2016年08月28日

「CRYSTAL PASSION 2016 ー情熱の結晶ー」近鉄アート館公演

「CRYSTAL PASSION 2016 ー情熱の結晶ー」近鉄アート館公演、初日16:00公演を見てきました。続きを読む

chidori527 at 00:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!OSK全般 | 新OSK

2016年08月08日

新橋演舞場 ミュージカル「狸御殿」

東京に出張したついでに、新橋演舞場で上演されている宮本亜門演出の「狸御殿」を見てきました。
6続きを読む

2016年08月07日

第50回西部技団紳士服技術ゼミナールinりそな銀行…の展示…を見てきました。

第50回西部技団紳士服技術ゼミナールinりそな銀行…の展示…に行って参りました。
続きを読む

chidori527 at 20:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!新OSK | 舞台設備

2016年08月03日

OSK 「夏のおどり」勝手に前夜祭報告 名倉加代子作品を解明せよ

新橋公演からもう1ヶ月ですか・・・。いやもう、実は4月からこの方、嵐のような日々でして、新橋公演後などは特に鳴門海峡の渦潮にぐるぐる巻き込まれて浮き沈みをするという1ヶ月でございました。ふー。今回も何とか切り抜けたぞ。ということで、新橋公演の帰りの道すがら書いてあった下書きを、やっとアップします。




4/23に大阪、7/1に東京で開催した勝手に前夜祭で取り上げたテーマのひとつが「名倉加代子作品を解明せよ!」でした。続きを読む

chidori527 at 04:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!新OSK | OSK全般

2016年07月04日

OSK 「夏のおどり」新橋演舞場公演 千秋楽

OSK新橋演舞場公演「夏のおどり」千秋楽を見てきました。

本編、特に変わったアドリブなどはありませんでした。いつものことをいつもながらに誠実に演じる。でも、初日からは確実に場の空気にも空間にも慣れて、それが馴れやダレになるのではなく、より一層の密度の濃さになっていったような気がします。それもこの劇団にとってはいつものことですが。

カーテンコールのことを書き留めておきます。記憶違いも多々あると思います。全体の印象程度に受け止めてください。

アンコール(「桜咲く国」の前の定番)は、拍手がなりやみませんでした。いつまでも続くような勢いでしたが、しばらく感激して聞いていた高世(麻央)さんが、手を水平にして、止めました。「暖かい拍手を本当にありがとうございます。いつまでもこうやって(うっとりと)聞いていたいのですが(笑)、(止めて)すみません。私たちはこの新橋演舞場でみなさんにお会いできることを楽しみにしていたのですが、それ以上に嬉しい公演でした。」「また皆様とお会いできますよう、前に向かって歩んで参ります。」というようなご挨拶だったと思います。

アンコールが終わって、拍手は自然になりやみました。客席に熱気はあるものの何だかこれ以上のアンコールは悪いような上品な遠慮のようなものがあったかんじでした。今考えれば場内の明かりがなかなか点かなかったのだから、われわれ常連ファンが先導してアンコール拍手をするべきでした。そこがアウェイたるところ。空気読めなくてごめんなさい。客席の明かりがついたのですが、先ほどのなりやまなかった拍手を受けてか、緞帳が再び開くと客席から「うわあ」というような歓声がわいて、拍手が巻き起こりました。帰っている人はほとんどおらず、ふと後ろを振り返ると二階席のほとんどの方々がスタンディングをされているのが目に入り、ならば一階席も、と立ち上がる人が表れ、スタンディングとなりました。

拍手が続き、楊(琳)さんが隣の折原(有佐)さんを見てびっくりされていて、「泣いているんですか?」というゼスチャーをされると、折原さんが頷いてました。桐生(麻耶)さんの目もうるんでいたように思います(…汗だったらごめんなさい)。あとの方を観察する余裕はなかったけど、もっと泣いている人もいたかもしれません。そして高世さんは、先ほどのやんわりと「またこの新橋演舞場で公演したい」ととれる表現だったものをさらにストレートに、「また必ずここに戻ってきます!」という言い方にして宣言していました。

この3日間、特にジャストダンスのあとは拍手が後ろから響いてくるようでした。常連のファン席ではないところから大きな拍手が沸いてくる感覚です。

東京の大劇場でOSKのレビュー公演が定期的にできるようになれば、そして今回スケジュールが合わなかったたくさんのレビューファンの方々にも見ていただけるようになればいいなと切望します。


chidori527 at 22:06|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip!OSK全般 | 新OSK

OSK「夏のおどり」新橋演舞場公演トークイベント

OSK「夏のおどり」新橋演舞場公演中日。続きを読む

chidori527 at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!OSK全般 | 新OSK

2016年07月03日

OSK「夏のおどり」新橋演舞場公演初日

OSK「夏のおどり」新橋演舞場公演初日 に行って参りました。続きを読む

chidori527 at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!OSK全般 | 新OSK

2016年07月02日

夏のおどり2016勝手に前夜祭無事終了しました

夏のおどり2016勝手に前夜祭、無事終了しました。

今回の大阪前夜祭からの変更点は

・ねーちゃんの追悼として、存続運動を懸命にやっていたねーちゃんがきっと感涙したにちがいない2004年の、(再結成後の)初めての「春のおどり」のオープニングを冒頭に持ってきました。

・狸御殿特集、自立する娘役特集、フィナーレの考察は割愛しました。

・「ラインダンス特集」、「名倉加代子を解明せよ」はほぼ大阪でやった通り(2009年春のおどりの「Run&Latin」は時間の関係でカット)。

・松竹座を見て公演の全容がわかっているので、「夏のおどり」の内容にかかわることを新設しました。
☆1959年のSKD「東京踊り」記録映画より屋台崩し。
☆1979年の「愛のメモリアル」から春のおどりの「チェックメイト」に似ているシーン。
☆「ジャストダンス」に似たコンセプトのもの三種。
1)1980年代半ばから何度か演じられていたSKD 「Sing Sing Sing 」。
2)1991年タカラヅカ「ザ・フラッシュ」より「ダンシング・オン・ベニー・グッドマン」。
3)1995年OSK あやめ池秋季公演「ラブ・スクランブル」から「光と影」。

初日前の慌ただしいとき、23名のかたに来ていただきました。本当にありがとうございました。

chidori527 at 10:53|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!

2016年06月21日

1980年あやめ池秋のおどり「すいれんの旅」

21唐突ですが、1980年のあやめ池秋のおどり シルクロードファンタジー「すいれんの旅」の映像を見た感想を書いてみます。
(写真は公演プログラムのカラーコピー 表紙は「飛鳥の男」役の嵯峨みさ緒))

続きを読む