佐渡 移住日記

定年退職を機に夫婦で佐渡が島に移住。 夫は畑と釣り 私は裂き織りをはじめて楽しんでいましたが 夫に変化が...。

OMソーラー

まだ3月なのに

各地で夏日のところがあるようだ

佐渡も 昨日は我が家でも窓を開けて風を入れた


OMソーラーの制御盤

IMG_2122

これは16時過ぎなので 棟温度は56℃になっているが

14時頃は80℃になっていた

室温は 窓を開けなければ24℃

棟温度が高ければ 冬は暖房 夏はお湯採りに使う

春と秋は 冬モード 夏モードを切り替えて

今頃の春先には 冬モードで暖気も取り入れながら お湯採りもする

そして 夏になってきたら 夏モードに切り替えて

屋根裏の熱い空気は お湯だけ採って あとは外に排出して室温を下げる


IMG_2125

外気温 湯温 室温はレバーを切り替えると 表示される

これは 外気温

20℃になっている

右の23℃は 寝室の温度

寝室にもセンサーがあるので


IMG_2124


こちらが湯温

47℃まで上がっている

夏場は ほぼこの状態なので

我が家では4月〜10月までは 灯油の予算をとっていない

ガスは使用せず 煮炊きはIHなので


でも

3月にこの状態は珍しい

本当に 日本も四季がなくなって 

冬の次は夏 夏の次は冬・・・

そんな「地球」になっていくのが 怖い・・・・。



朝から晴れ

IMG_2036


空気は冷たいけれど おひさま燦々と降り注いで

部屋の中は暖房いらず


昨日もお客さまが 「なに このあったかさは?」 って

太陽が降り注いでくれれば 冬の佐渡でも暖房が不要な我が家

家全体が ほわっとした暖かさに包まれるOMソーラーのこの家は

船橋の家より 数段 暖かくて気持ちがいい


こんな穏やかな日が続くといいのにな〜・・・



佐渡も日に日に秋が深まってくる

夕方から明け方には 「寒い」 と 感じることも

我が家のOMソーラーは 夏冬モードに切り替えるようになっている

明け方 寒さを感じたので 冬モードに切り替えて また一眠りした


朝食を終えて 家事を済ませてから 美容院に出かけ 昼前に家に帰ってきたら

家の中が暑いくらいになっていて ビックリ

なので しっかり太陽熱を取り込んだらしい

少し窓を開けたら 心地よい感じに


お湯も50℃になって 入浴には十分

夜になると 床下から じんわり暖気が上がってくるので 温もりが


暖房がなくても室温は25℃


こんな家が 大好き〜


関東甲信に続いて 北陸地方も 18日に梅雨明けをした

(新潟は 北陸地方 なのね・・・)

