佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

佐渡

今日は朝からお日さまが出ている
一日晴れというのは久しぶり

暖房を入れなくても
ソーラーシステムのおかげで
室温は23度になっている

気持ちが良くて
お昼ご飯を食べたら眠くなってきた

F2857824-4D02-4934-B26D-0D453A781448

お昼は焼きうどん


明日はまた雨の予報で
21日からは気温は上がるものの
お日さまマークは出ていない

今日は貴重な晴れ間みたい


先日の暴風で
畑のブロッコリーがなぎ倒されていたので
支柱を立て直した


冬の間は手仕事をして と
ミシンも1階に下したのに
なんだかんだとダラダラとして
一日が過ぎてしまっている


暖かくなったら
動けるようになるのかしら・・・・


又降ってきました

今日は降ったり止んだり

富山や新潟上越地方は国道も高速道も大変なことになっている

我が家は佐渡の中でも南端で
移住する際には
「南だから雪は少なくて暖かいですよ」
と言われたのに
南端で富山や上越に近いからか
思ったより雪が多い


CC620057-1D33-4E31-912A-1C0FBBB1C49C

除雪した雪がここまで積み上げられたのは
あまり記憶にない

今晩から明朝にかけて又降るらしいので
この山はさらに高くなることでしょう


佐渡は
北端の相川 南端の小木
東の両津 西の真野では
雪 雨 風の被害がかなり違う

先日の暴風の時
小木は停電も建物被害はなかったみたいだが
両津では最大風速が40m近くになっていたらしいし
佐和田ではアパートの屋根が飛んだとか

雪は毎年西の真野湾沿いが少ないし
「佐渡」と一括りでは語れない


佐渡の小木からのご報告でした



朝起きたら
1F5A5C4C-8B7A-4EE4-BAFE-BF78AC2F8016
724CA562-59D8-45E3-9E96-3A86B24DA28C

南のデッキも東のデッキも
40cmほどの雪が積もっていた

ここまで深い雪を見るのは久しぶり

数年前に降った時は船橋に滞在していたので・・・

ご近所さんは港の近くでカフェを開いていらっしゃるのだが
昨晩のうちに水道管の凍結対策に行ったら
もうすでに凍っていたとか

014AF874-7C48-4FB8-BE6C-9ED65BFF8E71

程なくしたら除雪車が来てくれたが
ゆっくり朝ご飯を食べていたので
我が家のガレージ前の雪を持ち去ってもらうには間に合わなかった

仕方なく
朝食後に夫と二人で
玄関スロープとガレージ前の除雪を

ガレージ前は車1台置けるほどのスペースなので
除雪をするのはかなりの重労働

私はその前にデッキの雪下ろしもしていたので
小一時間も作業したら少し胸が苦しくなってきた

昨日発作があったばかりだし
夫もハーハー言っているから
適当なところで終えることにした


絶え間なく降り続いている雪

明日の朝には又
元の木阿弥かな〜・・・・

通勤するわけではないし
雪が収まるまでじっと家にいればいいのだから
無理に除雪をすることもないのに
貧乏性というか心配症というのか
ゆったりしていられない私

どうしても急用の時は
タクシーをお願いすればいいのだから
と思っているのに・・・・

我ながら情けない

娘たちからも無理をしないようにと
繰り返し言われているのに

夫のボーっとしているのが羨ましい

というか
夫がこうだから私が頑張らなければ と
変な緊張感があるのかもしれない

それで私が倒れたら
それこそ
元の木阿弥なのにね(笑)


ゆっくりしま〜す♬


新潟県には本日
大雪注意報が出ている

山間部の雪の多い所では
屋根の雪下ろしや除雪中の事故が相次いでいる

佐渡の我が家周辺は
今のところ雪はほとんどないが
暴風がすごい

霙交じりの雨が
西から東へと吹き飛んでいくのが
窓から見える

予報では
最大風速が27mと出ている

夫は今日も元気に
お迎えの車に乗ってデイサービスに出かけて行った

送迎の職員さんも大変だと思う

田んぼの真ん中の道では
風にあおられて必死にハンドルにしがみついていないと怖いから
お年寄りを乗せて走るご苦労はいかばかりかと


新潟県内の鉄道の多く
新潟空港も
佐渡汽船も全便欠航

もちろん新聞も来ていないけど
停電にはなっていないからテレビは見られる

でも
この風ではいつ停電になるかわからないから
早めに晩御飯の支度をしなくては

この爆弾低気圧は
日曜日ころまで居座るみたい


自然には抗うことは出来ないから
じっと過ぎ去るのを待つしかありません



不要不急の外出を避けて・・・

対策はコロナと同じです




久しぶりに太陽が出て
今日はソーラーシステムで暖が採れている

寒くてもお日様さえ出てくれればいいのにな〜

DEAB589A-081A-43C9-96DE-42BC2A788A47


庭の雪もほとんど消えて
道路には除雪車で寄せられた雪だけが残っている

でも
明日からはまた暴風雪の予報

風速は16mになり
最低気温が−4℃になる日もある予報

停電や水道管の凍結にも備えなければ・・・


灯油は定期配達をお願いしているが
今月は途中で電話して配達してもらわないと
定期配達日までは持ちそうにない

200ℓタンクだけど300ℓ位使いそうだから


このところ冬は船橋だったので
やはり暖房光熱費は全然違うことを実感

でも
佐渡を留守にしていると
水道管の凍結や予期せぬことが起こった時に
すぐに対処できない怖さがあるので
やはり冬は佐渡にいた方がいいかなとも思う

それに
年末から極寒の時期に
荷物を持って移動するのはもう疲れるようになったし
(小木〜両津をバスを乗り継いで移動するだけでも大変)

