佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

訪問客

友人から
「遊びに行ってもいい?」とLINEが来て
月曜日なら夫がデイに行っているので、と

昨日
久しぶりに我が家で
お昼前から夫が帰ってくる少し前まで
たっぷりとおしゃべりをした

65190E77-4AF8-4C21-8D32-555674FEF658

一応、正面を避けて座って(笑)


佐渡では感染者が出ていないので
やはり皆 余り神経質にはなっていない

お店など不特定多数の人がいる所では
マスクをして長居をしないように気をつけているけど
親しい友人だと気の緩みが出ている

気をつけなければと思うけど
電話ではなく面と向かって話をするのは
夫と二人きりの生活から解放されて楽しかった〜


image

玄関にも庭の紫陽花を飾ったりして
訪問客があると適度な緊張感も生まれて
気持ちがシャキッとするから
やっぱりいいです。



昨日は お昼過ぎから霙のような雨と強風

そんな中

横浜からお客様が

横浜在住で 佐和田にもお家があり 車も両津に駐車してあるので

時々 来島される

移住間もない頃 ブログにコメントを下さった奥様とお知り合いになり

我が家の長女と同じ歳

お子さんは 長女の娘と誕生日が同じ と

何かと不思議にご縁があって

いつの間にか 長いお付き合いになった


5年前に いつものように我が家に来てくださるとご連絡があった際

「3人で伺います」 と言われ

??? ・・・ と びっくり

昨日も 「極秘出産でした」 と彼女が笑って話してくれたが

娘と同じ歳ということもあり

聞いたときは 本当に驚いて

我が事のように嬉しくて 「きゃ〜!」と 叫んでしまった


生まれて2ヶ月ほどで勇敢にも佐渡にこられて

大丈夫かしらと心配したが

2ヶ月で しっかりした利発そうな美人さんで

これまた ビックリ


そして 今年は もう5歳

早生れなので 来年は小学生


食が細いことを ご両親は心配していたが

あとは 私が見ても 素敵に成長していて

将来が楽しみな感じ


IMG_2257


夫は ずっと ”遊んでもらって” いた(笑)

まるで 我が家の孫みたい



昨日は 午後から お客さまが


私達夫婦は イベントや集会のような所に出かけることがあまり好きでないので

移住して 間もなく15年目に入るのに 

「友達の輪」 は あまり広がっていない

でも 積極的にこちらから出かけていくことはなくても

我が家に来ていただくことは 大歓迎


昨日も ちょっとしたきっかけからお知り合いになったお二人

でも お目にかかるのは初めてで

時間通りに 車でいらしたお二人

電話で 何度かお話した方が どちらの方なのかも わからなくて

とりあえず ご挨拶


共通の友人が来てくれるはずだったのに

午前中にじゃがいもの植え付けをしたら 疲れてしまって行けない と

直前に電話があったので

バタバタしながら 家に入っていただいたが


話が始まったら もう ずっと前からのお友達みたいに 

とっても素敵な 楽しい方たちで

おしゃべりが止まらない 止まらない


まだまだ ずっとお話していたかったけれど

さすがに 夕方になってしまったのでお別れした


夫は 畑に行ったり 山菜採りに行ったりして

ずっと外にいたらしく

昨日は 前日より寒かったので 家に入ったら「頭が痛い」 と

2階で昼寝でもしていればいいのに・・・と思ったのだが

「狭い家の中で いびきが聞こえたら困るだろ」なんて


夫は 自分の友人知人はいないと思っていて 

我が家を訪れる人は 私の友人知人ばかり だと

「俺には関係ないから」 と すぐに逃げ出そうとする

少しでも 夫が知っている人の時は 

何とかして 引き止めておくのだが・・・・


お知り合いが増えて 夫も喜んでくれているのだが

「俺は関係ない」 と 言われると・・・・


昨日は 夕方に 横浜からのお客様


横浜在住で 佐渡にもお家がある ご夫妻と

「4歳なの〜」 と言う かわいい女の子


お能が好きで何度も佐渡に遊びにこられているという

横浜のママ友さんを小木の港まで送っての帰りに

我が家に寄ってくださった


佐渡のお家は 佐和田なので 

帰りの時間を考えると あまりゆっくりもできないでしょうから と

夕食は箱弁当にして と 準備をしていたら

思いの外 早く到着されて
(メールを下さっていたのに 見落として・・・)


バタバタと 仕上げて 食べながら おしゃべり


赤ちゃんの時から見ているお嬢ちゃん

どんどん大きくなって 可愛くなって

あっという間に 時間が過ぎて

「また 来年ね」 と バイバイと 可愛い手を振ってくれて




そして 今日

昨日のNちゃんの 可愛い笑顔を思い出しながら・・・・

あれっ  ?

