三日前に次女の家に来て、東京経由で名古屋に行くつもりでいたが、今朝になって激しい不整脈になり、名古屋の母を見舞うのは断念することにした。
金曜日に東京に着いたが、丸の内線、半蔵門線の乗り方に緊張し、目的の駅に着いても、乗り換え専用の階段を上ったり下りたり。
SWANYのキャリーケースは杖代わりになるし、軽量のバッグなので楽に旅が出来ると思ったのだが、意外に重く、階段の使用はとても疲れる。
昨日は次女夫婦と一緒に、家具のショールームやマンションのモデルルームを見て回り、駅から自宅まで、私の足に負担がかからないようにと、自分たちの自転車を貸してくれたので、上り坂を懸命に走ったら、心臓がバクバクしていた。
そして、朝の突然の体調不良。
購入していたJRの変更手続きに次女が走ってくれて、予約していたホテルはネットでキャンセルし、ソファーで横になる。
昼ごろには脈も落ち着いてきて、夕方にはすっかり気分も良くなった。
結局、次女の家には2泊のつもりが3泊になったが、とてものんびりと過ごせて、楽しかった。
母の所には日を改めてまた行くことにして、明日の夕方には佐渡に帰ることにした。

病院での心臓の検査では異常は見つからなかったが、どうしたのかな〜。
やはり、更年期障害の一種なのかな〜。