私は「心地よい」という言葉が何より好き。

庭も部屋も、落ち着いた静かな佇まい、が心地よい。
そして、何より私を心地よくさせてくれるのが、OMソーラーの我が家。

四季の変化に合わせ、自然の力をうまく利用しながら、室内環境を快適に保つ仕組みをパッシブシステムというそうだ。
OMソーラーの建築もその通り。

冬は太陽熱を床下に送って部屋を暖め、夏は放射冷却により冷やされた屋根面を通過した空気が室内に入り込み、涼しくしてくれる。
そして、春から秋までの晴れた日にはたっぷりとお湯も採れる。
我が家では熱源はIHクッキングヒーターだけで、給湯と追い炊き、冬場の補助暖房に灯油を使っているが、4月から11月までは、灯油を購入しないで済んでいる。

ストーブやエアコンを使ったような「しっかり」感はないけれど、
「ふ〜んわり」とした感じが、とても心地よい。

梅雨時のジメジメ感もなく、冬場の結露も無関係。

いろいろな心地よさが、私を楽しい気分にさせてくれる。