そういえば・・・・・


お弁当箱が 何か寂しいと思っていたら

「煮物は時間をおいたほうが味がしみるから」 と

冷蔵庫に入れておいた 一品

すっかり忘れていたことに 一晩経ってから 気がついた 


夫は

「仕方がないよ 70過ぎてるから」 と


はあ・・・

とほほな 私でした〜

先日の弟たちとの飲み会

弟のお友達は山形の方なのだが 佐渡大好きさん

年に何度も釣りで来島されているそうだ

私たち夫婦より ずっと佐渡を知り尽くしていらして ビックリ


そして 釣りは


真鯛 ヒラマサの磯釣りが主

夫の好きな鯵なんか釣れたら すぐにリリース 

25cm以下の鯵は 豆アジ と


ジョークを飛ばし合う場に慣れない夫は

言われるたびに ムキになって アジやカマス スミイカ と

自分の好きな釣りの話で返そうとするので

ひとまわり以上年下の彼に笑い者にされて


お酒が入っているので イジリは止まるところを知らず 

それでも 翌日 夫は

「楽しかったな」 と



そして 先ほど 弟から荷物が届いて

BlogPaint


素敵なお菓子とともに

名刺が何枚も

「佐渡 マメ鯵協会」「会長」 と

夫の名前と住所 電話番号が入っている

マメ鯵のイラストがブリほど大きいので笑ってしまう


いい歳をして いつまでもふざけたことばかりしている弟

本人は楽しそうだけれど・・・



夫は 他人に何を言われようと我が道を行く人

先日 近くの釣具屋さんが閉店することになり 9割引で何本か釣竿を買ったので

アジ カマス スミイカ の 到来を ひたすら待っている

どんな竿を買っても

釣るのは マメアジ・・・・ ・・・

ブログからお知り合いになった横浜在住のご夫婦

奥様は我が家の長女と同じ歳で

お子さんも 長女の上の女の子と同じ誕生日

(年齢差は14歳も違うが)

何かとご縁があり 親しくなった


佐渡にも お家と ご両親のお墓があるので

年に何度も佐渡に来られる


このシルバーウイークも3泊で来られて

明日 横浜に帰られるという


それならば 我が家でお昼を食べましょう と

お昼少し前に 4ヶ月ぶりに我が家へ


我が家は娘たちも孫も 一人を除いて 全員女の子

おもちゃも女の子向けが多く 私達も女の子と接する方が慣れている

2歳半になって ちょっとはにかみ屋さんになって 短い時間では抱っこはさせてもらえなかったが

我が家の孫のよう



DSC02156

かにご飯

DSC02153

豆腐の白和え


他にも何点か作ったが 撮影を忘れた・・・


DSC02158

かぼちゃのスープは 牛乳と生クリームを同量くらいにした

とっても濃厚


DSC02160

デザートは

義姉が送ってくれた いちじくの甘露煮

生クリームを添えて



15時過ぎまでおしゃべりをして

Nちゃんが お気に入りの可愛いリュックを自分で背負って

帰る気満々になり

お開きとなった


それまで小さな声で囁くように話していたNちゃん

急に声が大きくなり 「ばいば〜い」 と


大人はおしゃべりに夢中で ごめんなさい

今度は我が家の孫が来ている時に一緒に遊べたらいいね と

次回を楽しみにして お別れした


明日は関越道 混んでいるだろうな〜

我が家の娘と同様 いろいろ心配になる

仙台から 懐かしい友人が ご夫婦で 佐渡を訪ねて下さった


25年ほど前 夫の転勤で仙台在住の頃

私は 某ビールメーカーのMLとして 働いていた

彼女は 私より少し若いけれど MLの1期に採用された 大先輩

私は3期だったので いつも後ろから憧れの眼差しで見ていた


仙台を離れてからも 時々 お手紙で交流は続いていたけれども・・・


震災のあと とってもお辛い思いをされることがあり

どのように お声をかけて良いものか

私自身 思い悩む日々が 続いていた


でも  少しずつ 乗り越えられていく様子が 彼女のブログから感じられるようになり

この度 ご夫妻で 佐渡に遊びに来ていただけることになった


(ご主人様から彼女へのプレゼントだったみたい・・・



細やかな気遣いをされるご夫婦なので

私たちに負担がかからないように と

バスの市内観光のコースを申し込まれていて

私たちがご案内したのは 小木の周辺だけ

DSC01935

蓮華峰寺は アジサイが満開で

DSC01936
DSC01937

蓮の花も 見事に



彼女は 「晴れ女」 とのことで

本当に 両津港に着いたら 雨は上がり

翌日は 快晴

夕陽が水平線に沈むのも 何とか 見られて

昨日も 彼女が佐渡を離れたら 曇ってきた

凄い〜!!