今日から夏休みに入り 外は強い日差し

佐渡も市街地は アスファルトの照り返しで 暑い

車も窓を閉めてエアコンをつけなければ 暑くて走れない


そんな中 午前中 街まで出かけて 昼過ぎに戻り 家に入ったら

     「涼しい〜」

8時前に家を締め切って出かけたのだが

OMソーラーの我が家は 夜の冷気を取り込んで床下に入れているので 

締め切っているとその冷気が部屋に充満して 外より気温がかなり低くなるらしい

床も ひんやりして 気持ちが良い


東と南にあるデッキには遮光を

画像 408_サイズ変更
画像 412_サイズ変更


お隣から教えていただいた遮光ネット

我が家では椎茸のホダ木にかぶせて使っているが

窓の日よけにもなるのだ

東側には よしずを

勝手口の前にも 遮光ネットを張った

画像 414_サイズ変更

パソコン前の窓は キウイの棚で日よけに

庭の木々 遮光ネット よしず で かなり日差しが遮られている


佐渡は湿度が高くなくて 夜になると海風が涼しいので 夜は窓を開けて寝ると寒いくらい


今夏もエアコンなしで 過ごせるかな〜・・・

佐渡も梅雨に入っているのだが 今日も 

移住する前は 梅雨といえば じめじめ 蒸し暑い 不快

そんなイメージしか なかった

佐渡では 梅雨 という感じを あまり意識したことがない

清々しい初夏 と感じる日のほうが 多い


OMソーラーの我が家は まだ冬モードのまま

太陽の暖気は床下に送り 窓を開けていると 爽やかな風が通り抜けて 気持ちがいい

夜間は気温差が10℃近くにもなるが 終日室内は25℃くらいでカラッとしている

 が出ているので お湯採りもバッチリ

50℃以上になるので お風呂も 給湯も OK

4月から11月まで 灯油代が不要になるのは 本当に嬉しい

画像 300_サイズ変更
画像 301_サイズ変更

玄関だけはOMソーラーを入れていないので 暖気が入らず 更に涼しい

いつものように 庭のうつぼ草とヘクソカズラと茅

シランは花の時季が そろそろ終わりそう

緑の葉だけでも 涼しげで 好き

夕方 夫が釣ってきた鯵の刺身の下に いつも敷いている

画像 307_サイズ変更
画像 304_サイズ変更

畑も 玉ねぎ ニンニク ジャガイモが 間もなく収穫の時期を迎える

畑からは穏やかな海が一望

もともと家を建てるために買った土地

我が家から20メートルほど所なので 小屋を建てて ぼ〜っと海を眺めていたいな

とも 思ったのだが

先立つものがなくて 断念


椅子とテーブルとパラソルがあるので

夫が畑仕事の時 お茶を運んで 時々 座り込んで 海を眺めている

足元には ピー子が来て 雑草を啄ばんで・・・・

梅雨空が戻り 風もあるので外気温は23℃

肌寒くて窓を閉めている

昨日の参院選、私たちは不在者投票を済ませてしまったので冷ややかに結果を見ていた

そんな涼しい夜、お風呂に入ろうと電源を入れようとしたら いくら押しても反応がない

室内のリモコンと浴室のリモコン、どちらも 全く反応なし

取説を読んでも思い当たる節はなく、家を建ててもらった工務店に電話をした

「ブレーカーは落ちていませんか?」「停電は?」と聞かれたが、その気配はない

工務店もわからないので「明日、業者に連絡をとります」ということで、電話を切った


いくら涼しいとはいえ 夫は畑仕事で汗をかいているし シャワーも使えないのは困る

OMソーラーでお湯は52℃になっているのに・・・


従来の太陽熱温水器と違い 屋根で温められたお湯がそのままダイレクトに使えるのではない

給湯器が作動して、はじめて使用できるのだ


朝になって明るい所で給湯器の電源を一度抜いて 入れ直してみた


なんと

電源が入った〜 


パソコンもブルーレイもそうだった

今の電気製品は まずは リセット してみることね


工務店は「佐渡は塩害があるので取替えの時期かも」と言われたが

「建築7年目で そんなに簡単に壊れるわけない」と 夫


またひとつ、勉強になりました

今日も

OMソーラー湯温外気温






我が家は6年前 家を建てた時にOMソーラーを導入した

