佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑を耕し 私は佐渡の伝統の裂き織りをはじめて 自然の中で 自然体で暮らせる毎日に 幸せを感じて・・・。

釣果

広い範囲で大変な被害が出ている豪雨

明日からは 猛暑になるらしいし

台風も近づいてきている

被災された方々の心労は いかばかりか

心が痛む



佐渡も大雨警報が出ていたが

我が家の周辺は 何事もなく

夫は

「海が濁っているから釣れそうだ」 と いそいそと出かけた

しばらくして

「餌がなくなったから」 と帰ってきたが

久し振りに

IMG_2549

いい型のアジ

塩焼きにしたら 夫は 「甘い 美味しい」 と

アジフライにしたり お刺身にしたり

アジ三昧の夕食でした



出来ないことは 少しずつ増えているけれど

釣りは十分に楽しめているらしい

自信満々

生き生きとしている

佐渡に住んでて 本当に良かった


朝マズメ 夕マズメの釣りはしなくて

日が高い時間に行くので 熱中症が心配だが

全てを好きなようにしないと楽しくないようなので

仕方がない


明日から一週間は晴れて暑い日が続くらしい

海水温が高くなると 鯵は沖の方に行ってしまうみたいなので

暑くなったら行かないかな〜?・・・


昨日も今日もお天気がよくて

気温も快適な21℃くらい

清々しい


夫は昨日は午前中はウッドデッキの塗装

IMG_2370

塗装しない状態が気に入っていたので 塗装を日延べしていた

でも 梅雨に入る前に塗ってしまわないと腐食が心配

IMG_2364

几帳面な夫

2度塗りしなくてはいけないのに

1回で疲れてしまった と

言いながら・・・


午後からは 

「ちょっと海の様子を見てくる」 と


来ました

我が家では今年初めて

型も良くなった結構な数の鯵

IMG_2367

早速お刺身にして

メバルも混じっていたので

IMG_2373

煮付けて

どうせ釣れないでしょう と

IMG_2368

肉巻きを作っていたのだけれど(笑)


今日は 昨日の鯵を フライ なめろう 塩焼き(ちょっと小さいけれど)

あと 唐揚げにしてもいいな  南蛮漬けも・・・


でも 午後からまた釣りに行く様子

さて 釣れたらどうしましょう・・・・


夫の

だあ〜い好きな季節がやってきた♫

連日 カマスを狙いに行っている夫

釣り場にいつもいる常連さんが

「このあいだ 100匹釣れたよ」 と言うので 頑張っているのだが

夫が行く日には いつも姿を見せないらしい

鯵の型がよくなってきたので

それはそれで 楽しいようなのだが・・・

IMG_1679

小さなアジでも 庭の大葉で畑のオクラと一緒に包んで わさび醤油で

青魚は コレステロール対策に 刺身で食べるのが一番 とか

鯵は もういらないと思っても 

薬だと思って 食べる時も・・・


昨日も カマス料理を考えていたら

帰ってきても無言だったので

ぼうずだったのかな・・・ と 思っていたら

ぼそっと

「小さなスミイカが冷蔵庫に入っているから」 と


スミイカは 爪の中まで真っ黒になるから

夫が 「俺が捌くから」 と


もうちょっと成長するまで待ってあげなくては・・・ と 思うような

赤ちゃんイカ(かわいそう・・・)

今年の初物だが 感動も いまいち で

写真を撮るのも 忘れてしまった


でも お刺身にして食べたら

やっぱり スミイカは 美味しい〜

甘くて コリコリしていて それでいて 中は ネットリ

私は ヤリイカより こちらの方が好き


早く 写真に撮れるくらいのスミイカが釣れるといいな〜♬



やっぱり昨日もアジ釣りに

DSC03002

44匹だそうだ

夫が捌きながら 数えていたらしい


鯵フライにしようと思ったけれど

天ぷらの方がふんわりして美味しい

3枚に下ろして皮を剥く作業は私なので

爪の中は真っ黒に


釣りたての鯵は天ぷらにすると キスのように軽い

そして 天ぷらの方が

翌日の利用価値が高い

天丼にしてもいいし 天ぷらうどんでも そうめんでも


ミズ(ウワバミソウ)も

今が一番美味しい

DSC03003

京都の弟が送ってくれた巻きゆばと一緒に炊いて

DSC03001

きんぴら風にしたり

DSC03005

生姜 人参 塩昆布 めんつゆで 漬けて


昨日の夫

午前中は畑

午後は 昼食後少し休んでから ミズを採りに

帰ってきたら すぐに アジ釣りに

夕食後に ミズの葉と筋を取る作業をして

お風呂に入ったのは10時半を過ぎて

それから録画してあった韓ドラを観たので

就寝は11時半を過ぎていた


ずう〜っと 「疲れた〜」 と言いながら・・・(笑)