DSC01946

カラーコーディネーターのお仕事をされているので

抜群のファッションセンス


宅配便で 蒲鉾やずんだ餅のお土産を先に送って下さっているのに

またまた このようなプレゼントを


スカーフの結び方の講師もしていらっしゃるので

素敵なスカーフと ガラスの爪磨き 保湿クリーム

どれも 相変わらず 素敵〜 


ご主人様も 初めてお目にかかったのだが 物静かで素敵な紳士で

夫も とても楽しかったらしい


ご夫妻の お辛い気持ちは 計り知れないけれども

お二人共 お元気で楽しそうにしていらっしゃるのに

少し 安心した


遠い佐渡までお出かけくださって

ありがとう〜

昨日の朝

移住のお仲間のご主人からお電話が

「ブログを見ているというお知り合いから お宅の電話番号を聞かれたが教えても良いか」 と

お話を伺ったら 私も何となく想像できる方のようなので

「喜んで」と お答えをした


そして お昼頃 お電話が

「お伺いしてもよろしいですか?」 と


佐渡ご出身の 夫より1歳年上の男性

今年のお正月に 私のブログに初コメントを入れて下さり

私も お目にかかりたいと思っていた方


ほどなくして

ホンダの軽の銀色のオープンカーで 颯爽といらして びっくり

夫とは違い とってもオシャレな 万年青年のような方


現在は新潟市内にお住まいのようだが

佐渡に2軒もお家を残していらっしゃるので

管理のために 頻繁に帰って来られている と


立派な空家の管理に 皆さん 苦労されているみたい

私達のように 新しく家を建てて移住してくる Iターンの人は 珍しいそうだ・・・


短い時間だったが 楽しくお話が出来て ラッキ〜♪



最初にお電話を頂いた移住のお仲間も

やはり 私のブログからのお知り合いだった


ブログを始めてから10年以上が過ぎて

このブログからお知り合いになって

実際にお目にかかったり 交流が続いている方が 何人もいらっしゃる


私達は二人共 他人とのお付き合いは得手な方ではなく

どちらかというと 一人でいる方が好きなのだが

訪ねてくださる方は 大歓迎


これからも こんな自然体で

心地よく暮らせたら いいな〜♪

昨日は 素敵なお客様が

横浜在住で 佐渡にお家をお持ちの ご夫妻


数年前に 「裂き織に興味がある」 と ブログにコメントを入れてくださった 長女と同じ歳の奥様

佐渡に帰られる度に 時々 遊びに来てくださるようになり

彼女の ふんわりとしたお人柄が大好きで 娘みたいに


ずっとご夫妻で暮らしていらしたのだが

昨年の春頃

突然 「遊びに行きたいけれど もう一人います」 とのことで

ようやく目が見えるようになったばかりの赤ちゃんを連れて 訪ねてくださった


それから1年と数ヶ月が過ぎて

昨日は 留守番していた夫のところに遊びに来てくださり 孫のおもちゃで遊んだり

「抱っこしても泣かなかったよ」 と 夫

その後 ランチを食べに お店にも来て下さり

バタバタと走り回っていた私は ゆっくりお話する暇もなかったけれど

女の子らしく成長した可愛い姿を見ることができて 嬉しかった


横浜 本牧の美味しい最中

DSC01361

お土産にいただいて


我が家の「一番下の孫」 と 呼んで

成長を楽しみにしている

お盆で 佐渡の若い人たちも お仕事お休みの人が ほとんど


今朝は嬉しい訪問客が

DSC01281

袋いっぱいの ところてんを


ブログのお仲間の 若い男性

毎年 お母様の手作りをいただく


海で天草を採り 乾燥させて ゴミを落として 煮詰めて 冷し固める

エゴ草から イゴネリを作る大変さを経験しているので

心のこもった 貴重なお品に 感激


夫は大好物なので 大喜び

お酢にむせながら 1本箸で食べるのが 夫流



昨日は ご近所からたくさんの野菜をいただいて

嬉しい毎日です

一昨日 金曜日の夜は 我が家でホームパーティ

というか いわゆる 飲み会 を

アルバイト先(今は辞めたが)の店長夫妻と移住のお仲間夫妻で


以前から 「いつ 呼んでくれるの?」なんて言われていたけれど

店長は料理のプロなので ・・・・


でも 「エイッ」 と気合を入れて お招きすることに


料理の写真は すっかり撮影するのを忘れてしまった が

夕方6時から 気がつけば11時を過ぎて

飲んで 笑って 楽しい時間を


デザートは

DSC00940

水切りヨーグルトに りんごのコンポートを乗せて

オレンジ色は 人参

人参を千切りにして柔らかく煮て 水切りしてから スキムミルク ブランデー 砂糖を加えてFPに

これだけで食べても 優しいお味で 美味しいので 私は大好き


DSC00935

お土産には 私の大好きな じゃがりこ いろいろも 頂いて

うれしい〜


「次回は 小木の花火大会 ね」 と言われて

店長は お店から生ビールのサーバーを持って来てくださる と

夫は 大喜び


果たして・・・・?