もしコロナが収束して往来が可能になっても
真冬の移動はもうないかな・・・と思っている


船橋の家は長女一家が適度に利用しているようだし
夫の絵馬じゃないけど
「のんびり仲良く」
ずっと佐渡で暮らしていけたらいいな〜 と

変わらぬ私の思いです


今朝の庭は
BEF9071E-AB24-45ED-941A-D4BF8BBF725D
CCD29E2E-2587-437E-8EDE-BD715314CF98
9794740D-C414-404B-B3A1-F94E349CDB25

朝 カーテンを開けたら
一段と積もっていました

ふわふわの新雪

5D578151-195E-49AB-A501-2071F29E6B98

デッキの雪を夫に頼んで落としてもらった

その後
ガレージ前の雪を除けないと車が出せないから と思い
私が雪除けを始めたら
除雪車が入ってきてくれていた

急いで玄関前スロープと
ガレージ前の雪を道路に出して
除雪車に運んでもらうことに

でも
夫は少し動くとすぐに手を止めて立ち止まるので
私がスノーダンプとショベルでせっせと

デッキの雪除けは全部してくれたから
疲れちゃったのかな・・・

頭の回転が遅くなっているのも確かだけど・・・


それでも30分ほどで
ガレージ前とスロープの雪はきれいになり
一安心

家に入ったら背中に汗をかいていて
夫が
「どうしたんだ 顔が真っ赤だぞ」と

血圧を測ったら正常値だし
良い運動になったみたい

ご近所のご主人が
「明日は雨だから溶けるよ」と言われて
頑張って除雪しなくてもよかったのかなとも思ったけれど
運動になったからいいか〜



何年か前に
船橋から帰ってから雪が降って
雪搔きをしたことはあったけれど
ここ数年は
雪のある冬を経験していなかったので
なんか新鮮な感じ

来週末には次の寒波がやってくるとか

今年の冬は雪が多そうだから
まだまだこれからかな


冬景色の童謡でも歌いながら
佐渡の冬を楽しみましょう〜♪


E16F30BD-CB28-4996-8AC4-D72865B95746
4CA9CF09-F1F4-4C31-9B9D-1E28387FC605


モノクロで撮ったわけではないけれど
水墨画の世界

83B46295-649D-44CD-9D4D-35168B9FBC81

朝起きた時のデッキ

今はもっと積もっている


大晦日なのに
ありがたいことにデイサービスはあり
夫はいつものように出かけて行ったが
玄関スロープを降りたところで軽く滑ったみたい

職員さんが支えてくださったので無事だったけれど
危ない 危ない

郵便屋さんのバイクも
そろりそろりと走っていた

今日は最後の買い物をしようと思っていたが
もうやめて
昨日までに買い置きしたもので
今日は一日料理をすることにいたしましょう



コロナで始まり
コロナで終わる2020年でしたが

他人を責めるばかりでなく
個々人が己の行動を律して
皆で力を合わせてウイルスを退治して

来年こそは
少しでも明るい兆しが見える年にしたいものです



今年も一年
ありがとうございました

皆様も
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。



朝 カーテンを開けると

2D45EEDB-D294-45A0-9A2F-91A2926A85A4


昨夜から降っていたようで
夫が寝る前に
「デッキに薄らと積もってるぞ」と言ってたけれど

やっぱり

今は吹雪で
新聞もまだ届いてない

佐渡らしい冬の到来です

でも
まだ道路には積もっていないし
まだまだ本番には程遠いかな



昨日の朝
夫が「じっとして動かないんだよ」と言うので庭を見たら
5D4A4A5F-24CB-4751-B0A1-1AA873119B60

ツグミ?
(私にはヒヨドリと区別がつかない・・・)

いつもは人の気配がするとすぐに飛び立つのに
キョロキョロするばかりで
その場から全く動こうとしない

心配になって窓を開けたら
764A96BD-5F65-420C-AF53-F21BE4F284ED

2mほど離れた瓶の上に飛び移ったので
一安心

それでも 又そのまま動かなかったのだが

F8C167AE-24BE-4D54-9FB7-D346A7E5D9D5

ムクドリが来たら
木の枝に飛び移って そのまま飛び去った



B9BE5F48-AFB4-42D8-ACC4-B5175CE14C46

今日は雪の中
二羽のムクドリ


庭が一面の銀世界になり
真っ白な雪の上に柿を置くと
鳥たちがいっぱいやってくる

D962F8C9-7DA4-4705-BC2C-422B6255C4FA

特等席で一日中庭を眺めている夫

楽しみにしていることでしょう(笑)


