prof_photo kraft48958358485northfaceさん

なぜ最近は恵方巻きを食べるようになったのですか?
そもそも、恵方巻きの起源はどこなのでしょうか?
私は関東(千葉県)に住んでいますが、5・6年前まではスーパーで売る事も無かったと思い、そのような習慣もありませんでした。
私の家でも今では節分ではなぜか食べてますが、どこの誰が恵方巻きを広めたのでしょうか?
ベストアンサーに選ばれた回答
ta1ka3fuさん

90年代後半から主要コンビニ各社が恵方巻きの全国展開を開始。
それにより関西だけの習慣であった恵方巻きが全国区へと成長したらしい。

こうした恵方巻きの全国販売ついて、セブンイレブンでは自社が先駆者と語る。
89年に広島県の加盟店オーナーの発案から販売を開始したところヒット。 中国、九州地方での販売を経て、98年にコンビニ初の恵方巻き全国販売を開始したのだ。 98年のセブンイレブンによる全国販売以降、徐々に売上げを上げた恵方巻きが、03年~04年を境に主要コンビニ全店で全国販売が行われ、さらには購入や予約時の特典を付けるなど、ブームが一気に過熱した。

恵方巻きが現在の形で復活したのは、関西の海苔問屋の若手でつくる「大阪海苔昭和会」が、海苔の販売促進イベントとして道頓堀で始めた、恵方巻きの早食いコンテストがきっかけだ。 こうした活動の背景について記事では「冷蔵庫普及や流通の発達により、握りずしが人気を集めた事を海苔業界が海苔消費減少に繋がると危惧。
すし屋とタイアップして巻きずしを一般に売り込んだのではないか?」とする証言を紹介している。 ここには、バレンタインデーのチョコレートと同様、業界が仕掛けたイベントに消費者が乗るという構図が見られ、それを全国規模に広めたのがコンビニエンスストアの販売促進力という事であろう。
http://db.g-search.or.jp/sideb/column/20050128.html

引用元を見る