涼しい風が 家を吹き抜けている

心地よい

と 感じるのは 風のせいばかりではない


先日から 悶々としていた気持ちを吐き出し

見知らぬ方からも 友人からも 嬉しいコメントや電話を頂いた

発信することによって

「言ってしまった」 という 自責の念に駆られたことも確かなのだが

嬉しいコメントやお電話によって

私の気持ちに すっきりした部分も生まれ

夫を 新たな気持ちで見ることができるようにもなった


そんな私の気持ちが以心伝心したのか

夫にも 少し変化が


薬の管理が自分で 出来るようになっている

私にも 「薬飲んだか?」 と 声をかけてくれる(笑)

忘れていることを自覚できるようにも


同じことを 何度も 毎日 聞いてくるのは相変わらずだし

目的地までの道順 方向感覚がわからないのも 変わらず

駐車場のどこに車を停めたかも わからない

西暦も平成何年かもわからない

お風呂の沸かし方も わからない・・・


書き出せば 相変わらずは多いけれど

私の気持ちのゆとりが大切だと 痛感した


「俺のことを認知症だと言う」 と

笑いながら義姉に話している夫を

認知症外来に連れて行くのは やはり難しそう・・・・

穏やかに暮らしながら もう少し様子をみることにしようかな・・・  ・・・