電動のこぎりで私が切った庭木の幹や枝を
ご近所さんのご主人が
「若者たちが工作の材料にしたいから」と
軽トラできれいに運び去って下った


夫と二人で我が家の畑に運んで
朽ち果てるまで放置するかドラム缶で燃やすか 
と 話していたので
とてもありがたかった


その話を奥さんにしてお礼を言ったら
彼女から写真が送られてきた

666A8486-AA2A-4E4E-A86C-6365CAE75587
23C85547-45D1-474F-89BC-7A994BDAFD13
AB4CF2F5-DBF6-413D-85EC-36B55AF846BA
2F0C87D5-0A88-46B2-AF84-B3CC72BBBFB5
689A3BB2-9BCD-4693-82D8-EB8FAD61FC78





我が家の近くには

旧小木町で学校林と呼ばれていた「ふるさとの森公園」がある

森人(もりーと)と呼ばれるボランティアの人たちが
里山の手入れをしながらいろいろな活動をされている

ご主人はその中心的な方で
奥さんも趣味が同じで羨ましいご夫婦

写真の日は
彼女はコーヒーの焙煎を頼まれて参加したとか


団地の行事として参加している
間伐材を利用した椎茸の駒打ち作業もここで行われるもの


ここ3年ほど
ちょうど我が家が船橋に行く頃にホダギ作りの作業が行われるので
参加できていなかったが
今年は久しぶりに参加できるかな と思ったけれど

今年はコロナで行われないのかな〜・・・・




905D7833-2D7F-4C92-A56D-B69527906981

0BB9BD75-774B-495F-953F-693C898422F2


我が家の庭には
連日野鳥がやってくる
上はヒヨドリ
下はメジロ

見えるかな?・・・





昨日の続きで
新婚旅行の思い出の品から
佐渡の絵葉書が出てきた

97C37046-42C9-4717-8600-2A20F3175469

これが当時乗った連絡船
(フェリーでなくて連絡船だったのだ)
両津港の桟橋から手を振る人々 とある


A2E7D35D-DA74-48E5-ACF4-C9E655312818

そして
こちらは小木港とあるが
私にはこれは我が家の下の矢島経島にあるタライ船に見えるのだが・・・


17D17E74-8BF5-496C-9E91-40750F709088

これは
佐渡の地図で
いくつもの港に船が出入りしていたみたい


50年以上前に佐渡を訪れた時の事は
残念ながらほとんど記憶にないのだが
あらためて絵葉書を見て
ビックリすることばかり


父がカメラを趣味としていたので
父が同行している時の写真はいっぱいあるのだが
夫も私も当時はカメラに興味がなくて
旅行の写真が全くない(笑)

今思えば もっといっぱい
当時の佐渡を写真に収めておけば良かったと後悔している

そうすればもっと
今と昔の佐渡を比べることが出来たのに


それにしても
当時は佐渡に移住するなんて
これっぽっちも考えていなかったのだが


人生って 面白い〜!







毎日
断捨離を続けている私

写真や思い出の資料も
この際思い切って捨てることにした

その中に
銀色の紙箱に入った
私達夫婦の結婚式の資料と
新婚旅行のパンフレットなども出てきた


私達が結婚した時には
夫の両親はすでに他界していて
義姉も東京に嫁いでいたので
夫の故郷の新潟の家はなくなっていた

でも隣接する本家には
まだ多くの親族が暮らしているので
お世話になったその方たちに挨拶を兼ねての
旅行先が新潟になった
(私たちは当時名古屋在住だったので)


1泊目は東海道新幹線に乗って湯河原へ

2泊目は東京から信越線で新潟へ
(まだ新幹線はなかったから)
そして新潟港から客船に乗って
(フェリーはまだなかった)両津へ渡った

レンタカーなど勿論なくて
長いボンネットのあるバスに乗って
島内観光をしたらしい
(らしいというのは残念ながらほとんど覚えていない・・・)


