佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

ご近所

今朝 ご近所さんから
「数日前の朝の虹です」と
ラインで写真を送っていただいた


41B7A504-A6D1-4074-9014-E1006F3CF6F1


我が家の東の窓に朝日が当たっていて
ちょうど我が家の上にかかるように虹が見える

私達はまだカーテンも開けないで
眠っていた頃かもしれない


晩秋の我が家の庭と家
それを守るようにかかる虹の橋


このところちょっと悩み事があるので
虹に向かってお願い事をすればよかったな〜と
写真を見て思ってしまった


写真を
ありがとうございました!


ご近所から採れたてのそら豆をいただいた
8FA9F713-E8C5-481E-95B1-174733A628BD

我が家も以前は作っていたのだが
冬の間船橋に滞在するようになってからは
不在の間の冬越しが心配でやめてしまった

でも
春になってぐんぐんと空を向いて実が大きくなるのを見るのは楽しい
今年は又種をまいてみようかな〜と思っている


757E8BA6-61CA-48C6-B2CF-9C97CAAEAFE6

これは紫アスパラ

茹でたらすっかり緑色に変身

春先にお隣から立派な株を分けていただいたので
畑の一番端に植えた

株分けしたものは3年くらいしてから収穫すると本で見たので
気長に待ちましょう と思っていたら
10日ほど前からニョキニョキと数本が出てきた

紫アスパラガスはポリフェノールが多いのだとか
お店ではあまり売ってないそうだ

とても甘くて美味しいのだが
本格的に食べられるようになるのは
やはり数年先かもしれない

でも とても楽しみ
アスパラガスの栽培は初めてだから




最近 夫と一緒に畑仕事も悪くないなと思い始めている

いったん畑に出れば夫も働いてくれるし
頭と体の体操にはなると思う

私も作物が成長するのを見るのは楽しいし
運動不足の解消にもなる

釣りも一緒に行けば良いのかもしれないけど
そこまではちょっと・・・


夫のためにデイを増やそうかと思っていたけど
やはりデイは週一であとは一緒に畑仕事をすればいいかな〜





一昨日 
ご近所からハチメをいただいた

ハチメとはメバルのこと
佐渡ではハチメと呼ぶ

高校生のお兄ちゃんがじいじと一緒に釣ってきた と
夕方 我が家に届けに来てくれた

とっても素直な好青年で
赤ちゃんの時から見ているが
穏やかでゆったりした姿は変わらない

高三なので進路も決めているのだけど
授業もなかなか進まず大変だと
聞かないのにポツポツと話してくれて
なんだか嬉しくなった


夫に捌いてもらって一晩冷蔵庫で寝かせて
昨日の夕食にいただいた

image

小さめは煮つけに
大きな2匹はお刺身にした