昨日 小木港に出かけた夫

数匹の鯵を持ち帰って

久し振りに鯵の感触を手にして喜んだ


そして

今日は 夫の気に入りの釣り場に

夫はお気に入りの場所で釣った魚でなければ食べない

夕方4時に出かけた夫は 一時間ほどして戻って

30cm近い鯵が数匹

あとは20〜25cmが30匹ほど


いよいよ シーズン到来か


DSC03000

小さめの方をお刺身にして

型の良いのは 明日の夕食に アジフライにしよう


でも

この調子だと明日もまた 釣ってくるのかな〜・・・


我が家は冷凍した魚は あまり食べない

山菜も野菜も魚も

新鮮なものの美味しさを知ってからは

冷凍して美味しさを損ねるのは もったいないと思うようになった


だから 獲れすぎるのも困るのだ・・。




昨日も鯵の様子を見に出かけた夫

家から近いお気に入りの場所では釣れてないので

島の南端まで行ったらしい

でも

やっぱり 釣果はゼロ


昨年のブログを見ていると 20日頃から型の良い鯵が釣れているので

もう少しなのかな・・・


山菜も

昨年は 今頃には ワラビやミズを採っているのだが

一昨日も 夫は

「ウドしか なかった・・・」 と


山菜は 日当たり 日陰 山の上の方 平地の暖かい所

場所によって時期が違うから

採れているところでは 採れていると思うのだが

夫の散歩道では 例年より遅いみたい


庭の野草は 今年は例年になく元気に育っているのだが・・・


昨日も今日も 佐渡は少し肌寒い

今週末からは気温が上がると言っているので

鯵も 山菜も

のんびり待つことにいたしましょう 〜






今日の佐渡は最高気温も10℃を下回っていたような

寒い一日だった

東京から3件電話があり

義姉は開口一番 「今日は暖かいでしょう?」 と

「いえいえ 寒いです」と答えると

「東京は汗が出てくるくらいよ」 と

他の二人も 一様に同じことを


夫はそんな寒さの中

鯵が大きくなってきているので海に出かけたのだが

直ぐに帰ってきた

どうしたのかと思ったら

「道糸を忘れた」 と

そのまま 出かけることはなかったのだが


DSC02764


昨日も50匹以上釣れて

その前日にも

20cm以下の物は下ろすのも面倒になってきて

焼いて 干して 

アジだし に


アゴダシほどには だしが出ないけれど

3匹も使えば 十分美味しい


寒い季節になると 鍋物や煮物が多くなるので

ダシを使う機会も増える


小アジは 他にも ままかり風に酢漬けにしたり

結構 重宝している


夫が楽しんで 料理にも使えて

鯵は やっぱり ありがたい♫



先程から冷たい雨と風が強くなってきた

これから急激に気温が下がって

明日は最高気温の予報が8℃になっている

もしかしたら この雨は霙に変わるかも・・・



「海が荒れると大型の鯵が釣れるようになる」 なんて 喜んでいる夫だが

私は いつも 

「え〜 鯵なんか誰も喜ばないよ〜」 なんて

行く気満々の夫に水を差していた


ところが

昨日のテレビで

都内の鯵料理の専門店が 鯵の価格が高騰してきて困っている と

お店には美味しそうなアジ料理の数々が


「ほら 見ろ なっ!」

夫の得意げな顔



お天気が荒れてきたから さすがに今は静かにテレビを観ている夫だが

午前中は 今にも行きそうな雰囲気だった

先日 縁側から足を踏み外して庭に落ちた夫

「海に落ちるのと庭に落ちるのとは 大違いだからね!」

私に言われた夫は 笑うしかないみたい


でも 雨が上がったら寒くても出かけていくのだろうな〜・・・

夫の口癖

「生活のために今日も頑張ってきます」 なんて言いながら(笑)