そして宿泊したのが
佐渡グランドホテル
DAF6947D-D994-4F47-A06D-CAA55D7DE314


思い出の箱から出てきた当時のポストカード

菊竹清訓という有名な建築家の建物で
1967年建造というから
私達は翌年の真新しい館に宿泊したことになる

橋脚のような柱で宙に持ち上げられた建物
1階部分がないので
加茂湖畔に浮いたように見える
斬新でとても素敵なホテルだった

お食事の内容は忘れてしまったが
白米の美味しさにびっくりしたことは鮮明に覚えている


そのホテルが
昨冬から休館していて
諸事情により今夏
実質 閉館に至ってしまったという

今から27年前の銀婚式の時にも
思い出のホテルとして
このホテルに宿泊した私達

佐渡に移住してからは一度も泊まることなく
閉館に至ってしまったのはとても残念だったと

このポストカードを見ながら
あらためて思っている

とても素晴らしい建造物なので
何とか再開できないものかと

コロナで宿泊観光業は大変だと思うけれど
願っている一人です





このところ
毎日のように熊の被害が
全国で起きているようだ

新潟県でも山間部だけではなく
市街地にも出没しているようで
ごみを出しに行こうと玄関を開けたら襲われたとか
家の横の畑で襲われたとか

柿やクリばかりでなく
収穫して風除室に置いていた芋を
ガラスを破って獲ろうとしたとか

散歩したり
自転車で走っていても襲われるらしい

ごみを出しに行くことも
畑でのんびり作業をすることも出来ないなんて・・・



そして毎年思うのだが
そういえば
佐渡には 
熊も 猪も サルも 鹿も いない


本土の角田浜と佐渡の松ヶ崎が
距離にすると一番近いのかなと思うのだけど
それを泳いで渡る動物たちはいないみたい

これは本当にありがたいことで
田舎暮らしの魅力的な地は日本中にいくつもあるけど
害獣被害がない田舎である佐渡は
それだけでも とても魅力的だと思う



我が家には栗の木も柿の木もドングリの木もあるから
熊が生息していたら大変

リビングでパソコンに向かいながら庭を見ていると
飛んでくるのは様々な野鳥だけ

鳥たちは可愛らしいからいくら飛んできてもいいの

C73AB75A-F865-40DB-BE87-AA03764C16A0

畑の柿の木には
選定していないし摘果もしていないから
枝にびっしりと柿が

C7AA89C0-0AA6-4921-A6D2-100C6ADF7308

ご近所から頂いた柿

こちらは早生柿
出荷する柿のはね柿で2〜3Lサイズ
我が家の柿の2倍近い大きな物


佐渡はおけさ柿の産地だから
もし熊やサルがいたら大変なことになる


やはり
佐渡は幸せな島だと思います





今日は夫がデイサービスに出かけてから
ずっとパソコンとにらめっこ


実は

マイナポイントをpaypayとメルペイに紐づけた我が家
paypayは9月になってすぐに満額チャージしたのだが
メルペイは都度チャージにしていた

paypayはチャージした時点でポイントが付くのだが
メルペイにはそれはなかったから
買い物する前に必要なだけチャージすればいいと思っていた

これは後で考えたら
8月末までにチャージしておけば特典ポイントが付いたので
そうしておけばよかったと悔いたのだが・・・


そして何をにらめっこしてたかと言うと

今回のドコモ口座の不正事件から
ゆうちょ銀行からのチャージが全てストップしてしまい
先日メルカリで購入した商品の支払いが出来なくなってしまったのだ

メルカリからのお知らせでは
セブン銀行のATMでチャージできます と
繰り返しメールが来るのだが

佐渡には
セブン銀行のATMはどこにもな〜い!

コンビニは島内に数店舗あるのだが
全てローソンなのだから

それでも私が移住した当時はコンビニはなかったから
その後セーブオンが出来た時には「お〜」となり
数年前からローソンに変わりもっと便利になった

といっても我が家ではコンビニを利用するのは年に数回程度
ローソンがあれば十分と思っていたのだが

今回は 困った

それで
私の取引のある他の銀行に新たに口座を申請しようと試みたのだが
ネット銀行で口座だけは残してあるけれど
もう整理しようと思っていた銀行なので
2段階認証で登録してあるメールアドレスも
現在は使用していないものだったりして

もう めんどくさいったら!


午前中いっぱいこんなことをして
ばかばかしくなってきたので もうやめた


コンビニで手数料を払えば振り込みできるのだけれど
それも抵抗があり
次女もメルペイを使っていてゆうちょ銀行にしていて困っているようなので
彼女にセブン銀行でチャージして私のメルペイに送金してくれるように頼んだ

次女も
「仕事してるからめんどくさいんだよね」と言っていたけれど
「頭の体操になるからやってみて」と

暇なおばあさんがやればいいのだけど


セブン銀行のATMがないんだもん・・・









一昨日の月曜日は夫がデイサービスに出かけた後
友人の車で久しぶりに相川まで出かけた


版画村美術館の先にある京町亭

676DF1AE-3FEA-43A4-8DB4-C78520FEEB8E


古民家を再生したすてきなお店
高台にあるので
窓辺のカウンター席からは海が目の前に見える



10/9~10はこの京町通りで毎年宵の舞が行われる

今年はコロナの影響で佐渡奉行所でのみの開催になってしまうようで残念だ


友人とは車中も店内でもたっぷりおしゃべりをして
夫が帰宅する1時間前には私も家に戻ることが出来
とても有意義な一日だった






昨日は16時から城山公園で
鼓童の無観客公演が行われた

コロナで熱気あふれる公演もなく
ハーバーマーケットの賑わいもない
とても寂しいアースセレブレーションになってしまい残念

ただ 我が家は城山公園から響いてくる太鼓の音はしっかり聞こえて
佐渡テレビではライヴで放映されたので
テレビを観ながら太鼓の響きを生で聴けて
私はとても満足でしたが・・・。


そして今日は外はとても暑そうなのだが
風があるので家の中はエアコンなしでも涼しい感じがする


やっぱり佐渡はいいな〜 と
いろいろと感じていた所へ

ケアマネさんから
来月のデイサービスの予定のご連絡をいただいた

その折に
娘の話を少しして
夫のショートステイの事を聞いてみた

すると
私が島外に出てしまうと
私以外の島内に誰か連絡先を必要とする人がいないと
と言われた

そうなんだ・・・・

私達のように親類縁者が誰も居ないから利用したいと思っていたショートステイが
実際は使えないのだ・・・



佐渡で ずっと ずっと暮らしたいと思い続けていたのだが
やはり無理なのかな・・・・




昨夜は涼しくて
窓を少し開けて寝たら喉が痛くなり
夜中に頭の上の窓は閉めた

今朝も起きた頃は涼しかったので
大根の種を蒔こうかなと
午前中に種まき倍土と種を買いに行き
帰ってきたころには

グングンと気温が上がってきた


夫には午前中は日陰になっている家の裏側の草取りをしてもらったが
太陽が照りつける畑は危険

朝は涼しいので
明日の朝 早く起きて種まきをしようかな〜

(できるかな〜・・・)



