駆け寄ってみたら 飛行機が飛び立ってグングン上昇している所?
大気圏に突入するのではないか と 思った所で下の写真に。

0b6dc737.JPGその後 水平飛行に移り 佐渡島上空から北陸方面に消えていった。

私達夫婦は体のどこかに異常を感じると直ぐに医者に行く。
殆どが整形外科。
レントゲンを撮って「骨には異常ありません」「歳相応の変形です」などと言われるのが常で 帰りには『又無駄な医療費を使ってしまった』と思う。

今日も夫の胸の痛みが一週間以上続いているので再度病院に行った。
三年前に胃がんの手術をした事を話したら先週に続き再びレントゲンを撮り CTも20枚ほど撮った。
肺に転移しているかも と心配されたようだ。

結果は「肺もきれいです」「筋がどこか一本切れているのでしょう。温泉にでも入って温まってください」との事。
時期が来れば治るらしく 夫も昨日ほど「いて、いて」と言わなくなった。

食費を節約しながらせっせと病院にお金を運んでいる私達です。

↑このページのトップヘ