あいぽーとにメガネケースを納品し

帰り道に向かって車を走らせると思ったら

夫は

あいぽーとの後ろの岸壁に移動

釣り人がいるのに興味を持ったようだ

車を降りてみると

image

サヨリ

image

image

米ぬかを撒いて 大きな網で 海面に見えるサヨリをすくうのだ

image

その場で

ハサミで頭と尾を落とし 腹を裂いて 水の中へ

もう一人の人がさっと洗って バケツの中へ

内蔵はきれいに洗うと旨みがなくなるので さっと洗うだけでいいのだとか

これを 味噌 片栗粉 酒などを入れて すり身にして冷凍しておくのだそうだ

トビウオよりクセがなくて美味しい と


夫に 「あなたもやれば?」 と言ったら

「あの網は高いんだぞ」 と


帰宅後 しばらくして海へ出かけた夫

「カマスを行ってくる」 と


なんでもいいです

楽しく遊んでください(笑)


「鯵 いるか?」 と夫

このところ連日 アジの天ぷら フライ 刺身・・・

私が 「いらない」 と言うと つまらなさそうにするので

「いらなくないけど カマスとイカの方がいい」 と返事


なぜか知らないけれど 午後3時になるのを ウロウロしながら待って

「じゃあ 行ってくる」

「いってらっしゃい」

まるで 仕事に行くように・・・


そして 夕方帰宅した夫のバケツには

DSC02691


カマスが3尾 と ベラ

ベラは関東では食べないらしいが 関西では人気の魚 とか

このように幼魚のうちは赤べらでメス

成長すると黄色くなってオスに性転換するのだそうだ


カマスは天ぷらにするのが一番

3尾しかなかったので 夫は私に 「全部食べていいよ」 と

夫は自分で釣った魚は 自分以外の人に食べてもらうのが嬉しいみたい

私が喜んで食べていたら

「明日は 頑張って もっと釣ってくる」 と


明日は一日雨の予報だけれど・・・

それに 3連休だから島外の人がたくさん釣りに来て場所がないのでは・・・


イカがまだ釣れてないのが残念だけど

夫の好きな季節がやってきている♫



昨日

久しぶりに竿を持って出かけた夫

「これからという時に 糸が切れて 仕掛けも流れてしまった」 と

でも バケツの中には 夕食にちょうど良いほどの 鯵が


そして 今日は リベンジ と また出かけ

DSC02683

30cmほどの鯵が12匹

中型 小型 も入れると バケツいっぱいに


DSC02684


中型は 鯵フライ

大型は 干物

小型は 刺身


でも イカも釣れているみたい

「岩場にスミがべっとり付いていた」 と


「鯵は あと2〜3回でいいよ」

「次回からはイカをお願いします」 と言っておいたけれど・・


イカのスミが落ちている所は岩場の先端で

よく聞くと よろけたら夫は海に落ちてしまいそう


若い人たちは深夜 暗い海で挑戦しているようだが

そんな場所や時間帯は夫にはムリ


アジ で じゅうぶんですぅ〜




港の前の釣具屋に寄ったら

「鯵が釣れてるよ」と言われ

夫は午後3時過ぎに出掛けて行った


DSC02533

釣果は 30匹ほど

南蛮漬けにするような小さなものも含めてだけど・・・


DSC02534

30cm超えの物も


そういえばスーパーでも小さいのが10匹ほど入って75円 とか

お店に安く並ぶようになると やっぱり釣れ始めるようだ


畑に 釣りに

夫の 楽しい季節がやってきた 

終息するかと思われた熊本の地震

深夜からまたまた大きな余震が続き

余震かと思ったら こちらが本震とか

避難場所も危険な状態に

もう どこにいれば安心なのかわからないことでしょう

早く安心して暮らせるようになりますように・・・




佐渡は釣りの季節を迎えているらしい

夜釣りや 岩場には危険だからと出かけないようになっている夫には無理なのだが

ハチメが いっぱい釣れているようだ

今朝 お隣の奥さんからいただいた

DSC02468


息子さんが釣ってきて もう食べきれない とか

ハチメはメバルのこと

佐渡では ハチメ という

引きが強くて釣るのは面白いらしい


でも もう夫は昼間から夕方までの 鯵とタコとスミイカくらいしか・・・

ご近所からいただけるので私は大満足だけど・・・ 

佐渡は海の幸に恵まれているが

多くの人々が生業にしているので