7月1日より2泊3日で 夫の元上司が東京より来島された

佐渡の海の幸 山菜 畑で採れた食材の食事で たっぷりおしゃべり

2日目は島巡りに

我が家の周辺の宿根木集落 沢崎灯台 矢島経島は 夫がご案内し

その後は私も同乗して金山に

途中 別名アジサイ寺とも呼ばれる 蓮華峰寺へ
DSC00441_サイズ変更
DSC00450_サイズ変更

佐渡が都の鬼門に当たるとして弘法大師が開祖したといわれる古刹

このお寺はいつ訪れても静寂に包まれて とても心が落ち着く

DSC00447_サイズ変更
DSC00449_サイズ変更

アジサイは見ごろを迎えて とてもきれいだったが 

蓮華の名に相応しく 蓮の花も見事



夫とお客様は金山へ

私は何度も見ているので車の中で待機

DSC00452_サイズ変更

「道遊の割戸」は いつ見ても圧巻

金を求めて削り取っていくと 山がこんな形になってしまうのだから・・・・



その後は 版画村で 版画を鑑賞し

幾万年も日本海の荒波に浸食されて生まれた断崖を見に 尖閣湾で遊覧船に乗る
DSC00465_サイズ変更

岩と岩を縫うように船が進み 海中散歩が楽しめる
DSC00469_サイズ変更

映画「君の名は」の撮影場所になった 「真知子橋」も


相川側からドンデン山に抜けようと走り始めたら 工事で通行止めに

止むを得ず戻って 大佐渡スカイラインから下に

両津の潟上温泉で湯に浸かり 食事をして 帰宅


佐渡も広いので ゆっくり巡るのには なかなか時間が足りないが 充実した一日だった

ブログがご縁で親しくなって 我が家を訪ねてくださる方が何人かいらっしゃる

このGW中 お一人は仙台から

残念ながらお立ち寄りいただくことは出来ず 大好きな支倉焼きのお菓子だけいただくことになってしまったが・・・


そして もう お一人は

横浜在住で 佐渡にもお家を持っていらっしゃる お若いご夫婦


5年ほど前から 年に一度はお会いして 我が家でランチをしながら おしゃべりを楽しんでいたのだが

2年ほど お会いしていなかった


奥様が裂織りに興味を持たれたのが ご縁

彼女は我が家の長女と同じ歳(学年は彼女の方が上だが)で 私達は娘のように思っていた

お子さんがいらっしゃらないこともあって 自由に気軽に いろいろと楽しんでいらしたような気がしていた

しばらくご連絡がなかったので 夫と 「どうしているかしらね」 と話していた所

一昨日 突然 「佐渡に来ているので お会いしたいのですが」 とメールが

大喜びで「お待ちしています」と返信したら

再び 電話があり

「実は もう一人 連れて行きます」 と


なんと

今年の3月 2ヶ月前に 赤ちゃんが生まれていたのだって 


そして 昨日 赤ちゃんと ご対面

「高齢出産なので 無事に生まれるまで 誰にも連絡できなかった」 と

そんな心配は微塵もなく とっても元気で 可愛い 女の子

まだ2ヶ月なのに もう寝返りをするくらい元気


ご主人が買い物やお食事作りまで協力していて 

お母さんの方も 元気そうで 安心


お誕生日が 我が家の初孫と同じで それもビックリ

夫の腕に抱かれてすやすやと眠るNちゃんに 夫もご満悦で

我が家に もう一人孫が出来たようで 本当に嬉しい



7月にまた 訪ねてくださるとの事

成長が 楽しみ〜 

佐渡に転勤 を機に 移住をしたい というお話を 時々耳にする

そのような方々が 私の拙いブログを覗いてくださって コメントをいただくことも


昨日も そのようななお客様が 我が家を訪ねてくださった

私達のような定年退職者ではなく まだまだお若いご夫婦

佐渡にとっては 大歓迎の方だから ぜひ 佐渡を気に入っていただきたい

いつものように 私達の気ままな ありのまま の日常を お話しすることに

DSC00180_サイズ変更
DSC00182 (1)_サイズ変更


りんごのカトルカールを焼いて コーヒーを飲みながら

家計簿を開いて 生活費の全てを お見せして

佐渡の暮らしの 気に入っていること そうでないこと いろいろとお話して

あっという間に 時間は過ぎてしまった


いつものように 寡黙な夫の横で 一人しゃべり・・・・・


       こうして 移住のお仲間が増えていくと いいな〜

夫が数ヶ月間 受講していた講座

検定試験の合格通知を頂いた段階でgive upしてしまったが

頑張ってその後の授業も受け続けて 見事全過程を終了した人達の終了式が昨日行われた

そして 本日

東京から遠隔で講義をしてくださった先生と受講仲間のお一人が 我が家を訪ねてくださった


リタイアしてから もう4ヶ月が過ぎ すっかり 「他所の人」 に なってしまっているのだが

そのお仲間の一人は 受講期間中に出産をして4人のお子さんを育てながら

資格を得て バリバリと仕事をこなし 成績もダントツらしい

時々 かつてのお仲間と一緒に我が家を訪ねてくださり ランチを楽しみながら おしゃべりに花が咲く


夫は 「修了式でなく 閉講式なら出たかったな」 と

勉強はgive upしたけれど お仲間との交流は楽しかったみたい


東京の先生も 新潟県内で また同じようなプログラムが企画されているようで

その折には佐渡まで足を伸ばして下さるとか


楽しくお話をしながら 畑で採れた野菜や 夫が釣った鯵の料理で

こんな時間が 大好き〜

昨日は我が家にお客様が

しばらく前から このブログにコメントを下さるようになっていた方

定年退職後は田舎暮らしをしたい と 日本全国探して 

海も山もある 佐渡 に 決められたようだ

9月20日に退職されて 10月3日には移住をされた という 行動力のある方

直前まで上海勤務をしていらしたという

我が家も3月末退職 4月20日に移住したので早いと思っていたが・・・・。


とりあえずは賃貸で ゆっくり佐渡の生活を味わって

仙台にご自宅があるので 永住するかどうかは時間をかけて検討しよう とか。