お刺身はコリコリして甘くて
煮魚はホロっとした食感の旨味たっぷりで
メバルは骨が硬いので気を付けなければいけないけど
とても美味しくいただきました


image

前日はスーパーで買ったカレイ
こちらも煮つけにしたので
二日連続魚の煮つけに

image

夫がなぜか下ろし方が分からなくなってしまい
身と子がバラバラに
でも この方が食べやすいかも・・・


夫もアジでもいいから釣ってきてくれないかな〜・・



年に一度 行われる 団地の防災訓練

今年は 消防署からも署員の方たちが来てくださって

IMG_3026

被災者を担架で運ぶことも

消火器を使っての消火訓練もあり

私は 初めて消火器を使ってみて とても勉強になった


その後は 炊き出しの訓練

IMG_3030

鍋二つにカレーを作り

IMG_3029

ご飯は 廃材を燃やして 飯炊き名人さんが 美味しく炊いてくださる


出来上がって お昼からビールなども飲みながら

みんなで カレーをいただいて



今年も 楽しく 訓練が終了しました。





お隣のご主人から

「ニュースです」 「桜が咲いてるよ」 と

お電話をいただいた

早速 外に出てみると

毎年 団地の観桜会をする お隣のご主人が植えられた桜が

IMG_3008

健気に 1輪

IMG_3012

台風の塩害で もう枯れた葉っぱは散るばかりなのに


よく見ると あそこにも こちらにも

2輪 3輪 と


せっかく咲いたのに これからは秋は深まるばかり


季節はずれの一瞬のお花見を 

楽しませて頂いて  ありがとう〜 ♬




今年も玉ねぎ苗作りの季節になった

IMG_2840

朝からご近所さんと一緒に

苗箱に培養土を入れて 苗箱ごと水に浸して 穴を開けて種を蒔き

上から バーミキュライトを被せて 平にならして 完成


早生の種は白くコーティングしてあり 一粒づつ入れるのに手間はかからないのだが

一般種は 黒い種が小さくて

ハ○○ルーペがないと 見えない! くらい

それを一粒づつ入れるのは至難の業

時折 雨が降ってくる中 少し濡れた種を一粒づつ入れようと思っても

手も濡れているので 二つ三つ と 一緒に入ってしまう

それをピンセットで取り除いて・・・ と


軽トラの荷台をテーブルがわりに作業をするのだが

身長があると 腰が痛くなってくる


それでも 皆で力を合わせて作業をして 完了

午前7時から11時まで 4時間近くかかった



3連休で遊びにいらしていた団地内のお客様も手伝って下さり

皆さん 苗作りの大変さに驚かれたようで

「今までは送ってもらって食べるだけだったけど」 と

来年できる玉ねぎの味は 一味違うことでしょう


農業体験って 大切ですね ♬




台風の直接の被害はなかったけれど

フェーン現象で 暑い!!