一般の人は漁獲禁止のものも多くある

サザエ アワビは勿論 他の海藻類も

タコも禁止のところが多い

でも 夫がいつも出かける港の岩場は大丈夫みたい

近くにいる漁師さんが「タコいるか?」と聞き

「この辺じゃタコをとるもんはおらんからな」 と

場所によっては蛸壺を仕掛けたり

地元の漁法の 

竿に赤い布をひらひらさせてタコを誘い出して突く というのは禁止

という所もある

夫は ロープの先に蟹の疑似餌にタコの肝をつけて投げる漁法だからいいのかしら・・・


昨日も

DSC02363

DSC02365


茹でようと思ったら元気よく逃げ出して

DSC02368

茹でてすぐに氷水に浸けると柔らかくなると聞いて

DSC02369

1kg近い 立派なタコ



DSC02382

小さいのは タコ味噌にすると美味しい

細かく刻んで ごま油で炒め 砂糖と味噌を絡める

小さいほうが柔らかくて味が染み込みやすい

私はお茶請けに 夫は酒の肴に



「寒い〜」 と言いながら

今日も夫は出かけていくのかな・・・

昨日 予報では比較的暖かくなるようだったので

夫は昼食後 

「久しぶりにタコに行ってくる」 と 出かけた


1時間ほどで帰宅した夫

「寒かった〜」 と

DSC02360

小さいけれど タコが1匹

今年の初物

でも まだまだ寒くて 海も畑も ちょっと出かけるだけ

早く 本格的な春がこないかな〜

連日 鯵が釣れていて 夫は嬉しそう

鯵の引きが とても快感なのだそうだ

でも 大型は1日に1〜2匹

中型は ほとんど

DSC02305

お刺身で


でも 今日は 大きいのが4匹

DSC02295

お皿にお行儀よく並んでいたのだが

DSC02296
DSC02297

手前の2匹は まだバタバタと暴れて

DSC02298

2匹は自分で体位を変えてしまった

何だか かわいそう・・・


大きいのは 開いて一夜干しにした


DSC02308

これは 鯵の炊き込みご飯

畑の人参と 庭の椎茸 それに昨日のお刺身の残り 油揚げ

鯵からだしが出て とても美味しかった


やっぱり食材には 鯵が一番♪

夫のお気に入りの釣り場には カマスが顔を見せなくなった

その代わり 鯵の型が良くなってきた


今日は 28cmが2匹  25cmが10匹ほど  20cmが20匹

28cmは 開いて一夜干しに

25cmは

DSC02187

刺身

DSC02189

鯵フライ


20cmは ネギと味噌を入れて叩いて 

なめろうにしても つみれ汁にしても 大葉で包んで天ぷらにしても

これは冷凍して置けるので 便利


おかずにするのには やっぱり鯵が一番だと思う



DSC02191

庭で採れた干し椎茸

昆布と一緒に佃煮に


夫は 「食材調達に貢献してるだろう?」 と 得意気


これでイカが釣れたら申し分ないのだけれど・・・・。

今年はカマスが豊漁らしい

夫のところには なかなか来ないらしいが

小木港前の釣具屋さんの話だと カマスと鯵が いっぱい釣れる と

ご近所からも やはり そんな話を聞く


それだからか

夫のお気に入りの釣り場 定位置

「いつも先客がいる」 と

夫は そこがダメなら 直ぐに帰ってきてしまう

他に回るということはなく その日はもう竿を片付けて


早朝と夜の釣りが苦手になってしまった夫

昼間だけでも楽しめたら良いのだけれど・・・



DSC02147


少し前にご近所からカマスの煮付けをいただいた

カマスは冷凍して保存されているようだ

煮付けも美味しい

昨日は朝食後に 「イカに行ってきます」 と 出て行った夫

お昼前に帰ってきて

「墨がどこにも落ちていない」 と

名人たちは夜釣りをするので 朝食後に行くと いつもは墨が散っているののに

今年は それを見ない と


夫の定位置に先客がいたとかで

クーラーの中には カマスが数匹


午後に もう一度リベンジ と出かけたが

やっぱり その先客は まだ頑張っていたとか

「遠くからいらした方だろうから 近くの人は我慢したら〜?」 と 私 


夕方帰った夫のクーラーは

DSC02180

DSC02177


23cmのイシダイと27cmの鯵

それに カマスと20cm前後の鯵が7匹

(鯵は なめろうにしてしまった)