各地のイベントに出かけたり 釣り場を探したり

精力的に楽しんでいらっしゃるご様子

釣り情報など 逆に教えていただいて 本日は早速 午後から 私も夫と共に釣りに出掛けることになってしまった


年金生活者でIターン という 同じ立場のご夫婦なので話が弾み

ご自宅が仙台なので 私達が第二の故郷と思っているほど好きな仙台の話もいっぱい出来て

はじめてお目にかかった気がしないような 楽しい時を


いつものように畑でとれた野菜と鯵料理ばかりだが お昼ごはんを食べながら16時近くまで

おしゃべりは尽きることなく続いた



これから 佐渡は厳しい季節がやってくる

決して楽しいことばかりではないと思うけれど

厳しさの後には かならず喜びがあるもの


プラスもマイナスも受け入れて 佐渡に住んでくださるお仲間が増えると いいな〜

昨日の嵐が過ぎては顔を出してくれているけれど

急に寒くなった

風も吹いてるので 外に出ると体感温度はかなり低く感じる

でも こんな日の我が家の室内はとても暖か

特にリビングは東と 南には二つ窓があり 日差しがたっぷり入って

更に 太陽熱が床下に送られてからスノコを通して室内に上がってくる

外から帰って家の中に入ると ふわっとした温かさに いつも とても幸せな気持ちになる♪



一昨日 夫の(夏までの)勉強仲間が 我が家にいらした

「いろいろあって 癒されたいからお邪魔しても良いですか?」とメールが

私達夫婦は 我が家に来たいと言ってくださるお客様は大歓迎


彼女が我が家に来られるのは これで4度目

前回までは臨月のお腹を抱えて

今回は 3ヶ月になる赤ちゃんを連れて

お仲間と二人で来てくださった


いつもお昼少し前にいらして ランチをしながら3時半頃まで わいわいおしゃべりを楽しむ

彼女はまだ30歳になったばかりだが4人のお子さんのママ

もう一人の方も 我が家の長女と同い年

ついつい親の心境になったり 友達感覚になったり

いつも楽しく あっという間に時が過ぎる


彼女が我が家のことを 「癒しの空間」 と 

これ以上の褒め言葉はない と 思うほど 私の心を温かくしてくれる

貴女のその言葉に私も癒されます〜


家にあるもの いい加減なお食事だけれど

温かいランチになって 楽しかった

昨日は また 夫の受講生のお仲間が 我が家に

今回で我が家へは3回目となる 臨月の彼女

もう一人は 

彼女が 「イケメンドライバーと行きます」とメールをしてきたので 誰かな? と 思っていたのだが・・

夫が以前から 「イケメンで足の長いヤツは嫌いだ」と言っていた お仲間の一人

お昼を少し過ぎて来られ 玄関で初めてご挨拶をして なるほど・・・

身長は 187cm とのこと

本当にイケメンで 足も長い

5年生と1年生の男の子のお父さんで 一人で子育てを楽しんでいらっしゃる

夫も「外見は気に入らないが 本当にいいやつだ」と 以前から言っていた

外も中も カッコいい


いつものように彼女のお子さんの保育園のお迎えの時間まで

家にある 有り合わせで作ったお昼を食べながら 

たっぷり おしゃべりを楽しんだ


帰り際 夫が 「ご飯 持って行きますか?」 と 聞くと

「いいんですか〜?」と

残り物を パックに詰めて


お仕事もして 勉強もして 家事 子育ても

楽しんでいらっしゃるとはいえ とても大変なことだと思う

頑張っている人には 応援したくなる


いつでも 遊びに来てくれるといいね と 夫と話している


昨日 思いついて作った 豆腐ドーナツ

画像 399_サイズ変更

とうふ 150g
薄力粉 150g
さとう 30g
B.P 小1.5
卵 1こ
牛乳 大2

これを 180℃ 15分 オーブンで焼く

油で揚げないので ヘルシーで もちもち感もあり 私のお気に入り

甘み控えめなマフィンみたい

冷めたら 縦半分に切り込みを入れて スライスチーズをはさみ レンジで温め

メープルシロップをかけると これまた good 



私のアルバイト先のお友達も

夫の受講生仲間も

いつも二人の共通の話題になっているので お友達も共有

遊びに来てくださると 本当に楽しい


「居心地がいいから・・・」と 言って来てくださるのが 何よりも 私達を心地よくさせてくれる

先日に引き続き 昨日は また 夫の受講生のお仲間が 我が家に来てくださった

今回は外国人のご主人と 昨年10月に生まれた赤ちゃんも一緒に


お話をいろいろと伺って 「運命」 をいくつも感じた

東京外大を出られたお仲間の彼女は ボランティアで外国に

その国で出会われたご主人と結婚をして 生活をしていらしたのだが

10数年ぶりで日本に帰っていらしたのが 東日本大震災当日

成田空港に降り立ったその時だった


彼女のご実家は福島で 帰国当日から避難生活が始まった

そして 避難所を回るうちに 佐渡の手厚い助成制度を聞き

避難生活を佐渡で送ることに


そして 昨年生まれた赤ちゃんの妊娠を自覚したのが飛行機に乗る直前の空港で とか

その赤ちゃんを佐渡で産む際のビックリ話も


佐渡は授産施設が佐渡病院のみ

そのため 本格的に陣痛が始まってから来るように言われるらしい

彼女も今回は4人目で良くわかってはいるものの

単なる腹痛なのか陣痛なのか 判りかねていたそうだ

病院に電話をしたら「間に合わなければ救急車を呼んで」と言われ

当時はまだ車がなかったのでタクシー、と思ったけれど

佐渡のタクシーは 24時間営業 は していない

仕方なく「もうだめ」と思って119番したら

お産で救急車を呼ぶな と言われたらしい

事情を話しているうちに痛みで気が遠くなってきて

ようやく救急車が来てくれた時には もう頭が出てしまって

結局 自宅の廊下で出産したそうだ


我が家に案内してくださった もう一人のお仲間の彼女も 4人目の出産を来月に控えている