昨日は 新潟県でも三条市では39℃あったようだ

県内 一番過ごしやすいと思っている佐渡でも 35℃

佐渡の気温は北西の相川で観測されているので

南西端にある我が家付近は もっと気温が高かったのではないかしら


そんな猛暑の中 午前7時からは団地のボランティア活動をして

夕方からは 団地の納涼祭

BlogPaint

始まった頃は まだ西日が明るかったけれど

IMG_2648

日が沈んだら お決まりの明かりを点けて


明日は 市の胃がん検診と大腸がん検診があるので 早めにお開き 

と 言っていたのに

予定より 一時間以上 宴は続いて


夜になっても一向に涼しくならない納涼祭は終了しました


連日 お隣から たくさんの苺をいただいている

IMG_2396

桃薫 という品種のようだ

白いちご

赤くならなくても甘くて 名前のとおり 桃のようないい香りがする

農作業がお得意の奥さんなので

何を作っても 立派で いっぱい採れて 美味しい

食べきれないから と 連日いただいて

我が家も冷蔵庫に入りきらないほど

夫は 果物はあまり食べないので 私一人では なかなか減らなくて

嬉しい悲鳴

娘や孫たちが 近くにいたらな〜・・・


今年も 小木学校林での

椎茸 コマ打ち作業に 夫が参加してきた

昨年のうちに ホダ木にするための作業を行い

毎年 今頃に駒打ち作業が行われる

DSC03104


とりあえず 立てかけて


DSC03105

昨年のホダ木からは 美味しそうな椎茸が

でも まだまだ小さい


今日の午前中は小春日和で

作業から帰った夫は 「暑い」 と言って 窓を全開にするほど

私も OMソーラーで お湯採りスイッチを入れてしまった

屋根の棟温度が80℃にもなっていたので もったいないと

水温が7℃から28℃まで上がったけれど

曇ってきたから さきほどスイッチは切った


DSC03106

昨日もお天気が良くて

夫の姿が見えないな と思って畑や家の周辺を探したが

もしかしたら ふきのとうを採りに行ったのかも と思ったら

やっぱり

でも 「まだ少ししかなかった・・・」 と

東京の夫の姉から頼まれているので 気にしているのだが

もう少し お待ちいただかなくては・・・・。


震えそうな寒さと曇り空の下

 団地内で 自治会の防災訓練が行われた

IMG_1732


いろいろと都合の悪い人がいて

団地住人の半分ほどの参加ではあったが

炊き出しの訓練もあり

限られた水や材料で カレーを作り

みんなで お腹いっぱい食べて 解散した


煮炊きや洗い物の水は 大切に使い

野菜類やお米は 提供できる人が持ち寄り

自治会の備品で作る 炊き出し

サバイバル精神が旺盛なご近所さんの力を結集すると

どんな災害にも立ち向かえるような気がして

いつも安心する


災害が起きては困るけれど

毎年の防災訓練で いつも心強さを感じられることは 幸せ


朝から 爽やかな秋晴れ

早朝から 団地のみんなで 作業をして

一汗かいたあと

ご近所から

IMG_1680


珍しい ダイナマイト西瓜を いただいた

本当に 着火したら爆発しそうな感じ


切るのがもったいなくて

しばらく眺めてから いただくことにしよう〜♬



昨夜は 団地内で恒例の観桜会

DSC02932

お隣のご主人が移住した年に空き地に植えて下さった苗木が

こんなに大きく育って

DSC02933

こちらは 我が家の桜

同じ頃に植えたのだが

我が家のは もう老木になっている

植木屋さんに

「あと何年生きられるかわからないので 今 見頃の木を植えてください」

と 頼んだから


移住して14年目

すっかり老木になってしまい 花も少ない


そんな 桜の下で

昨夜は お花見を

IMG_1388

発電機で明かりを

IMG_1390

ドラム缶で枯れ枝を燃やして 暖をとり

ご近所さんと BBQ


生きる術を熟知されたご近所さんの 頼もしい方々のおかげで

防災訓練にもなるような 観桜会



今日は 朝から風が吹き始めて

どんどん 花びらが散っている

庭中 花びらで埋まりそう〜・・・



毎年恒例の椎茸菌の打ち込み

今年も 昨日 近隣の皆さんとの共同作業で

夫は 立派なホダ木を 持ち帰った


しばらく前に 皆で伐採した丸太に

ドリルで穴を開け 種菌をカナヅチで打ち込む


翌年には

DSC02879


こんな立派な椎茸が採れ

3年ほど 楽しませてくれる


毎年 この行事に参加しているので

庭には ホダ木が 何本も


おかげさまで 椎茸はここ10年ほど 買ったことがない

勿論 干し椎茸も

佐渡では 栽培している人が多く

友人 知人から いただくことも多い


肉厚の 採れたてを にんにくとバターでソテーすると

アワビのような食感で

夫に 「それはオーバーだろ」 と笑われたけれど

私には 本当に そう思えるほど


数年前のホダ木から 椎茸がいくつも顔を覗かせている

楽しみ〜♫


夕方 ご近所から ”ももいちご”をいただいた

DSC02567


桃の香りがする苺で

普通は赤く熟したものが食べごろなのだが

この桃苺は これくらいが食べごろなのだそうだ


苺と桃の香りがして 甘さ 酸味が絶妙なバランス

爽やかで幸せな気分になりました♫



昨夜は団地の観桜会

先日の暴風で桜はすっかり散ってしまったけれど

image


飲んでおしゃべりが出来ればいいみたい(笑)