カマスは日毎に大きくなってきている

相変わらず お刺身と天ぷらで



夫は 今日も出かけた

釣り人には 秋が一番楽しい季節みたい

さて 今日の釣果は・・・・

明日からシルバーウイーク

秋の大型連休だ

連休中は釣り場が人でいっぱいになる と言って

夫は 夕方 バイクで出かけた


2時間ほどで戻り

バケツの中は カマスが大きくなっていた

15匹ほどだが

半分は 夕御飯に お刺身にして

残りは 明日 天ぷらにする予定


このところ 毎日のように カマスの天ぷらを食べている・・・



鯵も まずまずの大きさになっていて

アジフライにしようかな と 思ったが

茅ヶ崎の娘一家が つみれを楽しみにしている

DSC02144

夫が 夕食後に3枚に下ろし 皮も剥いてくれた

それに味噌とネギを入れて 包丁で粘りが出るまで叩いて

このままだと なめろうに

大葉に包んでフライパンで焼けば 山河焼きに


でも 娘に送るには 一晩冷凍して

明日 クール便で送るつもり



明日は雨模様だが

日曜日からは ずっとの予報

釣り人には ワクワクの毎日になりそうです

このところ 毎日のように釣りに出かけている夫

イカの様子を見に行っているのだが

まだまだ小さくて 数も揚がらないらしい


鯵も型の良いのは少なく

もっぱら カマスを


天ぷらが一番美味しいのだが

昨夜は お刺身にもしてみた

DSC02129


クセがなく ねっとりとした舌触りで とても美味しい


10数匹しか釣れないので 天ぷらと刺身で 一食で終わり

夫は不満のようだが

私は処分に困るほどの量より 一食で終わるくらいが ちょうど良い



DSC02131

庭の大葉に 穂ジソがいっぱい出てきた

刺身に添えるには ありがたいが

実が詰まってきたら シソの実漬けにしよう〜♪

秋の気配が漂い始めて

昨日は 海も荒れていた

そんな中 夫は

「ちょっと行ってきます」 と


夕食前に帰ってきた夫のバケツには

DSC02098


まだサイズは小さいけれど 50匹ほど


海が荒れている時は 沖から魚が岸の方へ逃げ込んでくる というのが 夫の持論

カマスが釣れているというので そちらを期待していたのだが

釣れる場所は夫が嫌いな港

好き嫌いの激しい夫には 望めない・・・


お刺身には一口サイズでちょうどいいのだが

アジフライには小さい

でも このまま南蛮漬けには 少し大きい

仕方がないから 三枚におろしてから 南蛮漬けにしよう〜


涼しくなると 鯵もスミイカも シーズン

夫は畑も冬野菜の準備で忙しいのに

一番楽しい季節なのではないかしら

ようやく夫のもとに鯵がやってきました


時々 海の様子を見に行っていた夫だが

時間も早すぎたのか なかなか鯵に出会うチャンスがなかったみたい


でも 4〜5日前に メジナやベラに混じって 鯵も

いよいよ時期の到来 と 昨日も

DSC01861

まだ数は少ないけれど 25cm前後のサイズが釣れるようになった


夕方5時から6時の間の1時間だけ

あっという間に移動してしまうらしい


お刺身とアジフライにして二人で食べるのには これくらいがちょうど良い

たくさん釣れると捌くのが大変


でも 小鯵の南蛮漬けや カリッと揚げて甘酢醤油に絡めたおつまみもいいな〜

佃煮にいてもいいし・・・


夫が言うように やっぱり鯵が一番良いかも〜

ご近所の もう一人の釣り名人から ハチメをいただいた

DSC01685

佐渡では メバルのことを ハチメ と呼ぶ


毎日 30匹ほど釣れるのだそうだ

「俺も行こうかな」 と 夫

でも 時間を聞くと 深夜2時頃

夕方5時には晩御飯を食べて 9時には眠りに就く夫には 無理・・・


仙台在住の40代の頃は 毎週のように奥松島から女川に夜釣りに出かけていたのだが

70歳を過ぎた今は もう 体力 気力ともに衰えて


ご近所の釣り名人は お若い人ばかり

「若い人は いいな〜」 と 夫は 羨ましそう


このところ 両津湾では イワシが網で掬えるほどの大漁とか

先日 いただいたイナダも やはり大漁らしい


ブログで夫の釣果をお知らせすることは難しくなってきたけれど

頂き物の釣果で お許し下さい〜

今日も佐渡は暖かかった

夫は相変わらず 畑の草取り

ほとんど一日中

よく腰が痛くならないもの と 感心してしまう