病院で「こういう人がいるので油断しないように」と話があったが身近な人だった と 大笑い


彼女も青春時代を外国で暮らした方で

日本語しか話せない私達は聞き役に徹しようと思ったけれど

外国人のご主人は ところどころ奥さんに通訳してもらいながら ランチをはさんで4時間ほど

楽しい話 ビックリする話 いっぱいおしゃべりをした


外国人のご主人が佐渡をすっかり気に入られて 定住したい と言っていらっしゃるのにもびっくり

土地を探していらっしゃるような話も


運命って わからない・・・・。

昨日 とても嬉しいことが

友人から 「娘の誕生日なので生寿司(佐渡では握りのことをそう呼ぶらしい)を作るから手伝ってくれない?」とメールが来た

「わかった 伺います」と返信したら 直ぐに電話があり

「材料を全部持って行くし お宅の分もあるから夕食の支度はしなくて良いから お宅の台所を使わせて」と

「我が家は 全然かまわないけれど どうして?・・・・」

彼女の返事は

おしゃべりがしたいこと

我が家の居心地が良いこと

と、答えてくれた

私達夫婦は出不精だが 我が家に来たい と言ってくださる方は大歓迎

夕方 寿司飯からネタまで 一抱え持って来てくれた彼女

画像 320_サイズ変更
画像 317_サイズ変更

あっという間に手際よく 我が家の分まで作ってくれて

私が手伝ったのは ご飯にわさびを乗せて ネタを被せただけ

作業をしながら台所で立ったまま

1時間弱 彼女の話を聞いて

お茶も飲まないで 慌しく帰って行った

たくさんの食材も残して・・・。


料理上手な彼女には教わることがいっぱい
 
その彼女が 居心地が良いから と

度々 訊ねてくれるのは 本当に私達も 嬉しい〜 ♪ 


いつまでも そう思ってくれると いいな〜

何となく梅雨空の佐渡

昨日 お昼ごろ 我が家にお客様が


夫が遠隔授業を受けている インターネット検定の講師が金曜日から来島され

東京からの出張で 佐渡は初めて とのこと

土曜日は 島内の講師の授業の後 参加者全員で立食パーティーが行われた


以前から講師に 「先生 家庭訪問はしないんですか?」と 授業の前の一言コメントで訴えていた夫

30代(くらい・・)のお若い女性の講師だが どの年代の生徒からも慕われている すてきな先生

「ほんとに良いんですか〜?」と言われながら 夫の強引な誘いに

昨日は 受講生のお仲間とお二人で我が家へ

そのお仲間も 3人のお子さんがいらして 来月には4人目をご出産という お若い女性

私はお二人とも初対面なのだが 夫から逐一報告を受けているので 前からのお知り合いのような気がして

それは それは 楽しい おしゃべりに

お二人とも血液型がB型で 私の大好きなタイプ

涙が出るほど笑い転げて


山菜 畑の野菜 地元の手作り豆腐 夫が採ったワカメなど

自給自足に近い いつもの我が家の食事でお昼を

画像_サイズ変更

デザートは おからケーキと おからクッキー

おからは 豆腐と共に いただく物

一緒にいらしたお仲間の方も 昨年12月に九州から佐渡に来られたばかりの方

島外からのお客さまには 佐渡の食材の豊かさを知っていただく献立をいつも考える

お金をかけなくても 楽しい暮らしが出来るということを 知っていただきたい と


最終のジェットに乗るためには 午後4時には小木を出なくては

とっても楽しくて まだまだ おしゃべりしていたかったけれど・・・。



夫から 「それにしても よくしゃべるな〜」 と笑われてしまい ちょっぴり反省

「初対面なのに よく それだけ話せるな〜」と

夫が いつも 話してくれているので とても 初対面の感じがしなかったんだもの・・・


夫は検定試験に合格することより 新しいお仲間が出来たことが とても楽しいみたい

私も それが 何より嬉しい〜

昨日は前日の疲れで少し体調を崩し、一日 まったりと。

9時少し前に生ごみの収集車が来るので、慌ててごみ出しをしたり・・・

だらだらと過ごしていたら 夕方 前日のライブのKazueさんとご主人

そして、なんと キーボード奏者の野田ユカさんもご一緒に

我が家を訪ねてくださった。


ユカさんは NHKおかあさんといっしょ でピアノ演奏をしていらしたことがある

その後も活躍を続けていらして、Kazueさんのライブにはなくてはならない方

どんなジャンルでも即興で演奏され、最高のムードを作り上げてくださるので Kazueさんが全幅の信頼を置いているのが 良く分かる

何度もライブに伺って、雲の上の人で近づけないように思っていた


ところが、昨日

以前からブログを見ていて下さったとかで、会いたいと言ってくださり、Kazueさんご夫妻とともに我が家へ


突然のことでお夕食のお誘いは出来なかったが、楽しくお話が出来て 感激

次回はぜひ 我が家で「飲み会」を、とお約束をした。


ユカさんは 今朝のジェットフォイルで東京に戻られ、夜は都内で次のライブ

パワフルで素敵なユカさん

再会が楽しみです〜

昨日、島内のブログのお仲間 ロボ侍さんより お家で手作りされた ところてんと

畑で丹精込めて作られた立派な西瓜をいただいた。

画像 053_サイズ変更
ところてん

画像 051_サイズ変更
西瓜

毎年ECの時に出店をされて この美味しいところてんを販売されている

お母様が海で天草を採って すべて手作りされている

以前にもいただいたことがあり、その美味しさにビックリ

今年はECのお店に買いに行こうと思っていたところ、一昨日お電話が

「ところてんと西瓜をお届けしようと思いますがご都合は?」と

4時には仕事先から帰ると思うので、とお返事をしたのだが

お盆休みのためお店は大盛況で大変なことに

帰宅したら彼はもう玄関の前に立っていらした。


冷たいところてんを突き出して 酢と醤油をかけて刻み海苔をかけて食べるのが大好き

暑くて食欲のない時でも(食欲がないことは余りないのだが・・・)

