2007年04月27日

お願い!

ここに来て下さっているいにしえ探検に興味のある方々にお願いがあります。

【4/28追記あり】



新歌舞伎座が上本町の近鉄劇場跡に移転するということを先日ニュースで知りました(ちなみに新歌舞伎座はもともとOSKの運営会社、千土地興行、のちの日本ドリーム観光が経営していたそうです。それがどうしたということでもありませんが)。

近鉄劇場の跡地は、通るたびに「ここ、どうなるんだろ」「寝かせておくぐらいなら劇場として使ったらいいのに」「あっ、そうしたら世界館に機材譲れなかったよなー」などと思っていたのですが、そう、あそこです。あそこに新歌舞伎座を含むビルを建設するんだとか。

それはなかなか楽しみなことではあるのです。縁があろうがなかろうが、新しい劇場の建設というのはワクワクします。だけど、不安が一つ。近鉄劇場の地下にはいまでも「近鉄資料室」があるのです。ここは建前上会員制ですが、入り口で住所、氏名を書けば一般人でも入館でき、近鉄関係の資料が閲覧できます。OSKの資料はあまりありませんが、蔵書として昔のパンフレットなどを数多く所有している、ということを、とある学者さんから聞いています。

近鉄劇場を閉鎖する際、この資料室も閉鎖しよう、という声があったと(これはファン仲間からの情報で、しっかりと裏が取れているわけではありませんが)も聞いています。

新しい劇場も、ビルも、どんどん建てて活用することには大賛成だけど、どさくさにまぎれてこの「近鉄資料館」が閉館されたり、一般閲覧が出来なくなったりするのはとても困ります。閲覧できるOSK関連資料はあまりない、とはいいつつ、あやめ池と近鉄劇場公演のパンフは1977年から、劇団員名鑑FACEは1985年度版からそろっています。

そこでお願いですが、もしご賛同いただけたならば、近鉄まで意見、要望という形で声を届けていただけませんか。メールでも、郵送でも電話でもいいと思いますが・・・。

できたら大谷図書館のように閉架式でいいから蔵書を閲覧できるようになったり、コピーがとれるようになったらいいなと思いますが、まずは存続、維持していただかないと。

「近鉄資料室の存続についてどのようにお考えですか。是非維持していただきたいのですが。」と今朝メールを出しましたが当然まだお返事はいただいていませんので、会社としてどういう方針なのかはわかりません。もしも「残す」とすでに決まっていても、「重要な施設である」という声を届けることは設備や蔵書、人材の充実に、無駄にはならないと思います。たとえ足を運んだことがなくても、いつかは訪れるかもしれませんし、存在として貴重だと訴えることはできる思います。

どうかよろしくお願いします。

【4/28追記】

記事をアップした後につらつら考えたのですが、ポイントは「存続」よりも「一般公開堅持(もしくは今以上に進展させる)」かもしれません。歌劇団と違って蔵書は他の施設でも管理できます。廃棄さえしなければ、むしろ閲覧できて、なおかつ大切にしてくれる施設があり、そこへ移譲したというのが明示されれば、近鉄資料室そのものの存続にはこだわらなくてもよいのかもしれません。

ただ、とにかく、存在そのものも知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らない、存在を知っていても一般閲覧できることは知らない、一般閲覧できることまで知っていても「未公開の蔵書ではOSK関連資料が充実している(多分日本随一)」なんてことは知られていないでしょうから、まずは「知っているぞー」「蔵書を守れー」という声をあげることが必要でしょう。廃棄、もしくは散逸、知らないうちに知らないところへ移譲ということにだけはなってはいけません。

私にくれたら一番いいんですけど…。(半分本気です)



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 歴史は踊る  [ 寝ても覚めてもOSK ]   2007年04月29日 02:39
昨日のぼけ。 車で出かけて、着いたら行きたい場所と違う場所だった…。 なんでここに来たんだよ…ワタシャ。 ホントは今日は加賀で温泉にチャポンとつかってほげーと癒されてるはずだったわけです。 ところが息子に試合が入っちゃったんでキャンセル…。 つ、つらい…(泣)...