風はあってカラッとしているから
いつもの我が家ならエアコンなんかいらないと思うのだが
熱中症は自分でも気が付かないうちに・・と
繰り返し呼びかけられているし
高齢者世帯なので
今日は点けることにした



でも
やっぱり自然の風の方が好きです


夏になると
友人やご近所から
獲ったばかりのサザエをたくさんいただく

大鍋でさっと火を通して
夫と二人で身を取り出して
我が家は肝は食べないので取り除いてから
醤油とみりんで軽く煮て保存瓶に入れておく

お酒のおつまみにも
パスタに入れても
そのまま使えるので嬉しい

昨夜はそれをサザエご飯にした

サザエをスライスして
生姜の千切りと漬け汁を入れて少し醤油とお酒を入れて炊く

C010EBDA-B82E-4A96-A37E-776C44B98359

今朝の朝食はサザエご飯の残り




ここまで書いたら玄関のチャイムが鳴った

出て見ると
3550C520-870F-47A5-A576-75A126C6A34E

50cmもある真鯛

ご近所さんから
釣ったばかりでまだ動いていた


夫に格闘してもらって
ウロコ取りと頭を落とすのは頼んで
あとは私が3枚に下ろして

今晩は
鯛めし 鯛のお刺身 あら汁と
鯛尽くしになりそう


外はじりじりと太陽が照りつけているけれど
カラッとしているので窓から入る風はひんやりして気持ちがいい

昨夜は蒸し暑さはなくて
いつもの佐渡の涼しい夜になったから
久しぶりに気持ちよく眠れた感じがする


やっぱり
佐渡がいい〜♪



昨日の豪雨
佐渡の被害が全国ニュースでも流れていた

赤泊港から少し上った上川茂地区で
道路が滑り落ちて納屋がそのまま一緒に下に落ちてしまったそうだ

農機具が入れてある納屋と蔵とのことだが
立派な住宅だと思うような家

隣接したご自宅は無事だったそうで
人的被害がなかったことに一安心でした


我が家も自宅は何事もなかったけれど
畑はどろんこで草ぼうぼう
トマトやキュウリも倒れていたりして
お昼前に長靴も履かないで作業をしたら大変なことになってしまった

ちょっと様子を見に という感覚だったので
明日は本腰を入れて作業をしなければ・・・



先日のコロナ感染者とされた方
同じ日に行われたPCR検査では陰性だったそうで
抗原検査の陽性は少々不確実のようだ

公共施設や海水浴場も本日から再開して
いつも通りの夏・・・・

というわけにはいかず

98FC02EC-B421-491A-B83E-6C77A51A340D

夫が通う介護施設からは
このようなプリントが渡された


千葉と神奈川に住む子供や孫たちが万が一来島したら
夫は2週間はデイサービスに行かれなくなってしまう

そして万が一 娘たち家族の誰かが保菌者だったら

もう考えただけでもぞっとする


夫は「来ないのなら俺達が行こう」なんて言っているけど
コロナが何なのか理解できていない夫の言うことなんて聞いてはいられない
来てもダメ 行ってもダメなのだから


今年の夏は家と畑の往復だけで
ひっそり静かにしていましょう〜






佐渡は例年は梅雨の時期でも晴れの日も多く
梅雨の末期には大雨の日もあるものの
今年のように雨の日が多いのも珍しい

昨日から出ている土砂災害警報レベル3
レベルはそのままで
先ほどスマホで危険な地域の地図を見てみたら

なんと
我が家の周辺もかかっている!