さっぱりとして 元気が出る。


西瓜も とっても甘くて 夫も大満足

夏のお味を楽しませていただいている。


ちょうど同じ日に やはりブログのお仲間の鼓童ファンの仙台の方からもメールをいただいた

ECの前日に一緒にお食事をしませんか? と

お二人とも私よりずっとお若い男性の方々


出逢いの少ない私なのだが ブログでこのようなお仲間が出来るなんて

                        幸せです〜

心配していた雨には一度も降られることもなく、昨夜 無事に島に帰り着いた。

しかし、暑さには閉口

東京駅で新幹線の乗り換えのために下車したら 熱風が

名古屋でも母の病院に向かう途中でぐったり

名古屋の人は「今日はまだ過ごしやすい方」と言うのに・・・・。


京都での法要は「黒谷さん」と呼ばれる 金戒光明寺

緑に囲まれた静かなこちらは さすがに扇風機が回るだけでも気持ちは落ち着く

けれど、蒸し暑さは やはり実感


法要のあとは平安神宮脇の「六盛」へ

画像 161_サイズ変更
画像 162_サイズ変更
画像 163_サイズ変更


BlogPaint

義妹を偲んで でも 賑やかに京懐石のお料理をいただく

口数の少ない優しい彼女が 変わらずに同じ席に居るような・・・

画像 170_サイズ変更
画像 172_サイズ変更
画像 173_サイズ変更
画像 174_サイズ変更
じゅんさいは網のスプーンでいただく

外国の方はお箸で上手く食べられないからかしら

画像 175_サイズ変更
このお店の名物 手おけ弁当

画像 176_サイズ変更
焼きはもごはん

画像 177_サイズ変更
スイカの皮が見事に〜


その後は、大阪から娘と一緒に来ていた婿と孫と 平安神宮で合流

京都が大好きな娘夫婦に案内されて三条駅の目の前にある鴨川沿いのスタバに
画像 193_サイズ変更

画像 189_サイズ変更
こちらは川床でお茶が飲める京都ならではのお店

その後川原に下りて孫はパパと川に入って大喜び画像 194_サイズ変更


夕暮れ迫る川でたっぷりと遊んだあとは

京都の夏の風物詩 川床を体験

鴨川に張り出した川床席で京都の夏のお料理のはもをいただく

画像 198_サイズ変更
画像 199_サイズ変更
画像 200_サイズ変更
画像 202_サイズ変更
画像 204_サイズ変更


娘達は貴船の川床を楽しみにしていたのだが どこも予約でいっぱいだったとか

川にお膳を浮かべてお水に足を浸しながらお料理をいただくなんて

京都の人の 風流を楽しむ心意気に感心する

と、同時に娘夫婦の人生の楽しみ方にも

婿が「ボーナスが入りましたから」と

お言葉に甘えて すっかりごちそうになってしまった。

「ばーば おうちに泊まっていって」と言ってくれる孫と京都で別れ

新幹線に飛び乗って名古屋のホテルに帰りついたのは10時近くになっていた。

昨日の朝は一番の特急で長野〜直江津経由で帰途に

娘が「朝起きられた?」と心配してメールをくれたが

昨日の夕方、無事に我が家の戻ることが出来た。

楽しい時を過ごせたけれど、やっぱり佐渡の自宅が一番〜

昨日は横浜からのお客様

佐渡に家を残していらっしゃるので 月に一度は帰って来られる。

私のブログを訪問してくださってお知り合いになった方で、長女と同じ歳

娘のように思っている。

この時期は広いお庭の草刈に

ご主人様はお仕事なので奥様お一人での草払いは大変。

でも、佐渡は高原のように涼しいとか

昨日は少し蒸し暑いと思ったのだが、彼女は涼しげな様子

私は明日から島を出るので、都会の暑さが想像できず不安になる



我が家でランチを一緒に、とお誘いして

BlogPaint

家にあるもので おまかせランチ

油揚げにソラマメとジャガイモを入れて揚げた おあげさんコロッケ

今年はジャガイモの出来が悪いので先日スーパーで買ったもの。

我が家は毎年キタアカリを作っているのだが、買った新じゃがは まるで味が違って がっかり。

旨味がなくて、ただのジャガイモの味だけ

お客様に出したのは失敗だった・・・


画像 156_サイズ変更
焼き南蛮えびの魚醤
画像 157_サイズ変更
和風だけれどリトアニアの布巾

あるものランチなのに、すてきなお土産をいただいて


玄関は
画像 160_サイズ変更
画像 159_サイズ変更


涼しげ〜


の〜んびりと話す 優しい彼女

夕方までたっぷり、楽しい時を過ごさせていただいた。

ありがとう〜

昨日いらしたお客様から すてきなお土産をいただいた。

画像 002_サイズ変更


度々 我が家に来られているが、いつもお仕事がらみでプライベートのお話をしたことがなく、お酒がお好きかどうかも知らなかった。

昨日 「僕の好きな芋です・・」と 玄関でスリッパを履きながら手渡されて びっくり

「芋?・・」「焼き芋かな・・・」などと一瞬思った私

とんでもない

夫の大好きな 本格芋焼酎だった。

私はまったくの下戸なので味は確かめようがないのだが、ラベルが素敵

「五臓六腑にしみわたる」・・・

夫の喜ぶ顔が目に浮かぶ


夫は「貴兄が来られるまで封印しておきます、是非一緒に飲みましょう〜」と お礼のメールを送っていたが、それまで我慢できるのかしら?(笑)