この記事へのコメント

1. Posted by 厚顔無知の四十嬢   2007年04月27日 20:08
ちどり様
たった今この記事読みました。私もあなたの趣旨に賛同させて頂きます。その旨明日にでも近鉄本社のメールに送付させて貰います。少ないとは言え貴重な資料を保管して頂きたいものです。
松竹の大谷図書館、宝塚の池田文庫と並んで少女歌劇いや芸能界の (偉そうに言ってる割に何もわかってない) 貴重な資料を残して置いてほしいから…。
2. Posted by メイ   2007年04月27日 22:01
ちどりさん、こんばんは。
私も今、近鉄さんにメールを送りました。
先日ちどりさんに資料室のことを教えて頂いたばかりでこれから行こうと
思ってる者ですが、移転と同時に無くなる。。なんて本当に困ります。

パンフは77年〜、FACEは85年からあるんですね。
私とOSKの出会いは数年前、近鉄奈良線の某駅でポスターを見たのが
最初です。須美さくらさんの名前と写真がでっかく載っていて、その可愛さ
と名前だけずっと覚えていました。
(今思えば、新マルコポーロの冒険?かなぁ。。)
初めて買った「ビートハリケーン」のビデオの中で須美さんの芸名の
テロップが出た時は本当に感激しました。
91年に退団されたそうで、私が持っている一番古いFACE(92年)
には載ってないので早く資料館に見に行きたいです。
小さい子供がいるので時間がとり難いのですが、楽しみです。

3. Posted by あやの国   2007年04月27日 23:10
ちどり様。近鉄に郵送左側いたします。なんの力に成ない私ですけど・・・私も2回ぐら行きました。中に入ると、いにしえの懐かしいプログラム
写真など、ぜつたい残さなくてはいけないと思います。0skと云う文化を人々に、これからも伝えて行くためにも・・・。   
4. Posted by ちどり   2007年04月29日 00:27
>厚顔無知の四十嬢さん。ありがとうございます。ただね、近鉄資料室の現状は、貴重な資料は保管されているようなんですが、一般閲覧は出来ないんですよ。そこが大谷図書館や池田文庫との違いだと思います。昨日記事をアップした後に微妙に考えが変わってきています。また、近鉄からの返答を待って、要求項目をしぼりたいと思っています。

>メイさん。数年前って・・・マルコポーロの冒険は約20年前ですよ(笑)。閲覧できるOSK関連資料はあまりありませんが、過去のプログラムが77年から必ずそろっていると思うだけでも心強いです。「狸御殿」は絶対あると思います。「まんだら絵巻」は歌詞が載っていたので「狸御殿」も載っているはずですよ。実際の工事は来年度かららしいので、今年度中はまだ大丈夫です。是非、確認してきてください。ただねえ、コピーサービスもないようなんですよ・・・。
5. Posted by ちどり   2007年04月29日 00:32
>あやの国さん。昨日アップしてから、微妙に考えが変わってきています。資料館の存続にはそれほどこだわらなくていいのかも、と思っています。とにかく資料を大事にして欲しいのと、閲覧ができるようにしてもらいたい。そのためにはきちんとしたところに移譲もありかな、というかそちらの方が現実的かな、と思っています。私にくれたら一番いいんですが。そして私が「OSK資料館」、設立できればいいんですけどねえ・・・。
6. Posted by メイ   2007年05月22日 16:39
ちどりさん、やっと資料館行って来ました!!
85年からあったんですね。。この資料館。ホントに穴場という感じでワクワクしながら入りました。(荷物はロッカーに入れないといけないんですね)一番古い77年、78年のパンフは表紙もアッサリしてる。。どんな人か知りたかった比果あけみさん(ピノキオの大冒険=ピノキオ役、かぐや姫とスペースヒーロー=かぐや姫役)も見れたし、あと若奈あいさん!早くから役付きのいい方と教えてもらいましたが、ダンシングスピリッツや火の鳥なども主役級とは知りませんでした。それと「狸御殿・・」大海さんの歌詞は載ってませんでした。(残念;;)
受付の方も親切で、何よりクーラーがよく利いていて快適でした〜
時間の都合上、2時間弱しかいられませんでしたが(長い?)また行きたいです。
7. Posted by ちどり   2007年05月22日 20:47
>メイさん。行ってこられましたか。よかったよかった。狸御殿の歌詞、載ってなかったんですか・・・。そうですか・・・。それは残念です。どなたかここを御覧の80年代のOSKファンの方が教えてくださったらいいのですけど、プログラムにないということは、ビデオや録音テープから聞き書きしなければならないっていうことですよね。
私も、何度行こうと思っています。コピーサービスがあればなあ・・。
ところで、大変申し訳ないのですが、ひとことだけ編集させていただきました。m(_ _)mご了承下さい。
8. Posted by メイ   2007年05月22日 22:23
ちどりさん、前に書いたのは×でしたね;;配慮が足りなくて申し訳ありませんでした。ごめんなさい。。
 あと、写真やポスター関係(公演、近鉄沿線モデルなど)もあったのかなぁ。。聞くのを忘れてしまいました。私もコピーサービスお願いしたいです。(もし出来たらめちゃ取るだろうなぁ〜)
9. Posted by ちどり   2007年05月22日 23:17
>メイさん。いやいや、ご了解いただけて、よかったです。