こんなことは佐渡に移住して初めてのこと

確かに時折バケツをひっくり返したような雨は降っていたけれど・・・

近くに川も山もないけれど
最近の気象は何がいつ起きるか分からない


畑も水浸しなので見に行くことも出来ず
多分 キュウリは巨大化していることでしょう・・・


でも、一昨日採ったキュウリが山のようにあり
午前中に友人に教えてもらったパリパリ漬けを

D48AA31F-9534-4CAE-BDFD-F7794FA0C12C


縦切りにしてみた
甘酸っぱい醤油味に生姜と鷹の爪のピリ辛
ビールを飲まない私でも
ビールのお供に最適と思う♬



佐渡は今夜には曇りになり
明後日からは晴れの予報になっているけれど
降り続いた雨でどこで土砂崩れが起きても不思議ではないでしょう

そして山形や秋田ではもう被害が出ている模様
暗くなる前に避難をされた方が良いのかもしれません

どうか皆さん
お気を付けください


連休前に白雲台から納品依頼をいただいたので
依頼された数には足りないけれど
本日 佐和田まで納品に出かけた

さすがに車が多くて
対向車のナンバーを見ると
足立 多摩 長野 福井

トライアスロンの時のような自転車のグループも
たくさんの人たちが山越えをしていた

いつもの夏がやってきた喜びと
島外に出ていない人が感染したのは島外から・・・という
複雑な心境

佐和田の海水浴場は閉鎖されてしまったので
泳ぐ人は誰も居なくて閑散としていた


そんなことを感じながら納品をするホテルに着いたら
受付の方から
「白雲台は閉館になてしまったのですがご連絡行ってませんでしたか?」と言われて
やっぱり・・・

施設の方々も振り回されて大変な事でしょう


街まで出たので2~3軒お店を回って
長居をしないように急いで買い物を済ませて帰宅した



感染者の方は回復に向かっていると聞き
濃厚接触者の人たちも全員陰性との事で
まずは一安心


とにかく一人一人ができることをしていきましょう〜

午前中に友人からラインが送られてきた

テレビの速報で佐渡にも感染者が出て
11時半から県が記者会見をするという内容

それによると
島内の50代の男性で直近で島外への往来はないとのこと

佐渡には総合病院に4床の隔離室とベッドがあるらしいが
どうかこれ以上の感染者が出ないように

そして罹患した男性の早いご回復を祈るばかりです



今日からGO-TOキャンペーンがはじまり
観光関連の方々も活気が戻りかけた所でしょうが
本当に憎いコロナ

島から一歩も出ないで静かに暮らしていても感染するなんて
もう対策の立てようがありません


船橋の長女が勤める介護施設でも
短期入所者の家族の方が感染者となり
娘から「ついに身近に」との話を聞いたばかりだったが

本当に 本当に
他人事ではなくなってきた気がする


出来る対策はして
あとは運命に任せるしかありません・・・。




昨日は夫がデイサービスに出かけてすぐに
真野の友人と合流して両津の友人宅に向かった

ランチは両津のお店でということだったが
友人の車に乗せてもらって走り出したら
移住前に何度も通った水津方面に行く道路が広くきれいな道路に変わっていた

それを見て声を上げたら
友人が「行ってみる?」と寄り道をしてくれることに

私達夫婦は移住するまで10年ほど
毎年 春と秋に佐渡に遊びに来ていたのだが
長い間金井方面の国道を走らず
いつも水津〜松ヶ崎〜赤泊〜小木のルートを走っていた

25年以上前の道は海岸線を走る広い道路ではなく
山側の細い道が多かったが
佐渡もどんどん便利な道が出来ていると感じる

52B9E10D-F4AE-4531-9E86-5B6564023524
3668DC13-367E-4958-8261-533D85498AF6
B794D1DA-A7FB-48C2-B49E-532947B4DFA9
EA97A7C1-BD84-4759-ABFA-9A68C2575D32


友人が「姫崎灯台に行ってみようか?」と言って走ってくれたのだが
そこまではたどり着けず
でも佐渡百選にある
津神島公園と神社を道路わきに車を停めて眺めることができた

説明を読むと縄文時代の土器が出土したなどと書かれてあり
日を改めて夫とドライブに行ってみたいと思った


昨日もデイサービスのお迎え時に
「2週間以内に島外に出かけた人や島外から訪れた人との接触はありませんか?」と聞かれ
新潟で一人の感染者が出たので
県外ではなくても島外だけでも要注意になっている

私達は島内で名所巡りができるから幸せだが
素敵な所があっても
「いらしてくださ〜い」とお声がかけられないのがもどかしい・・・


そして
その後 両津のセルフスタンドの辺りの
「よろこんで」というお店で美味しいランチをいただいて
新築したばかりの友人宅で美味しいスイーツをいただいて
夫が帰宅する時間に間に合うように車を飛ばして帰ってきた



昨日は一日畑に出なかったら
8A7CC15B-8DDC-4EC9-BCC9-421D0FFA4F17

お化けキュウリも交じって20本以上

私の数少ない友人知人は皆さん畑を作っているので
誰も貰い手がないキュウリ
毎年この時期になるとお店の前で誰でもいいから貰ってくれないかな・・・と
ひとり呟いている





昨日は友人に誘われて
宿根木に最近開店した
「あなぐち亭」でランチを楽しんだ

6E4C7793-8BE3-460A-A7CF-40DF1D4E88C3
41F5BC30-B1B0-4A86-8638-7F394E9A04D7


宿根木にある有名な北前船の船主の家だった

以前から宿根木集落に行くたびに
シンボルのような有名な三角家と清九郎
そして、ただの民家だと思っていたこのお屋敷が気になっていた

しばらく前にこの家がお食事処になったと友人から聞き
その後 新聞にも掲載されていたので
「行ってみたいな」と思っていたところにお誘いをいただいて
昨日、夫がデイサービスに行っている間に出かけてみた

0F3E9585-C41D-4726-B1ED-197847A38F23

風情ある玄関を入ると

D703B29A-547D-46EC-A959-44C717C18F4B

部屋の横にはこのような土間があり

51DCE77A-6540-49FF-9556-D5F37EAFA0AE
2038806C-E57E-4987-B165-5A7C3EFFB0A9

私達が食べたのは 天ざるそば 1200円

初めにそばを揚げて塩を塗したビールのお供が出て
手打ちそばも美味しく
天ぷらは ミニトマトがさっぱりして
トマトの天ぷらは初めて食べたけれどgood

南瓜が細長く切ってあり人参だと思って食べていたら
友人から「南瓜だよ」と言われてびっくり

これも真似したいと思った

野菜だけの精進揚げだけれど、とても美味しくいただいた


A3DE9EF2-319A-435B-941D-BA13ADBC1264

庭に面した別の部屋もあり、庭の緑を観ながらゆったりできそう

私達は予約なしだったので そばとスイーツ
(待ち時間を気にしなければパスタもできると言われたが)