冬は太陽熱で床暖房をし、床暖房をしながらお湯採りも出来る

夏は屋根裏の熱い空気を室外に排気しながら その熱い空気でお湯を作る

今日は棟温度が76℃ お湯は57℃になっている

外気温は33℃(センサーの取り付け位置に午前中太陽が当たっていたから)
室温は28℃

でも、室内はカラッとしていて 東西南北に風が吹き抜けるので 体感温度はもっと低く感じる

夜は涼しいので窓を閉めているが、真夏になっても夜の涼しい外気を床下に取り込んで床下に送るので、寝苦しい夜はひと夏に数えるほど

エアコンがなくても6年を過ごしてきた

今年の夏はわからないけれど 今のところは毎日心地よい

佐渡の過ごしやすさを OMソーラーが更に快適にしてくれている♪

のかんぞう






佐渡は涼しい、爽やか。

でも、皆さん そう感じてるのかな・・・。



我が家は OMソーラーハウス。

冬は太陽熱で暖気を取り込み

夏は 夜間の冷気を床下に送り 冷気が床下から上がってくる仕組み。

そして、室内には自然換気の器具が何箇所も取り付けられている。

暑い真夏でも 外から家の中に入ると ひんやり感じる。


周囲を海に囲まれているので 佐渡は(本土の新潟より)冬暖かく 夏涼しい。

それだけでも暮らしやすいのだが、我が家は 一段と心地よいのかも・・・。


今日も、予報は終日  なのに、朝から 

家の中は 爽やかで 気持ちがいい〜♪

昨日も今日も 

冬のこの時期、日本海側はマークが多いので、お日様が出ると本当に嬉しい。

我が家は太陽熱を利用するOMソーラーの家。

太陽熱で床暖房をしているので、昨日も朝30分ほど補助暖房を点けたが午前9時頃から午後10時半に就寝するまで、一切暖房なしで室温は22℃〜18℃あった。

夜半の外気温は2℃だったのに、ベットに入っても汗をかくほど。

一階は玄関を除いて全てこの床暖房が入っているので、夜中にトイレに起きても、湯上りの洗面所も寒くない。

冬でも棟温度が70℃になるとお湯採りもする。

集熱面で温められた空気を床下に送る時に「お湯採りコイル」で熱交換する事によってお湯が作られるのだ。

床暖房をしながらお湯も太陽熱で作られるのは、本当に有り難い。

家が大好きなので、家の中で音楽を聴きながら機織をしたり 本を読んだり 書き物をしたりしているのが至福の時。

以前はこんなに出不精じゃなかったのに・・・と、思っていたが、家の居心地が良いからかな〜。

運動不足にならないように、家事を頑張ろう

今日は昨日より更に暖かい。

風もそれほどでもなく、お日様は 

自転車で海岸まで下りて上ったら、汗びっしょりになった。

家の中はOMソーラーのお陰で22℃。

お湯採りもしてしまった。

棟温が45℃になったのでお湯採りをstopして暖採りだけに切り替えたが、湯温は22℃。

2時間ほどで10℃上がった。

これだけでも真水からボイラーを焚いて沸かすよりは省エネになる。

暖気も床下に蓄熱されるので、明日の朝までは暖房不要で室温20℃が維持できる。
ティータイム






この心地よい部屋の中でのティータイムも至福の時。

干し柿が美味しく出来上がった。

スライスするとねっとり甘い。

これに柚子を絞って掛けたり、皮を刻んで挟んだりして食べるのが私流。

コーヒーにもハーブティーにも、勿論緑茶にもgood。

夫は お仲間と海へ出掛けた。

一人で新聞を読みながらのティータイムは 楽しい〜♪。

今日は久し振りにお日様が眩しくて目が覚めた。

この所ずっと雨や霰の日が続いたが、太陽が眩しいのは本当に気持ちがいい。

体も心も温かくしてくれる。

佐渡に来るまで、太平洋側での暮らししか経験がないので余計に強く感じる。

夫も釣りに行きたくてうずうずしていたので「行きませんか〜」と お仲間から電話が掛かってきたら飛ぶようにして出掛けて行った。

このように太陽が出てくれると我が家のOMソーラーが回りだす。

今年の我が家の1年間の光熱費を調べてみた。

我が家はガスを使用していないので、熱源は電気と灯油のみ。

調理は電気のIH。
給湯、追い炊き、暖房を灯油で賄っている。

電気は年間で4,619kwh(385kwh/月)