私は 10時と15時に お茶を運ぶだけ・・・


高機に経糸をかけようと 整経に

私は私で忙しいの・・・


夕方になって

ご近所の釣り名人さんから

DSC01669

イナダ

袋の中でもピチピチ跳ねて

とても この状態で捌くことは無理

冷蔵庫で眠ってもらうことに


明日は どんなお料理でいただこうかな〜

慌ただしく時が過ぎているこの1ヶ月

夫は 久し振りに海の様子を見に


ハチメ(メバル)狙いの釣り人の横で 夫は鯵を


小アジばかりで悲しくなっていたところに 横にいた釣り人が

「どうぞ」 と お目当てでない鯵を下さった とか


一瞬

「・・・・・」


「鯵しか釣れないのではなく 鯵が釣りたいのだ」

これが夫の持論

この状況は 夫のプライドが傷つくことらしい


短気な夫は お礼を言って

すぐに家に帰ってきてしまったのだ・・・


小アジだけれど

DSC01468

南蛮漬け


DSC01464

ストーブでコトコト 甘露煮


どちらも夫の大好物


なんだかな〜・・・

佐渡を直撃するのかと思われた台風も

大した被害もなく 無事に通り過ぎてくれて 一安心

風も雨も いつも通り くらいで 気にもならなかったのだが

今朝は 佐渡汽船に 一部欠航が あったようだ

夫は

「海が荒れたから 鯵が釣れるぞ」 と

昨日の夕方には 雨も上がっていたので 出かけた

DSC01394

塩焼きサイズが2匹 鯵フライサイズが3匹 刺身が3匹

二人で晩御飯のおかずにするのには ちょうど良い


そして 今朝は 朝食を終えてから イカ

DSC01396


12時に帰ってきた夫

中型が2匹 小さいのが3匹


朝は 朝食後にゆっくりと出かけ

夕方 日が沈む頃には帰ってくる 釣り師


釣れる時間帯を外しているのだから 釣果は期待できない

でも 本人は すこぶるご機嫌で楽しそう


海に遊んでもらっているのだから いいか〜


DSC01395

私は 新しい冷蔵庫が ECOモードのランプが点いているのが嬉しくて

来月の電気代が楽しみ〜

今日から9月

異常気象の夏が終わり 次は どんな季節がやってくるのでしょうか・・・



日中は畑の草取りをしていた夫

夕方からは 久し振りに竿を持って 出かけた


1時間ほどで バイクの音が

「仕掛けを切られてしまった」 と 言いながら

バケツの中には 20cmほどの鯵が8匹  

小型のメジナが 2匹


早速 お刺身に

DSC01286


かなり脂が乗っていて 二人で びっくり


釣りに行くとは思わず スーパーで イナダのアラを購入

DSC01288


こちらも 脂が乗っている


メジナは明日 食べる予定だが

この時季の魚は どれも脂が乗っているのかな〜・・・



船橋では野菜が高くて手が出なかったが

畑では 毎日食べるのに ちょうど良いくらいの量の

キュウリ なす ピーマン オクラが 採れているようだ


トマトは終わってしまっていたが

ミニトマトと共に 冷蔵庫にたくさん 入っていた



夫が作った野菜と 釣って来た魚の食卓

佐渡へ帰ってきたことを 実感している

船橋に出かけることになったので 残っていた餌を捨てに行った夫

思いがけず 釣れた と

DSC01031

お刺身にして

少し大きめ2尾は 干物に

味をしめて 夕方になったら再度挑戦 とか

晴天続きで 畑も気になるし

佐渡にいたほうが 楽しいのに・・・

言いだしたら聞かない夫 


佐渡にいたほうが楽しい私は

DSC01036
DSC01033
DSC01034

残りのペンケース作り

ファスナーを付けるばかりに


行く前から 早く帰ってきたい と思っている私です



5月20日から 2〜3日釣れていた型のよいアジ

夫が出かける磯場では パタっ と 来なくなったそうだ

「移動したのかな〜」と言いながら

昨日は 別の場所に行ってみたが やはり ピクリともしない と

「小木港で釣れていると思うよ」 と 言ってみたが

こだわりのある夫は フェリーの入る港では釣らない人

私なら 釣れると聞けば どこにでも出かけていくと思うのだが・・・・


DSC00972

20日頃に食べた 干物

DSC00970

アジフライも


今から思うと 美味しかったな〜


毎日 たくさん釣れると困るけれど

釣れないと やはり 寂しい・・・

↑このページのトップヘ