もしかしたら予約すればこのお部屋なのかもしれない・・・


平日なのに次々とお客さんがやってきた

宿根木は海も集落も佐渡らしさを感じる素晴らしい場所

そこに こんなに素敵なお店が出来たのはとても嬉しいこと

コロナが収束しない中
声を大にして「来てくださ〜い」と言えない所が辛いのですが・・・


我が家の近くで私は幸せ者です








明日 7/1からレジ袋が有料になる
と 盛んに報道されているのだが

佐渡市ではとうの昔の
2007年4月からこの制度は独自で始まっている

もう13年も前から

だから島民は当たり前のようにエコバックを持参して買い物をしている

コンビニやドラッグストアは他のスーパーには遅れていたが
今ではホームセンターもコンビニもドラッグストアも
商品は当然のようにそのまま渡される

ただ男性はエコバックを持っていない人もいて
店頭にある空き段ボール箱に入れている人も多くみられるけど

女性は手提げバッグを持っている人がほとんどなので
何枚ものエコバックを持参できるのだが
男性は財布だけ持って出る人が多いので
エコバッグを持参するのは面倒なのでしょうね


私は買い物用のバッグの中に
友人が作ってくれたポリエステルの簡単に畳めるエコバッグ
不織布だけどカチッと形のあるバッグ
薄手のスカーフ一枚をいつも入れている

どれも軽いので3枚持っても重さもなく嵩張ることもない

不織布の形のあるバッグは
卵や箱のあるものを入れる

ポリエステルのエコバッグはたくさん詰め込めるので
形を気にしないものはドンドン入れられる

そしてスカーフは予備に入れているので
どんな形の物にも使えて
持っているだけで安心感がある


佐渡では大半が車移動なので
この制度が早くから導入できたのだと思う

電車と徒歩では難しいのだろうな・・・


でも
スカーフや風呂敷を1枚なら嵩張らないし持っていると便利だと思う


地球温暖化を防ぐためにも
ぜひ都会の人たちにも早く慣れていただきたいと思っています


佐渡では今日に至るまで
コロナの感染者は一人も出ていないのだが
観光施設やイベントは軒並み休止になっていた

昨日も中心街まで出かけたが
今の時期なら何台もの観光バスが走っているのに
相変わらず1台のバスともすれ違うことはなく
対向車のナンバーㇷ゚レートをチラ見していたが
県外ナンバーを見ることはなかった

私の手作りの品
両津のあいぽーとの出品はお休みをさせていただいていて
白雲台交流センターもコロナでずっと休館していたので
このところ依頼のあったマスク作り専門になっていた

商いではない趣味のマスク作りは
好きな時に好きな数だけ作ればいいので気楽で
もう商品をお店に出すというのはやめてもいいかな〜と思い始めていた

そこへ今朝
「お店をオープンすることになりましたので納品をお願いします」と
お電話をいただき
急に緊張感が

明後日までに納品してください とのことで
4月末オープンに合わせて一応商品はセットしてあったので
明日 再び街まで出かけて納品することになった


織布の在庫もなくなったので
整経をして経糸をかけて
そろそろ裂き織も始めなくては・・・


image
D50530CA-29CC-40C9-A3AC-4251FFDC1D4B

こんな庭を眺めながら
ぼ〜っとしていることに慣れてしまった私
夫に変わって畑仕事もしなくてはならないし


コロナが収束して観光客が戻ってくれるのはとても喜ばしいことなのだが
なまけ癖がついてしまった私は
なかなか元に戻りません・・・・(笑)




GW前後は 佐渡では田植えが始まる大切な時季

そして
農作業がきつくなった高齢者は
島外に出ている親族を頼るしかないのが現実

まさにこれは「不要不急」ではないのだが
それでも役所からは これも自粛するようにと通達が出た


佐渡の柿とお米はどこにも負けないと思うほど美味しい
それなのに
若い働き手がいなければ作るのは無理なのではないかしら・・・


う〜ん
本当にどうしていいのかわからない



話は変わるのだが
今日はお天気も良くなったので
夫と一緒に街まで買い物に出かけた

さすがに中心街のお店は床にしっかり間隔をあけるための印がしてあり
お店も広いのでかなりの間隔をあけて皆さん並んでいた

ところが
夫には説明してもすぐに忘れてしまい
何度も「もっと詰めろ」と私に言う

2店回って疲れてしまった

相変わらず自分で運転すると言ってごねるし
夫に刺激をと思って外に連れ出そうと思っているのだが
新しいことに対応できない夫と出かけるのは疲れる


来週の月曜日には初めてデイサービスに行けることになったのだが
3蜜を避けることを考えると辞退しようかな と思ったり
唯一の刺激を受けられる場所に行けることは大事 と思ったり