灯油は   525.27ℓ(43.77ℓ/月)   という結果が出た。

寒冷地なのにこの数字は、春から秋まではOMソーラーが給湯の灯油代を助けてくれているから。

夏は夜間が涼しいので、その冷気を取り込むシステムのお陰でクーラーがなくても過ごせている。

電気代は月平均にすると8,969円。
灯油代は       4,335円。

灯油は現在1,854円/18ℓ(配達してもらうと2,000円以上)なので、これ以上値上がりしないように祈るばかり。

こうしてみると光熱費は千葉に居た頃より逆に かなり減っている。

今日も新潟県では佐渡だけがマークが出ている。

が いっぱい出てくれないかな〜。

我が家は太陽熱を利用したOMソーラー

日中は暑いくらいだが、夜になると窓を閉め切っていても肌寒さを感じるようになってきた。

夏の間は屋根裏に溜まった熱い空気をダクトで室外に排気して、夜の涼しい空気は床下に送られるようになっていたが、今日は冬モードに切り替えた。

太陽熱で温められた空気は床下に送られるようになる。
この時期は十分な熱が採れるので、お湯採りも同時に行っている。

床下に溜まった暖気は、夜になるとじんわりと感じられるようになるので、今晩からはテレビを観る時も温かくなる〜、と楽しみにしている。

明け方まで大雨洪水注意報が出ていたが、9時ごろにはすっかり上がり、日中は真夏のような日差しになった。
でも、OMソーラーの我が家では、クーラーがなくても家の中がひんやりしていて、心地よい。

屋根の熱い空気は『屋根排気』に自動的に切り替わり、排出してくれる。
同時に『お湯採り』もしてくれるので、太陽熱だけで何度でもシャワーを浴びる事が出来るので、汗を洗い流すと、窓を吹き抜ける風が涼風に変わってくれているのが、とても気持ちがいい。

クガイソウ

庭のクガイソウも涼しげ。



ギボウシの花

ギボウシの花も。

佐渡は風が強いので、築3年目にして外壁の塗装が剥がれてきた。
塗り替え
北西の風が強く当たるので、真南に振って家を建てている我が家は、東と南側は傷みは少ないのだが、北西部分はひどい状態。
艶のある外壁は嫌いなのだが、北西部分だけは撥水性のあるペンキ塗料を使い、他の部分は腐食を防ぐためにつや消し塗料を塗ってもらっている。
私が次女の所に出かけている間、夫は10時と3時のおやつを出すのに、大変苦労した、と、ぼやいていた。
釣りにも行かず、ずっと接待していた、と。
ポットに氷とお茶を入れて、適当にお菓子を置いて出かければ良いのに、真面目な夫にはそれが出来ないらしい。
ご苦労様でした。
明日で作業は終了の予定。
家の中は塗料の臭いが充満しているが窓を開けるともっと凄くなり、エアコンのない我が家はさすがに蒸し暑い。

私の体調は元に戻り、次女が仕事を休んで東京駅まで送ってくれたので新幹線で新潟まで来て、ジェットフォイルで無事両津港に着いた。
夫が忙しい中、一時間かけて迎えに来てくれたので、18時には家に着く事が出来て、今回の旅は終了した。

次女が茅ヶ崎のマンションを購入するので、完成は2月なのだが契約する前にオプションで設置する物、設計変更を依頼する物を考えておきたいようで、skypeをフル活用して色々聞いてきた。
我が家の台所はこんな感じ。
台所

台所







全てがオープンで扉は一つもない。
コストダウンと、オープンにしておけば否が応でも少しは整頓しておかないといけない、という、私のずぼらな性格対策でもある。

「数字の書いてあるBOXは何?」と聞かれるが、ギフト用の缶ビールの空き箱に古いカレンダーを貼り付け、紙紐で取っ手を付けた物。
引き出しのように取り出して使う。
左から、.薀奪廚筌曠ぅ詁れ肉や魚の空トレイ(ご近所にお裾分けする時に重宝)い魯ラトリー入れ。
電子レンジの下に棚が3段あり、鍋類、他が並んでいる。
IHの下は醤油やサラダオイル、シンク下は分別ゴミ、足が悪いのでじゃが芋の皮むきをする時などに使う脚立兼用の椅子、などが収められている。
洗面所

洗面台は理科室にあるみたいなもの。
大きいのでシャンプーも楽々出来るし、大物の手洗いも出来るので、佐渡に来てからまだ一度もクリーニングを利用した事がない。
棚は夫の手作り。


