kid0073-003_m

whtbk093さん

なぜ小中学生はバイトはだめなのに芸能活動はいいのですか?


 
ベストアンサーに選ばれた回答
meg_4_tomoさん

労働基準法第56条で小中学生の労働は禁止されていますが、その第2項で
「映画の製作又は演劇の事業については」
「行政官庁の許可を受けて」
「修学時間外に使用することができる」

と定めているからです。
このような事業における子役の役割は、

余人を以って替え難い、つまり大人にはできないものだからです。

もちろん、義務教育中の子供を労働させるためには、親権者の同意、学校長の許可、労働時間の制限などいくつかの条件があります。 法律の詳細、労働できる条件などについては長くなるので、Wikipediaを参考にしてください。

引用元を見る
wiki「子役」より

第56条 第2項
児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についても、同様とする。

 第58条(未成年者の労働契約)
親権者又は後見人は、未成年者に代つて労働契約を締結してはならない。

第59条
未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代つて受け取つてはならない。

学校教育法第2章 義務教育(抜粋:全文は脚注参照。)
第20条
学齢児童又は学齢生徒を使用する者は、その使用によつて、当該学齢児童又は学齢生徒が、義務教育を受けることを妨げてはならない。


なんてことが書かれてました。
もっと詳しく知りたい人はウィキを見てってね