あと2日あるのだが心が揺れ動く私です





今日の佐渡は朝から
お日さまが出たり急に雨が降ってきたり
風もあって寒い

中心街まで買い物に行こうと思ってたのだが
近くの郵便局に行く用事があったので
その先のA○○ㇷ゚に寄った


先日はビニールカーテンも
床の立ち位置テープもなかったのに
今日はどちらも設置されていてビックリ

レジ前のビニールカーテンにはすぐに気が付いたのだが
私の後ろの人が距離を置いているので床を見たら
立ち位置のテープが貼られていた

マスクをした年輩でない女性だったのですぐに気が付いたのだと思う

先日は私の次のお客さん
歳は私より少し上の感じだったが
マスクもしていなくて私にぺったりとくっつくように立っていた

私はずぼらであまり気にしない人間なのだが
さすがにこの距離は・・と思ってしまったほど


小さなスーパーでは距離を置いて立つことなんて無理で
かえって混雑することにもなるので
これが良いのかどうなのか考えてしまう面もある

でも せめてマスクだけはお互いのためにしてほしいな

連日マスク作りをしている私
マスクをしていないおじいさんが多いので
「お使いになりますか?」と差し上げたいと思ってしまうけど

知らない人に言う勇気もない私です







このところ なるべく外出を控えている私は
近くのA○○プに週1〜2回行く程度

佐渡ではまだ感染者の発生がないらしいので
近くのこのお店ではマスクをしていないお客さんも多い
(高齢男性が特に多い)

レジで並ぶ時に間隔を置いて などということもなく
私も気にしたことがなかった

ところが本日
隣町のドラッグストアに行ってビックリ

ここは首都圏に本社があるチェーン店だからか
レジ前の床には並ぶ間隔のテープが貼ってあり
レジと客との間に透明フィルムが下がっていた
そしてポイントカードも自分でスキャンするようになっていた

このように都会のチェーン店があると緊張感が伝わるので
良いことだと感心した



佐渡では感染者が出ていないためか緊張感があまり高くないような気がしている

首都圏にいる子供や孫に交通費を送って
佐渡に疎開をするように伝えている人もいると聞き
感染症の病床が6床しかない総合病院が一つあるだけなのに
どうするつもりなのだろう・・

事情はそれぞれにあると思うから一概には言えないけれど
不要不急でなければ是非とも自粛して
一人一人が予防に努めていかなければと痛感している


ついに日本全国に緊急事態宣言が出された

これにより ホッとする人困惑する人
いろいろな立場の人がいるのだから当然

米国では経済対策のために近く措置を緩和するというニュースも伝わってくるが
特効薬がない以上、緩和したらまた感染が拡大されるのではないかと
誰しも不安に思うところ


全ての人に免疫力がついて特効薬も出てくることを期待するしかないのが
もどかしい


そんなことを思いながら

昨日は友人にワラビをいただいたので
DC164BBF-14E7-4F8D-A2C4-B2C11AA397BD

我が家が大好きな漬物にした

ポリ袋に人参 生姜 塩昆布を入れて
めんつゆを入れてギュッと口を閉めて1時間ほど置くだけ

今の時季にしか食べられないので嬉しい

C6540D73-026A-44EE-AA8A-DBEDFA2B2D7D

畑に作っているつまみ菜

いつもはお浸しにしているのだが
煮卵と玉ねぎスライスを入れてマヨネーズで和えた

今日のお昼はこれをピザのトッピングにしてみた
サンドイッチに入れてもいいし
何にでも使えて便利

5900508F-9620-45AD-8494-6FFCF5F9B7F0


今朝から夫を脅迫して(笑)
畑の草刈りをしてもらっている

途中で夫が
「これ手で刈ってくれ」と言うので見ると
アサツキが雑草の山の中にニョキニョキと生えているので
根は抜かないで手刈りをしてきた

孫がネギは嫌いなのだがアサツキは好きなので送ってやりたいのだが
葱科は臭いし日持ちしないのでダメ
我が家でせっせと食べることにしましょう

ぬたにしてもいいし
卵とじにしてもいいし・・・


デッキの先には行者ニンニク アマドコロ ヤブカンゾウ
(一応 みんな食べられます)

野の恵みに感謝です



4750954D-35DF-4AE6-9A45-C46C2E52A9CD


佐渡市から通達が出された

これまでにも島内者の島外への不要不急の往来自粛要請はあったのだが
ついに島外者に対する

不要不急の帰省、来島 の自粛要請が出た


もし万が一来島しても2週間の外出は自粛 
来島された方と同居する人は健康観察にくれぐれも留意して と


沖縄の石垣島で感染者が出たと聞いた時に身震いした

離島で感染者が出るのは本当に恐ろしいことなのだから

我が家でもテレワークになって時間を持て余している能天気な婿が
「GWに佐渡に行こう〜」と言って
娘から「バカじゃないの!」と怒られたらしい

次女の方も
休校になった子供たちとテレワークになった婿が
狭いマンションでダラダラして
一日中ご飯の支度ばかりしている というのを聞くと
「疎開させてやりたいな」と思う気持ちはあるけれど

とにかく今は各々が ステイホーム なのだ


観光業の人
高齢の親の介護に島外から通う人には
この通達は大変なことだと思う

にっくきコロナ

一人一人が真剣に受け止めて
真面目な日本人の底力を世界中の人に誇れるように
力を合わせましょう〜







↑このページのトップヘ