次女のマンションは『デザイナーズマンション』で素敵だけど、この年になると余り綺麗なのも少し落ち着かない。
今の私には、節穴だらけの木目のこの家が落ち着く・・・。

私は「心地よい」という言葉が何より好き。

庭も部屋も、落ち着いた静かな佇まい、が心地よい。
そして、何より私を心地よくさせてくれるのが、OMソーラーの我が家。

四季の変化に合わせ、自然の力をうまく利用しながら、室内環境を快適に保つ仕組みをパッシブシステムというそうだ。
OMソーラーの建築もその通り。

冬は太陽熱を床下に送って部屋を暖め、夏は放射冷却により冷やされた屋根面を通過した空気が室内に入り込み、涼しくしてくれる。
そして、春から秋までの晴れた日にはたっぷりとお湯も採れる。
我が家では熱源はIHクッキングヒーターだけで、給湯と追い炊き、冬場の補助暖房に灯油を使っているが、4月から11月までは、灯油を購入しないで済んでいる。

ストーブやエアコンを使ったような「しっかり」感はないけれど、
「ふ〜んわり」とした感じが、とても心地よい。

梅雨時のジメジメ感もなく、冬場の結露も無関係。

いろいろな心地よさが、私を楽しい気分にさせてくれる。

我が家はOMソーラーの家。太陽光を利用して暖房とお湯採りをしている。そのOMソーラーの会員の会「ひまわり会」のHPに我が家のエネルギーのデーターが掲載された。我が家はIHクッキングヒーターを使用しているので熱源は電気と灯油のみ。昨年1年間のエネルギー使用状況とCO2削減状況がグラフに表されている。CO2排出量が全国平均と比べてどれ位削減されているか杉の木にたとえると85本だそうだ。冬は陽だまりの暖かさ 夏は扇風機だけであとは自然の風で涼を採る そんな快適な暮らしが出来て地球の温暖化防止にも役立っているなんて 嬉しくなる。10年程前にはOMソーラーの事は全く知らなかったのだが友人二人が続けてこの家を建て快適さに驚いた。佐渡に移住したら絶対に私も「OMソーラー」と決め 思い通りの家が出来て本当に毎日が楽しい。

9925373c.JPGOMソーラーハウスの我が家は棟温が60℃にもなり 2月なのにお湯採りを開始する。
室温も22℃まで上がり お湯は31℃になった。
今日は朝から就寝まで 太陽光だけで十分の温かさ。
お湯も少しの追い炊きで済む。
寒くてもいいから毎日お日様が出てくれれば良いのに
日本海側ではそれは望めない。

陽だまりの中 又 携帯ケースとストラップを作った。
一昨日 郵便局でATMが使えなかったので窓口で手続きをお願いしたら 夫のお気に入りの窓口嬢が「このあいだは****」とわかめを下さった。
***は何を言っているのか分からなかったがとても恥ずかしそうな様子で 夫が彼女のファンだということが何処からか伝わったのかしら?
貯金したなら分かるけど 下ろしたのに 「えっ」と思ったけど
帰って夫に話したら大喜びで「何かお礼を」 という事で 作ったのだ。
気に入って下されば良いけど・・・・。

夕方はまだ暖かかったので久しぶりに お隣から頂いた自転車で家の周りをぐるぐると10周ほど走った。 

OMソーラーの我が家は晴天になれば外気温5℃でも室温は23℃。
設定は「冬モード」だが棟温が今日は58℃にもなっているので
お湯採りも開始する。
家中暖かく、台所、洗面所、お風呂のお湯も賄ってくれる、お日様!
ありがとう♪
早くこんな毎日が続く本格的な春にならないかな〜。
豪雪地域では雪崩が心配だが、我が家周辺ではその心配もないし
明日は蕗のとうを探しに行こうかな?

夫は昨日は大型のサヨリが126匹釣れたのに、今日は20匹。
「お天気も良いし泳いでるのが見えているのに、潮の加減かなー」と
今日の釣りは午前で終わりらしい。
釣り道具を洗って温泉に行く準備をしている。
(OMでお湯が採れているので勿体ないと思うのだが・・・。)

↑このページのトップヘ