先日の東京からのお客様

ネスパスの相談員の方から、素敵な贈り物が届いた。

贈り物クリスマスバージョン






大好きなヨックモックの、クリスマスバージョン。

包みを開いて大感激


クリスマスは私にとって一年で一番好きな行事。

12月に入るとすぐに私のBGMはカーペンターズのクリスマスソングに。

可愛らしいサンタクロースやトナカイの絵柄の缶を眺めているだけでも、心が和む。


1ヶ月早いけれど、心はすっかりクリスマス

カーペンターズにも登場していただこう〜

先週は来客続きの一週間だった。

13日は佐渡移住体験ツアーのお客様

佐渡市の担当者お二人とツアーの5名


14日は新潟日報の取材

記者さんがお一人かと思っていたら奥様とお子様もご一緒

佐渡に赴任していらしたので奥様も「懐かしい佐渡に行きたい〜」と同行されたとか

「外で遊ばせておきますので」と言われたが 1歳半の可愛いお嬢ちゃん

孫のおもちゃやぬいぐるみで楽しくお遊び

夫のことを おじいちゃんと勘違いしたのかしら、と思うほど懐いてくれて可愛かった

本取材は又 後ほど、と帰られたが、楽しかった


19日は表参道にある新潟ネスパスの相談員と新潟県と佐渡市の担当者の方

ネスパスの相談員の女性は先日の早稲田の回帰フェアでお会いした方だった

昨年と今年、2回ともご一緒していたので、玄関でご挨拶した時に「あら〜つ」とビックリ

いつも新潟県のブースにいらしたので、県庁から来られたとばかり思っていたのだ

東京在住の方で、ネスパスで新潟の市町村の相談を受けるのに当たって各自治体のことを勉強しておきたい、と 今回 佐渡市に来られたのだそうだ

歯切れが良く とても気持ちの良い方で、同性としても憧れるタイプ

帰りの船の時間が迫るので1時間ほどしかお話が出来ずに心残り

いつか又 お会いできたらいいな〜、とお別れをした


そして、昨日20日は移住のお仲間と夕食会

お米と柿の収穫も無事に終わり、収穫祭と慰労会を

移住して初めての米作り、柿作り

夏の猛暑にも頑張って、見事に無農薬天日干しの美味しいお米が出来、柿も全て出荷を終えた

私達は結局 夫が2日間稲刈りのお手伝いをしただけだったが、ご夫婦の頑張りと幅広い人脈で 達成することが出来たのだ

おめでとう〜



そんなわけで、お客様が続いたので今日はだら〜っとして一日が終わってしまった。


お客様が来られると

掃除が出来る
家の中が片付く
気合を入れてお菓子や料理を作る

普段だら〜、としている私には、時々気合を入れる機会がとても大切

他人と話す機会が少ない私には刺激も大切


有意義な一週間だった

暑い〜

各地に痛ましい被害を残して 一気に梅雨明けとなった

土曜日は団地の草刈(草払い→くさはりと佐渡では言う)

午前7時半から10時までで汗びっしょり

午後は夫婦でダウン

そして昨日は横浜からのお客様

佐渡にお家を置いて横浜にお住まいの、長女と同じ歳の奥様とご主人

ブログからのご縁で、我が家にお越しいただくのも3回目

奥様は私たち夫婦が好きな韓流ドラマのお姫様に似ている

今年のお彼岸には両津の佐渡汽船乗り場前のお店で待ち合わせをして、ランチをご馳走になってしまった

今回は蓮華峰寺にアジサイを見に来られるというので、我が家でお昼をご一緒にと お誘いした

12時ちょうどに来られて楽しくおしゃべり

食事の途中で さりげなく出されたお品


食べるラー油






食べるラー油

ワーッ、欲しかったの〜

横浜の中華街の美味しいお店の品らしい

「食べられるラー油」とある

早速テーブルに並んでいた揚げナスに人参 しょうが 大葉の千切りを乗せて甘酢醤油をかけた一品に塗してみた

美味しい〜

コールスローにも合う

「冷奴やチャーハンにもいけますよ」とご主人

辛いの大好きな私たちは嵌りそう


6時頃までおしゃべりが弾み、次回は蕎麦打ち大会にしよう、と約束をしてお開きとなった

写真を撮るのを忘れてしまったが 畑で採れた野菜中心のお惣菜で楽しいひと時が過ごせて よかった〜。



冷やしうどん






そして、今日のお昼は冷やしうどん

冷凍の讃岐うどんに食べるラー油を

とっても美味しくて半分ほど食べてから慌ててカメラを向けた


昨日 お土産にいただいたフロマージュも初めてのお味

濃厚なチーズケーキで、都会からのお若いお客様には教えられることが多い

syugeikomono






手芸小物もいただいたのだが こちらも可愛くてセンスが素敵

次回、お目にかかるのが今から楽しみ〜

昨夜は我が家で 夫の快気祝い。

隣町に住む移住のお仲間には 寒ブリをいただいたり 沢山のDVDをお借りしたり

他にもお世話になってばかり。

夫も事故から10日が過ぎ、8割方 回復した感じなので お食事会をすることにした。

お食事会







シクラメンエコフラワー






快気祝いは 我が家がお礼をするはずなのに、真っ白なシクラメンをいただいてしまった。

「エコフラワー」とある。

機能性植物

★シックハウスの有害物質の吸収力が高い

★弱い光で光合成が長期活発、有害物質を分解

★閉め切った部屋の大気の浄化力が大

花に そのような効果があるとは びっくり


赤いリボンが掛かって 素敵にラッピングされていたけれど、渋い我が家風に 麻布に変身させてしまった。

折角 素敵にしていただいたのに ごめんなさい


家にあるもので作るお惣菜ばかりなのに いつも喜んでくださって こちらの方が申し訳なく思ってしまう。

楽しい飲み会は午前0時に終了し、下戸の私がご自宅までお送りして お別れした。


次回は いつ?

楽しいお仲間とのお喋りは夫も嬉しそう〜

↑このページのトップヘ