発電機を出して2本のポールに投光器を

ドラム缶を半分に切った所に薪を入れて火を起こし

網や鉄板を並べて肉を焼きたり焼きそばを作ったり

サバイバル生活上手な人が何人もいるので

団地の外での飲み会は防災訓練も兼ねているようなもの

とても心強い


image

まだまだ日が暮れると寒くなるので

ドラム缶に廃材やダンボール箱を入れて暖を


夫は周囲のことも考えずに放り込むので炎が高く舞い上がり

火の粉が自分の背中に飛んで アッチチ〜

フリースに大きな穴があいて その下のカットソーにまで達するほど

それでもやめないのだから・・・・



そして今朝は 団地の草刈

BlogPaint


男性陣は草刈機で

その後 道路に飛び散った草を女性陣が竹箒で掃除

2時間ほどで終了


これから秋まで 草の生える季節が終わるまで 何度も

こうして 団地内はいつもきれいな状態が保たれている♪

午前中は春の陽気

団地の共同作業で 夫は椎茸のホダ木のコマ打ち作業に


私達が船橋滞在中に やはり共同作業で伐採をして下さっていて

今日はホダ木に菌を打ち込む作業

「接種」 というのだそうだ

私は重い枝は運べないので足でまといになると思い

参加をやめて家にいたのだが

奥さんたちが打ち込み作業をした とのことで

申し訳ないことをしてしまった・・・


それなのに

DSC02359

夫は 立派なホダ木を 皆さんと同じように いただいて帰ってきた


散水をして遮光ネットを被せて しばらく寝かせて置くらしい

その後 立てかけるように組んで

2年ほどで また新しい椎茸が採れるようになる


楽しみ〜〜 

一昨日の事

私が東京まで出掛けている間に 荷物が届いていた


佐渡の お隣さんから

大きな段ボール箱が

中には

立派な白菜 沢山のブロッコリー 干し柿 切り干し大根 椎茸 一夜干しイカ 立派な鯵の開き お餅まで


夕方 自宅に戻ってから お礼の電話をすると

「お宅の庭の椎茸が大きくなってしまうので勝手に送ったの」と


写真を撮るのを忘れしまったが

田舎のお母さんからの荷物みたいに

優しくて 心がほっこりする玉手箱

嬉しかった〜^_^


頂いた鯵の開きが 凄く大きくて

夫は もう ムズムズ


お隣の息子さんのように 夜釣りや早朝の釣りは出来ない夫

頂いたような立派な鯵は無理だと思うのだが

もう佐渡に帰りたくて仕方がないみたい(≧∇≦)


暮れには やはり佐渡のお友達から

干し柿を送って頂いた


船橋に居ても 佐渡の品々を頂いて

幸せです^_^

秋晴れの爽やかな佐渡

今日は 朝7時から 団地の草はり

(佐渡では草刈のことを草払い といい それが短縮されて 草はり と)