写真やポスター関係、あるんでしょうかねえ。電話で「OSK関連の資料が見たいのですが…」と問い合わせたときには「50年のあゆみ」とFACEしかない、というお返事でした。「公演パンフはないですよ(キッパリ)」。行ってみたら公演パンフが77年からあったので、「うそつきー(嬉)」でした。OSK関連資料としてはないけど、近鉄電車関連資料としてはあるかもしれませんね。>沿線モデル。気がつきませんでした。
10. Posted by 厚顔無知の四十嬢   2007年05月23日 19:31
それは『狸御殿・春らんまん』 (1984年春・あやめ池) の事でしょうか?
ソレ〜
狸御殿の花の宴
恋かさくらか
さくらか恋か
ちょっと聞きたや…
という風な歌詞ではなかったですか?
間違ってはいけないと思い『奇跡伝説』のビデオ等で確認しました。出演は長谷川恵子・嵯峨みさ緒・吉津たかし・煌みちる…、アハ知ってる人だけ並べてます。演出助手に吉峯暁子さんが名を連ねていました。
11. Posted by ちどり   2007年05月23日 23:54
>厚顔無知の四十嬢さん。「奇跡伝説」で歌詞が拾えるのでしたら、暇ができたらやってみます。大海さんの歌っていた歌というのはテーマ曲でしょうか。
12. Posted by メイ   2007年05月24日 00:39
四十嬢さん、初めまして。
「狸御殿・・」の♪恋かさくらか♪の歌は載ってましたが、大海はるかさん演じるあざみの局が歌っていた歌詞は無くて。。
ビデオで確認までして頂き有難うございます!

ちどりさん、「50年のあゆみ」は見逃してました。。あやめ池閉館の際やっていた展示会?でケースに飾られててずっと見たかったのにな。。沿線モデルポスターの件もFACE(94、95年?)の後ろに小さく載っててOL風の湖上芽映さんがすごく可愛いんです。
13. Posted by 厚顔無知の四十嬢   2007年05月24日 07:59
ちどり様
多分主題歌の一部だったと記憶してます。奇跡伝説では煌みちるが歌っていました。

メイ様
はじめまして
大海はるか様の歌でしたか。私の勘違いで主題歌を起こしてしまいました。しかし狸御殿の頃はビデオ販売されてなかったんですよね。一つだけ確認出来るとしたら、朝日放送の公演中継を録画されていたなら、ひょっとしてあるかも。でも狸ってやってたかな。私は残念ながら持ってません。どなたか持ってませんか?
14. Posted by 厚顔無知の四十嬢   2007年05月24日 23:55
ちどり様
確か奇跡伝説で主題歌が聞けるのは煌みちる・麻美ゆう・美影ひとみ・奈美ちはるが出演した作品だけだと思います。
愛のメモリアル、ジンギスカン、花・いのちのきらめき、マルコポーロの冒険、大津皇子、愛と光の舞踏会、狸御殿・春らんまん、果てしなき流れの果てに・夢見桜ラプソディーなどを歌い綴っています。
15. Posted by ちどり   2007年05月25日 01:24
>メイさん。今度行かれたときは「50年のあゆみ」、是非御覧になって下さい。松竹座の改装時の記念冊子もあって、このブログでも取り上げた秋月さんが出席されている対談も載っています。「松竹座でOSK公演をさせたい。劇団員が大喜びすると思う」とおっしゃってます。これも是非。「楊貴妃」の作・演出家の香村菊雄氏や、肥田晧一氏も寄稿しています。

>厚顔無知の四十嬢さん。ああそうか、メドレーコーナーがたしかありましたね。ビデオ持ってるんですが麻美ゆうの顔ばかり見てて覚えてませんでした(をい)。暇ができたら見てみます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