夫も薬が効いたせいか 体調は回復して 夫婦で参加

1時間半ほどで 団地内は 気持ちよく きれいに



ご近所のご主人が草払い機を動かしながら

「こんなのがあったよ」 と

DSC02166

DSC02163


白くて可愛い花

帰って調べたら センニンソウ というらしい

そういえば 自転車で宿根木郵便局に行った時にも 道端に咲いていた


いただいて 玄関に飾った

気持ちの良い草はりでした〜

澄んだ空気 爽やかな風

気持ちの良い青空の下で 今年も団地の人達と玉ねぎ苗作り

image

昨年は 私たちが船橋に出かけていた時に 作業が行われて

出来上がった苗だけをいただくことに

今年は 少しはお手伝いができて よかった


苗箱に 培養土を入れて 一粒ずつ種を

上から バーミュキライトを乗せて

会長さんのお宅で 苗が育つまで管理して下さる


11月に出来上がった苗をいただいて 畑に植えれば

来年の初夏の頃には 立派な玉ねぎが出来上がるはず


皆で作業を分担しながら おしゃべりをしながら

楽しく作業は終わった


来年が楽しみ〜♪

佐渡は 夏に向かって 観光客が増加する この時季

毎年 島内一斉清掃が 各集落で行われる

予定していた先週は 雨で中止になったが

今週は 

日差しが強くならないうちに と 早朝 6時半から

image

男性は 草刈機で 草を払い

女性は 払った草を竹箒で集めて


image

団地の入口も すっきりきれいに


1時間ほどで終了


冷たいお茶と菓子パンをいただいて


おつかれさまでした〜

DSC01057

玉ねぎのひげ根も丁寧に切って 

20cmの紐の両端に3個ずつ結んで 竿に振り分けて吊るした

夫の仕事は 実に細やか


DSC01060

今朝は ご近所から 水揚げされたばかりのトビウオを たくさんいただいた

トビウオは 新鮮なものほど ウロコがいっぱいなので

汚れるから と 私には触れさせない

朝食を終えると 直ぐに ラジオを聴きながら 物置で作業を始めた

10匹は 夕食に フライとお刺身で

残りは アゴだしに

下ろしたトビウオを洗って 焼いて 自作の乾燥器でじっくりと カリカリになるまで 乾燥させる

気の遠くなるような作業を 夫は 毎年 黙々とこなしている



DSC01063

ミニトマトも いっぱい実をつけてきた

(無農薬の畑なので 隣のとう菜や唐南蛮の葉は レース状態



この時季 夫は一年で一番忙しい

でも 充実していて 

「仕事があると ビールが旨いな」 と


私も アゴだしがないと料理ができないほど頼っているので

出来上がるのを 楽しみにしている



DSC00918


ご近所から すてきな水仙の花束をいただいた

DSC00920

玄関は 水仙の香りで いっぱいに


私は花を上手に育てられなくて 庭には野草しかない


ひっそりと咲く野草は 

せっかちな性格の私に 落ち着きを与えてくれるので

玄関やトイレに さりげなく置くのが 好きなのだが


香り高い 華やかなお花も いいもの



水仙にも いろいろな種類があって

バラのように花びらが幾重にも重なっている 豪華なものも



急に初夏の陽気になってきたので

なるべく涼しい所に置いて

少しでも長く楽しみたいな♪





昨日 佐渡のお隣さんから電話が

「雪が積もる前に庭の椎茸を採って送るから」と


そして、今日 届いた宅配便

ずっしりと重い

ドキドキしながら箱を開けてみたら


image


なんと

我が家の椎茸はちょっぴり

あとは

お隣さんの畑で丹精込めて作られた野菜の数々

白菜 葱 人参 ブロッコリー キャベツ

それに 奥さん手作りの干し大根と干し柿

きれいに隙間なく箱に詰められて

まるで玉手箱のよう


佐渡では送る立場だが

こうして送って頂くと本当に嬉しい

若い頃 母から送って貰う荷物が楽しみだった事が思い出された


しばらく留守にしていても このようなお心遣いをいただくと

やっぱり佐渡がいい〜😍

佐渡はこれから夏に向かって観光シーズン真っ盛り

島では 毎年 「一斉清掃」を

我が家の団地でも 朝7時から 住民総出で 団地内と周辺道路の清掃をした

DSC00435_サイズ変更
DSC00434_サイズ変更

草刈機で草を刈る人
(佐渡では 草払い→くさはり と言う)

刈った草を竹箒や熊手で掃除をする人

ゴミを拾う人

斜面には崩れ防止に針金が入っている所があり 草刈機の糸(細かい部分用)が切れてしまう事故も・・・


1時間半ほどの作業で すっきり きれいに〜 


作業のあとは 木陰でパンと飲み物をいただいて おしゃべり


朝から おつかれさまでした〜

昨日 今日 と 暖かい日が続いている

このまま春になると いいのだけれど・・・


先日 ご近所から モクズガニを いただいた

DSC00118_サイズ変更
















元気いっぱいで あっという間に 脱走してしまう

昨年も いただいて 美味しかった

河口付近で 獲れるのだそうだ

DSC00121_サイズ変更
















小さいけれど 中は味噌がぎっしり

内子も 入っている

足は 夫が砕いてくれて 煮込んで 出汁にしたら 濃厚なお味に


今年も ごちそうさまでした

暮れに 長時間飛行機に乗るからと ウォークマンを購入した

飛行機嫌いな私は 少しでも気が紛れるかな と

カセットテープ時代のウォークマンを使ったことがあったが 

その後は10年ほど前に娘からプレゼントされた MDプレーヤーを愛用していた

でも 旅行に持っていくのには 少し重い

孫や娘が使っている ipodに しようかと迷ったが

Macに抵抗があるので ウォークマンにすることに

DSC00019_サイズ変更

容量は一番小さく 動画は入らないE062タイプ

小さな画面で動画を見るのは 疲れるから不要と判断

音楽を聴くのが大好きな私は FMが聴かれれば それで十分


パソコンでCDから曲を取り込んだり 別売りのケーブルを購入してMDから取り込んだりしていたが

昨日 ご近所のご主人から Youtubeからダウンロードする方法を教えていただいた

craving Explorer を 使って

著作権に触れないものだけを選んで


好きな歌手の好きな曲だけ 1曲 1曲選んで入れれば 840曲も入る

あ〜 幸せ〜 ♪ ♪

素敵な贈り物をいただいた気分


山羊さん ありがとうございました〜

昨日 ご近所から 茹で落花生 を いただいた

画像 073_サイズ変更

千葉に住んでいた頃は この時季になると いつも楽しみにしていた

採れたての落花生でしか出来ない 期間限定商品なのだから


落花生は我が家があった 千葉の北総台地で採れるのが有名だが

佐渡でも結構作られている

「ずもぐり」 と書いて スーパーに売られていて 何だろう〜? と思ったが

地に潜っている豆 なので 訛って そう呼ばれているようだ(笑)


茹でたてを頂いたのだが 夫は昼前からビールを片手に 

「止まらない〜」 と


そう

落花生は 食べ始めると 止まらない


ごちそうさまでした〜

今朝 また たくさんの柿を お隣からいただいた

夫と二人で皮をむき 今度は干し柿に

画像 045_サイズ変更

干し柿にクルミと柚子をはさんで食べるのが 大好きな私

甘くて柔らかな干し柿が出来るのが 楽しみ〜 ♪


今日は 私は あんぽ柿作りのお手伝いに

お隣の奥さんは 毎日朝早くから 柿の選果場でお仕事

家に帰っても 干し柿を作ったり 柿をさわしたり


この季節 柿農家でなくても 何かしら柿と関わっている


日本の原風景を感じさせる 軒下を飾る 干し柿の列

私は この景色が大好き

佐渡の名産 おけさ柿が最盛期になっている

平種柿の渋を抜いた おけさ柿は 甘くて本当に美味しい

特に我が家のある佐渡南部の柿が美味しくて

昔は 「柿御殿」 が 建ったほどの名産だったらしい

しかし 最近では栽培農家の高齢化が進み 出荷の条件も厳しくなったりして 廃業する農家が増加しているようだ


それなのに 今年は夏場の日照りが続き 降水量が少なく ようやく収穫の時期を迎えたところに 今度は雹や霰の被害が

踏んだり蹴ったりの状況になってしまった


そんな中 今年も我が家は ご近所から たくさんの柿をいただいた画像 039_サイズ変更
画像 038_サイズ変更
画像 040_サイズ変更

47%の「渋抜き専科」という焼酎を蔕の部分に浸し 新聞紙の上に並べて ポリ袋で熟成させる

地元では 「さわす」 という

5〜7日くらいで渋が抜けて 甘くなる

娘や孫達が毎年 楽しみに待っている

秋になると あちらこちらから柿をいただいて 毎年この季節が楽しみ〜

秋晴れの空の下

ご近所さんと一緒に 皆で 玉ねぎの苗作りをした

画像 027_サイズ変更

男性は団地の草刈

女性は日陰で
画像 029_サイズ変更

苗箱にタネを一粒づつ

画像 028_サイズ変更

こんな便利な道具があり 穴に一粒づつ落とす

画像 033_サイズ変更

更に こんな道具で苗床に均一に穴をあけて

土を入れた苗箱の上に 上のケースの種をスライドさせると タネが一斉に落ちる

画像 030_サイズ変更

上から土を被せて 苗箱を水に浸して 完成



画像 034_サイズ変更

草刈を終えた男性陣と一緒に 冷たい飲み物とアンパンで休憩


ご近所のご主人が珍しい黒いカエルを捕まえて
画像 031_サイズ変更

突然変異なのかしら・・・・


毎年恒例になった 楽しい団地の行事でした

↑このページのトップヘ